カテゴリー「学校保健委員会」の記事

2017.08.26

栄養剤やビタミン剤でも身体がだるくて疲れがとれない体験ありませんか?

こんにちは!

残暑が厳しく、湿度が高くて蒸し暑い季節にはいくら栄養剤やビタミン剤を服用しても身体がとてもだるくて疲れがとれない。 こんな体験をしたことありませんか?

その場合には島国日本の「湿度」が関係している場合があります。

外湿と呼びます。

身体の中から「湿」をとるような生活が大切です。


身体の中の湿つまり「内湿」が生み出される要因は、過度な冷たいものの飲食の取りすぎが原因の1つに挙げられます。

たとえばビールの飲み過ぎだったり、冷房のあたりすぎだったり。

新鮮や野菜をとったり、過剰に冷たいもの、冷蔵庫からすぐにとったものは控えてお腹を温めるようにしていきます。

職場での冷房が辛いようなときには1枚羽織ったりして、身体を冷やさないように気をつけていきます。


身体の中の余計な「内湿」は多すぎる場合には邪気(じゃき)になるので「湿邪(しつじゃ)」と呼びます。


島国日本の「外湿(がいしつ)」と身体の中の「内湿(ないしつ)」が過剰になれば「湿邪(しつじゃ)」 になります。


湿邪は目やに、吹き出物、ニキビ、アトピー性皮膚炎、水虫、フケ、高脂血症、高血圧、動脈硬化など「汚い老廃物」のイメージです。


いくら栄養剤を飲んでも疲れがとれないのは畑が腐っていて肥やしを増やすことに似ています。


漢方の補剤(ほざい)でもビタミン剤でも栄養剤でも疲れがとれない場合には、「身体の窓を開けて」風通しを良くして爽やかにするといいです。


食事は肥厚甘味といって味の濃い物、冷え冷えのものを控えて30回噛む。

季節の野菜はしっかり食べる。

適度な運動で発汗する。

十分な睡眠。


こういうこと、養生法は大事です。


虚証の「だるさ」と湿邪の「だるさ」の何が違うかいえば、端的にいえば「大便」みてください。


もし便器に大便がベト、ベタッとつけば、それが「湿邪」「内湿」のサインなんです。

汚い話ですが(昼飯時にすみません)、ちょっとチェックしてみてくださいね。


あとは肌の綺麗さとか、口臭なども!


小学校

2017年8月24日

学校薬剤師として市内の小学校さんを訪れました。


この日の大雨降りの間隙をぬって学校薬剤師としてダニ検査に。


午後は豪雨がずっと続いていたのですが小康状態のときで良かったです。

掃除機にダニ検査のゴミを貯める袋をセットして、1分間教室の絨毯を吸引してダニチェッカーで陰性陽性を判断します。

室温28℃でまだ蒸す感じの小学校でした。

養護教諭の先生、どうもありがとうございました。


小学校

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.14

仙台からのお客さまが2組みと学校保健委員会、高血圧とがんの漢方相談など

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は午前中は仙台市から特急48ライナーという仙台駅前とさくらんぼ東根駅前を結ぶバス路線でお客さまが来店されました。

お電話を予めもらっておきますと土屋薬局スタッフがお車でお迎えにあがります。


帰りも、さくらんぼ東根駅前にスタッフがお客さまを案内しています。


今日のお客さまは、帰りは電車で帰るとのことでした。

今日は、仙台よりも東根のほうが随分と暑かったようです。


その後、学校保健委員会に中学校に行きまして、給食を生徒の父母さんたちと一緒に食べて、午後1時から2時すぎまで内科医や歯科医の先生のご指導や、先生方や父兄さんたちの保護者のお話など聞かせて頂きました。

私は学校薬剤師として、プールでの事故、溺れたり、薬剤で塩素ガスが発生しないようなこと。

水質検査におけるPH管理や塩素管理の重要性など述べさせて頂きました。


その後、午後2時半に帰宅。


再度、薬局に出勤して午後3時に仙台から初めてのお客さまのご夫妻。


こちらのご夫妻は子どもも大きくなっていて、ご自身の術後の健康管理の漢方相談でした。


いろいろと迷ったのですが、ちょっと山形東根の土屋で相談してみよう。とのことでした。


丁寧に説明して、そして励まして、元気と勇気を仙台まで持ってお帰りになりました。


最後、お客さまの目つきがキラリ!と変わりましたので、今後が楽しみです。

ご主人様もおそらく、土屋の話に満足されたのでは?と甘い期待かもしれませんが、そのように希望しています。


その後は、音楽関係のお客さまのご来店と続き、高血圧の漢方相談ですが、やはり漢方を服用していたときのほうが血圧の管理に良いようです。

きちんと東根市内の循環器専門の先生に診てもらっていますが、漢方も今後とも「味が好きなので続けたい」とのことでした。


以上、だいたいの今日の一日の話でした。


子宝相談以外の生活習慣病や命がけの「がん」の漢方相談も好評です。


腎臓がんの術後で主人がゴルフに飛び回っています。

とか、胃がんの術後でも社会に復帰して元気に仕事をされている現役世代や乳がん術後の仕事と家庭の両立のための体力づくりなど、無理なくやれる範囲で相談しています。


無謀な高額な漢方相談も一切していませんので、がんの術後の漢方相談ももし興味があれば、土屋薬局に来てみてください。


ではでは、明日からの三連休、どうぞ良いお休みで!


ココ・ファーム・ワイナリーのブドウ畑

<2017年7月9日> ココ・ファーム・ワイナリーのブドウ畑


カフェのお水もオシャレ

カフェのお水もオシャレ


パン、美味しかったです

パン、美味しかったです。


レストラン、アタマの上にはブドウが

レストラン、頭の上にはブドウが!


ココ・ファーム・ワイナリーありがとう


ココ・ファーム・ワイナリーありがとう、また再訪したいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03

平成29年度第一回学校保健委員会より。朝ごはん、唾液の話など

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の夜は午後7時から東根中部小学校に学校保健委員会でした。


小児科の江口先生と歯科医の安生先生は欠席、内科の山本先生と東根一中時代の同級生の阿部先生、と学校薬剤師の土屋の出席で開催されました。

<2017年2月3日 我が家の玄関前 ネコの足跡>

ネコの足跡


豪雪でひどく道が悪い中、学校の先生方、PTAの役員の方と充実した濃い会議となりました。


東根中部小学校は昔は東根第一中学校だったので、私の母校でもあります。

いつも懐かしい思い出でいっぱいになります。

まさか学校薬剤師で母校に通うとは当時は思いつかなかったですね。


小学校の健康法は大人の健康にも役立ちますので、ちょっとご紹介させてください。


「健康6か条」

健康6か条


朝食を食べる

毎朝ウンチをする

体をよく動かす

風呂は湯船につかる

8時間はしっかり寝る

メディアは1日1時間まで


メディアとはテレビやパソコン、スマートフォン、タブレットなどです。


これは、東海大学の小澤昭夫先生のご講演がもとになっているそうです。

養護教諭の先生が東根市学校保健授業研修会でお話されたようです。


<話し合い もりもりはなまる朝ごはん>

もりもりはなまる朝ごはん


その後は、午後7時半から40分まで3班に分かれまして理想の朝ごはんについて各班で話し合いをしました。


朝食の役目は、

◯「脳」の目覚ましスイッチ…脳へのエネルギー補給

◯「からだ」の目覚ましスイッチ

◯「体の調子」を調えるスイッチ…胃や腸の働きを活発にする


朝食アンケートによりますと、朝ごはんは94%の児童が食べています。


ごはん、味噌汁、パン類、ハム・ウインナー、スープ、サラダ、牛乳、納豆、ヨーグルト、フルーツ、卵・卵料理でした。


私の班はC班で、焼き鳥与次郎の私と同級生のけいすけくんの奥さんもいましたので、味噌汁には「六田(ろくた)の麸」。フルーツは「神町(じんまち)のいちご」。などなど大いに盛り上がりその場は無事に終了となりました。

東根には他にソウルフードといえば「長瀞の納豆」なども好きですね。


六田の麸はほんとに小さい頃からお味噌汁の具として、我が家でも食べていましたので、ぜひグルテンパワーで健康を作っていってもらいたいですね。

麸は健康食です。


最後の学校医、学校歯科医、学校薬剤師の挨拶で、「唾液」と感染性胃腸炎、ダニ検査についてお話させて頂きました。


北海道、山形などの東北は寒くないように気密化しているのでダニなどのアレルギーが多いそうです。


とくに山形県は室内のアレルギーが全国平均よりも高いですから、窓を開けて換気したり、しっかりとお掃除するようにしましょう。


<参考までに。ココログの読者の皆様に>

口臭や口内炎、声帯炎の場合には水の量も必要。チェックする必要がある。精神安庭剤など副作用で口渇。唾液が減る。大人は1日に2・5リットル飲んでいる。


唾液について

消化作用
抗菌作用
粘膜保護作用
粘膜修復作用(若返り作用)
歯の保護・再石灰作用
唾液は肉体の若さを保つ、唾液は若さの秘薬

高齢者は噛む力が弱くなる→唾液の分泌量の減少→体の老化がドンドン進行



声帯炎、声帯結節、声帯ポリープに対する漢方より


<2017年2月3日>

土屋薬局駐車場

節分の立春ですが、まだまだ春が遠い感じの山形、土屋薬局駐車場です。

今朝も雪かき頑張りました。


土屋薬局駐車場

歩行者の安全のために横断歩道はとくに念入りに除雪しています。


そうこうしているうちに青空が!

青空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.08

子宮内膜増殖症、不正出血、卵管水腫、男性不妊など漢方

昨日の七夕の日を振り返ります。

朝は「ねじ式」ならぬ「ねじ花」に見とれました。


─ちょうどいま、薬局にツバメが入ってきて焦りましたが、見事に旋回して出て行きました─

─ツバメが入ってくるお店─


毎年、「ねじ花」は不思議だなと思っています。





40歳の高齢で妊娠されて41歳で出産される方のお話を書いて、そのコラムでは「補腎(ほじん)」といって卵巣機能を良くすること。

女性は「7の倍数」で成長発育老化するから「7×5=35歳」から「7×6=42歳」のエリアだから「補腎」が必須、マストなことを説明して

昼休みは久しぶりにトレーニングに出かけて乱川まで走る、走る。


渇水する時期ですが豪雨により川の名前のように勢いよく流れていました。



最近は梅雨時で月山、葉山は雲隠れが多いです。





思いがけなく「ねむの木」を発見。

これは漢方でもあって、合歓花、合歓皮など呼ばれます。


土屋薬局のホームページ 「合歓の花」もぜひご参照ください。

「象潟や雨に西施がねぶの花」 奥の細道 芭蕉




午前中は子宮内膜増殖症のかた、仙台からの漢方相談ですが、今まで漢方薬で不正出血が落ち着いていたのですが、最近、サボりがちになったらまた10~14日間くらいダラダラと不正出血が続くようになったとのことでした。

再度、気虚タイプの不正出血に効き目のある漢方薬をお勧めしていました。


グーグルなどの検索エンジンからの流入が多いようです。


子宮内膜症、子宮腺筋症の漢方の鍵は気虚

子宮内膜症、子宮腺筋症の不正出血の漢方の鍵は陽虚

不正出血の漢方相談の場合には慌てないで、実証か虚証かを検討して、実証でしたらおもに「実熱」。

虚証の場合には「気虚」「陽虚」などのはずですから不正出血の色や月経周期のいつの不正出血かどうかを検討して「陰平陽秘」の状態を目指します。

その後は、学校保健委員会に6月30日に参加した時の「睡眠の話」

ぜひ参考にしてください。



卵管留水腫、卵管水腫の漢方相談のジャンルには、不妊カウンセリング学会公認の教科書、婦人科医の先生が書いた「不妊治療ガイダンス」から卵管留水腫の記述を追記。

男性不妊の場合には、病院の漢方薬では「補中益気湯」「八味地黄丸」くらいしかないはずなので、それらは「体を温める」ので、これがすべての全員の男性の不妊に効き目があるはずがないのは懸命な読者のみなさまはお分かりのはずです。

その内容、タイトルを分かるように変更。


ブリーフを履いたらダメとか、サイクリングやジーパンは蒸れるとか、サウナで熱くなるのもダメとあるように、男性器を温めることはタブーですから、漢方もクールに血行を改善することが男性器、精子に良いことです。





私の友人がアメリカでも温泉の「野湯」に入っているツイートをみかけて感動。

とうとう「世界級」の人になりました。

やっぱりエリートは違います。さすが(遠い目)



実家のお母さんの膝痛の漢方相談、よくありますので、そのような内容で再度アップ。



大英帝国のジョン・ライドンさんの言葉で締めくくり。

「59歳は若い。幸せなティーンエイジャーのような気分だ。人生を謳歌しているってことさ」

ジョン・ライドン(2015年9月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.07

学校保健委員会から 「脳と睡眠の関係」


先日、6月30日木曜日の19時から20時まで小学校の第一回学校保健委員会に学校薬剤師として参加しましたのでここで報告させていただきます。


小学校の生徒さんたちの生活習慣や指導でした。


定期健康診断からは体位、栄養状態、視力異常について。

う歯、口腔の状態。


生活習慣を改善するための家庭でのルールや取り組み。


「就寝時間を決めている」

「宿題をしてからメディアを使用するように約束している」

「メディアを使用する時間や曜日を決めている」

「食事中はテレビを消すことにしている」


学校薬剤師 土屋のメモ


生活リズムカードで生活が良くなるケースがある。

共働きなので時間がずれるが、朝はしっかりと起きるようにしています。

ゲーム禁止、就寝時間21時。朝は6時に起床。

ゲームは勉強、食事が終わってから。


<脳と睡眠の関係>


1)睡眠は脳と体を休ませ、疲れをとる。…私達の脳は大量のエネルギーを必要とするうえに疲れやすい。


脳の働きを維持するために十分な休養が必要です。


2)脳は休んでいるだけじゃない

実は睡眠中も脳は働いています。

その日にあったこと、勉強したことや考えたこと、覚えたことなどたくさんの情報を整理し、記憶を定着させています。

規則正しい睡眠で記憶がしっかりと整理され、翌朝には脳はリフレッシュした状態で目覚めるのです。


3)成長ホルモンは睡眠前半の深い眠りのときにたくさん分泌されます。


~成長ホルモンの働き~

成長期の骨を伸ばし、筋肉を増やす。

傷ついた細胞を修復する。

新しい細胞をつくる。

新陳代謝や疲労をうながす。


参照 「もっと知ろう からだのこと ~睡眠のリズム~」 インタープレス
参照 「脳が冴える快眠法」 茂木健一郎 JMAM


最後に学校医からの一言の時間帯で、学校薬剤師として「プール水の品質管理」「安全について」をお話させて頂きました。


余談ですが、隣に座っていた学校歯科医のA先生は中学校のときの同級生でした。

今は市内で立派に開業されています。

小児科医は、E先生でした。


今回は「脳と睡眠の関係」などとても役立つと思いますので、特別にご紹介させて頂きました。


23時までにはしっかり眠りましょう!と自分に言い聞かせています。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬