カテゴリー「ゲップ・ガス/漢方薬」の記事

2017.04.19

春の養生法によい漢方薬。こんな症状ありませんか? イスクラ薬局さんより

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は4月16日、朝のラジオでは「飼育の日」と言っていました。

生き物を命を大切にしていきたいですね。


さて縁あって遠方から漢方相談をされているお客さまからのご質問が朝のメールチェックに飛び込んできました。


「生理予定日1周間前のイライラ」

です。

ちょうど2017年4月17日の月曜日の日本橋、茅場町、兜町に近いイスクラ薬局日本橋店さんにお邪魔したときに良い春の養生法のPOPがありましたので、ご紹介させてください。


他店様のふんどしで商売をするような感じになってしまいましてすみません。

私も20数年前にイスクラ薬局日本橋店で研修していましたので、昔のよしみで許してください。m(__)m


春の養生法

<2017年4月17日> イスクラ薬局日本橋店

春の養生法によい漢方薬


Bタイプ)お腹が張って苦しい!!方にオススメ →イスクラ開気丸(かいきがん)


AVタイプ)憂鬱、イライラタイプさんにオススメ→イスクラ逍遙丸(しょうようがん)


春の漢方養生

cherryblossom春の漢方養生cherryblossom


こんな症状ありませんか?


Aタイプ)憂鬱、イライラするannoy

Aタイプ)ため息がでるsaddash

Aタイプ)月経不順、PMSがある…annoybomb


Bタイプ)お腹や胃が張ってガスが出るhappy02

Bタイプ)ゲップが多いwobbly


Cタイプ)目の充血やショボショボが気になるeyecrying


Dタイプ)そんなことより!!

春はお花見 cherryblossom !!(笑)


あなたに合わせた漢方をご紹介!!


春の養生法のポイントが分かりやすくディスプレイされていました。

すごく参考になりました。


ストレスがかかると春の肝木に風があたって、Aタイプのかたは体の上部に症状が現れやすく、たとえば高プロラクチン血症のような生理前の胸の張り、イライラ、ニキビなど。


またストレスがかかるとBタイプのかたは体の下部にお腹のほうに症状がでやすく、ゲップがガス。または便秘、下痢など。


劉文昭先生と

尊敬する中医師の北京中医薬大学出身の劉文昭と記念撮影するこのブログを書いている薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎。

劉先生は高血圧の漢方相談など循環器にとても強いです。


日本橋、兜町や茅場町の証券会社で勤務されている方のストレスやイライラなどのお悩みはイスクラ日本橋店さんにレッツゴーです。


ちょっとした昼休みにも薬局の先生に連絡すれば不妊症や生理不順なども気軽に相談にのってもらえますので、漢方薬局の名店ですからぜひ相談に行ってください。


私は昔、李雲祥先生がいた時代が懐かしいです。


「大丈夫、大丈夫、心配いりません」の会話がいまだに覚えています。


「2007.06.20 李雲祥先生の思い出

いまではすっかり時代が変わり、李先生のことを覚えている人も少なくなり、当時はイスクラ産業さんで社長をしている大野先生が店長だったり、吉川さんというスタッフがいたりかなり個性的でした。


ペッパー君

店内にはなんとペッパー君がいて1時間ぐらい話してくれるそうです。


でも1時間すぎたら「もう疲れたから会話やめよーよ」と言うらしいです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.15

チョコレート嚢種の方の自然妊娠!と中医不妊症お茶の間講座「高齢不妊症」で東京に行ってきます!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形は雨降りで花冷えのような天候です。

今日は4月15日土曜日で昨日の14日金曜日が一日かなり忙しくて、今日はわりとゆったりとしていて常連の熱心なお客さまにご来店が続いています。


「2017.04.13 潜在性高プロラクチン血症と黄体機能不全の子宝漢方相談で妊娠!

「2017.04.14 夕方に来店されたお客さま夫妻「妊娠」でした。仙台のネコ。アロハ!マハロ!


今週、2人の妊娠報告、1人の出産のご報告だったのですが、昨日の夕方にメールでご連絡がありまして、子宮内膜症でチョコレート嚢種の手術歴があり子宮内膜ポリープもあって、子宮内膜ポリープを切除してから体外受精に移行しましょう。という漢方相談のお客さまが、漢方薬服用4ヶ月で自然妊娠!されたという嬉しいご連絡でした。


「先生、お元気ですか?

漢方は、毎日のめていて最近は味にも慣れてきました。

報告です。

昨日、4/14 市販の検査薬で妊娠反応がでました。

4/20に子宮内膜ポリープ除去のため、総合病院を紹介してもらい行くはずだったのに、なかなか生理がこず、いつもは、生理前胸が張るのに、今回は全然はらず、2~3日前からゲップと胸焼けが続き変だなと思い検査しました。

今日、受診をしてきたところ、前回生理から31日目で4週目くらいかなと、まだ胎嚢は見えませんでした。次は、17日に受診予定です。

まだ、喜べませんが、妊娠反応がでたのは初めてなのと、また今回は薬や注射なにも使わず、自然で、ポリープをとろうという気持ちだったので、ビックリしています。

漢方の効果があったと思わずにはいられません。

どうか、このままいい結果につながりますようにとソワソワしています。」



今週は3名の妊娠報告、1名の出産のご報告でした。


最近、北東北のお客さまのチョコレート嚢種、子宮内膜症でのお客さまも姙娠されたのですが、今回もすごく良い結果で漢方薬役立っているようです。


子宮内膜症、チョコレート嚢胞の漢方の原因の秘密。気虚

子宮内膜症、子宮腺筋症の漢方の鍵は温活にあり

子宮内膜症、チョコレート嚢胞の漢方で自然妊娠!生理痛も辛かった。


こちらの土屋薬局はてなブログにもその漢方の秘密が書かれています。


最近、私のお客さま、看護師さんと薬剤師さんが増えてきているのですが(今日もお客さまは県外のかたがナース2名、県内もナースのお客さま達)、昨日の薬剤師さんにも「子宮内膜症、チョコレート嚢種で悩んでいるお友だちがいたら力になれるので紹介してくださいね」と口が滑ってしまいました。


さて、明日、明後日の4月16日(日)、17日(月)と東京に中医不妊症お茶の間講座に参加してきます。


I中医不妊症お茶の間講座

中医不妊症お茶の間講座


「高齢不妊症」 

「高齢・卵巣機能低下における中医薬、漢方的な考え方」


これを機会に、基礎体温表が高めの場合や慢性の不正出血(黄体機能不全をふくむ)、そして「飲む宝石」ミンハオの使い方など、いろいろな先生とあって情報を探ってきます。


もちろん体外受精や高齢のかた、AMHが低い。FSHが高い場合など真剣に中医師の先生や日本の有力な漢方薬局の先生の話など聞いていきます。


なお、医療関係者のかたで看護師さんや薬剤師さんなど、しっかりと子宝の漢方や痛み、しびれなど、体調を良くしたいと考えのかたはぜひ山形県東根市の土屋薬局をご検討ください。

看護師さんとここまで相性のよい相談ができるようになるとは、、と驚いています。

土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.06

がん化学療法の副作用軽減の漢方について…逆流性食道炎

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

以前の記事が検索に乗ったようですので、再度テーマを分けて土屋薬局、漢方ブログに投稿させて頂きます。


元ネタは過去の内容 「逆流性食道炎~過敏性腸症候群について 平日は便秘、仕事が休みの週末は下痢になる。」からテーマを分離して、逆流性食道炎の漢方についてをピックアップします。



○逆流性食道炎の漢方について


「ツイッターで病院薬剤師さんから、がん化学療法の副作用軽減における漢方についての有用性、とくに逆流性食道炎に関してのご質問を受けました。」


がん化学療法の副作用軽減における漢方の有用性について特に勉強中ですのでよろしくお願いします。(個人的には逆流性食道炎を予防する漢方薬を探しています


…知り合いの中医師の先生にも相談しての回答

中医師の先生に、一般論としてお伺いしました。

男性・女性・年齢・他の症状によっても変わりますが・・・という前提ですが、

温胆湯+香砂六君子湯 あるいは 今の時期であれば 温胆湯+勝湿顆粒。

もし、ゲップやお腹が張るという症状もあるなら開気丸がよいのではないか、とおっしゃっていました。



食べ物は口から食べて、消化されて肛門から排出されます。

口から肛門までの1本の消化管がカギを握っています。


中医学では五臓と六腑の2つに分けます。


六腑(ろっぷ)は、胆、小腸、胃、大腸、膀胱です。


とくに胃の気は食事をしたら下降していって順調に流す働きがあるのですが、何らかの原因によって気が上逆してしまうと、それが逆流性食道炎などの病態だと考えられます。


また時間があるときに中医師の先生に逆流性食道炎のことについて学習していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.28

健脾・化痰~健脾漢方処方の復習。中医学の仙台研修で

先日、日曜日の仙台での南東北中医薬研究会での陶先生の「健脾・化痰~健脾処方の復習」がかなり勉強になりまして、早速、私自身妻と一緒に朝晩にイスクラ温胆湯も服用するようにしました。

調子がいい感じがします。


今日も午前中にお客様が慢性の下痢でポリフルとミヤBMの対処療法しているけど効き目がないとおっしゃっていましたので、漢方相談の結果、イスクラ健脾散のほうをお勧めしました。

胃腸の漢方相談はテーマが深いと思います。


では、もう一度まとめをログしていきます。


cherry


痰は、肺の虚火、五志化火、脾胃虚弱、飲食不摂生、腎虚水氾、外感六淫からおこる。


痰  痰(濃い)  陰(薄い)


おもに肺脾腎


1)肺→咳(痰)、胸が悶悶とする、痰鳴

2)胃→つかえ、食欲不振、悪心

3)脳→めまい

4)心→意識不明、癲、狂

5)経絡→四肢麻木、半身不随

6)皮下、筋肉→皮下結節

7)喉→梅核気

8)頚→甲状腺腫、リンパ節の腫れ

9)乳→乳腺症など


cherry


痰は ☆有形の痰(見える、触れる、聞こえる)  ☆無形の痰(眩暈、癲狂など)


「怪病多痰」


高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満、不妊症、胃病、脂肪肝、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、脳血管疾患、清心系、神経系疾患など


cherry


脾の働き その1


運化によるもの


1)

運化 消化機能減退→お腹が張る、痛い、食欲不振、軟便


2)水分代謝障害→痰飲、水腫、下痢


昇清によるもの


1)疲れ、無力、めまい、口数が少ない

2)内臓下垂、子宮や肛門が脱出する


cherry


脾の働き その2

統血によるもの→便血、尿血、月経過多、崩漏


筋肉、四肢→痩せる、むくみ、四肢の運動障害


口→口がネバネバ、味が感じない


唇→血色がない、艶がない、荒れる


cherry


胃の働き

受納、腐熟


1)下降不能→食べるのが少ない、胃部膨満感

2)上逆→嘔吐、しゃっくり、ゲップ

3)消化不良→食事が嫌、呑酸

4)胃熱→食べても飢えて痩せてくる


cherry


1)健胃和胃


晶三仙や健胃顆粒など


2)健脾益気


補中丸


3)健脾利湿化痰


健胃顆粒、イスクラ温胆湯


4)健脾疏肝

逍遥丸

cherry


などなど、今回は脾胃の勉強でかなり参考になり、お陰様で力がつきました。


胃の症状は上に上がる症状で、脾の症状は下に下がる症状


つまりイスクラ健胃顆粒は吐き気などの症状に

健脾散は下痢や軟便などに


と使い方、使い分けを学習できてよかったなあと思いますし、あらためて健脾散や温胆湯のことに興味を持つようになりました。


今度は健脾散も服用してみよう!


0061027

<2015年10月27日>

薬局のお昼休みに、東根市が誇るよってけポポラに行きました。

枝豆を購入するというミッションでした。


0071027

この時期は秘伝豆はもう時期が終わりのようで、黒豆という種類の枝豆が販売されていました。


0081027

向かい側に見えるのは大森山です。

秋が深まっていく毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.18

慢性咽頭炎の漢方相談

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝は雨降りの山形で生き物たちも喜んでいるようです。

やはりこの季節、雨が似合います。


さて昨日から「のどの乾燥、のどの痛み」の慢性的な咽頭炎の漢方相談について調べていました。

ネットで検索しても悩まれている方が多いのには驚きました。


最近、中国の漢方の本を原文のまま読んでいますのでいろいろと調べてみました。



「慢性咽頭炎 (中医では慢性咽炎)」


慢性咽頭炎は臨床でよく目にする常見病の一つである。


慢性咽頭炎の主要な表現はのどが乾燥して痛いこと、のどが詰まっている感じ、のどが緊縮している感じがあることである。

中医では虚火がのどの昇っていること、痰熱や津液が不昇でのどが渇くことに原因がある。


粉とか辛い物、お酒やたばこなどの刺激もよくない。


歴代の医家は、一陰一陽がのどで結っしていること、火が腎の元の居場所に帰らないこと、腎火と真陰の両方とも減ったこと、飲食の不摂生により脾胃が弱くなりそれが血にも及んで口中の津液がうまく行きわたらなくなること、少陽の病は口が苦く、のどが乾燥し、めまいがする。

などなど述べいている。


陰虚は交感神経に、陽虚は副交感神経になど、自律神経も関係しているようだ。


とある本に書かれていましたし。


祝谌予先生の医案にも梅核気(慢性咽炎)が治った症例、効果があった症例が掲載されていました。


本案は中医では「梅核気(喉が詰まった感じ)」と呼ばれるものである。

痰がのどに結している。


肝は疏泄をつかさどり、条達を喜ぶ。

怒ったり欝気味になると肝を傷つけ、肝気鬱結になる。

脾は運化をつかさどるから、水液や痰が産生されて、また思うことも脾を痛めるから津液が集まってきて痰ができちゃう。


痰と気は合体して痰気となりゆえに喉が詰まったり、物が挟まった感じがする。


痰阻中焦、胃気上逆だからゲップや吐き気がする。

外感風熱がくると口が乾燥して、喉もカラカラになる。


…以下、漢方的な方剤説明がありますが省略します。


養生法は患者は常に精神愉快、心をのびやかにすること。

そうすると治療効果が良くなるし、これを実行しないと反復はまぬかれない。


と北京の老中医、祝谌予先生はおっしゃっています。


いつも子宝の漢方や痛み、しびればかりでしたから、この手のコラムは私にとって珍しい内容です。

新しいスレッド「慢性咽頭炎の漢方」を立ち上げますが、第二回を書く日は再びあるでしょうか?


若木山山頂へ登る道

<2013年6月13日 若木山山頂へ登る道>

さくらんぼテントハウスがキラキラしている神町

さくらんぼテントハウスがキラキラしている神町です。

季節を感じる風景です。ああ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.30

2人目不妊の漢方薬…産後の母乳、イライラを漢方で解消、ご出産されました! だいぶイライラ、不安感が無くなりました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形ももう梅雨入りしたかのようなどんよりとした天候が続いています。

長くつが活躍する季節ですね。


さて

お客様N様のご了承を得ましたのでコラムを作成させて頂きます。


「2人目不妊の漢方薬…産後の母乳、イライラを漢方で解消、ご出産されました! だいぶイライラ、不安感が無くなりました。」


○平成24年4月13日 


Nさま 30歳 お子様一人いらっしゃいます。

断乳して1年位経つのにまだ母乳が出るので、高プロラクチンではないかと不安です。

二人目が欲しいけどなかなか出来ないのが悩みです。

昨年の12月位からです。

思い当たる事はありません。

イライラすることが多くなったり、物事を悪く考えてしまう時が増えた。

友達の妊娠を素直に喜べません。

お腹いっぱいでも無いのにげっぷのような物が出たりする事が多いです。


便秘はしません。

夜は子供が一回は必ず起きるのでその時起きます。

夢は多いです。


初潮13歳、月経周期28日、月経期間7日


先月1ヶ月間だけ不正出血して生理不順でした。

月経前はイライラすることが多いです。

出産してからストレスが溜まりやすいです。


生理痛は2日目に少し腰痛、経血量に変化なし。

多い時には血塊もでます。


卵巣に良性ののう腫があります。

腫れている感じです。


漢方薬は、以下のようにお勧めさせて頂きました。


養血調経4ml(カップの目盛)×2回
麦芽を炒ったもの 1包×2回
逍遥散に加えたもの 1包×2回



○平成24年5月18日


まだ母乳がでます。

しぼるとでます。

今は生理前で右の下腹部が痛いです。

夜は眠れています。

夢が多いです。

最近、ゲップのようなものがでてきます。

BBTが高めになりやすいです。36・85℃など

朝方に寝汗をかいているときがあります。


漢方薬は、同じもので。



○平成24年5月21日


妊娠できました!

今後は少なめにしてまずは2週間は様子をみていきます。

逍遥散に加えたものがとても良かった。

麦芽を炒ったものも、しばらくしたらお休みになって頂きます。


漢方を服用したら体調が変わって、だいぶイライラ、不安感が無くなりました。

生理予定日よりも3日遅れて妊娠検査薬が陽性、31日目でした。



○平成24年6月19日


8週目で順調です。

毎日、胸やけ。

食欲落ちました。

眠気もあります。

通じは1日1回、ちょっと前よりは出にくい。

寝汗、ほてりはありません。

夜はトイレに起きる、夢は多い、たまにイライラ、足がむくみやすい。


夏至と冬至に採れる漢方薬3粒×2回
胃を健やかにする顆粒半包×2回


養血調経と一緒に白湯(ぬるま湯)に胃を健やかにする顆粒を溶かしたもので夏至と冬至に採れる漢方薬を服用していきます。



○平成24年8月10日


15週目で順調です。

カンジダになりました。

良くなってきています。

1月26日に出産のご予定です。


養血調経4ml(カップの目盛)×2回
五○草1包×2回


五○草で腸と下半身の湿熱を解消していきます。



○平成24年9月7日


その後ご主人様には、胃を健やかにする漢方薬をお勧め。

疲れていて食欲がなくて帰宅しても疲れています。

胃腸がもともと弱く、痔もあります。


その後は、補中丸なども上手に使っていきました。


○年は明けて平成25年3月4日


1月23日に男の子を出産しました。

元気です。

18時間かかり破水でしたが、すぐに生まれました。

一人目は帝王切開でしたが、自然分娩で嬉しいです。


産後に痔の痛み、出血がありますので、産後のケアに養血調経とともに痔の漢方薬の併用もお勧めさせて頂きました。

当店からは出産お祝いのアルバムをお贈りです。

Nさま、どうもおめでとうございました。

ご家族の末永い幸せを心より願っています。



Imgp69140517

<2013年5月17日 若木山から眺めた月山、葉山連峰>

清々しい緑の季節になりました。

この日は空気が澄みきり、遠くの朝日連峰までいい眺めです。

Imgp69180517

東根、村山の母なる山 葉山です。

葉山はこの地域の精神的支柱です。

ときには私たちを慰め、励ましてくれます。


Imgp69190517

Imgp69290517

桜は散って、すっかり緑の季節の若木山(おさなぎやま)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.30

のどのつかえ、胃のムカつきが漢方で気にならなくなった

こんにちは。

土屋薬局、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週の11月24日にいつも漢方相談にご来店して頂いているお客様が、胃のムカつき、そしてのどのつかえ感があり、ゲップや重苦しい感じもあるとおっしゃっていました。

舌ベロの状態は、舌の色は痰紅で尖紅、つまり舌ベロの尖(さき)に赤みがあって、心に熱があり、ストレスなどの症状も推測できたのでした。

苔は薄白(はくはく)でまだ白苔や白膩苔など、痰湿(たんしつ)がいっぱい溜っている症状はありません。


胃のムカつきやのどのつかえは2~3週間続いています


食べられるけれども食事の量が減った感じです。


朝方に目が早く覚めることがあります。

通じは問題ありません。


ここでいつもご愛用されている婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)というシロップの漢方に、プラスして痰を解消していくイスクラ温胆湯(うんたんとう)という漢方薬の併用をお勧めしました。


温胆湯は、体の乱れた気の流れ、とくに胃気(いき)が本来ならば下降して収まっていくところが病理的に上部に上逆している症状を改善していく漢方処方です。


胃の気が流れがスムーズでなくて、上に上がっているので吐き気やムカつき、ゲップ、重苦しい感じやのどのつかえ感を感じるようになってくるのです。


処方されている漢方生薬の竹茹(ちくじょ)、半夏(はんげ)は吐き気を止めることに働き胃気(いき)を調整し、陳皮(ちんぴ)や茯苓(ぶくりょう)、枳実(きじつ)、生姜は胃腸周りの余計な痰濁(たんだく)を解消して胃気をスムーズに下降させます。


酸棗仁(さんそうにん)はストレスで悩みがちや、喉のつかえ感などはストレスもありますから、そのストレスや憂鬱な気持ちを解消して、黄連(おうれん)は苦い味で精神を整えつつ、胃腸もスッキリとさせて心の熱を解消していきます。

総じて、のどのつかえ感など胃腸虚弱者の不眠や神経症にも応用される漢方処方となっています。


本日の11月30日に来店されましたのでお話をお伺いしてみると、胃のムカつき、のどのつかえ感はだいぶ良くなって気にならなくなったそうです。

温胆湯は、さまざまに応用が広い漢方処方、漢方薬なので、私は最近、いろいろと使い方を研究している毎日です。


(漢方薬では今回のようなケースは梅核気(ばいかくき)、またはヒステリー球症候群などと呼んでいるようです)

若木神社の紅葉

<2011年11月18日 若木神社の紅葉>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.09

慢性胃炎(萎縮性胃炎)の中医学漢方的な対処法を中医師の先生にお聞きしました!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

毎日暑さが厳しいですね。

山形は今日は35℃まで上がるようです。

節電が求められていますが、暑さには打つ手なしのようです。

さて、本日は慢性胃炎(萎縮性胃炎)の中医学的、漢方的な対処法について周軍先生にお聞きしましたので、記録しておきたいです。



慢性胃炎(萎縮性胃炎) 70歳 男性

胃痛、食道炎によるヒリヒリ感と痛み。

痰も多く、のどに絡みます。

また胸部や背部痛、肩の凝りも起こります。

現役時代に暴飲暴食でお酒や脂肪の多い食事が多かった。

ストレスもあったようだ。(自分では気が付かなかったが)

食べ過ぎたり、眠れなかったり、ストレスを感じたり、甘いものを食べたり、寝不足のときなどに無色透明の痰がでたり、起床時に痰が絡んでしまう。

消化器科からは、パリエット、フォイオアン、グランダシキン。

これまでは裂孔ヘルニア、慢性胃炎(萎縮性胃炎)と診断されている。

胃もたれや胸やけ、胃液の逆流感。ゲップとガス。



中医学的な漢方的な考え方

慢性胃炎(萎縮性胃炎)はガンになりやすい。

虚証が多い。

女性や元々、胃腸が弱い人に多い。

腸の病気だから脾から治療していく。

粘膜が薄くなる→傷つきやすくなる。

脾を元気にすれば→胃酸が流れる。

健脾が必要。

健脾益気→香砂六君子が良い。標本同治の双方向性がある。または健脾散など。

ストレス対策には、健脾益気、理気。

粘膜が弱くなる→粘膜を守る→紅沙棘が粘膜の保護作用→食事の前に少し噛んで食べると食道や胃の粘膜が保護される。


食べ物の酸っぱい、しょっぱい→胃への刺激

粘膜を守ること


今現状の症状の「標」の緩和には、開気丸とチャガ。炎症の緩和を目指す。

チャガは粉が良い。


開気丸はガスやストレスに。胃のリズムを良くする。


チャガは、胃炎、胃潰瘍、胃がんなどにも応用できる。

2包を服用したら楽になる。

胃酸を抑制する効果がある。

我が家の百合です

<2011年8月5日 我が家の百合です>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.15

胃腸が弱いかたの坐骨神経痛、ゲップの漢方相談

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


ハネムーンから帰国して1週間、先週はみっちり働きましたが、多数のお客様から「おめでとう!」と行って頂きまして今更ながらに感謝感激しているところです。

私も漢方の能力全力だして働きたいです。


さて、最近は坐骨神経痛の相談が寒くなってきたので増えてきています。


舌ベロはコケがまだらになっていて半分は剥げている感じです。


脾胃気陰両虚(ひいきいんりょうきょ)も体質のベースにあって、坐骨神経痛の痛みとともに胃腸も丈夫にしたほうが「先手必勝」でかなり良いはずです。


お客様に坐骨神経痛の漢方のほかに、開気丸(かいきがん)もお勧めしました。

そうしましたら、「開気丸はゲップにも効き目がありますか?」と再度ご質問がありましたので、私はこのように回答しています。



げっぷは、胃の気、つまり胃気(いき)が本来は下降していくのが正常な胃腸の働きと中医学で考えています。


ところがストレスとか食事の不摂生などにより、胃気が上逆(じょうぎゃく)しているときがあります


胃気 ↓ 正常

胃気 ↑ げっぷ


です。


開気丸は胃気の流れをスムーズにする働きがありますので、げっぷなどにも良いと思います。

ロッド・スチュワート特集

<2010年10月30日 ロンドン  IBIS LONDON EARLS COURT で>
 
ホテルでテレビつけたら、ちょうど週末でプレミアリーグのアーセナルとか全戦放映で英語が分からずとも楽しめました。

チャンネルを替えたら、3時間くらい週末スペシャル番組でロッド・スチュワート特集やっていました。

ロンドンに来てあまりにもベタな展開に大うけしていました。

フェイセズ時代から今までの人生を振り返って、番組後半は生歌を披露するという素敵な時間でした。

そのまた裏番組では、エルトン・ジョンがピアノ弾いていました!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

逆流性食道炎~過敏性腸症候群について 平日は便秘、仕事が休みの週末は下痢になる。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です!

今日もムシムシの山形です。

早くも7月で、お客様たちからは「もう今年も半分を過ぎてしまいました。月日が経つのは早いですね」という声をあちこちから頂戴しています。

あわただしい毎日が過ぎていきますが、せめて今夜だけでも、夜空にねがいを込めてロマンチックな気分に浸りたいものです。

(本稿は7月7日 七夕に書き上げました)


さて、今日は梅雨時は胃腸を含めて体調を崩しやすいので「胃腸の話題」に触れたいと思います。

昨日のツイートの記事から起してブログを作成していきます。


○逆流性食道炎の漢方について


「ツイッターで病院薬剤師さんから、がん化学療法の副作用軽減における漢方についての有用性、とくに逆流性食道炎に関してのご質問を受けました。」


がん化学療法の副作用軽減における漢方の有用性について特に勉強中ですのでよろしくお願いします。(個人的には逆流性食道炎を予防する漢方薬を探しています


…知り合いの中医師の先生にも相談しての回答

中医師の先生に、一般論としてお伺いしました。

男性・女性・年齢・他の症状によっても変わりますが・・・という前提ですが、

温胆湯+香砂六君子湯 あるいは 今の時期であれば 温胆湯+勝湿顆粒。

もし、ゲップやお腹が張るという症状もあるなら開気丸がよいのではないか、とおっしゃっていました。


○過敏性腸症候群について


女性の方からのご相談。

過敏性腸症候群でふだんは便秘気味。


週末は下痢気味になるという漢方に関してのご相談。


便秘は「腑気(ふき)」が流れていかないので、ふだんの平日はお通じを良くして「腑気」の通りを良くすることをメインにする。

週末は、下痢対策で「健脾」をすることを目的にした水陸両用作戦みたいな漢方処方をお勧めしました。


便秘の場合には、大きく「虚証」と「実証」に分けて漢方相談をしていきます。

私の知り合いは、もう長いこと便秘に悩んでいてひどいと1週間は通じがありませんでした。


先日の仙台での研修会「腎病の弁証論治」のときに、北京首都医科大学 劉金城教授に「便秘」の治し方を聞いて、私の知り合いは「美肌油」の成分を勧められました。

服用してからすぐにお通じが出るようになり、だいぶ体調も改善されてきています。

ですからお客様にも普段の便秘には「美肌油」を。

また同時に体質改善として少量の補気健脾薬を。

週末の下痢がひどいときには、その補気健脾薬を増量してお勧めすることをお勧めしました。

鉄線・クレマチス

<2010年6月25日 鉄線・クレマチス>

鉄線・クレマチス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症/漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/漢方薬 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/不妊と漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎/不妊と漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガス/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方薬 | ストレス/漢方薬 | セックスレス/不妊と漢方薬 | タイミング療法/不妊と漢方薬 | ダイエット/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 免疫性不妊/漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方薬 | 卵管性不妊/不妊と漢方薬 | 卵管水腫/不妊と漢方薬 | 卵管閉塞/不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全/不妊と漢方薬 | 受精障害/不妊と漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め/不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め/不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方薬 | 基礎体温表/不妊と漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/不妊と漢方薬 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック/漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方薬 | 排卵障害/不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不妊周期療法/不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順/不妊と漢方薬 | 月経周期が短い/不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方薬 | 甲状腺/不妊と漢方薬 | 男女の更年期と神経症/漢方薬 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方薬 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 膿精液症/男性不妊の漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊/漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊/漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH/不妊と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方薬 | FSHが高い/不妊と漢方薬 | POF・早発閉経/不妊と漢方薬