カテゴリー「卵胞発育不全|不妊と漢方薬」の記事

2017.07.15

卵巣機能低下、卵巣機能不全、早発閉経のFSH高いとのきの子宝漢方相談








こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


7月15日土曜日の漢方相談会、漢方相談が早く終わったので(また予約が入っていますが)、この時間を利用してココログを更新。


過去の自分の記事から引用させて頂きますが、いろいろと参考になる文章で自分自身、今後の漢方相談、とくに早発閉経や卵巣機能低下、卵巣機能不全のお客さまへの対応法を改めて再確認、再認識したところです。



2010.01.12
FSH103。卵巣機能低下(不全)でFSH44から不妊子宝漢方で胚盤胞。妊娠出産!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

成人式は、スカイブルーの晴れでお祝いをした翌日は曇りの山形です。

さて、今回のメールマガジンより転載させて頂きます。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「お客様と当店の「虹の架け橋」」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Sさまより掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。

○2008年5月20日


Sさま 35歳  

卵巣機能が悪い、卵巣機能不全、卵巣機能低下です。

FSHがひどいとき103です。

今はカウフマンで一時的に28まで下がりました。

3~4年前からFSHが高くなっています。

思い当たるとしたらストレスが多かったです。


レディースクリニックに通院しています。


3月19日~4月2日 プラノバール

4月8日~4月17日 プレマリン

4月17日~4月28日 プラノバール

5月6日~14日 セロフェン


冷え性です。

片頭痛、肩こり、首が凝る。


初潮12歳 月経期間平均で23~33日

長い周期 65日

月経期間 5~7日

生理不順です。

生理痛はありません。


2005年3月 子宮筋腫核手術


2007年2月~8月 漢方薬服用 当帰芍薬散

2007年9月 10月       温経湯
2007年11月~12月      当帰芍薬散
2008年1月~3月中旬     当帰芍薬散+加味 遥散
2008年3月中旬~5月     当帰芍薬散


このHPを拝見しましてFSHが高い方が改善が見られたとのことで
私もFSHの数値が少しでも下がってくれれば卵巣機能が改善し、
いい卵ができたらと思いまして土屋薬局さんに是非お願いできたら嬉しいです。

現在飲んでいる当帰芍薬散を飲んでも卵巣機能改善があまり見られないため、
漢方薬を思い切って変えてみたらどうかと思いまして
どうか助けて下さい。宜しくお願いいたします。


2005年3月 子宮筋腫核手術

2005年8月 FSH20・29 LH 9.12 E2 47

2006年6月 FSH 51 LH 10・11 E2 60

プラノバール後 

2006年7月 FSH 8・45 LH 24・82 E2 65

2006年9月 プラノバール後

2006年10月 FS 11・52 LH3・91 E2 34・56


2007年7月 FS 22・58 LH 4・56 E2 37・99


2007年 9月 体外受精 採卵(右側 変性卵) 1個

10月 体外受精 採卵(右側 未熟卵1個、小さくて駄目に1個)

11月 体外受精 採卵(左側 成熟卵1個→移植 グレード2)


2007年12月 FSH103

プレマリン+デュファストン服用


2008年1月 FSH17

残留卵胞(遺残卵胞)あり


プラノバール後 

2008年 1月下旬 FSH 45  E2 69

2008年 2月 FSH 64 E2 51

3月19日~4月2日 プラノバール

4月8日~4月17日 プレマリン

4月17日~4月28日 プラノバール


2008年5月6日 FSH 28 E2 67

5月16日 体外受精 採卵(右側 成熟卵1個)→多精子受精


との漢方相談でした。


当店からは、養血調経、補腎益精、丹参製剤、活血製剤、補気健脾と
5種類の漢方をお勧めしました。


その後、ストレス軽減や不眠気味、夢が多いなどの体質改善に、
その時々で漢方を変更していきました。



2008年10月18日


土屋先生
こんにちは
いつもお世話になっておりますm(__)m

本日レディスクリニックへ行ってきまして
E2 344 と順調に伸びていまして 卵胞の大きさは
右側 一つ 15,5ミリ
左側 一つ 小さな卵胞があり
右側の卵胞 明後日の午前中に採卵することになりました。
ちなみに今日が周期14日目で採卵日の日が周期16日目となります。
漢方薬を飲んでいるおかげで毎回卵胞が育ち排卵しています。
土屋薬局さんの漢方を飲む前は無排卵という月が多かっただけに漢方薬が効いているようです。
今回は体外受精周期なので目に見えて卵胞を確認できますが
一様一つでも大きく育っているようでまずは安心いたしました。



2008年10月27日


初めて胚盤胞まで行きました。

凍結できました。

夢見ていたことでしたので、とても嬉しいです。

漢方を服用していたら排卵できるようになったと
嬉しい言葉を頂戴いたしました。


2008年11月10日

FSH15 E250

今周期に移植することになりました。

来週の20日には戻す予定です。


胚盤胞Aランク  グレード3 妊娠率70%


子宮内膜を厚くして、妊娠率を上げる漢方を紹介しました。


安胎法


2008年11月19日

受精卵を戻す準備をしています。

10日目で卵胞5ミリで発育が遅いので経過観察をしています。

スプレキュアを使って排卵させて、凍結融解胚を戻していきます。


2008年11月25日

明後日、戻す予定です。

P4が2・8なので、黄体ホルモン製剤を膣剤で入れています。


安胎法



2008年11月27日


P4が13だった。

移植後はデュファストンと膣剤を入れています。

121時間で胚盤胞になりました。

子宮内膜が8ミリ、P413。胚はAランクでした。

12月4日判定日でした。


2008年12月4日 

陽性反応!

HCG103→HCG100超えれば大丈夫。


今回は、FSH44だったが胚盤胞までいった。

漢方飲んでからメキメキ良かったです。


2008年12月14日

昨日、胎嚢が確認できました。

5.7ミリで正常な大きさでした。

漢方を服用してから調子がすごく良かった。

主人も喜んでいます。

漢方を服用していると安心です。


2008年12月28日


先生本当に本当にありがとうございましたm(__)m
ここまで 来れたのも土屋薬局の漢方薬と土屋先生の的確な薬剤師さんとしての
アドバイスによってここまで来ることが出来ましたm(__)m
本当に本当にあの時 土屋先生に出会えて良かったです。
漢方薬の効き目ってすごいですね!!
土屋薬局さんの漢方薬を飲んでからメキメキと変わって行ったような気がします。
まだまだ不安な毎日が続きますが 今後ともご指導のほど宜しくお願いしますm(__)m
先生~入院中の時は漢方薬飲んでないのですが 退院してまた復活すれば大丈夫ですよね~?
また来年も宜しくお願いしますm(__)m
先生にとって 来年も良い年でありますように・・・良いお年を・・・\^o^/

2009年7月29日


こんばんは〓夜分遅くにすみません〓
お返事が かなり遅くなりまして申し訳ありません〓〓

お祝いメール〓とお祝いのアルバムを有り難うございました〓
とっても嬉しかったです〓〓
早速 退院しましたらアルバムに赤ちゃん〓の写真を飾りたいと思います〓

毎日 物凄く時間に追われる忙しさで 寝れずに悪戦苦闘しています〓〓〓
毎日母乳をあげているのですが赤ちゃん〓がすぐに寝てしまう為飲みが
1時間から2時間の授乳時間を一回につき取られ母乳は消化が早いものですから
1時間たつともう お腹空いて 授乳やおむつかえや搾乳など入れると ほとんど寝てなく
睡眠が少しでも時間があると30分でも横になってます〓

そんな毎日ですが赤ちゃん〓が横にいるだけで 有り難く 嬉しく
夢のような毎日を過ごしています〓〓〓

赤ちゃん〓の顔をみるたび 私達のもとに生まれて来てくれてありがとう
〓という気持ちでいっぱいです〓
こんな幸せの毎日を送れるのは 土屋薬局さまのおかげです〓〓
初診で FSHが 103もあるのに 土屋先生は 漢方の力で大丈夫 一緒に頑張りましょう
良くなりますからねと声をかけて頂き先生の漢方調合アドレスの結果
・半年間いろいろな種類の漢方を飲んで 見事 半年後妊娠し 今こうして我が子を抱けています〓
本当にありがとうございました〓〓
赤ちゃん〓の髪の毛もフサフサで毛の量も多いです〓

ココログの件 大丈夫ですよ〓皆さんの少しでもお役に立つなら嬉しいです〓〓
赤ちゃん〓の写真また送りますね〓



ちなみに先日に仙台市での南東北中医薬研究会で講師の先生に、この私の過去の漢方体験を述べたら「奇跡ね」とのことでした。


「奇跡」に終わらずに「助けてください」という真摯なお客さまには、きちんと向き合って真剣に漢方相談、今後ともしていきたいです。

若木山からの神町の眺め

<2017年7月13日> 若木山からの神町の眺め


月山、葉山は雲隠れ

月山、葉山は雲隠れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.29

POF(早発閉経)の漢方検討会…悪性リンパ腫、急性骨髄性白血病

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の2015年10月29日は午後から東京から何先生をお迎えして、漢方ミニ勉強会を店内でします。

最近は妻がおもに黄帝内経素問を習っていますが、私も何先生のお陰で中医学の理論が肌身につきました。

中医学、つまり漢方医学の勉強は読書など本も読むことも大切ですが、分かっている優れた先生から口伝で習うことも大切です。

ちょっとした一言が印象に残って、後々まで記憶に残り、それが漢方相談のときに力を発揮することもございます。


さて、一昨日の火曜日の夜に中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ POF(早発閉経)の中国漢方対策を勉強しました。


いまは体外受精などの地域で有名な不妊専門の体外受精に力を入れているクリニックに通って、排卵誘発、採卵に挑戦している方も多い時代ではないでしょうか。

アートクリニックとか多いですよね。


0051029

<2015年10月27日火曜日> 20~22時


3名の全国の不妊症に強い漢方薬局の先生方が症例を発表されました。


POF(早発閉経)の漢方検討会にて私がメモしたこと、印象に残ったことをログしていきたいです。



1)39歳 2人目不妊 無月経


向精神薬を服用していて、できるだけ減らすような方向で努力しながらお子様を授かる治療をされています。


漢方薬は、婦宝当帰膠、心脾顆粒、麦味参顆粒、甘麦大棗湯など


<テューターの陳先生からのまとめです>


1つは漢方薬で生理周期、月経周期を整える事


プロラクチンが高い可能性がある。→高プロラクチン血症(または潜在性高プロラクチン血症)は排卵障害、黄体機能不全になる可能性がある。


炒麦芽(いりばくが)を多めに使う。


漢方薬の理気(りき)も必要…逍遥丸(しょうようがん)など


肥満の場合には痰湿(たんしつ)だから、排卵障害、黄体機能不全にもなりやすい。


化痰(かたん)が必要…温胆湯がいい、痰湿(たんしつ)をとり安神効果がある。


またはチャガもいい


主人も大事…奥さんだけの問題ではないかもしれません。


気血不足(きけつぶそく)…肝(かん)は蔵血(ぞうけつ)、疏泄(そせつ)作用がある。


逍遥丸(しょうようがん)は補血理気(ほけつりき)なので女性のうつ症状に一番とよい


逍遥丸は積極的に使うべき


+炒麦芽


漢方薬の温胆湯(うんたんとう)も眠れないときには、昼夜などに加える。


本人の症状に合わせて漢方薬を使い分ける。


顔ののぼせ→気滞血淤で加味逍遥散がいい

または逍遥丸


足は冷たいので本質は「熱」ではない。


補腎(ほじん)  排卵前には亀鹿仙(きろくせん)など


ずっと飲むもの…婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、逍遥丸、補腎薬(ほじんやく)

+症状に応じて加減するもの…温胆湯など


うまく本人の症状に漢方薬を合わせていくべき



2)40歳 結婚8ヶ月 若いときに無月経になったことがある。


<テューターの陳先生からのまとめです>


稽留流産…卵の質が悪い、精子の質が悪い。

または40歳以降など年齢の問題


甲状腺機能も考慮する。


瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)→すぐに使わない、舌診と合わせて使う、陰虚火旺に


BBTが高くても、寝るのが遅かったり、起床が遅いとBBTが高くなる。



○会員店の先生からの質問


「亀鹿(きろくせん)と瀉火補腎丸の使い分けは?」


○テューターの陳先生の回答


「亀鹿仙は補陰がメイン、陰虚陽亢(いんきょようこう)に。

つまり陰と陽が仲良くなる。

熱を取り除くのではない、正常に戻すこと。

体を冷やしたり、性腺軸を抑制するのはよくないです。」



3)悪性リンパ腫にかかって化学療法、幹細胞移植のために放射線を浴びて月経が止まったかたや急性骨髄性白血病などにかかって以上の理由から早発閉経(POF)になった方など。POF(早発閉経)の漢方対策は?


<テューターの陳先生からのまとめです>


若いときに悪性腫瘍になった。

以上の方たちの規則性はない。


中国漢方では先天的な腎虚(じんきょ)と考え、補腎(ほじん)が大事。


免疫力も考える。


長期間生理が止まる…腎虚+気血不足+瘀血おけつ(淤血の場合にはピルの長期服用が原因だからメインの証ではない)


おもに虚がメイン


補腎精+陰陽双補(いんようそうほ)


漢方薬の参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は非常に良い。


化学療法の副作用を軽減する。


双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)もとても良い。


化学療法は熱を生じる→陰虚が進む→まずは補陰(ほいん)


元気がなければ補陽(ほよう)も必要


服用方法の一例


Aパターン   朝は漢方の補陽、夜は漢方の補陰


Bパターン   ある一定の程度漢方薬で補陰(ほいん)して、その後に漢方薬の補陽薬(ほようやく)で月経周期を作っていく


以上、POF,早発閉経などを含む中国漢方式漢方対策の漢方薬局勉強会のまとめでした。


POF・早発閉経に効く漢方薬、妊娠」 

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策/FSHが高くてAMHが少なめの漢方対策/卵巣機能を高める

こちらの記事も参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.20

体外受精の不妊漢方薬対応 。採卵失敗。空胞。変性卵、着床障害など

こんにちは。

漢方薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師のの土屋幸太郎です。

最近は5時頃には夕暮れとなり暗くなる山形です。


今日は2組のお客様がいらっしゃいましてそれぞれ体外受精をされているところへの「体外受精サポート漢方相談」でした。

両組とも偶然にも山形から仙台に通っていらっしゃいます。


体外受精失敗に対する漢方薬対応…採卵失敗、空胞、変性卵など

<2015年10月20日撮影>


今年の夏の2015年8月23日に中医不妊症専門講座オープン講座があり、私も参加する予定だったのですが、残念なことに東京行きのチャンスを逃してしまいました。

すると記録されたCDが送られてきましたので暇があれば、パソコンで再生して勉強しています。


当日は3人の女性の中医学講師の先生方が講演されました。


そのうちこれは劉先生の「体外受精失敗に対する中成薬サポート(漢方薬サポート)」 ~体外受精の成功を高める漢方サポート~

です。


<体外受精の中医学、漢方的なサポート>


その1 「体外受精での採卵失敗─空胞、変性卵に対する漢方支援」


その2 「卵の数が少ない、刺激しても卵胞が見えないに対する漢方支援」


その3 「小卵胞、未熟卵に対する漢方支援」


その4 「卵巣の腫れ、腹水に対する漢方支援」


その5 「着床失敗、着床障害に対する漢方支援」


その6 「遺残卵胞に対する漢方支援」

非常に勉強になる内容です。


たとえば「いい卵子をとるため」に低温期から準備していたら間に合わないので、高温期の後半から生理3日目まで補腎精をして漢方サポートで「いい卵子」を目指す。

「良い土壌の畑(子宮内膜)」「良い種(卵子)をつくっていく方法」などすごく参考になっています。


最近は体外受精をされるお客さまへの漢方サポートして、まずは病院の薬を使っていない自然なときの基礎体温からその方の状況、体調を把握して「基礎体温をきれいにして、月経周期を整える」ことを目指します。


たとえ1周期であったとしても基礎体温がすごく良くなったり、顔色や肌の色艶が改善して、美容師さんに髪の毛の根元から変わった!とほめられたり嬉しいことが増えます。


しかも体外受精の不妊専門クリニックでは40代にも関わらず「あなたは20代前半の子宮環境です!」と先生から誉められたお客様もいるくらいです。


今日のお客様の一人は、生理の周期が「23~24日周期」だったのが今年の7月からの漢方薬で月経周期は「26~27日」に伸びて(この2~3日の月経周期の伸びがすごく大事なんです)、顔色も良くなって、ご主人様も喜ばれているようでした。


「家を建てるにも土台が大事で、土壌に大きな穴があったらスプーンで埋めても間に合わないので、シャベルやスコップなどで大きく補っていくことですよ」


「最高の病院、最新の最高の体外受精の設備、最高のお医者さんにいるところで不妊治療をされていたら、最後はあなた自身の基礎体力、土台をしっかりさせることが近道ですよ」


などとお伝えしています。


土屋薬局の妊娠出産のカレンダー

Gカレンダーで漢方サポートにより妊娠、出産されたお客さまを記録していますが、秋になったせいか、それとも送子観音菩薩像に烏瓜をお供えしたからか、毎日のように嬉しい報告が来るようになりました。

(オレンジ色の部分)


不妊症、月経周期療法の漢方本

自然周期で病院に通わずに自然に妊娠されたいお客様もいらっしゃいますので、南京の国医大師の夏桂成先生の不妊症、月経周期療法の漢方本を再度、読んだりもしています。

昨夜は卵胞期の卵を育てる漢方サポートを勉強しました。


月経周期療法は奥が深いです。


不妊症、月経周期療法の漢方本


今日のもう一人の土屋薬局の漢方薬のお客様は、「体外受精自体が楽しくて仕方がない」とおっしゃっていました。

ピルを服用している段階からぐっすりと眠って、睡眠も良くなったそうです。

たしかに基礎体温も落ち着いていて非常に良い感じで「揺らぎが無い」感じです。


「私って珍しいタイプですか?」


との問いに、「いや~素晴らしいですね~」


と回答させて頂きました。

きっとうまくいくと思いますし、そう信じています。


みなさま、早めに妊娠、ご懐妊、出産して頂きたいです。


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年50名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.16

変性卵、空胞が漢方で改善!…卵胞が球状に

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


天気の良い一日です。

お昼休みに若木山に行ったら、神町小学校の生徒さん達、大きな声で公園中を走り回っていました。

高齢者の人たちは、グランドゴルフに熱中するうららかな秋の日和です。

さて先日にお客さまから─体外受精を頑張っている漢方も一緒に併用している方から─嬉しいメールを頂戴しました。


掲載許可を頂きましたのでコラムを作成させて頂きます。



○2015年10月5日 土屋薬局で漢方相談をされている方からのメール

「こんばんは。

いつも大変お世話になっております。

先生のブログを拝読するのを毎回楽しみにしております。

山形の景色は、本当に和みます。

背景を山にして、黄金色に輝き風に揺れる稲穂が大好きな私です。

10月に入り、朝晩と冷え込むようになってきましたね。


お礼が遅くなりましたが、先月の9月14日に不妊症の漢方相談させていただき、基礎体温がだんだん良くなってきていますね、と土屋先生からお言葉をいただき、漢方を続けてきてプラス担ってきているんだなと実感し、精神的にもとても前向きになり、活力も一緒に持ち帰ってきました。

本当にありがとうございます。


相談させていただいた日から「補陽と補血の名方の漢方薬」と、生理開始から「夏至と冬至に採取される漢方薬」を服用させたいただいております。


全体的に体温が低いとのことでしたが「補陽と補血の名方の漢方薬」、服用の翌日より、若干ではありますが、基礎体温が36.7℃に近づき、びっくりしました。

体温が上昇してる・・・と。


生理開始3日前から急降下しましたが、なんと、また、28日周期で生理がきて、びっくりしました。


漢方服用前は26日で経血量も少なかったのが、この4ヶ月は28、29、30日のいずれかですし、経血量もピル服用をやめた直後の量に比べれば、明らかに増えています。


先生のご指導のとおり、生理初日より「夏至と冬至に採取される漢方薬」を服用しています。


低温期の現在は、体温の上がり下がりが激しいのも気になるところではありますが、10dで微量ではありますが、久方ぶりの粘性おりものが到来し、これもびっくり。

今周期は「クロミッド処方なし」で、本日13dの【月例】超音波検診に行ってきました。

ちゃんと卵胞が育っているか毎月この時期はとてもドキドキします。

・・・すると、これまた、びっくりしました。


卵胞が球状になっているではありませんか!


しかも、「クロミッド処方なし」なのに、サイズも18ミリ弱でほぼ揃っていました。

右に1つしかありませんでしたが、卵胞のサイズが偏平卵に担っていることが多かったので、これも「夏至と冬至に採取される漢方薬」のおかげ様かもしれない!とうれしかったです。

今まで変性卵で悩んでいましたので、まんまるい卵胞を見るのは、なんと気持ちのよいことか。」



○2015年10月6日 漢方相談でのメール


掲載許可をもらうにあたりまして


「今、14dの超音波検査が終わり誘発注射も終わったところです。

昨日からほぼ1日後の診察になりましたが、また、ビックリ出来事がありました。

昨日18㎜弱×18㎜弱→本日24㎜×18㎜代

少し偏平になりましたが、今までの診察で1日でこんなに大きくなったのは、はじめです。

子宮内膜もクロミッドを連続3ヶ月飲んだ先月は13dで7㎜代でしたが、今回はクロミッドを飲む以前に戻り12㎜代になり、安心しました。

ココログ転載は、名前だけ匿名であれば全く構いません。

どうぞご利用ください。

40過ぎの同様に悩む方に少しでも可能性を広げ励みになるのであれば、嬉しいかぎりです。

そしていつか、私も皆さんみたいに赤ちゃんを授かってココログ転載してもらうのを夢にしております。」



今後ともいい卵が育つような漢方相談をしていきたいと思いました。

お客さまと二人三脚の気持ちでいきたいです。


<黒鳥山からの眺めです>


先日、お昼休みに天気が良かったので前から気になっていた市内の黒鳥観音へ出かけました。


黒鳥観音

黒鳥観音です。

ここは出羽三山でいえば湯殿山。

中国でいえば霊穏寺のようなオーラがある場所でした。

特殊な気を感じつつ、体がざわざわした感覚の中、葉山の紅葉を眺めました。


風が強い一日で木々は枝をぶつけ葉の音も鳴り、トンボはあちこちに飛んでいます。


葉山

まるで飛び出す絵本のような葉山です。

紅葉が実に綺麗です。


東根市内の田んぼの風景

ちょうど稲刈りの季節でまだ収穫されていない田んぼの黄金色が鮮やかです。


月山


月山と葉山


月山は雲隠れ中


朝日連峰

朝日連峰のほうも眺めつつ、秋の一日を感じて黒鳥山を下りました。


では、明日はまたお待ちしてます。

お気を付けてご来店くださいませ。

今後の良き結果を心から願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.26

卵胞を増やす漢方、育てる。卵胞が楕円形の変性卵への漢方対策

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

涼しくなってきた山形です。


昨日に来店されたお客さま、人工授精を2回しましたが仕事をしているために通うのがなかなか大変とのことでした。


黄体ホルモンがちょっと少なめ、プロゲステロンを服用していました。


末次月経は8月22日から。

生理痛、血塊、下痢もありません。


昨年の流産後から基礎体温がずっと高めです。


低温期は36・5℃、高温期は37℃近くあります。

口の周りには吹き出物がでやすいです。


病院の産婦人科に通っているときに先生から「卵が楕円形です」と言われていました。


舌ベロは歯痕があって、尖が赤みがあります。

苔は白苔気味で多めです。


ストレスが長期間にわたりあって、同時に胃腸が弱く水分代謝が悪くなって舌が浮腫んで歯形がついて、苔も厚くなっています。


この舌ベロをみる舌ベロチェックの情報と「卵が楕円形です」の2つを合わせます。


ちょうど「卵胞発育不全」に関する中医学の婦人科、子宝漢方相談で変性卵に対する「調胞」という方法があることを知っていました。


変性卵とは


◎卵胞が丸く円形でない

◎楕円形や扁平の卵胞は卵胞液少なく張りがなくなっているから

◎補気補陰をしていく

この理論的な考え方とお客さまの胃腸が弱い気虚の体質と基礎体温が高めは陰虚ですから
  
  ↓

益気養陰(えっきよういん)していけばいいことになります。


以上は、長沙の尤昭玲先生の理論によるものですが、南京の夏桂成先生の周期療法においても経後期(けいこうき)、つまり卵胞期に一つの胃腸を健脾しながら陰を補っていく方法があります。

これがリンクします。


ということで、お客さまのほうには


☆養血調経に+補腎精(あまり基礎体温が上がらないもの)+益気養陰+甘寒益陰


という感じでご紹介、お勧めしました。


<基礎体温が高めで、卵胞が楕円形の漢方対策に>です。


1か月後に基礎体温が落ち着いてきて、お口の周りの吹き出物も綺麗になって頂ければ嬉しいですし、そうなれば子宝にも恵まれやすい、流産しにくい体になっていると思います。


若木神社 夏

<2015年8月19日>

若木神社


ヒョウタン

若木山の麓で地元の老人クラブがヒョウタンを植えています。

それは見事で素晴らしいものです。

立派でしょう!


夏水仙

夏にそろそろお別れの夏水仙です。

夏を感じる、季節を実感する花の一つです。


夏水仙のアップ



<2016年9月6日追記です>


卵胞を増やす、卵胞を育てる漢方としては 「増胞」という考え方があります。


補腎陰薬、補腎薬を使っていくそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.05

FSHが高く、AMHが少ない。採卵時の空胞、変性卵対策に漢方サポート

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今週は暑いようで、山形も熱気むんむん初夏といったところです。

さくらんぼの季節になってきました。

さて何先生から教わったことをログしていきます。


今日は「不妊症治療。婦人科で体外受精をしているが排卵誘発剤を使っても空胞が多くて苦労している場合」の対処法です。


土屋からの質問 「FSHが高く、AMHが少ないお客様、低刺激誘発でこれまで10回ぐらい採卵している方です。採れたのは1個だけであとは空胞という状況が続いていらっしゃいます。ぜひ良い方法、アドバイスを教えて下さい」

何先生のアドバイス→


ホルモン剤、クロミッドを使うと副作用は血栓になりやすい。

血液がドロドロしやすい。

病院の治療に合わせて活血化淤をしていく。


活血化淤+美肌油がいい。


美肌油のほうは誘発剤を使っている人に、みんなに進めている。

卵胞が良くなる。


酸化の状態がとれる、抗酸化作用がある+活血化淤と一緒に使う。

空胞、変性卵は卵子の老化です。

中の老化の問題。


オイルのものでないと卵子に入れない、細胞膜は脂溶性。

脂溶性のものでないと栄養になるのが難しい。

オイルは中に入るので、美肌油が 1)抗酸化 2)卵子の老化を防ぐ


たとえば美肌油+気血水を発散させる漢方薬 (2カプセル×3回、1包×3回)


全身の状態があれば、たとえば全身の冷えとか肩こりとか頭痛があれば+丹参の漢方薬製剤

生理痛だったら、血府逐淤丸や水快宝、爽月宝など。

少し杞菊地黄丸を入れる、補陰する。→低温期に補陰


○温胆湯もいい→若い人、冷えや熱が同時に存在する。

これからに季節、6、7、8月の皮膚病にもすごいいい。

若木山公園

<2012年5月31日 若木山公園>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

胚盤胞までいかない、育たないので戻せない。漢方の体質改善の理由原因

松尾八幡平 北東北を代表する勇姿 岩手山
<2006年5月14日撮影 松尾八幡平 北東北を代表する勇姿 岩手山>


こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形県東根市の土屋薬局は見かけは普通の薬局ですが、不妊症に悩むカップルから子宝の漢方相談が多く寄せられています。

ときに積極的にご主人様のほうから妻のことで、、と漢方での体質改善の相談を受けることもあります。

今回はその一例をご紹介します。


以前にコラム「新年明けましておめでとうございます」で紹介させて頂きましたお客様から、出産報告のお手紙が先日届きました。

男の子ということで、めでたい、めでたいと「青いアルバム」も当店からはお送りさせて頂きました。



もう一人の土屋薬局で漢方を体験された方の年賀状は、不妊症で過去に人工受精3回、体外受精4回をされたお客様です。

凍結胚移植の方法で5回目をされるにあたり、漢方で「体外受精のバックアップを」とのことでした。


実施する3ヶ月前から、奥様には4種類の漢方薬、ご主人には補腎の漢方薬をお勧めしました。


補腎の漢方薬は、精子の状態を良くしますので、体外受精も成功しやすいです。


実施は、ICSI(顕微受精)でしたが、胚盤胞まで5ついって、そのご判定日は陽性で、切迫流産で入院したものの、その後の経過は順調とのことで、今年の4月に出産のご予定だそうです。


漢方を服用するまえは、3分割、4分割がやっとということで、過去に8分割まで行ったことが最高で当初の相談は「胚盤胞まで行かないので戻せない」ということでしたのでとても良かったと思います。

奥様は漢方を服用するのが苦手だったものの、ご主人様が一生懸命で良い結果になりました。

年賀状には「漢方パワーはスゴイ。ありがとうございました」のコメントがあり、当店としましてもとても嬉しかったです。



4月末に無事にお生まれになったということで、めんこい男の子が写っていまして、家族幸せが伝わってきました。

どうもおめでとうございました!

今回は、「岩手山とワイルドフラワーズ」がサブタイトルですから、サブタイトルとおりの写真でお別れしましょう。


「岩手山と道」 title=
<岩手山は力強いです。岩木山とはまた違う魅力があります。「岩手山と道」>


「岩手山と道」
<あちこちをブラブラしていたら、私はこの景色に感激してしまいました。
そのときに題名が浮かびました。「岩手山とワイルドフラワーズ」です。
「トム・ペティ/ワイルド・フラワーズ」ではありませんが、「ワイルドフラワー」の
この可憐さ、かよわさ、風に吹かれるこの感じが好きです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.11

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の体外受精。漢方で卵の反応を良くする

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の仕事もひと段落しました。

土曜日ということもありますが、新しいお客様も多くて忙しかったです。


午前中には、隣県のN県からメールの漢方相談表を一度お送りして頂き、当店から返信させて頂いたお客様が車で3~4時間かけて来店されました。


体外受精のときに卵巣がうまく反応しない。


PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)があるとのことでした。


採卵してから6~8分裂(分割)までするのだから、卵さえきちんと採取できれば、今度は体外受精の不妊治療もうまくいくでしょうとのことで、漢方薬で病院での成功率を高める併用方法を検討しました。


実際に、お顔を拝見しまして、舌ベロもチェックしまして(「舌診」と言います)、漢方薬の方向性も決めました。


舌ベロの状態などが、PCOSのかたに多い特徴を持っていました。

舌は、色はやや薄いピンク色で、苔は やや白くてちょっと厚めです。


卵がうまく出てこない排卵障害のPCOSの、一つの原因としましては、①淤血(おけつ) ②痰湿(たんしつ)などの邪気(じゃき)が卵巣に集まっているからだとを中医学では認識しています。


舌の苔がやや白くて厚いのは、痰湿(たんしつ)という邪気が体にあることの「証明」です。

痰湿の邪気を追い払う方針をとります。


同時に舌の色が薄いことは、血虚(けっきょ)と呼び、血が足りなければ生理がこないですから、補血(ほけつ)して生理を整えることも原則になります。

補血すると卵に効果的です。


通常の「精(せい)」を補う補腎作用のある「卵巣年齢を若く保つ漢方薬」と「血(けつ)」を補う養血調経の子宮内膜を整える漢方薬とともに、補腎化痰作用のあるものを併用したほうが、かなり効果が上がります。


昨年は、当店では PCOSのお客様、2人とも妊娠されていますが、お二人ともにその原則を守っていきました。


今日、ご来店頂きましたお客様には、上記のことを踏まえまして、婦宝当帰膠に参茸補血丸、そして化痰補腎作用のあるシベリア霊芝(チャガ)をお勧めました。


一般的な原則としましては、①補血 ②補腎の方法が体外受精のときのセオリーになりますが、PCOSの方の場合には、痰湿(たんしつ)が絡んでいるケースがありますので、キノコ類のシベリア霊芝で痰湿を化痰(かたん)していけば、もっと排卵に関しまして有効ですし効果的です。


そういうことを説明しまして、お車を見送りましたが(無事にご到着されたでしょうか?)、私もうまく成功してほしいと心から祈念しております。

前向きにがんばっていきましょうね。


今日の彼岸花は、昨日よりも少し角度がついています。

自然って不思議ですね。

彼岸花、咲くのが楽しみです。

彼岸花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬