カテゴリー「椎間板ヘルニア|漢方薬」の記事

2017.01.19

中国からの年賀状。柳暗花明。坐骨神経痛の漢方相談

中国からの年賀状

先週ぐらいに中国からの年賀状が届きました。

ぱっと晴れやかな気持ちも明るくなる赤い色でめでたい感じです。

毎年、この時期の山形は白銀の世界。

白黒のモノトーンの世界ですから、このような赤い色をみると嬉しくなります。


中国からの年賀状

中国の四川省の華西薬業からの年賀状でした。


恭賀新禧  「万事如意! 身体健康!」


すべてはあなたの思うようにお事が運びますように!

いい言葉ですね。


ちなみに私の一番好きな中国語は「柳暗花明」です。


漢文の詩の一説ですが、主人公が山道を進んでいくととうとう足元が暗くなって道はない。

絶望に浸っていると、頑張って一歩一歩道を歩んでいくと、突然目の前がパッと明るくなり開けてきて、村がみえてきた。


というような漢文です。

ぜひみなさまも興味がございましたらインターネットで検索すれば原文が読めますので、この漢詩の世界に入ってみてください。


中国でも辛いときに励みにして頑張る。いつか救われる。


というような意味でこの「柳暗花明」をとらているそうです。


このような豊かな漢詩の世界はいいものです。

さて、昨日は寒河江病院で西村山薬剤師会の薬剤師研修会に仲間入りしてアレルギー性鼻炎のことについて勉強してきました。


午後5時半に雪道対策で午後6時半からの研修会に間に合うように東根を出発したのですが、ちょうど5時ごろに新しい漢方相談のお客さまがいらっしゃいました。


話をお伺いしますと腰椎ヘルニアによる坐骨神経痛でした。

最近、やっと痛みも少し楽になってきてなんとか歩けるようになってきたとのことでした。


山形市でいろいろと漢方相談したりしていたけど、いままできちんとした漢方薬を勧められたことがなかったようで、私もビックリしました。


友人からも「それは漢方薬ではなくて健康食品じゃないの?」と言われて、当店、東根の土屋薬局は痛みやしびれ、坐骨神経痛の漢方相談に特化していることを教わってきたそうです。


今日の午前中は最上郡から首の痛みで先月に漢方相談されたお客さまがいらっしゃいまして、服用したらけっこう良かったそうです。


先日は、お友達2人も連れてきて遊びながらやって来たのですが、ちゅうど第ニ日曜日の定休日で土屋薬局は閉まっていたそうです。

申し訳ございません。 m(__)m

最近は男性のお客さまは痛み、しびれの漢方相談が増えてきました。


私は中国の伝説の痺証の大家 朱良春先生の存命中に最後にあった日本人の一人ですので、これからもストロングな虫類の漢方、痛み、しびれにユニークな効き目と効果を発揮する中医学を伝承していきたいです。


最後に昨日の神町の様子を紹介してお別れです。

若木山公園

<2017年1月18日> 若木山公園 まろやかな雪の造形美


自衛隊官舎から月山

自衛隊官舎から月山。

月山はこの時期らしい雲隠れ


若木山とりんご畑

若木山とりんご畑、雪は美しいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

健康サポート薬局のための薬剤師の対応研修プログラム~医学部の先生から「腰痛」を学ぶ~

昨日の2016年9月19日(月祝)に「健康サポート薬局のための薬剤師の対応研修プログラム」に参加してきました。

山形市大野目の山形ビッグウイングの2階が会場でした。


尾花沢の柴崎先生の「薬局、薬剤師をめぐる現状とサポート薬局のご講演を聞き、その後は昭和大学医学部教授の木内先生から「薬剤師の臨床判断と一般用医薬品適正使用研修会 ~腰痛編~」を学びました。

開会が14時だったのですが、「遅刻厳禁」の講習会のために30分前にビッグウイングの駐車場に妻と向かったところで前回もあった私の星薬科大学時代の同級生、福島出身のS君もちょうど目の前の車から降りてきたところでした。


やはり彼とは何か「縁」があるようです。


会場では、7人前後の班に分かれ、各テーブルごとに昭和大学医学部の先生の指示どおりにディスカッションして作業して感想もレポートして無事に第二回目の「健康サポート薬局のための講習会」が終わりました。

(ちなみに1回目はコチラ 「健康サポート薬局のための多職種連携プログラムに参加してきました。」です)


私の右側には妻。

左には星薬時代の薬学科のS君、私は衛生学科でしたので初めて一緒に勉強しました。

50歳を前に大学時代の同級生と席を一緒にして、しかも場所を戸越銀座から山形市に移して「肩を並べて」勉強するとは「感激」「感涙」ものです。








それで、臨床上、病院で診察する「腰痛」のことの知識を昭和大学医学部の教授から教えて頂いたので、今まで以上にもより「腰痛」「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「脊柱菅狭窄症」などの漢方相談も得意になれるなあ、、と思っていたら、本当に今朝一番のお客様が本丸からいらっしゃいまして「椎間板ヘルニア術後の坐骨神経痛」とご主人様は「肩関節周囲炎」でした。


要は今の薬学部六年生の時代に、昭和大学薬学部で先生から教わっているような内容を「新しい六年生薬剤師」と同じような研修を受けたわけです。


これからの未来の薬局はひょっとしたらスイッチOTCがたくさんあって、「真の医療機関」としてもっと格上の存在になっているかもしれません。

それが本来の意味の「健康サポート薬局」なのだと思います。


いまの薬学部の子たちは心電図を読んだり、トリアージの訓練や患者さんとの会話など、医学部と同じような授業を受けているそうです。スゴイなあ。


漢方のお客様の話に戻りますが、いろいろと詳しく症状を説明差し上げましてお二人ともお喜びになって雨ふるなか、本丸のご自宅までお車でお帰りになりました。

今後とも研修会、しっかりとやって頑張っていきたいです。


痛み、しびれ、「目、耳、鼻、口、のど」の漢方相談。不妊症の子宝相談。ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

<9月第4週の漢方相談会のお知らせです>


○2016年9月20日~9月24日(火~土) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


※ ただし9月22日(木)は土屋幸太郎は祝日、秋分の日のために公休を頂戴します。


漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ





S君は学生時代の戸越銀座や武蔵小山で「はははは」と笑っていた姿は相変わらずで、午後10時に散開。

そして私たちは東根へ。

同級生のS君は米沢方面へ帰っていきました。


3回目の遭遇はあるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.19

椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の漢方体験談

おはようございます。

薬剤師の土屋幸太郎です。

山形は収穫の秋を迎えています。

皆様のお住まいのところでは、どのような秋となっているでしょうか?

スポーツに、食欲に、文化に読書に、いろいろと楽しい季節ですね。


さて、当店のお客様Fさまから先週に、嬉しいメールを頂きました。

掲載許可を頂きまして、椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の漢方コラムを作成させて頂きます。



<椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の漢方体験前です>


Fさま 41歳 女性


初回のご相談は、平成21年9月21日です。


左のお尻の痛み、ふくらはぎの痛み、腰の痛みがあります。

今年の3月末から続いています。


歩くとき、坐るとき、寝るときで、痛み止めがないとずっと痛いです。

暑がりで汗をかきやすく、足は冷えている感じがあります。

便秘や下痢があります。


4月に椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛と言われました。

鍼灸院で5月に良くなったが、また再発です。


今回は9月に布団の上げ下げで、春に診断された椎間板ヘルニアが再発したようです。

今回はかなりきつくて、鍼灸院で針をしてもらってもてなかなかよくなりません。

歩くと左のお尻とふくらはぎに痛みがあり、歩くことができません。

痛み止めも、効く感覚が短い気がします。

痛みをとって、普通に歩き生活したいです。


<椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の漢方体験後です>

○平成21年10月11日


こんにちは! お世話になっております。

Fと申します。


9月のシルバーウィーク中に漢方相談して、まもなく20日が過ぎようとしています。

毎日、2回、頂いております。


椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の漢方を服用する以前は、椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛で歩くことも、座ることも 痛みで涙まで出るくらいの状態でしたが・・・


今では、整形外科から処方されたロキソニン(痛み止め)を飲むことなくすごしています。


もちろん、痛みもほとんど無くなり、普通に腰を曲げることもなく歩いています。


(走ったりするのはまだ、怖くてしていません。これから少しずつ・・・)


痛みで目が覚めていた あの数日間を思うと信じられないくらいですが、今では、しっかり睡眠をとることも出来ています。

まだ漢方はありますが、今後、どのように 飲んでいけばいいのか相談に乗っていただければと考えています。


この度は 本当にありがとうございました。

感謝しております。


<椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の漢方のワンポイントアドバイス!>


椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛は痺証(ひしょう)の範疇になります。

痺証とは「通じてない、通じていないから痛み、しびれが起こる」ことを指します。


40代の女性の方で坐骨神経痛になる場合には、可能性としては平素からの胃腸虚弱で痩せ型で筋肉が少ないなどの虚証が考えられます。

脾気虚(ひききょ)という胃腸の消化機能の弱さがあるので体を支える支柱の筋肉、筋が減ってきます。


また40歳前後は腎虚(じんきょ)といって微妙な年齢で、いろいろな症状が不具合が起こってきやすいです。

生理不順だったり、目の疲れだったり、脱毛だったり。


一般的に女性は7の倍数で成長、発育。

そして老化していきます。


40歳前後は7×5=35歳以降、または7×6=42歳とプレ更年期となりますから、徐々に体全身の機能が落ちてくる時期です。


「腎(じん)は骨を主る」「腰は腎の府」などとも言われて足腰と腎の関係も密接です。


つまりエイジングによる加齢、腎虚が進めば足腰や骨、背骨、関節が弱くなりやすく、痛みやしびれの痺証になりやすいのです。


脾腎(ひじん)を補いながら、同時に寒がり、冷え性、血行不良を改善するような方法をとっていけば扶正去邪(ふせいきょじゃ)となり、自然に辛い痛みやしびれが改善していくはずです。


椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛の漢方相談、土屋薬局はさくらんぼの農村地帯で痛み、しびれの漢方相談を沢山こなしていますので経験豊富です。

お父さま、お母さま、おじいちゃん、おばあちゃんなどつらかったり、長年悩んでいる場合には、ぜひ土屋薬局を口コミでご紹介してください。


“痛み、しびれ”を楽にしよう!…第2話 骨神経痛、椎間板ヘルニアの漢方の著効体験談も参考になれば幸いです。

よろしくお願い致します。


Imgp3295091011

<2009年10月11日 岩手県・繋温泉・御所湖>


写真は2009年10月11日に岩手県繋温泉に泊まったときの写真で御所湖です。

繋温泉は盛岡SAからちょっといったところにあって便利なところです。

素泊まりだったので温泉街のおばあちゃんが経営されている食堂に夕飯を食べに行ったり、民宿には可愛い猫がいたりといろいと懐かしいです。

翌朝は大好きな津軽に出かけました。

懐かしい思い出です。


Imgp3292

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.13

腰痛と椎間板ヘルニアによる左足の痛み、漢方で痛みが半減しました。

○漢方体験前です。


こんにちは!


雪降る山形では、寒さのせいか、またさくらんぼなどの果樹農家や稲作の農家のかたが多いですので、ふだんから「腰痛や坐骨神経痛、膝痛」などの痛みやしびれの漢方相談が多いです。


今日は、土屋薬局の最近の「痛み」の漢方相談について嬉しかった漢方体験談をご紹介させてください。


Kさま 60歳

腰痛と椎間板ヘルニアによる左足の痛みです。


10年前から年に1回は酷くなって、筋肉注射で痛みを止めていました。


しかし、昨年の春からそれも効かなくなって、ふだんの事務作業の座り仕事、また休日の農業、草刈などでも辛抱していました。

酷い時には、24時間痛かったです。


今現在は、車に長時間乗ったり、うつむき作業が長引くとつらいです。


病院の整形外科の鎮痛剤の痛み止めは胃腸に駄目だったし、効き目が無かったので、服用を止めてしまいました。

ブロック注射は3回したが効かなかった。

痛みが楽になりません。


200h1


○漢方体験後です。


<経過>

今年の正月明けからの漢方相談でしたが、約1ヶ月で、当初の激痛が柔らかい感じの痛みに変わりました。

全体的に、痛みが半減した感じで、良い方向になってきています。

春からの農作業にむけて、体調を万全にしたいそうです。


200h1


○漢方薬剤師から一言


「人は足腰から衰える」と言われます。

老化が進み足腰から老いがやってきますし、普段から農業で外仕事、畑仕事が多く風に吹かれたり、寒さが体に染みてきますと痺証(ひしょう)といって痛みやしびれが起こりやすくなっていきます。

その結果、血行不良の淤血(おけつ)や経絡の流れが阻滞してしまいますので「通じざればすなわち痛む」で、膝や足腰に痛みやしびれなどが生じてきやすいのです。


本虚標実(ほんきょひょうじつ)の状態です。


これを解消するには、去風散寒除湿、補益肝腎、益気養血など総合的な対策が必要となってきます。

ただの痛み止めよりは、体の中の根本から健康で元気になっていくことを目指します。


独活(どっかつ)製剤による補腎作用と、丹参(たんじん)製剤による活血作用の相乗効果があったと思います。


痛みやしびれでお困りのかた、ぜひサクランボで有名な山形の土屋薬局まで漢方相談お寄せくださいね。


写真は一枚目は冬の最上川、川前観音からの眺めです。

二枚目も同じく冬の最上川、どちらも大石田からの眺めです。

大石田の冬の景色は美しいです。ぜひ皆様も旅行に来てください。


Imgp1734080120

<2008年1月20日 大石田川前 「冬の最上川沿岸」

漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る


土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。

土屋薬局は山形県の農村地帯にお店がありますので、さくらんぼ農家の方など足腰の痛み、しびれ。坐骨神経痛、腰痛、膝痛、リウマチなどの漢方相談が多い薬局です。

痛み、しびれでお困りのかた、またご家族のご相談などお気軽に漢方相談お寄せください。


痛み、しびれに中国漢方

電気が流れるような左手のしびれ、右足(踵)の痛み

坐骨(座骨)神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛の漢方・漢方薬

肘痛、腰痛、歩行困難症、間歇性跛行の漢方・漢方薬

漢方早わかり╱リウマチの漢方療法

四十肩・五十肩の漢方療法の紹介

顔面神経麻痺(ベル麻痺)の漢方、漢方薬

なども参考になりましたら嬉しいです。


膝の痛み絶対解消大辞典」です。

年配のかたの膝の痛み、若い方のマラソンやフラメンコなどの運動による膝痛、O脚による膝痛、軟骨のすり減りなど膝や足腰でお悩みのお客様が多いです。

病院の治療などうまくいかないときなど、ぜひ土屋薬局まで膝痛の漢方相談をお寄せください。

膝痛と漢方」こちらも参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.28

腰椎椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症の漢方相談。猪越恭也先生の訪店

こんにちは。

薬剤師の土屋幸太郎です。


昨日は午前中は私の中医学の恩師、猪越恭也先生ご一行様が私の勤務している土屋薬局に来店されて緊張した一日でした。

無事にお迎えできましてホッとしているところです。

今回は冠元顆粒発売20周年を記念したキャラバン隊で、光栄にも東根温泉に宿泊して頂いて会場も東根温泉dした。


詳しくは、こちらの前回のコラムもご覧ください。「冠元顆粒キャラバン隊インさくらんぼ東根~猪越先生訪店~今週の漢方相談会のお知らせ


猪越先生は著書も多数、元東京薬科大学教授ですし、1年間高円寺で教わった恩師です。

月に1回は吉祥寺からバスに乗り、三鷹で猪越先生ご夫妻も交えて交流のテニスをしたり、一緒に食事をしたりお酒を飲んだり、いま思い出しても楽しいことばかりでした。


これで高円寺にお世話になった中医学関係の先生方で当店にいらして頂いた先生は、胡栄先生と猪越恭也先生という有難いことになりました。


猪越恭也先生が土屋薬局に訪店
にこやなか談笑

猪越先生の漢方の色紙

この色紙はイスクラ高円寺中医学研修塾を卒業するときに猪越先生から頂戴したもので、「初心忘れるべからず」で漢方相談机の後ろに飾ってあります。

「日本中のお母さんに中医学を!」


さて、午後からはバスに乗って山形方面から東根神町の土屋薬局まで漢方相談で来店したお客様がいらっしゃいました。


膝関節症、脊柱管狭窄症、股関節も減っている、くるぶしも腫れています。

成るでも冬でも汗をかきます。ダラダラ、寝汗はかかない

疲れて歩けない


9月から今まで独歩顆粒を服用して頂いています。


そのお蔭で


痛みの漢方のチェックシート


痛みの辛さをお聞きしてみますと、最悪の痛みから中程度の痛みになって漢方の効き目を実感しているそうです。

痛みの漢方のチェックシート

次のバス時間までは1時間ぐらいたっぷりありますので、詳しくお話をお伺いしていきます。


痛みの漢方相談になります。


<痛みの漢方相談╱痛みの特徴>


激しい痛み、固定痛、屈伸不利

だるくて痛い、屈伸不利

休むと楽になる

腰がだるい、膝が弱い、冷え・寒がりあるいはほてり、口が渇く

慢性化、関節腫大、屈伸不利


<痛みの漢方相談╱痛みの部位>


腰、膝、くるぶし


<痛みの漢方相談╱痛みの性質>


重だるく痛む


<痛みの漢方相談╱全身症状>


口渇があって水分をよくとる、自汗(日中に汗をかきやすい)、不眠、頻尿


<既往歴>


腰椎椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症

以上の話を漢方相談でお聞きしまして、独歩顆粒+α<より症状が楽になりやすいような漢方薬をお勧めしました。


考えたのは自汗が多いこと、日中の汗が多いことは体のバリア機能の衛気(えき)が弱くなっていること。

大事なものが漏れやすくなりますから汗をかきやすく、そして疲れやすくなります。


気を補いつつ、力もちになれるような漢方です。


今後とも症状が軽減していって頂きたいです。


帰りはお客様はバスに乗って帰りますので、お肉屋さんの前のバス停までご案内差し上げて山形に帰るバスをお見送りしました。


土屋薬局 中国漢方通信の「漢方薬、漢方早わかり/脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、すべり症」「膝痛の漢方!/膝の痛み絶対解消大辞典!!」も参考になりましたら、幸いです。


ハウチワカエデの秋の紅葉です

ハウチワカエデの秋の紅葉です。

今日は秋田県田沢湖で雪が降ったそうですし、肌寒さを感じる一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.31

「腰椎の椎間板ヘルニア」の「漢方薬」で日増しに症状が改善!

こんにちは。

山形は今日は晴天です。

明日からの六月を予告するかのような青空が広がっています。


さてお客様からの嬉しいお便りのご紹介です。



○平成24年4月2日 漢方相談


39歳の女性のお客さま


「腰椎の椎間板ヘルニア」で今年の1月から通院しています。

右足に症状があります。

おしりから歩くと右の坐骨あたりが痛いです。

風が冷たい日や雨降り低気圧で影響があります。

自宅で安静にしています。

入浴したり、カイロを使って体を温めると「腰椎の椎間板ヘルニア」の痛みが和らぎます。


整形外科からは「腰椎の椎間板ヘルニア」で鎮痛剤が処方されています。

食欲があって通じはいいです。

食事で野菜を採るようにしています。


当店からは3種類の漢方、独歩顆粒と冠元顆粒、「5つの生薬」をお勧めさせて頂きました。


天気や寒さなどの低気圧に影響を受けやすいことと、体を温めると症状が楽になりやすいことからも考慮して漢方薬をお勧めさせて頂きました。


その後の5月15日にご連絡がありました。


「痛みの漢方薬を服用してから1週間ぐらいで「腰椎の椎間板ヘルニア」による症状が日に日に和らぐのを感じ嬉しく思いました。

いまはたまに少し痛みがある程度になりました。

ありがとうございました。

運動、ストレッチ、食事にも気をつけて「腰椎椎間板ヘルニア」が治ればと思っています。」


と嬉しいお便りでした。


椎間板ヘルニアの漢方薬」こちらも参考になりましたら、幸いです。


今年も真紅の牡丹が咲きました

<2012年5月19日 土屋薬局店内 今年も真紅の牡丹が咲きました>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

漢方薬で椎間板ヘルニアの坐骨神経痛がだいぶ良い感じ

「月山と桜」 若木山に登って撮影しました
<2006年4月28日撮影 「月山と桜」 若木山に登って撮影しました>


<椎間板ヘルニアの坐骨神経痛の漢方体験前です>


先ほど、70歳のお客様が坐骨神経痛が土屋薬局の坐骨神経痛の痛み、しびれの漢方相談でだいぶ良くなられたとのことで、嬉しく思っているところです。


5.6番目の椎間板に原因があるそうです。

右足の坐骨神経痛です。


Kさんは、整形外科からオパルモン、メチコバール、鎮痛剤と服用しています。

電気もかけています。


内科では、アムロジンとガスターD、ヒメノールカプセルを服用しています。


食欲あります。

胃もたれ、胸焼けありません。

お通じとお小水は正常です。


足の親指がしびれます。

起床時にトイレに行くときが一番と坐骨神経痛がつらいです。

<椎間板ヘルニアの坐骨神経痛の漢方体験後です>


当店からは、6月4日に独歩顆粒と山形県の花 紅花(べにばな)が配合された駆淤血剤(くおけつざい)の冠元顆粒をお勧めしました。

独歩顆粒と冠元顆粒です。


それで、今日のご相談では、だいぶ調子が良くなって、足腰が良い感じになってきているとのことでした。

良かった、良かったです。


<椎間板ヘルニアの坐骨神経痛についての漢方的な考察>


椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛には痺証の痛み、しびれの漢方薬は試す価値は十分にあると思いました。

引き続き、Kさんには同じ漢方薬を継続して頂きます。


今回は、坐骨神経痛が良くなった話でした。


月山と桜

月山を背景にすると、桜も引き締まって見えます。

当地方は、果樹の花も咲く、桃源郷のような季節になっていきます。

そんな予感がする春の一枚です。


月山

久々に月山の写真を載せていますが、やはり良いものですね~。


坐骨(座骨)神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛の漢方・漢方薬」こちらも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬