カテゴリー「手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬」の記事

2017.07.19

防己黄耆湯や七物降下湯など漢方。手根管症候群やむくみ、ダイエットの話題など。

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日まで所要があり今日から仕事に復帰しています。


最近の漢方相談の傾向としては先週の土曜日には、子宝漢方相談以外にも、ちょうど私と同世代またはちょっと上の先輩世代の相談が増えてきました。


家庭を持っていてお子さまも成人になった40代、50代、60代の女性の漢方相談です。


ちょうど土曜日はたまたまになりますが、子宮腺筋症があるかた、また肥満傾向にあって、むくみを解消しつつ手根管症候群などの痛みをとりたいなどの相談の方たちは「防己黄耆湯」になりました。

いまのところ、小太郎製薬さんのものを使っています。


匙倶楽部 防己黄耆湯


本剤は、体の水分代謝機能をよくし、むくみなどをとる効果がある処方です。

防已黄耆湯エキス細粒G「コタロー」

は、汗かきで疲れやすい水太りの方、体の重だるい方に効果があります。また膝や足の関節に腫れや痛みがある場合にも用いられます。


効能・効果】


体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:

肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)、多汗症、肥満に伴う、関節の腫れや痛み、むくみ


クロワッサンプラスの体質チェック表によれば、かなりの確率で土屋薬局に来店されるお客さまは「気虚(ききょ)」といって疲れやすい体質が多いようなのです。


疲れやすい=気虚の場合には、浮腫んだり、肥満になって体重が気になります。

いわゆる「水太り」です。


日本漢方のほうも父が昔の昭和30年代、40年代などの大塚敬節先生の著作なども揃っていますので、そちらもお客さまに説明してモチベーションを上げてもらってから服用しています。

とくに漢方相談料も頂いていませんし、ゆっくりと体質を説明していますのでそれが好評なのようで、7月15日の漢方相談の40代、50代の女性のお客さまたちは帰り際で速攻で2週間後の予約をとってお帰りになりました。


昔、星薬科大学で漢方講座、4年のときに選択したのですが、剤盛堂薬品の先生でした。

星薬OBの先生なので忙しいところをわざわざ戸越銀座までおいでくださって漢方を教えてもらいました。


防己黄耆湯などの商品を目にすると、そのときの様子なども目に浮かんだりするわけです。


最近、七物降下湯という大塚敬節先生創作の漢方薬の効き目も随分と良いことがわかりました。


よく中医学だと1種類の漢方よりは「合方」として複数の2~3種類の漢方をお勧めすることもあるのですが、日本漢方の精神で1つだけの漢方で40~60代の方は様子を見たりします。


そういえば、先日、お隣の県から大腸がんの術後の相談もありました。


いまは病院でも大腸がんを手術するところ。

その後の経過を診る先生。

このように、「切る先生」「診る先生」と分かれているようですので、大腸がんの術後の体調不良などで困っているお客さまがいることがよくわかりました。


私もそのような、がんの患者さんの気持、とてもよく分かりますので、真摯にお話をお聞かせして頂きました。


帰りには、お客さまの目がキラリ!と光っていたので、薬局薬剤としても嬉しかったです。


薬局薬剤師の場合には、どちらかと言うとお客さまの立場に近いほうですから、一緒に悩み、一緒に問題を解決しよう!という立場です。


ということで最近の漢方相談の模様でした。


ダイエットでいえば若い世代にありがちな内容でなくて、「来月は勤続30周年でスーツを着るのでぜひ痩せたいです」とこちらも「おめでとうございます!」とお声を掛けたくなる素晴らしさです。


40代、50代、60代の私と同世代、先輩世代の各種、漢方相談もお受けしています。


Img_7434_2

<2017年7月16日>

先日、また猿羽根山地蔵尊に行ってきました。

妻が大石田で所要があるときに、私はその待ち時間を利用して猿羽根山に行きます。

スピリチュアルを感じるところで気持が安らぎます。


Img_7435

Img_7436

猿羽根山は「峠」でもあります。


実に眺めが素晴らしいです。


Img_7437

猿羽根のお地蔵さんです。


舟形から来店されるお客さまから教わったことがきっかけです。

Img_7438


Img_7439

線香をあげてきました。


Img_7440

紫陽花が色鮮やかに咲いている猿羽根山でした。


Img_7441

当ブログの読者のみなさまも読んでいるだけで日本三大地蔵のご加護がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.22

むずむず足症候群、両肩の痛み、手根管症候群。子宮腺筋症で出産された

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝の地震、皆様のところは大丈夫だったでしょうか?


先程、秋田県から来店されたお客様、秋田県は揺れが少なかったようで知らないで寝ていたそうです。

ちょっと福島県から秋田県は離れているので、地震の揺れが少ないようですね。


土屋薬局もお陰さまでスタッフ一同、元気にしております。

いつも気にかけていただきましてありがとうございます。

今日の午前中の漢方相談、むずむず足症候群の新規のお客様でした。


つや姫とむずむず脚症候群、体外受精の凍結融解胚移植の漢方併用例

「むずむず脚症候群」の「漢方薬」で「足のしびれ」が漢方で解消!


過去に痺証部会で中医師の陶先生より、むずむず足症候群、レストレスレッグスの中医学における漢方の治したかも教えて頂きまして、栃木県の私が尊敬する毛塚先生の1年間における、むずむず足症候群の漢方相談における治癒例も参考にさせて頂き、予め予習していました。


まずは15日間、むずむず足症候群対策の漢方で様子をみて頂きまして、経過を教えて頂く予定です。


その後に来店されたお客様も新規のご夫妻でした。

奥さまがあちこち痛い。

降圧剤と高脂血症のお薬とツムラの107番 牛車腎気丸を近医より処方されています。

整形外科からは鎮痛剤処方。


両肩の痛み(肩関節周囲炎、いわゆる五十肩で腕が上がらない、就寝時にも痛くて目が覚める)、手のしびれ(手根管症候群)、食欲が少なく痩せてきた。

胃腸虚弱で食欲不振。


鎮痛剤もあまり飲めない、胃が荒れるので飲みたくない。


そして、痛散湯などが欲しいというリクエストです。(これは通信販売なので薬局店頭では購入できません)


この手の漢方相談は、実は難しいです。

困り果てたところ、妻から数日前に教えてもらったアドバイスが脳裏に蘇り、それをお客様に実行、実践。

お勧めしたところ、話にも花が開いて、喜んでお帰りになりました。


ご主人様も奥さまが心配で着いてきただけに大喜び!


午前中は河北町谷地からのお客様たちでした。


午後は来月に入籍して、来年に結婚の予定のお客様が「温活」の話でご来店。


生理不順、生理周期が長いことが気になって、子供がぜひ欲しい。

ということで、試飲と説明でこちらのお客様も喜んでお帰りになりました!


そして秋田県から私のレジェンドの子宮腺筋症でめでたく出産されたレジェンドのお客様のご来店。


入籍されるお客様とも「腹を割った」話をしましたが、秋田県のお客様とも「本音」で「腹を割ったお話」をしてもらいました。


不覚にも私が感動してしまって、涙を流してしまったぐらいで(普通はお客様が涙をながすので逆だろ~と自分で自分にツッコミを入れたくなりました)、お子様1歳過ぎてお元気ですくすく育っているそうで、感動でした。

その子宮腺筋症だったお客様には久しぶりにお会い出来て、ほんとに嬉しかったです。

やったーおめでとうございます!

子宝漢方で不妊体質を改善!このブログは正しく中医学、漢方を学んでいる薬剤師、認定不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎が妊活応援!赤ちゃんがほしい、綺麗になりたい女性を応援しています。

一緒に頑張りましょう!親切丁寧に漢方相談していますからお気軽にどうぞ!

ひょっとしたら人生変わるかも!

痛みや耳鳴り、ガンなど全てのジャンル漢方相談可能です。


遠慮なく漢方相談お寄せくださいね。


若木神社の落葉

<2016年11月18日>

若木神社の落葉です。

紅葉も見事ですね。

若木神社の石碑

庚申塔も落ち葉に埋もれて


若木山公園の落葉

若木山公園の落葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.03

腱鞘炎、手根管症候群、ばね指の漢方対策

発表者は北海道中医薬研究会の薬局の先生でした。


60代、女性のお客様の腱鞘炎、手根管症候群の症例についてです。


主訴 左腕が上がらない、痛みがある。

整形外科での検査結果は、腱鞘炎と手根管症候群と診断されました。


左腕が上がらずに痛みを生じて、物をつかむことができない。


人差し指と中指が開かなくなり、開くと痛みがでてくる。

人差し指がカクンカクンとなる。


むくみで手首から腕にかけてパンパン


病院での手術後にリハビリも頑張り、漢方も併用した結果、完全に痛みもとれ、スムーズに手の指が動くようになって顔も晴れやかになりました。


という腱鞘炎、手根管症候群の漢方相談でした。



昔、東京で中医学を勉強していたときに東西薬局の猪越恭也先生から教えて頂いていました。


私たちイスクラ高円寺中医学研修塾の生徒は猪越先生の実際の薬局店頭での漢方相談の症例も教えてもらい、一緒にシュミレーションして漢方の腕を上げていくという授業がありました。


よく先生の症例には「ばね指」の漢方相談が多かったのです。


山形に帰って来てからは「ばね指」の漢方相談があまりないのが不思議なくらい、「ばね指」での漢方相談も弁証論治といって「漢方薬での治し方」を薬剤師として勉強したものです。


当時は舒筋丸(じょきんがん)というトラの骨の漢方がありましたので、舒筋丸を多用していた時代でした。


ご存知のように虎(トラ)は絶滅寸前ですからワシントン条約により、中国前後でも虎の骨が入った漢方薬は禁止されました。

虎骨(ここつ)といっています。


ばね指には舒筋丸を猪越先生はよく使用されていました。


いまだったら、いま土屋薬局にある漢方薬でも代用は可能なので心配いらないのですが、そのようなエピソードもふと思い出します。




ウィキペディアから引用させて頂きます。


<腱鞘炎とは>

腱鞘炎(けんしょうえん)は、腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症。症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られる。腱自体の炎症である腱炎(tendinitis)を合併することが多い。


原因

特定の原因は不明だが、指や手首など特定の関節を反復継続的に使うことによる前腕や手の腱鞘炎が多い。また、関節炎やけがなどから生じることもある。また、職業的にはコンピュータのキーボードを打つ職業や、ピアニスト、打楽器奏者などの演奏家、漫画家、作家などの筆記具を使う仕事などに従事する者の発症例が非常に多い病気である。

同じく、手根管症候群は、


<手根管症候群とは>

手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。

症状

薬指の中指側半分・中指・人差し指・親指に痺れが生じる。薬指の小指側半分・小指には痺れが生じないのが特徴(こちらは肘部管症候群になる)。特に夜間や就眠時に症状が悪化する傾向がある。


同じく、ばね指は、

<ばね指とは>

症状

手の指を曲げたり伸ばしたりする際に抵抗がありばね仕掛けのように動く症状をいい、曲げ伸ばしの際、痛みを感じることがある。


原因

手首の伸筋側には伸筋支帯という伸筋が通る線維鞘が形成されている[1]。伸筋支帯は6つの管に分かれるが、短母指伸筋と長母指伸筋が通る第1管の部分は反復的に圧迫を受けやすく、それにより炎症が生じる[。中年の女性に多い。


ウィキペディアさん、引用ありがとうございました。


さて、漢方的には独歩顆粒や食用アリ製品のイーパオ、田七人参、シベリア霊芝などを上手に発表された先生が使われて、経過が良かったという大変に勉強になる症例でした。




こちらの地方も農家の方が多く、おもにサクランボやリンゴ、ラフランスなどの果樹だったりしますから剪定などでもハサミを使って指や手首を使う人が多いでしょうし、パソコンなどの仕事で指を酷使する人も多いでしょうから、少しでもお役に立てるように痺証の痛み、しびれの漢方相談も極めていきたいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.12

漢方薬/坐骨神経痛のしびれ感。10ある痛みが3と軽くなった

こんにちは。

山形県東根市の土屋薬局、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の2月12日(金曜日)の午前中は東根市の常連のお客さまと山形市から育休中で2人目希望のお客さま(1人目のときにも漢方相談で授かりましたので信用があるので当店に2人目もご相談)、3人目のお客様は初めてのご来店でした。


宮城県の登米市からで鳴子を通って最上赤倉、尾花沢を通過してのご来店で、登米市も鳴子も大好きな私と大いに話が盛り上がり、漢方相談もスムーズでした。


その後、午後は以前に漢方相談されたお嫁さんが2人の子宝に恵まれた姑さんがいらっしゃって、手根管症候群の漢方の相談をしました。

1人目のときも2人目のときにも真摯に漢方相談して結果が出ていますので信用がありますので、こちらもスムーズに漢方相談できて良かったです。


お孫さんが2人もいて家庭が明るくなって、幸せな毎日だそうです。

(その地方の名門の家ですから、それは本当に良かったことで素晴らしいことです。地域の灯を守りました。)


手根管症候群には、いい漢方がございますのでお悩みのかたはぜひ、土屋薬局までお問い合わせください。

今日のお客様は、最後は皆さまニコニコとして帰られました。


病院やクリニックではないので、笑顔が広がる雑談の場が目標です。


さて当店で12月から漢方薬、独歩顆粒と婦宝当帰膠で坐骨神経痛に服用されていらっしゃるお客様から質問がきました。


「当初、坐骨神経痛のしびれ感が10だったとしますと、今現在は3ぐらいに減ってきています。」


「その後、どうしましょうか?」


という漢方の服用に対するご質問でした。



お客さまからの問いです。


「こんにちは!相談をお願いいたします。

10月から独歩顆粒と婦宝当帰膠を服用しています。

1月からは独歩顆粒だけ服用しています。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛はかなり良くなってきました。

一番ひどい時を10とすると、今は3ぐらいの痛みです。

痛みというよりは足先のしびれがなかなかとれません。

整形外科で処方される鎮痛剤はリリカカプセルだけ1日2回飲んでいます。

ひきつづ独歩顆粒を服用したほうがよいでしようか?

よろしくお願いいたします。」



これに対しての土屋からの回答です。

「おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

いつも当店をご利用頂きまして、ありがとうございます。


まだまだ寒い日が続きますかが、お元気でしょうか?


> こんにちは
>
>
>
> 相談をお願いいたします。
>
>
>
> 10月から 独歩顆粒と婦宝当帰膠を服用しています。
>
> 1月からは独歩顆粒だけ服用してい ます。
>
>
>
> ヘルニアによる坐骨神経痛はか なり良くなってきました。
>
> 一番ひどい時を10とすると、 今は3ぐらいの痛みです。
>
> 痛みというよりは足先のしびれ がなかなかとれません。


最初に痛みがとれてきて、次にしびれが楽になっていく段階ですね。

症状の軽減を心から願っております。

>
>
> 整形外科で処方される鎮痛剤は リリカカプセルだけ1日2回飲んでいます。
>
> ひきつづ独歩顆粒を服用したほう がよいでしようか?
>
> よろしくお願いいたします。
>
>


日々、身体は風雨や寒さにさらされ、季節の影響、仕事の影響、ストレスなど日常生活やまたエイジングによりも老いていきますので、独歩顆粒を服用されることはお勧めです。


身体の根本、中から改善していく可能性が高いですし、足腰や骨、関節、筋肉など強化していき血行や神経の流れの改善も期待できますので、できれば上手にご利用して頂ければ幸いです。

痛みやしびれのことは、痺証(ひしょう)と言われていますが、漢方相談は「根性」「根気」も必要になってきます。


中国の痺証の名医、朱良春先生の最後の弟子である呉堅先生によりますと「痺証治療には根性が必要!」とのことだそうです。


痺証には骨と腎の関係が密接ですが、よく考えてみれば、痛み痺れの原因が骨や関節にあるということは「虚(きょ)」の程度も深刻と言うことです。

ですから症状改善するには本治の補腎や経絡を通すことのほかにも「ど根性」も大切なことになってくるそうです。

漢方治療をされる前の決心、心構えも重要とのことでした。



東根市神町の若木神社

<2016年2月9日>

東根市神町の若木神社です。

快晴です。


若木神社の参道

最近、参道が立派になりました。

きれいに舗装になりました。

着々と進化している若木神社です。


昔は参勤交代中のお殿様も途中に若木神社へ立ち寄ったりもしたそうです。

天然痘を治す神様で全国にも信心が広がったようです。


たとえば秋田県などにも若木神社を祭っているところがあるようです。


手洗い場の水も氷ります

寒さで手洗い場も凍ります。

若木神社の脱衣婆

あの世へ渡る三途の川のおばば、脱衣婆です。


迫力がありますね。


では、明日は土曜日ですから多数のお客さまのご来店を心よりお待ち申し上げます。


土屋薬局 中国漢方通信」の「坐骨神経痛の漢方薬」も参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.29

手根管症候群の漢方。両手の指先のしびれ漢方1か月で改善!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


山形は例年よりも暖かで降雪量が少ないです。


先ほど、北関東出身で縁あって東根出身の主人と学生時代に知り合って、今現在は東根に住んでいるお客さまとお話していましたら、山形の冬もわりと好きで北関東に住んでいた時には寒暖の差が辛かったと言っていました。


大平山のブドウの話や足利のココファーム、フラワーパーク、栃木市の蔵の話、益子焼、那須湯本温泉などのお箸など雑談たっぷりしました。

医院やクリニック、医師と違って薬剤師の場合には「雑談に鍵がある」と考えているのは私だけでしょうか?


当店はそんなに忙しくないし、ドラッグストアのような量販店でもないので、ゆっくりとお客さまとお話ができることが最大の良いところだと思います。


先日、琴奨菊が優勝して盛り上がった講演会会長のスーパー「おーばん」でも、会長は社員に「商品を売るだけでなくてお客さまとお話しなさい」と言われているそうです。

午前中に来店されたお客様がおっしゃっていました。

ちなみに明日は琴奨菊さんの結婚式だそうです。


米沢牛やつや姫など山形の美味しいお米やお肉などは佐渡ヶ嶽部屋のある松戸に大量に送られるそうですよ。


きっと琴奨菊さんのあの肉体もロシア式トレーニングとともに、山形の米やお肉が貢献しているに違いないです。


さて余談が長くなりました。


午後に来店されたお客様が「手根管症候群が漢方を服用したら良くなりました!」と昨年の感想を述べられました。


平成27年8月22日が「手根管症候群」の漢方相談日


「手根管症候群」3ヶ月


整形外科からは「手根管症候群」対策として痺れ止めを処方されています。

その時には、処方薬を服用するのを止めていました。


<手根管症候群の症状>

両手の指先のしびれ、朝方に痺れます。


「手根管症候群なので手首を曲げないように」と医師に言われましたが、仕事で手を使います。

草むしりや、畑仕事にも精を出しています。


5つの生薬の漢方薬 「手根管症候群の漢方薬」をご紹介したところ、1ヶ月ですっかり良くなって、でも油断したら12月にまた「手根管症候群」が再発してしまった。

今はだいぶ「手根管症候群の症状も良くなり、手根管症候群が改善治癒しました!」というお話でした。


はてなブログ 「女性のための手根管症候群の漢方相談」こちらも参考になりましたら、幸いです。


東根市の営林署

<2016年1月28日>
 
東根市の営林署です。

今の時代は、とんこつらーめん こう路さんの奥にある林と言った方が通りがいいかもしれません。


冬の乱川

冬の乱川です。


冬の乱川

角度を変えてもう一枚


冬の乱川

羽州街道(旧国道13号線)の松

これは羽州街道(旧国道13号線)の松です。



漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライシンドロームの漢方対策に | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方体験ドットコム | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 睡眠と妊活 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬