カテゴリー「むずむず脚症候|漢方薬」の記事

2017.02.20

脊柱管狭窄症と脳卒中後遺症によるしびれの漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

雨降りの山形、東根市神町です。

この時期の山形では雨が降ることは気温も暖かくなっているので春をある意味、実感しているところです。

昼下がり 旧国道13号線羽州街道から乱川、国道13号眺め

<2017年2月20日> 昼下がり 旧国道13号線羽州街道から乱川、国道13号眺め

乱川から奥羽本線眺め

乱川から奥羽本線眺め


私はこのような風景を愛しています。

とことこと家から歩いて乱川を見に行ってお昼の散歩が終了です。


さて先週の土曜日は、実は週の初めに「漢方相談会大募集です!」というような応募の記事も書かなかったせいか、予約は0件でした。

2月18日当日は余裕をもっていて朝からイサゴールという便秘に良いものを勉強しようと思っていたら、結局、プリント1枚の上のほうだけ読んで、新規のお客さまの漢方相談など充実した一日でした。



今日の土曜日の漢方相談会、「しびれ」の漢方相談。新規のお客様の相談を二件お受けしました。午前中のお客様は県南よりのご来店。当店のお客様のご主人様が働いている病院で整形外科や内科など通院されていました。脊柱管狭窄症のしびれの漢方相談でした。糖尿病も持病として持っているので、なかば先生方は「仕方がない」ということでした。


じっとしていると大丈夫で、やはりスーパーなど買い物を奥様から頼まれたときの出掛けるときが辛いそうです。「あっ、漢方がいいかも?」と思いついてご来店です。最近、ひょっとしたらテレビでいつだったか漢方薬の特集をしたようですので、それが土屋薬局にも関係しているかもしれません。


高齢者の方は足腰の弱り、筋骨の衰えは腎虚です。補腎効果がある漢方薬としびれに強い虫類の漢方薬の2種類お勧めしました。


午後はこちらも初めてのお客様で、しびれの漢方薬のご相談でした。私の先輩にあたる年代で脳卒中後遺症のしびれです。幸いなことに土屋薬局には脳卒中後遺症のしびれの漢方薬も多数揃っています。

ちょうどお客様がネットで見つけてきた漢方薬のリストの上から2番目に載っていましたので、そちらの脳卒中後遺症のしびれの漢方薬と午前中の脊柱管狭窄症のお客様にもお勧めした「しびれをより楽になるする漢方薬」の2種類で様子をみてもらうことにしました。

脳卒中後遺症のしびれの場合、多種多様な漢方薬の応用が可能ですから地域性の寒さや暑さ、湿気や乾燥などの気候による影響やお客様の年代、40代か50代か、60代、70代かと腎虚の程度で考えたり(男性は8の倍数で運命が変わります)、仕事の内容やストレスの有無など総合的に考えてあげた方がお客様のためになると思います。

瘀血(おけつ)といって血液サラサラと脳卒中後遺症のしびれは関係あるでしょうし、気虚(ききょ)といって血液を押し出す力が弱ければ脳卒中後遺症のしびれが治りづらいかもしれません。(これは気虚血瘀と言います)

いずれの体質も脳卒中後遺症で脳卒中の漢方薬を選択するには体質チェックは欠かせませんね。


お二方からもよくお話しを聞かせて頂きました。どちらも男性の方で今日は男性の真剣な「しびれの漢方薬の服用に関する相談」が二件もあり、まさに私にふさわしい漢方相談だなあと実感しました。痛み、しびれの痺証の漢方相談は生きがいを感じます。また良くなるようでしたら後日報告させて頂きます。


追加1)脊柱管狭窄症は歩く距離が問題で100メートルがやっとという方もいれば、今日の午前中のお客様は1キロメートル大丈夫だそうです。歩くのが辛いから自転車に乗るかたもいます。


追加2)脳卒中後遺症で選んだ漢方薬は大塚敬節先生の著作をお客様と該当する漢方薬を一緒に読んだら、まさにお客様と同じような左足のしびれの症状が改善した体験談でした。自信をもってもらい、闘病に関するファイトを高めるにはちょうど良かったです。中医学の本も良いのですが、やはり大塚敬節先生クラスの日本漢方も変えがたい魅力があります。


補足3)はてなブログ、iPhoneで書いていますので、書き足し書き足しになってすみません。脊柱管狭窄症のお客様、糖尿病もありますので、脊柱管狭窄症でしびれで歩けない、歩くことが難しい▶︎糖尿病の血糖値が上がる▶︎またしびれる感じがする▶︎体重が痩せない▶︎脊柱管狭窄症のしびれに体重も悪影響▶︎歩けないから血糖値が上がって糖尿病が。。と悪い流れになっているとのことでした。


2人のお客さまにはある漢方薬を1つだけ共通で「しびれ」の漢方対策にご紹介させて頂きました。


当店は痛み、しびれの漢方相談、痺証のお客さまがもともと多く、土屋薬局や私自身も痛み、しびれの漢方相談は好きなので「しびれの漢方対策」に真剣にお話を聞かせて頂きました。


脊柱管狭窄症にしろ、脳卒中後遺症にしろ「しびれ」は気になるし、辛いことと思います。



中国の虫の大家、しびれの漢方相談の大家 朱良春先生に最後にあった日本人の一人として、朱良春一家の遠い親戚の一員になったつもりで、しびれの漢方相談、今後とも喜ばれたいと思います。

神経性障害疼痛むずむず足症候群などもだいぶ良い結果がでています。

その後は40代のお客さま、排卵しなくなってFSHも20以上にあがって生理不順、でも妊娠したいし、将来結婚したいというお客さま。

前回先月の1月に何か漢方ありますか?とのことで、コンクレバンと参馬補腎丸という2種類を紹介させて頂きました。


コンクレバンは飲むのが苦手だったようですが、参馬補腎丸はとても良く効いて「夕方まで疲れなくなり、仕事がバリバリできるようになりました!」と嬉しい滋養強壮効果があったことを報告して頂きました。


薬局での漢方薬は何か滋養強壮作用または美肌効果など、なにか服用していて実感、体感がないとリピートされにくいですから、良かったなあと思いました。


その後、20代の女子のお客さまはこちらも未婚でこれからいい人生がいっぱい待っているお客さまですが、プラセンタ製剤の漢方薬で「超元気になった!」そうです。

とても喜んでいました。

20代は40代と違って滋養強壮効果は早いです。

プラセンタと養血調経など、上手に漢方を組み合わせると妊娠や生理不順、美肌など希望が叶うこともしばし体験しています。


社風?なのか当店はアトピー性皮膚炎などの皮膚の漢方相談は苦手ですが、生理不順とアトピー性皮膚炎とか無月経と脱毛とか、美容関係に子宝や生理不順の女性ホルモン関係の漢方相談が合体していたら、上記のように滋養強壮効果に優れた漢方相談、ガチにムチャ得意ですから、髪の毛が生えたり、シミが落ちたり、喜ばれています。


そういえば、今日の月曜日の午前中のお客さま。

アトピー性皮膚炎と子宝相談で、養血調経とプラセンタ製剤に最初は杞菊顆粒。


ちょっとイマイチということで「子宝の漢方の柱」はそのままにして、杞菊顆粒から清営顆粒へ。

それもイマイチということで、清営顆粒から瀉火利湿顆粒へチェンジしています。


「杞菊顆粒と清営顆粒と瀉火利湿顆粒だと瀉火利湿顆粒が一番まともです」


ということで、今日は漢方の処方はいじらないでDo処方でお願いしました。


氣志團と尾崎豊と宮本くんのエレカシの話もいろいろお聞きしました。


最上川眺め

<2017年1月29日 大石田町 最上川眺め>

鳥海山も大石田町からよく眺められます。


冬の最上川 河川敷

冬の最上川 河川敷

冬の最上川 河川敷



頭痛、肩こり。痛み、しびれの中医痺証。

「目、耳、鼻、口、のど」 目の痛み、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り、突発性難聴、後鼻漏や花粉症、のどなどの中医五官病の漢方相談。

不妊症の子宝相談。(本場仕込みの本格的な漢方相談)


ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。


バナナパフェ美味しかったです

<2017年2月19日 山形市白山>

バナナパフェ美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.16

ピートル、オーラルフレイル、コンクレバン、むずむず足症候群、チョコレート嚢腫

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日もチラチラと雪降りの山形です。

すっかりの雪国らしい風景です。


昨夜は東根市のタントクルセンターで北村山薬剤師会で山形市立済生病院の腎臓内科の先生のお話を聞いて勉強しました。

お薬の説明はキッセイ薬品さんのピートール。


リン(P)を取るで、ピートルという納得のネーミングでした。

鉄でキレートを作ってリンを取る。

ただし下痢には注意という感じです。

腎臓内科の先生は「神クラス」の素晴らしい先生でした。

薬剤師の父と妻と3人で向かって、薬剤師会の先生方にも挨拶して帰ってきました。


今日は午前中は地元の馴染みのお客さま。


最近、私も妻と一緒にコンクレバンを愛用していますが、そのお客さまは長年に渡りお子さまの体質改善にコンクレバンをご愛用され、お母様の本人様もコンクレバン無しでは生活できないそうです。


コンクレバンは日水製薬さんからでている肝臓加水分解物です。

ブタの肝臓に牛の心臓、それにビタミンが入っています。

血液中のアルブミンが足りないと老化が起きたり、寿命に関係します。


コンクレバンは医薬品の肝臓加水分解物では血中のアルブミンが改善されているデーターがありますので、これからの高齢化社会に役立つものだと信じています。

実際にコンクレバンを服用すると、私は体がポカポカします。

心臓エキスが入っいるから心拍出量によくて手足の末端に血流がたっぷり流れていきます。




先日のEテレでもオーラルフレイルで老化が進む、とありました。

高齢者が自立した生活を送ることができる状態から要介護に至るまでの間に「フレイル(Frailty)」という概念があります。

そのフレイルの前駆状態とも考えられているのが「オーラル・フレイル」。

日本歯科医師会さんのホームページから。

『オーラルフレイル』を理解して、健康長寿を目指しましょう


『オーラルフレイル』は、滑舌低下、食べこぼし、わずかなむせ、かめない食品が増えるなどのささいな口腔機能の低下から始まります。早めに気づき対応することが大切です。これらの様々な口の衰えは身体の衰え(フレイル)と大きく関わっています。
日本歯科医師会は、「8020運動」に『オーラルフレイル』という新たな考え方を加え、健康長寿をサポートしてまいります。


結局は、食べられなくなるから血中のアルブミンが減って健康寿命が短くなる。

高齢者が自立しにくくなる。

ということです。


お肉や魚、卵などのタンパク質は体の維持に大事です。

話は戻ります。


コンクレバンを購入されたお客さま、お子さまは丈夫になりました。


体質改善にコンクレバン+黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)。


黄耆建中湯もアトピーなどのアレルギー疾患の改善に良くて、お肌や気管支など体を丈夫にする、免疫などにもいい漢方です。


桂枝湯の芍薬を2倍にして漢方の飴を入れたものに、黄耆を足したものです。

黄耆は皮膚などによい補気剤です。


人参は「守る」ほう。胃腸など体全身に


黄耆は皮膚など「防衛」するほう。


今から1700年ぐらい前の傷寒論の時代には「甘いもの」も薬になったので、漢方の飴が入っています。

きっとこれで栄養状態が改善したのでしょう。


「甘味」は栄養、滋潤作用があり大切な五味の1つです。



その後のお客さまは「むずむず足症候群」のお客さま。

手足や体全身のしびれ、ピリピリ感の漢方相談など、土屋薬局にふさわしい「痛み、しびれ」の漢方相談が2件ありました。


「むずむず足症候群」のお客さまは医療関係者なのですが20年前から発症して、当時は大学病院でも分からずに精神病の扱いにされた。とおっしゃっていました。


初回、2回目と心脾顆粒(帰脾湯)で様子をみたのですが症状が変わらずでした。


舌ベロは色は痰、舌の奥に白膩。


うーん。


血虚と気虚。あっ! そうだ!

ということで独歩顆粒を試してもらうことにしました。


独歩顆粒とは独活寄生湯です。

さてどうなるでしょう。


証のとり方は間違っていないと思います。


栃木県のさくら薬局の毛塚先生は1年間でむずむず足症候群を改善した症例を持っていましたので、ちょっと時間があれば良くなるのではないかなと思います。


手足や体全身のしびれ、ぴりぴり感の神経障害性疼痛のような原因不明の症状、10月2日から漢方初めて、いま12月でお客さまの顔の表情、だいぶ明るくなりました。

だいぶ良いそうです。


驚くべきことに量販店のドラッグストアで働いていて、お客さまたちがビタミンB12を求めにくると、土屋薬局を紹介してくれているそうです。


そんなビタミンなんかじゃ、痛み、しびれは効かないわよ。とココロの中で思っているそうです。

私は黙って話を聞いていました。


そういえば昔、ドラッグヤマザワさんで働いている方がロキソニンをお求めのかたに土屋薬局を紹介してくれて、お客さまがどんどん来たこともありました。


当店のような小規模店、もう話しにならないので大型チェーンドラッグストアとも共存共栄の世界でございます。


人の世話になると恥ずかしいので、ニコニコ(^^)しましたが、有り難いことです。


その他、関西方面のお客さまには不妊カウンセラーとしてチョコレート嚢腫についてのアドバイスが昼間の会社の休憩時間を利用して1件の漢方相談。

お客さまはカンジダ膣炎はすっかり治って再発していないそうです。素晴らしいです。


子宮内膜症ですごくショックだとのことでした。

ここで私が得意の励ましと大丈夫です!


ということでお客さまも安心されて明るくなって良かった。良かった。


もう1件も関西方面の、実際に山形に飛行機で来店したお客さまからの継続リピートでの漢方相談。


こちらはご主人様の禁酒は「腹をくくる」しかないですね。

などアドバイスさせて頂きました。


昔から、ひょっとしたら私は関西方面の方と漢方相談は性に合うかも。と思っています。


などございました。


以上、本日の途中経過でした。

今日はけっこう長く文章を書いたかな? (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.22

むずむず足症候群、両肩の痛み、手根管症候群。子宮腺筋症で出産された

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝の地震、皆様のところは大丈夫だったでしょうか?


先程、秋田県から来店されたお客様、秋田県は揺れが少なかったようで知らないで寝ていたそうです。

ちょっと福島県から秋田県は離れているので、地震の揺れが少ないようですね。


土屋薬局もお陰さまでスタッフ一同、元気にしております。

いつも気にかけていただきましてありがとうございます。

今日の午前中の漢方相談、むずむず足症候群の新規のお客様でした。


つや姫とむずむず脚症候群、体外受精の凍結融解胚移植の漢方併用例

「むずむず脚症候群」の「漢方薬」で「足のしびれ」が漢方で解消!


過去に痺証部会で中医師の陶先生より、むずむず足症候群、レストレスレッグスの中医学における漢方の治したかも教えて頂きまして、栃木県の私が尊敬する毛塚先生の1年間における、むずむず足症候群の漢方相談における治癒例も参考にさせて頂き、予め予習していました。


まずは15日間、むずむず足症候群対策の漢方で様子をみて頂きまして、経過を教えて頂く予定です。


その後に来店されたお客様も新規のご夫妻でした。

奥さまがあちこち痛い。

降圧剤と高脂血症のお薬とツムラの107番 牛車腎気丸を近医より処方されています。

整形外科からは鎮痛剤処方。


両肩の痛み(肩関節周囲炎、いわゆる五十肩で腕が上がらない、就寝時にも痛くて目が覚める)、手のしびれ(手根管症候群)、食欲が少なく痩せてきた。

胃腸虚弱で食欲不振。


鎮痛剤もあまり飲めない、胃が荒れるので飲みたくない。


そして、痛散湯などが欲しいというリクエストです。(これは通信販売なので薬局店頭では購入できません)


この手の漢方相談は、実は難しいです。

困り果てたところ、妻から数日前に教えてもらったアドバイスが脳裏に蘇り、それをお客様に実行、実践。

お勧めしたところ、話にも花が開いて、喜んでお帰りになりました。


ご主人様も奥さまが心配で着いてきただけに大喜び!


午前中は河北町谷地からのお客様たちでした。


午後は来月に入籍して、来年に結婚の予定のお客様が「温活」の話でご来店。


生理不順、生理周期が長いことが気になって、子供がぜひ欲しい。

ということで、試飲と説明でこちらのお客様も喜んでお帰りになりました!


そして秋田県から私のレジェンドの子宮腺筋症でめでたく出産されたレジェンドのお客様のご来店。


入籍されるお客様とも「腹を割った」話をしましたが、秋田県のお客様とも「本音」で「腹を割ったお話」をしてもらいました。


不覚にも私が感動してしまって、涙を流してしまったぐらいで(普通はお客様が涙をながすので逆だろ~と自分で自分にツッコミを入れたくなりました)、お子様1歳過ぎてお元気ですくすく育っているそうで、感動でした。

その子宮腺筋症だったお客様には久しぶりにお会い出来て、ほんとに嬉しかったです。

やったーおめでとうございます!

子宝漢方で不妊体質を改善!このブログは正しく中医学、漢方を学んでいる薬剤師、認定不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎が妊活応援!赤ちゃんがほしい、綺麗になりたい女性を応援しています。

一緒に頑張りましょう!親切丁寧に漢方相談していますからお気軽にどうぞ!

ひょっとしたら人生変わるかも!

痛みや耳鳴り、ガンなど全てのジャンル漢方相談可能です。


遠慮なく漢方相談お寄せくださいね。


若木神社の落葉

<2016年11月18日>

若木神社の落葉です。

紅葉も見事ですね。

若木神社の石碑

庚申塔も落ち葉に埋もれて


若木山公園の落葉

若木山公園の落葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.07

つや姫とむずむず脚症候群、体外受精の凍結融解胚移植の漢方併用例

つや姫


土屋薬局は「薬局」なのですが、いまは秋の新米シーズンで店頭にも「つやひめ」が積まれています。

これは店内に入ってきた漢方のある一定の条件を満たしたお客様にご紹介するものですが、とてもめずらしいセールをしています。

ブートレグではなくて正真正銘のロット場号でかんりされている、まるでGMP基準で作られたかのような厳しい条件を通った「つや姫」がひょっとしたら明日、明後日にあなたを待っているかも?


本来のお米のタンパク質の8%を切っているという「つや姫」。


身体が弱い方も、腎臓病の方にもより安心な食材です。


ひょっとしたら、いいことあるかも?


さて、

痺証の勉強会


昨日は仕事が終わった夜の8時から痺証のパソコンのIP通信による勉強会が午後10時まで行われました。


いまのパソコンは今年の連休中に買い替えたものですが、以前はマイクとカメラを付けて会話していたのですが、このノートパソコンはカメラとマイクが内蔵されているようで、普通に会議室に入るだけで双方向性で勉強できるので技術革新なんだなあと新鮮に感じています。


痺証はおもに栃木県の私の師匠格の毛塚先生による「むずむず脚症候群」のお客様の症例検討でした。


毛塚先生、むかし私が東京にいる時代とリンクしていて、そのときには東京薬科大学から吉祥寺の東西薬局さんなどで修行をされていましたから、非常に「中医基礎」がしっかりとした信頼のおける先生です。(先生はその後、南京にも留学されました)


ムズムズ病(レストレスレッグス症候群)と皮膚科で診断された。


足底を触れるとビリビリする。

足裏が硬く感じて砂利が入っている感じ。

たまに棒のように感じたり。


ここからは勉強会の最後に陶先生が教えて頂いたのですが、むずむず脚症候群の方に多い症状だそうです。


「胃があまり強くなく、ときにつかえて、胸焼けを感じる。

食が細くて痩せてしまう。そのようなときには足の調子も良くない」


漢方を服用して1年後ぐらいから調子が全般的に上向きに傾向になったそうです。

テューターの進行役の陶先生によるまとめです。


むずむず脚症候群


中医学的な対策方法


湿熱下注(しつねつかちゅう)→清熱利湿(せいねつりしつ)


気血両虚(きけつりょうきょ)→補気養血(ほきようけつ)


脈絡淤阻(みゃくらくおそ)→活血化瘀(かっけつかお)


肝腎不足(かんじんぶそく)→養肝滋腎(ようかんじじん)


寒邪阻経(かんじゃそけい)→温経通絡(うんけいつうらく)


など一生懸命、痛み、しびれの中医学、漢方的アプローチをたくさん勉強しました。

野川

野川

閑話休題、昨日の2016年10月6日の野川です。

芋煮会シーズンです。


平日でも毎日、どこかのグループが野川で芋煮会を開いています。

いい季節です。

秋のお日様が似合います。


白山のスタバ

またまた閑話休題です。


先日、スタバで読書しました。





だぶん、この本を読めばかなり私の漢方相談のレベルの向上が見られると思います。


中医学の勉強は「ここでいい」という基準がないので、常に勉強して「知識の水平線」を上げていきたいです。

まさに「永遠の果てしない道」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.08

足のしびれが漢方で解消!むずむず脚

おはようございます。

山形は晴天で気持ちの良いお天気です。

五月晴れといったところでしょうか、湿度も少なく爽やかな朝を迎えています。


さて、最近お客様から、もそもそ、むずむずとした足のしびれ、「むずむず脚症候群」の相談で嬉しい報告がありました。


○平成24年3月24日 


72歳の女性のお客様。

近所のお友達からのご紹介で当店に「左足のしびれ」で漢方相談に来店されました。


左足のしびれ、「むずむず脚症候群」でお悩みです。

足の付け根からの感覚がない。

むずむずとした足のしびれ、「むずむず脚症候群」(本人様は、モソモソした感じもあるそうです)

背中は大丈夫で違和感はございません。

内科と整形外科に通われています。

体の冷えはありません。

しびれには天気の影響はありません。

今年の豪雪で雪なげをしてから痛みが続いています。

病院の待合室で隣り合った方から当店のことを人づてに聞いたそうで、以前にも水虫を当店のお薬で治したこともあったそうです。

足のしびれの漢方に3種類お勧めしました。

足のしびれの経絡を通して、活血して、足腰を丈夫にする漢方処方です。

独歩顆粒、丹参製剤、「5つの生薬」で足のしびれの対策をしていきます。


○平成24年5月7日 


☆「むずむず脚症候群」のモソモソと足がしびれる感じがとれて、さわると痛みが分かるようになりました。☆


脚立に上がったときにも足のしびれ、足のモソモソしていて感覚が感じないようになっていたので助かりました。

足のしびれ、「むずむず脚症候群」が楽になって和らいで良かったと思っています。

食欲などもかわらず元気いっぱいです。

I東根市 猪野沢橋からの眺め

<2012年4月24日 東根市 猪野沢橋からの眺め>


ときどきふとこの橋からの眺めを見て癒されたくなります。

何もない、普通の場所で観光地でもなんでもない、ただの橋ですが気に入っているのです。


東根市 猪野沢橋からの眺め

ふと河原に目をやると─今年もまた早春の使者─猫柳が輝くように咲いていました。


猫柳が輝いています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬