カテゴリー「高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方」の記事

2017.07.27

43歳高齢不妊、体外受精、FSH高い、遺残卵胞からの妊娠対策

2017年6月6日に中医不妊症お茶の間講座 不妊IP講座 薔薇組を受講しました。

定期的に薬局の勤務が終わった午後8時から午後10時まで中医薬研究会の有志の先生方と中医不妊症を学び、中医学講師の先生たちをテューターとして基礎から応用まで学んでいます。


わたし土屋幸太郎が勉強した内容を記録していきます。


前回は、「2017.06.22 卵巣機能低下、早発閉経の不妊への漢方対応」でした。


今回は症例2です。


ちょっと日にちが経過していますが自分自身の勉強のためにログしていきます。


<症例2>


全国の漢方薬局の先生方から実際の店頭での漢方相談、不妊症の子宝相談での体験例です。


43歳 165センチ 体重50キロ後半  結婚4年


生理初潮11歳 現在生理周期25日  おりもの少ない


FSH高い 52~80  化学流産、遺残卵胞


クロミッド+スプレキュア、ソフイアA

問題点


1)高齢

2)FSH高い

3)着床失敗

4)BBT 基礎体温表が高い


解決路


劉先生の解説…


遺残卵胞→次の周期に影響する。

原因は高齢、38歳以降


活血補気(かっけつほき)も大切。3ヶ月休んで子宮内膜を綺麗にする方法もある。


遺残卵胞の対策…高齢、卵が育ちにくい


遺残卵胞はホルモンと関係する。


遺残卵胞は受精率が低い。

遺残卵胞は活血化瘀で出す。


活血剤+チャガ→一番よい


たとえば水蛭製剤+チャガ

水蛭製剤は5粒×3回

生理スタートからでもいい。

高温期に水蛭製剤いい。

ピル+水蛭


死血(しけつ)をとる。


遺残卵胞の予防にも


高齢は主席卵胞が大きくなりにくい。


ほかの卵も小さくなりにくい。


クロミッド、HMGで残りも発育してしまう。


卵は多くならずに遺残卵胞。


またはHCG注射、高温期ピルで遺残卵胞。


低温期の小卵胞が高温期に大きくなって遺残卵胞。


HCG注射→かならず遺残卵胞が残る。


HCG注射してからチャガ→遺残卵胞を抑える。


育卵も大切。



艶麗丹は八仙丸のバージョンアップ。

肺腎の潤い


カエルの輸卵管。


昔は中国の男性の精力剤、いまは美容にも応用されている。



基礎体温表が高い


低温期、高温期が高い

月経周期が短い


1)黄体期が短い

2)排卵が早い→小さい卵子のうちに予防


小さい卵は受精能力がない。→高温期も短くなる。


冬至と夏至に採取される漢方薬をよく使う。


熱と湿をよとる。(旱蓮草が)


女貞子は肝腎の陰を補う。収れん作用→小卵胞が排卵しないようにする

冬至と夏至に採取される漢方薬は 1)基礎体温表を下げる  2)月経周期を伸ばす


つまり高齢不妊に良い。不正出血の対策に。


FSH高い→病院ではE2またはピルでリセット。


クコの実と菊の花が配合された漢方薬+冬至と夏至に採取された漢方薬+亀ちゃんスッポン漢方スープ


補陰を中心にしていく


基礎体温表が上がっていくから。


冬至と夏至に採取された漢方は月経周期3日目から使っていく


1日3回 1回7~8粒  1日21~24粒


生理3日目から高温期に上がるまで


高温期が高いときには、冬至と夏至に採取された漢方は高温期にも使える。


2~3ヶ月で結果がでてくる。


モーニング

<2017年7月17日>

福島県郡山市のモーニングへヨーグルトを食べに行きました。

ヨーグルト専門で山形や仙台にお店がありませんので、本店に出かけました。


窓際の席

11時半過ぎと早めに来たので窓際の席に座ることができました。


けっこう眺めがよいです。


お通しのヨーグルト


お通しのヨーグルトで「おお!」と盛り上がります。


ブルベリーのタルト

ブルーベリーは蔵王の伊藤農園さんで採れたものです。

新鮮でとても美味しかったです。


ぷるぷる

ぷるぷる


ブルーベリーのタルト

ブルーベリーのタルト


コーヒーヨーグルトのパフェ

これは珍しいコーヒーヨーグルトのパフェです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(3)

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(3)です。


高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(2)

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方


前回までの内容はこちらのリンク先をご参考にしてください。

<高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方>

中国山東中医薬大学付属病院・山東中医院生殖医療センター 


体外受精ARTにおける中医薬応用の着眼点


体外受精の治療による心身を伴う不具合…心身

胚の質が悪い… 精子・卵子 種

子宮内膜が薄い、繰り返しの胚移植失敗…土壌、虫

高齢による低反応(卵巣)、卵巣機能低下

卵巣過剰刺激

前兆流産


高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方


子宮内膜が薄い場合、または子宮内膜が硬い


高齢による卵巣の低反応、卵巣早衰、卵巣機能低下


何回移植しても妊娠しない→卵子(種)の問題


☆不妊には活血は「補」

→重要


「卵巣予備能~全周期活血化淤」の記事

2006.07.20

FSH8以上で高く卵巣予備能の低下…FSHが高くなる原因は?

こちらのコラムもとても参考になる内容です。

「田園を流れる最上川」村山市 <2006年7月9日 「田園を流れる最上川」村山市 >


先週、7月11日にテレビ電話で中医婦人科不妊症専門講座エクスパートコースの勉強会がありました。

そのときの勉強会の私のメモです。


1)寝坊は基礎体温が上がる。


2)卵胞期が短い→陰陽両虚(いんようりょうきょ)がある。


3)35歳→腎虚(じんきょ)が始まる。



「卵巣予備能の低下」


1)FSHの基礎値:CD3日目


8mIU/ml以上


生理3日目に血液検査で、卵胞刺激ホルモンが8以上だと、卵巣機能が衰えている可能性がある。

若い人は、4~7くらい。

15以上は、かなり厳しい。

25だと妊娠の可能性2%。


2)徐々に成熟卵胞数は減少、卵の質は低下。


3)35歳以上、卵巣手術の既往者、子宮内膜症、早期卵巣不全…臨床上多い。


FSHは、卵巣予備能の目安になる。


FSHが高くなる原因は?


甲状腺機能低下、染色体異常、卵巣嚢腫、チョコレート嚢胞、STD(性感染症)


康先生の参考案内


○月経期: 血府逐淤丸(けっぷちくおがん)、爽月宝(そうげつほう)


○卵胞期: 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、爽月宝(そうげつほう)、双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)


○黄体期: 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、爽月宝(そうげつほう)、双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)


補腎活血(ほじんかっけつ)がメイン。


○爽月宝など各種活血化淤の方剤は、高温期の処方で子宮内膜の活発化に良い。


○黄体期(高温期)の活血は、妊娠に役立つ。


○妊娠確認したら、爽月宝はお休み。



○原始卵胞から卵胞に発育するまで、時間がかかるので(3周期くらい)

漢方は「体づくり」が大切。


○活血薬(かっけつやく)は即効性がある。


○中医の活血薬は、各種あるので併用すれば効果的。
(病院の薬では、アスピリンくらいしかない)


○卵巣予備能の低下には、活血剤が使える。


○全周期に活血薬をたっぷりと使うと効き目が良い。
(妊娠しやすい)


「大淀の流れ 万緑に最上川
<2006年7月9日 「大淀の流れ 万緑に最上川」>



さて高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方に戻ります。


キーワード:中成薬、ART(体外受精)


ART(体外受精);中医学、漢方薬の着眼点<疾患別>


PCOS多嚢胞性卵巣症候群

子宮内膜症(チョコレート嚢腫や子宮腺筋症なども)

卵管素因(卵管水腫なども)

低反応卵巣

卵巣機能低下、卵巣機能不全

LUFS(黄体化未破裂卵胞)

黄体機能不全

前兆流産

少精子症、精液不可(男性不妊)

ED



高齢不妊女性の生殖特徴


卵子の数が減少

卵の質がよくない…空胞、受精力が低下、受精率が低い、胚盤胞獲得率が低い

臨床表現…月経周期が短い、月経周期の乱れ、稀発月経、排卵期出血、慢性の不正出血など

年齢は治癒できない疾病(高齢は越えられない壁) 我々ができること:衰老を遅らせ卵子の質を改善する

40歳以上は染色体異常の発生率が倍増するため流産率が40%を越える


土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!

5月のニュースレター 創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!


こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今月号は土屋薬局創業78周年 「創業祭」特集号です。


私は土屋薬局 三代目、創業100周年をぜひ盛大にお祝いできるように、末永く地域に根差した薬局業を続けていきたいです。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。


スタッフ一同これからもひとりひとりのお客さまとの会話を大事にしながら笑顔があふれる気軽に会話できる医療機関を目指したいです。

何かお気づきのこと、至らないことなどございましたら、改善していきたいですので遠慮なくご指摘ください。

さて、先日4月16日、17日の日月を利用して東京で中医不妊症お茶の間講座グループミーティングに参加してきました。

テーマは全国各地の漢方薬局の先生方の店頭実践の「高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方」でした。

高齢化社会で100歳まで生きる時代になりましたが、女性のからだ、男性のからだも含めて生殖には「年齢の壁」があります。

晩婚化や女性の社会進出、キャリア優先などにより妊活が遅れるケースがあります。


高齢不妊症での症例は全員が40代でした。


ある薬局の資料によりますと過去3年間に40歳以上で来店されたのは約285名。


しかしながら挙児希望の願いが果せず治療を中止していかれる方も多くみられ、妊娠されたのは約半数の123名(43%)。


自然妊娠されたのは40~43歳まで、43歳を過ぎるとART(体外受精)との漢方併用が多くみられるそうです。


現代の中国での産婦人科の体外受精、日本でも社会問題になっているのは「高齢不妊、卵巣機能低下、早発閉経」です。

それに対応する「応え」「答え」としての中医学、中国漢方での実践を2日間に渡り学んできました。


今回のニュースレターにあるイスクラ逍遙丸はストレス対策、春の憂鬱、イライラ、妊活中のストレス対策に。(希望と落胆がジェットコースターのように繰り返されるから)

星火亀鹿仙は高齢不妊症や卵巣機能低下、AMHが低い、FSHが高いなどに1つの有望な亀類加工食品です。

亀板とスッポンの甲羅と鹿茸や西洋人参が配合されて、老化対策に有効な「一手」です。


土屋薬局では月経周期(28日よりも早い、遅い)や今までの治療歴(子宮内膜症、多嚢胞性卵巣症候群など)やお客さまの年齢、体型、お肌、胃腸の状態など総合的に加味して最適な漢方相談をお勧めしています。

埼玉県からご家族で来店されたお客さま、めでたく自然妊娠されて過去3回の流産も乗り越えて間もなく45歳で出産だそうです。

ご主人の大学の後輩が東根市役所にいる縁でわざわざ関東から東根に来店されてそして良い結果に繋がりました。

今後とも「ご縁」など大切にして創業祭を頑張っていきたいです。


「2016.07.28 埼玉県から漢方相談にご来店頂きまして狭山茶もお土産頂きました。

こちらのお客さまのことです!おめでとうございます。



土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
こちらも参考になりましたら、幸いです。


長井市の老舗

<2017年5月9日 長井市あら町 土屋薬局もこのような老舗企業を目指したいです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(2)

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方の続きの話です。


薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

土屋薬局では普段は、女性の方ですと子宝相談、不妊症などの漢方相談が多いです。

子宝相談にもタイミングでとか、人工授精で頑張りたい、体外受精で頑張りたいなど、ひとりひとりのお客さまのの状態によっても変わってきます。


また年齢別にいえば、20代、30代前半、30代後半、40代では、卵巣年齢のAMHや普段のFSHやE2などのホルモン値や、また40代に近くなれば子宮の素因、子宮筋腫や子宮腺筋症なども増えてきます。


最近、全国の漢方薬局では40代の不妊症を成功させる漢方相談が増えてきていますので、その特集のスクーリングでした。


わたし、土屋幸太郎もイスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書を頂戴して表彰されました。


イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


もう10年勉強して10年実践で実際に漢方相談してきました。


いわばこの表彰は日本サッカーでいえばJリーグの浦和レッズ、清水エスパルス、横浜マリノスのような感じです。


尊敬する中医師の王愛延先生と土屋幸太郎"

尊敬する中医師の王愛延先生と土屋幸太郎。イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


さて

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

<高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方>

中国山東中医薬大学付属病院・山東中医院生殖医療センター 


体外受精ARTにおける中医薬応用の着眼点


体外受精の治療による心身を伴う不具合…心身

胚の質が悪い… 精子・卵子 種

子宮内膜が薄い、繰り返しの胚移植失敗…土壌、虫

高齢による低反応(卵巣)、卵巣機能低下

卵巣過剰刺激

前兆流産


高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

体外受精は最後の高度な不妊治療、ステップアップの最終段階ですから「挙児への希望」が大きいだけに「失敗」を繰り返しますと「悲しみ」や「ストレス」そして「イライラ」などの心身のバランスが乱れてきます。


不妊はただの「虚弱体質」の「滋養強壮」の漢方相談になるのではなくて、ストレス等の心身を調和することが大事と言われるところがここにあると思います。

よく逍遥丸(しょうようがん)などの疏肝理気剤が使用されます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)だと冷え性には本来はむかないので、個人的には(土屋が思うには)逍遥丸のほうが使いやすいかなと実感しています。


イライラをほかにとるのは炒麦芽(いりばくが)や竜骨や牡蛎などが配合された漢方薬、いわゆる逍遥散のような柴胡剤(さいこざい)、またミンハオのような「飲む宝石」の重鎮安神剤も素晴らしいと思います。


胚の質が悪い、精子、卵子を良くすることは前回の甲信地方の漢方薬局の先生が指摘されましたように「検査結果に異常がなくてもご主人にも漢方薬を服用してもらう」ことはとても大切だなあと改めて再認識しました。


男性のかた、最近、土屋薬局にも40代、50代の男性の方などご自身の健康管理に不妊と関係なくて来店されるケースがポツポツ増えてきています。


「3年間の足の冷えがとれました」

「尿のキレが20代に戻りました」


などと驚きの漢方体験談をお聞きして、私も男性の漢方相談 「メンズ漢方相談」けっこういけるかもと考え始めまた。


妻が言うには「男の人の健康相談ができるところってなかなかないから、案外、男性の漢方相談いけるかもよ」と私にアドバイスしてくれます。


もう50代の方ですと、完全に私の「先輩」の年代ですから歳も近いので親しくお話させて頂いています。


脳梗塞後遺症の方なども、あまり漢方薬で痺れがとれてはいないようですが、「もう少し続けてみる」とのことで、通ってくるお客さまもいらっしゃいます。

おそらく相性が私といいからわざわざ来店されるのだと思います。


(実際にお話はお客さまの仕事の話しを聞いています)


話は脱線していますが、体外受精など不妊治療がうまくいかないときには、ご主人の精子から考える方法が大切になってくると思います。

むかし、体外受精コーディネーターの試験勉強をしているときにも産婦人科の荒木先生の本にもそのような一説がありました。


子宮内膜のほうは、薄い場合の漢方相談は「6ミリ」以上に厚くなりません。

などと昔、よく漢方相談をうけていました。


今現在、当店に来店されるお客さまでは黄体機能不全なども含めまして、わりとうまくいっているケースが多いようです。

昨日にほぼ5週目で妊娠確定のようなお客さまもプロゲステロンの黄体ホルモンは6でしたが、漢方だけで高温期の基礎体温がとてもきれいになりました。


子宮内膜が「硬い」場合には、活血化瘀などの方法がいいと思います。


また連休中など時間をとってこのシリーズを書いていきたいです。

では明日の29日からの連休、みなさま、どうぞお元気で!


私は北村山薬剤師会での役員会、薬剤師研修会と重要な仕事をしてきます!


土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


若木山から眺める月山

<2017年4月24日 若木山から眺める月山>

この日はとてもよいお天気で月山の眺めがいい感じでした。

桜の季節ですから月山の眺めがとても美しいです。


桜と月山

桜と月山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.21

高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


2017年4月16日、17日の日月と久しぶりに東京出張で2017中不妊症お茶の間講座上級コース第一回グループミーティングに参加してきました。


中医不妊症お茶の間講座とは、漢方薬局で子宝相談、不妊症の漢方相談の道を選ぶお客さまが増えてきているので、日本でも本場 中国での漢方の実践、中医学での漢方による不妊症脱却、子宝に恵まれる漢方相談の講座です。


この専門講座が設立されたときには、日本の漢方薬局でそこまで専門的な相談ができるかどうか危惧されたエピソードもあったそうですが、いまではすごく勉強をされている先生も増えて大所帯になってきました。


私こと、土屋幸太郎は不妊症で悩んでいる方の味方、力になりたいと思いまして、ずっとコツコツと勉強を続けてはや10年すぎまして表彰されました。


イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書


イスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコース修了証書

株 土屋薬局 土屋幸太郎殿

あなたはイスクラ中医不妊症専門講座エキスパートコースにおいて 10年以上の研究過程を修了されました。

ここに中医不妊症エキスパートときての十分な知識を習得されたことを証します。


中医不妊症の子宝相談の「お墨付き」です。


東京や博多まで飛行機で行って勉強したこともありました。

(いま考えると博多まで中医不妊症講座の勉強に行ったなんですごい熱意です)


私が教わっている中医師の先生方は名医ばかりで本当に恵まれています。


さて東京です。


つばさ

山形新幹線つばさに久しぶりに乗りました。

車体の色がメタリックなカラーからだいぶ柔らかくなった印象です。


霞城公園の桜

霞城公園の桜をみながら東京へ


高島屋 熊本城

東京日本橋高島屋 熊本城特集 頑張れ熊本!です。

山形からも復興を応援しています。


2017中医不妊症お茶の間講座2017

2017中医不妊症お茶の間講座2017の案内です。


症例検討 高齢不妊症

症例検討 高齢不妊症


4月16日 日曜日当日はまず甲信地方の漢方薬局の先生と京滋奈の漢方薬局の先生からのそれぞれの40代以降の高齢不妊症の漢方相談の症例を発表して頂きました。

今回は40歳以降の方の不妊症の特集です。


1)甲信地方の先生の症例は40歳で見事に体外受精で妊娠出産されたお話でした。


2回の流産、採卵 受精せずなどを乗り越えて漢方薬局の先生と二人三脚で頑張って無事にご出産。


先生の考察は「高齢不妊症の場合は、低温期に補腎陰の漢方薬を多めにいれて、補陽の漢方薬も少し入れる。ご主人はどこも悪くない、元気と言われても主人にも漢方を飲んでもらうと良い。生理期、排卵期に冠元顆粒を増やす。これらの事で成功に至ったのではないかと思います」

ととても参考になるご意見でした。



2)京滋奈の漢方薬局の先生


「高齢不妊・卵巣機能低下・早発閉経」


40代のお客さま(43歳)


40歳のときにあるクリニックで「もう妊娠は諦めたほうがいい」と言われる。


体外受精、遺残卵胞、未受精、変性卵、など乗り越えて奇跡の採卵、受精確認


先生の感想 「高齢不妊、卵巣機能低下、早発閉経という状況下で西洋医学と中医学のコラボで奇跡的に採卵できた症例です。高齢でありながら仕事のストレスを受けて卵巣機能が低下して閉経状態になった。閉経状態でもまだ卵胞が見える状態でした。」

 
3)京滋奈の漢方薬局の先生

「高齢不妊・卵巣機能不全」


「なかなか良い卵ができない」

卵の質が問題


土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬