カテゴリー「血管力をつければ病気は治る」の記事

2014.05.26

活血と通絡 「未病先防は気血のネットワークから」に妻と参加してきました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日は妻と連れ立って東京銀座で日本中医薬研究会とイスクラ産業主催のシンポジウム 活血と通絡 「未病先防は気血のネットワークから」に参加してきました。


私が東京高円寺のイスクラ高円寺研修塾に入学したときに、冠元顆粒発売の翌年の年でした。

あれから20年が経過して、日本におけつ活血化淤(かっけつかお)の意義について再認識してきました。


冠元顆粒は毛沢東、周恩来の号令により開発された漢方薬で、西洋医学における一つ一つの生薬の活血作用の薬理を吟味して集めた処方です。

別名「20世紀最大の漢方処方」とも言われています。


日本における許可、販売名は冠元顆粒(かんげんかりゅう)ですが、正式な方剤名称は冠心Ⅱ号方からスタートしました。

私も実家の薬局に帰った当初は漢方相談をすればなにかと冠元顆粒をお客様にご紹介したことが昨日のことのように懐かしいです。

いまも現在進行形で、活血化淤の意義について再認識、再確認してお客さま方のために役立てていきたいです。


写真を通してご紹介していきましょう!


東京銀座フェニックスプラザ

<2014年5月25日 東京銀座フェニックスプラザ>

来日された日中友好病院主任医師の史載祥先生です。

通訳の張先生もいらっしゃいます。


血淤症のガイドライン


血淤証のガイドラインです。

東西薬局の猪越恭也先生が提唱された


淤血とは

1)痛み

2)しこり

3)黒ずみ


これが一番分かりやすいです。


たとえば頭痛や肩こりは淤血(おけつ)であり、生理痛も淤血だし、打撲も淤血、高血圧も淤血、高脂血症も認知症も淤血と認識して活血化淤法を用いていきます。


傷寒論、温病とならび21世紀は「活血化淤(かっけつかお)」が新たなる理論として登場してさらに発展していきます。

パネルディスカッション


最後のパネルディスカッションです。

盟友、静岡の小島晃先生もいらっしゃいます。

中医学にとても明るい先生です。


展覧ブース

展覧ブースです。

7月20日に日本中医薬研究会の会員店を対象にした痺証専門講座オープン講座が開催されます。


私、土屋幸太郎にも白羽の矢があたり会員講師としてお話させて頂くことになりましたので、恥をかかないためにも最近は中医学の学習に熱が入っています。


「独歩顆粒~健康で元気な毎日のために」がタイトルです!

ワールドカップ仕様のパンダちゃん人形です。

サッカー、ワールドカップ仕様のパンダちゃん人形です。

頑張れニッポン!


こちらは手元にあった資料です。

こちらは手元にあった資料です。

今後とも活血化淤の精神で漢方相談していきたいです。


歩行者天国の銀座は晴れやかでした。

歩行者天国の銀座は晴れやかでした。

東根に帰ってきたら、もう真っ暗でした。


我が家ではリラの木にクレマチスがするすると昇って咲いています。<br />

<2014年5月26日>

東京銀座から帰ってきて一夜明けて、我が家ではリラの木にクレマチスがするすると昇って咲いています。

実に綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.18

血管力をつければ病気は治る…冠元顆粒の紹介

こんにちわ、土屋です。

山形もやっと雪が止みました。

今日は久しぶりに陽射しがでて、雪も少しずつではありますが解けてきています。


さて、本日は午前中に山形県の最上地方という雪の多く降る地域から、年配のご夫妻が来店されました。


冠元顆粒(かんげんかりゅう)を服用を昨年から続けているのですが、お二人とも体の調子が良くなってきているようだとのことでした。


食生活では、白米から玄米食にしてお水にも気をつけているそうで、冠元顆粒を服用してからは「健康に対する意識」も変わってきたそうです。


冠元顆粒は、血液をサラサラに浄化して全身の血行を改善していく漢方処方です。


元来は「冠心Ⅱ号方(かんしんにごうほう)」として中医学(中国漢方)の名方だったのを、日本人の体質に合うように更に改良を重ねたものです。


血圧が高めの人や(もちろん低血圧でも血液サラサラは有効です)、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などのいわゆる「血管病」である生活習慣病対策として人気があります。


脳や心臓は血管が詰まったり、動脈硬化によってダメージを受けやすいですし、糖尿病なども血管の「糖づけ」ですから動脈硬化の進展により、目の網膜や手足の神経、腎臓などの二次性疾患も引き起こしやすいのです。


冠元顆粒は、血液をきれいにしていって、血流を良くしますので、これらの生活習慣病対策に有効です。


またリウマチ坐骨神経痛などの痛みやしびれなどの疾患にも、
血液サラサラで血行を良くしていくことは大切です。


「通じざればすなわち痛む」ですから、血流の流れを良くすることは、悲鳴を上げている局部に酸素や栄養が行き届きますので、痛みやしびれなどの症状の改善に役立ちます。

頭痛や肩こりや冷え性も、血流対策を上手にすれば解消しやすいです。


これらの効き目は、冠元顆粒の「丹参(たんじん)」や紅花(べにばな)や赤芍(芍薬のこと)、川弓(せんきゅう)の生薬パワーによることが大きいです。

日本では丹参製剤は、ほかに天王補心丹くらいがあるくらいですから、冠元顆粒は貴重なものだと言えます。


さて、前述のご夫妻たちは一冊の本を読みまして、その素晴らしい内容に感激しまして当店に来店されたのでした。

その本の名前は「血管力をつければ病気は治る」です。


初来店のときには「本の中で、冠心Ⅱ号方や冠元顆粒が紹介されていましたので、ぜひとも服用してみたい」と感想を述べていました。

秋田の親戚や友人たちにも、このような素晴らしいものがあることを教えてあげたいともおっしゃっていました。


私自身も、そのような言葉をお客様から聞きますと感激するほうですので、今日の仕事の感想をアップすることに決めました。


血管力をつければ病気がなおる

富山大学医科薬科大学の和漢薬研究所助教授の横澤隆子先生が執筆されています。

助手さんが山形県出身のかたで、「山形県の花」─紅花を最初は研究課題としていたそうですが、紅花だけでは活性酸素などのフリーラジカルを除去する働きが弱かったので、「丹参(たんじん)」にテーマを変えました。


その中で、「丹参」や「紅花」が配合されている製剤として、冠心Ⅱ号方(冠元顆粒)があることからより一層研究が進み、良い結果が得られております。

山形県の花の「紅花」のフリーラジカルを除去する作用と、より優れた働きの「丹参」が配合されている冠元顆粒(冠心Ⅱ号方)はまさに「鬼に金棒」の21世紀型の処方ですね。


(「みんなの願い 血液サラサラ健康法」や「あなたの血液は、サラサラ流れていますか? 「淤血度チェック」」「カナダからの電話」なども参考にして頂ければ幸いです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬