カテゴリー「リウマチ性多発筋痛症|漢方薬」の記事

2017.06.21

子宮腺筋症。リウマチ性多発筋痛症と膠原病。強皮症など漢方相談振り返り

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は雨降りで東根市のさくらんぼの収穫も佐藤錦、いまが最盛期でみなさま忙しくしているのですが、農作業における雨は休養になるようで比較的に処方箋が多くきている土屋薬局です。


恵の雨のような感じでこの雨の1日でさくらんぼ🍒もより赤く大きくなって、生育が楽しみだそうです。


今年はさくらんぼがなり過ぎて、もう小さいさくらんぼ🍒のSサイズなどはもがないで、そのまま放置してしまう。という農家の方もいらっしゃいました。

さくらんぼの仕事に携わっている方が多い東根です。


今日の漢方相談では4名の看護師さんのお客さまがいらっしゃいました。


比較的に私の漢方のお客さまでは看護師さんの方が多いですから、今後とも同じ医療職としてお役立ちになれるように努力していきたいです。


基礎体温表を見ながら漢方相談、月経周期調節法していけます。


今日の朝一番に来店されたお客さま、女の子のお子さまがだいぶ可愛らしくなって嬉しいことでした。


最初の漢方相談のときには、流産後のショックとストレスがありました。

ため息などは肝気鬱滞(かんきうったい)と考えます。


便秘もございましたから、まずは「疎通(そつう)」が大事。

つまり「流れを良くすること」をメインに考えました。


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)ビタエックス(プラセンタ)
3)開気丸
4)冠元顆粒


この4つの組み合わせで漢方を始めたところ、基礎体温表が高かったのがスムーズに下がってきてご懐妊、出産されました。


今回も2人めの相談にあたりまして、基礎体温表を再開したところ、一人目と同じように高めの基礎体温表でしたので、2人めの場合には、疏肝活血の通りを良くする方法から、王道の補腎陰の方法でやっていくことにお客さまと決めました。


その他、今日はリウマチ性多発筋痛症のお客さま。


前回は6月14日のご来店だったのですが、今日はにこやかにご来店されたのには驚きました。

肩や膝、筋肉などが痛む病気でもちろん医療機関をきちんと受診されてプレドニンも服用されていらっしゃいますが、お客さまとの信用関係、カウンセリングなども大切な要因だと改めて教えてもらったような気がします。

前回にお勧めした医薬品を中心に奥さまと2人で健康づくりをしていくとのことでした。


あと以前に子宮腺筋症で子宝の漢方相談をされていたお客さま。


子宮腺筋症の場合には妊娠出産も諦めてしまう方も多いですが、ガッツがある方でしたので子宝に恵まれました。


2人目のために再度、漢方も再開しています。

お話をお伺いしますと、いまは出産後に膠原病となりプレドニンを服用しているとのこと。


詳しくお聞きしましたら強皮症だそうです。


通常、不育症などの検査で詳しく検査すればそのような膠原病になりやすい検査値もでてくるはずですから、やはり子宮腺筋症のお客さまが妊娠出産されたことは実に素晴らしいことだったと改めて再認識させられましたし、不育症や不妊症の原因となる素因も解消した漢方の組み合わせも本虚標実対策でしたので再度、本当に良かったなあと思いました。

どうもおめでございます!


今日は「リウマチ性多発筋痛症」と「膠原病」「強皮症」など免疫関係のご相談にも触れた一日でした。


みなさま、梅雨入り、もしくは梅雨入り前の天候ですからお体にはどうぞお気をつけてご自愛下さいませ。


漢方相談の方の場合は、山形県や秋田県、岩手県、宮城県、福島県、新潟県など初回は一度、予約をとってご来店して頂きたく、そして来店して顔色や性格、舌ベロセルフチェック、血流計のセルフチェック、クロワッサンプラスの体質チェックなどして頂いて総合的に漢方の紹介、味見、お客さまの自己決定としています。

その後はお電話やメールなどでもフォローは可能ですから、できるだけライブ感覚を大事にぜひご来店をご検討くださいね。

東根市よってけポポラのさくらんぼ

<2017年6月18日 東根市よってけポポラのさくらんぼ>

東根市よってけポポラのさくらんぼ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

リウマチ性多発筋痛症の肩痛が漢方で軽減。小水の出も良くなり浮腫も解消

リウマチ性多発筋痛症の漢方相談のお客様。


土屋薬局で漢方薬も併用しまして、リウマチ性多発筋痛症の痛みなどの自覚症状が楽になりました。

ブログのこの場で紹介させて頂きます。


リウマチ性多発筋痛症とは、膠原病の類似疾患で、しつこい頑固な痛みが肩や首、腰などに起こることです。


病院でお医者さんに診断してもらう疾患ですので、ここでは深く述べませんが、リウマチのように最終的に関節が変形したり、日常生活が不便になる病気では無いということと、ステロイド剤が奏功するということがポイントです。

50代以上の女性に多い疾患です。


<メルク医学情報より>


〇リウマチ性多発筋痛症とは?


リウマチ性多発筋痛症は、首、肩、股関節の筋肉に激しい痛みとこわばりを起こします。

50歳以上の成人に多く発症し、男性よりも女性に2倍多く発症します。

この病気の原因は不明です。

側頭動脈炎を併発するため、この2つの病気は、共通した部分があるとみられています。


<リウマチ性多発筋痛症の症状と診断>


リウマチ性多発筋痛症では、首、肩、股関節部の激しい痛みとこわばりがあります。

こわばりは、朝や、しばらく動かさなかった後に筋肉を動かすと悪化します。

筋肉症状に伴って、発熱、漠然とした不快な気分、体重減少、抑うつが生じます。

このような症状は、突然出現することもあれば、徐々に出現することもあります。

筋肉の損傷や筋力低下は認められません。

リウマチ性多発筋痛に側頭動脈炎を併発することがあり、この場合は失明のおそれがあります。

また、軽度の関節炎を伴うこともありますが、関節炎が重い場合は関節リウマチ(関節リウマチとその他の炎症性関節炎: 関節リウマチを参照)の疑いの方が強くなります。


<リウマチ性多発筋痛症の治療>


リウマチ性多発筋痛症は、ステロイド薬のプレドニゾロンを低用量投与すると、症状は劇的に改善します。

側頭動脈炎を併発している場合には、特に失明のリスクを減らすために高用量のステロイド薬を投与します。

症状が治まれば投与量を徐々に減らして、効果が得られる最小限の投与量まで減らします。

多くの場合は2〜4年間でプレドニゾロンの使用を中止できますが、さらに長期にわたって、低用量のプレドニゾロンの投与が必要になる場合もあります。

アスピリンやその他の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、症状緩和の効果はわずかです。

~ちょっとここで一休み~


神町の5月の様子、ハナミズキが綺麗です。

2005年5月9日の神町の様子です。

花水木(ハナミズキ)がきれいに咲いています。


この道路沿いにある人気ラーメン屋・勘鳥居(カントリー)さんの旦那さんは、ここの道を「勘鳥居(カントリーロード」と言っていましたが、私は「ハナミズキロード」とも言いたいです。

さて、本題に戻ります。


2005年4月に漢方相談に来店です。


A子さん58歳、女性です。


154cmで、51kgです。

一昨年の11月から、左肩の痛みがあり、手のこわばりもあり、朝がつらいそうです。

筋肉痛で肩こりがつらいです。

手足のこわばりも気になります。

寒がり、冷え性で、雨降りや寒さにも弱いそうです。


今現在は、内科と皮膚科に通院中で、「リウマチ性多発筋痛症」と診断され、プレドニン3mgを服用中です。


痛みやコリには、モーラスを使っています。

また、体全身に浮腫みもあり、体全体に痛みもあります。

利尿剤のフルイトランやほかには、リピトール、ディオバンなども服用中です。


~ここでちょっと一休み(2)~


若木山とりんごの木

若木山とりんごの木。

若木山に敬意を表して、ここで一句。

「若木山にはりんごの花がよく似合う」


さて、当店からはリウマチ性多発筋痛症の漢方、漢方薬として独歩顆粒と丹参製剤をお勧めしました。


たとえ原因不明の痛みでも、「通じざればすなわち痛む」の法則により、気血(きけつ)や経絡の詰まった流れを通していけば、リウマチ性多発筋痛症の痛みであっても改善していきやすいです。


土屋薬局 中国漢方通信」の「痛み、しびれに中国漢方」なども参考にして頂ければ幸いです。

なお、痛みやしびれで上記のメルクマニュアルにも載っていますが、抑うつなどのメンタル面で精神的に参らないことも治る秘訣だと思います。


独歩顆粒は、足腰の痛みばかりでなくて、肩などの上半身の痛みにも効果がありますし、丹参製剤は血行を良くしますので、頑固なコリや痛みに独歩顆粒に併用すると相乗効果となります。

ちょうど「痛み、しびれを楽にしよう第2話 坐骨神経痛・椎間板ヘルニア」の世界です。


ちょうど1ヶ月経過した先日に、A子さんが来店されました。


小水の出が良くなり、浮腫みも楽になっているそうです。

肩の痛みも楽になっています。

便秘がちでしたが、お通じも改善されたそうです。


食生活では、養生も大切ですから、減塩にして、体も冷やさないように気をつけています。

もう一度、独歩顆粒と丹参製剤はお続けしてもらいます。

A子さんも喜んでいましたので、土屋薬局でもスタッフ一同喜んでいるところです。


痛み、しびれ、リウマチ、リウマチ性多発筋痛症の漢方相談、「痛み、しびれに強い土屋薬局」までお寄せください。

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

詳しい漢方相談の説明はこちらです。→健康をつくる漢方相談

りんごの花

りんごの花はステキなんですね。

このほんのりと紅色がかった白い色の花が好きです。


りんごの花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 PMS・月経前緊張症|漢方薬 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 「血流たっぷり」をめざしなさい いびき|漢方薬 おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 お客さまとのエピソード お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 お香 しびれ|漢方薬 つわり|漢方薬 にきび|漢方薬 のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 ほてり|漢方薬 むずむず脚症候|漢方薬 めまい、立ちくらみ|漢方薬 アトピー性皮膚炎|漢方薬 アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 アレルギー性鼻炎|漢方薬 イスクラ冠元顆粒 イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して イスクラ婦宝当帰膠 イスクラ独歩顆粒 イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 イラスト インターネットの掲示板などで漢方紹介 カウフマン療法|不妊と漢方薬 カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 ガン(がん)|漢方薬 クラミジア感染症|不妊と漢方薬 クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 ゲップ・ガス|漢方薬 ココログ版漢方(無名)コラム・2004 ココログ版漢方(無名)コラム・2005 ココログ版漢方(無名)コラム・2006 ココログ版漢方(無名)コラム・2007 ココログ版漢方(無名)コラム・2008 ココログ版漢方(無名)コラム・2009 ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ コンクレバン シェーグレン症候群|漢方薬 シミ・肝斑|漢方薬 ストレス|漢方薬 セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 タイミング療法|不妊と漢方薬 ダイエット|漢方薬 チャイナビュー チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 ツイッター ツボの話題 ディスプレー症候群|漢方薬 ドライアイ|漢方薬 ドライシンドロームの漢方対策に ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 ニュースレターより ハテナ ビタエックス(プラセンタ) フレイルの漢方対策 ヘパーデン結節|漢方薬 ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 メニエール病|漢方薬 メールマガジン モンテディオ山形 ヤフー知恵袋の漢方の回答より リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 リウマチ|漢方薬 ロコモティブシンドローム|漢方薬 下痢、軟便|漢方薬 下肢静脈瘤|漢方薬 不妊カウンセラーに向けて 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 不妊漢方で子宝|2004年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2005年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2006年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2007年1~6月妊娠出産 不妊漢方で子宝|2007年7~12月妊娠出産 不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2009年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2009(7月~12月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2010年(1月~6月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2010年(7月~12月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2011年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2012年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2013年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2014年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2015年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2016年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2017年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2018年妊娠出産 不妊漢方治療の応用 不妊症の基本検査について 不妊症の年代別漢方相談 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 不定愁訴|漢方薬 不正出血|不妊と漢方薬 不眠|漢方薬 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 中医五官病 中医痺証専門講座「南通研修」への道 乳がんの疫学と薬物療法 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 今週の漢方相談会 2008年 今週の漢方相談会 2009年 今週の漢方相談会 2010~ 今週の漢方相談会 2013~ 今週の漢方相談会2017 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと 便秘|漢方薬 免疫性不妊|漢方薬 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 円錐角膜|漢方薬 冷え性|漢方薬 加齢性黄斑変性症|漢方薬 勉強会(2004~2008) 勉強会(2009) 勉強会(2010) 勉強会(2011) 勉強会(2012~) 動悸|漢方薬 卵巣予備能~全周期活血化淤 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 卵管性不妊|不妊と漢方薬 卵管水腫|不妊と漢方薬 卵管閉塞|不妊と漢方薬 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 受精障害|不妊と漢方薬 口内炎|漢方薬 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 味覚障害|漢方薬 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 嗅覚障害|漢方薬 土屋幸太郎・漢方講演会 土屋幸太郎結婚式 土屋薬局からのお知らせ 土屋薬局のの口コミ、評判 坐骨神経痛|漢方薬 坑精子坑体|不妊と漢方薬 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 基礎体温表|不妊と漢方薬 夏の疲れに漢方 多汗症|漢方 夜中目が覚める|漢方薬 夢と不眠|漢方 女性のための漢方レッスン 女性不妊症的中医治療 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 子宮頸がん|漢方薬 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 季節の漢方養生 季節の養生法 学校保健委員会 小児チック|漢方薬 小児漢方 小太郎製薬 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 心と体 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 慢性咽頭炎|漢方薬 我が家の庭 我が家の庭 2008 我が家の庭 2009 我が家の庭 2010~ 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 掌蹠膿疱症|漢方薬 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 排卵障害|不妊と漢方薬 日中線記念館 早発閉経・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬 更年期障害|漢方薬 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 月経周期が短い|不妊と漢方薬 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 未成熟卵|不妊症と漢方 椎間板ヘルニア|漢方薬 武漢へ 死産後|漢方薬 母乳|漢方薬 泣きたくなる 活血化淤の応用 浮腫み|漢方 温活GO 漢方体験ドットコム 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より 漢方薬の安全性について 漢方薬局で相談を受ける婦人病について 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 生殖医療に関わる疑問に答える 生殖補助医療の有用性と限界 生理痛、月経困難症|漢方薬 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 甲状腺|不妊治療と漢方薬 男女の更年期と神経症|漢方薬 男性不妊|不妊治療と漢方薬 疲労|漢方薬 痔|漢方薬 痛み、しびれ|漢方薬 痰湿(暑湿)について 痰湿|漢方 眼精疲労|漢方薬 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 着床障害|不妊治療と漢方薬 睡眠と妊活 神経障害性疼痛|漢方薬 秋バテの漢方 空胞|不妊治療と漢方薬 糖尿病|漢方薬 経血量少ない|不妊と漢方薬 綿花観察日記 緑内障|漢方薬 繊維筋痛症|漢方薬 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 耳管開放症|漢方薬 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 聴覚過敏|漢方薬 肘痛|漢方薬 股関節痛|漢方薬 肩こり|漢方薬 肩甲骨の痛み|漢方薬 肩痛、五十肩|漢方薬 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 背中のほてり|漢方薬 背中の痛み|漢方薬 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 脂漏性皮膚炎|漢方薬 脈拍|漢方 脊柱管狭窄症|漢方薬 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 脳卒中|漢方薬 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 腰椎すべり症|漢方薬 腰痛|漢方薬 膀胱炎|漢方薬 膝痛|漢方薬 膿精液症|男性不妊の漢方薬 花粉症|漢方薬 若木山、石崎山や東根の景色 若木山、石崎山や東根の風景2008 若木山、石崎山や東根の風景2009 若木山、石崎山や東根の風景2010~ 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある 薬膳 血の道症|漢方薬 血管力をつければ病気は治る 補腎の話 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 足底筋膜炎|漢方薬 逆流性食道炎|漢方薬 過去のバックナンバーより 過敏性腸症候群|漢方薬 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 酒さ|漢方薬 頭痛|漢方薬 頸椎症、首のこり|漢方薬 頻尿|漢方薬 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 風邪|漢方薬 食欲不振、胃痛|漢方薬 食養生 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 高血圧|漢方薬 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 鷺草、朱鷺草観察日記 黄体機能不全|不妊と漢方薬 黄疸|漢方薬 100歳まで元気に生きる! 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 AMH|不妊治療と漢方薬 COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 FSHが高い|不妊治療と漢方薬