カテゴリー「免疫性不妊|漢方薬」の記事

2017.06.14

通因通用、因勢利導と 塞因塞用。自己免疫疾患、膠原病などについて

本日2回目の更新です。


先日、イスクラ産業さんの東京の中医師の先生、スー先生にお聞きしたことのまとめです。


土屋 「スー先生、中医学の本を漢字で読んでいたら『通因通用、因勢利導」という言葉がありました。詳しく教えてください。」


スー先生 「これはね、黄帝内経から来ている言葉です。たとえば土屋先生、赤痢があるとすると湿熱、気滞、血瘀が原因です。

下痢は詰まること。

つまり悪いものを通じて出させることが大切です。

これを通因通用(つういんつうよう)といいます。


通じすぎているから下痢が止まらない。

清熱利湿、活血で通因通用していきます。

詰まっている物があるから、スッキリさせることです。

黄帝内経に詳しく書いている論理です。」


スー先生 「生理の出血でも通じすぎると渋滞、瘀血になります。

通じる方法をとらなければ瘀血は解消しないので出血は止まらないことになります。

塞因塞用(そくいんそくよう)という言葉もあります。


詰まる病気を詰まる方法で治す方法です。


たとえば胃気不足。

胃の気の渋滞。

益気健脾で対応します」


土屋 「スー先生、詳しく教えて頂きましてありがとうございます。自己免疫疾患、膠原病など不妊も含めて中医学の漢方的な対処法を教えてください」


スー先生 「土屋先生、自己免疫は炎症です。


1)滋陰清熱の方法だったら瀉火補腎丸


2)肝火上炎だったら瀉火利湿顆粒


3)虚証(きょしょう)

一部の先生は黄耆(おうぎ)を使うことに反対する先生もいます。

あくまで一部ですが。


免疫反応が強すぎるので、かえって自己抗体が強くなってしまうのでは、という考え方です。」


スー先生 「中医学では抗体が消えたという報告があります。

免疫抑制剤的には附子。

免疫抑制に毒性。


陽虚に麻黄附子細辛湯など。


清営顆粒。

これはアトピーなど血熱に。


爽月宝もいいです。


解熱鎮痛剤のような感じに、痛みに。」


ウドの花

<2017年6月11>

最上川沿いを歩いていたらウド、シシウドの花を見つけました。

ウドの花

シシウドの花

シシウドの花、可憐ですね。

独活寄生湯、独歩顆粒にも配合されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.31

抗核抗体陽性など不育症や不妊症の検査値で陽性がある場合。免疫性不妊の漢方対策

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

漢方で困ったときには電話でアドバイスを中医師の先生方にお聞きしています。


日本の才女、劉先生に電話することができました。

ログさせてください。


土屋 「先生、抗核抗体陽性など不育症や不妊症の検査値で陽性がある場合は「弁証」しますか?」それとも「弁病」ですか? (「弁病」とは検査値から弁証論治していくこと。「弁証」とは「検査値」にとらわれずに個人個人の1人1人の体質に漢方薬を合わせていくこと)


劉先生 「症状がないときには、弁証できないので「弁病論治」が向いています」


劉先生 「たとえば、リウマチのような症状が出ているかどうか。」


劉先生 「弁病では玉の周りを扇を立てる漢方製剤がベースです。もし症状があれば自分の身体の400倍を持ち上げる力持ち漢方製剤がいいですね。」


「プラス タイガ地方で冬にスノーモービルで採取する1000本に1本見つかるかどうかの漢方製剤をプラスです」

「症状がなければその2つが基本」


「夫婦2人で免疫性不妊の場合には玉の周りを扇を立てる漢方製剤を飲みます。奥さまは生理が終わってから服用していく」


「玉の周りを扇を立てる漢方製剤は3ヶ月は服用していきます。女性はタイガ地方で冬にスノーモービルで採取する1000本に1本見つかるかどうかの漢方製剤をプラスです」

土屋 「もし皮膚病、ニキビなどあればどのように漢方相談していきますか?」


劉先生 「5つの花びらの漢方製剤も追加してもいいです。」


土屋 「背中のニキビはどうですか?」


劉先生 「ニキビはどこの臓腑から発症しているかどうかが大切です。背中は陽経、太陽膀胱経ですから風から防いでいく通す聖なる漢方薬とか、お正月のおせち料理に入っているクチナシの実や自衛隊さんが山から持ってくるキハダなど配合された漢方薬など使います。


土屋 「免疫性不妊の場合、たとえば習慣流産や体外受精のときに原因になっているときに地球温暖化に対応する虚熱を冷ます漢方薬は弁病ではなくて必ず弁証なのですね?」


劉先生 「そうです。虚熱を覚ます補腎薬を使う場合には、これは必ず弁証論治しなければいけません。弁病論治には向いていません。」

土屋 「よく補腎薬の効果を上げるためだったり安神薬を使いますがそのポイントは?」


劉先生 「安神薬は不安感に、妊娠するかどうか、不妊治療が成功するかどうかの不安に。心と脾の二陽に発する漢方薬は虚証でも実証でも熱がある場合でもつかえます。これをベースの基本処方の漢方にするべきです」


土屋 「不妊の子宝相談で便秘に関してはいかがお考えでしょうか?」


劉先生 「便秘は基礎体温の体温やおりものが少ないなど総合的に判断していきます。陰虚があるかどうか。高温期には将軍製剤漢方は使いやすい、生理前など。低温期のときには将軍漢方は使いにくい。体温がどうかで考えていきます」


土屋 「プラノバールなどピルを服用しているときの漢方相談のコツを教えてください」


劉先生 「今世紀最大の発見と言われる漢方相談の活血化瘀剤は排卵障害や卵の数が少ないとき、加齢のときに使います。」


劉先生 「次の生理周期にどうか? ピルでしばらく調整するのか、その周期の後に採卵するかどうか?普段は血流たっぷりの漢方薬+今世紀最大の発見と言われる漢方相談の活血化瘀剤。」


「採卵周期が近い場合には、補腎薬を足します。卵の準備に。地底の陰気をお腹に受ける亀ちゃん漢方製剤や香港漢方で花膠製剤漢方、また満州の秘宝の補腎精の漢方薬など」


土屋 「胚盤胞までなかなかうまくいかないと漢方相談を受ける機会も多いのですが、劉先生の今までの漢方相談でうまくいった体験など具体的に教えてください。」


劉先生 「今までの方法で大丈夫です。」


と、かなり勉強になった内容の濃いお電話でのアドバイスでした。

劉先生ありがとうございました!



痛み、しびれ、「目、耳、鼻、口、のど」の漢方相談。不妊症の子宝相談。ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。


<11月第1週の漢方相談会のお知らせです>


○2016年11月1日~11月2日(火~水) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


◯2016年11月3日(水) 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当します。
土屋幸太郎は東京で中医五官病スクーリングで出張しています。


◯2016年11月4~5日(金土) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


◯2016年11月6日 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当します。
土屋幸太郎 公休です。


漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


2016.09.14 「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

2016.09.23 こちらも追記です。 「土屋薬局での漢方相談のご予約のお問い合わせにつきまして


山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

一緒に頑張りましょう!


結婚記念日ディナー

<2016年10月31日>


いつもの日曜日はスーパーでお買い物してお家でご飯を食べているのですが、昨日は「結婚記念日」としてディナーを食べに行きました。

素敵な店員さんにパチリと写真を撮ってもらいました。

2人で美容室帰りです。


結婚記念日ディナーのプレート


結婚記念日ディナーのプレート


電話予約のときに「結婚記念日なんです!」とお伝えしたら、粋なはからいでした。

どうもありがとうございました!

今後とも夫婦円満で2人で支え合って頑張っていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.25

不妊/多嚢胞性卵巣症候群、不正出血での子宝漢方。妊娠!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は連休明けでいろいろと忙しくて、いまは午後4時9分です。

いまから今週のご挨拶を書かせてください。

よろしくお願い致します。


まずこちらの写真です。


今月は妊娠されるかたのペースがよくて嬉しい限りです。

今月は妊娠されるかたのペースがよくて嬉しい限りです。


私のパソコンでのグーグルカレンダーです。

このオレンジ色?赤色ぽいのが妊娠、出産のご報告です。

一目瞭然でございます。


月曜日の妊娠のご報告は妊娠6ヶ月で双子ちゃんを授かったという嬉しいご報告でした。


「今年の春頃、多嚢胞卵巣症候群で不正出血が頻繁にあり、ホルモンバランスも悪いと指摘され、漢方を処方して頂きました。

それから不正出血もなく、快適に過ごすことができました。

漢方が無くなったのでまた伺おうかと思っていたところ、なんと妊娠が分かりました!

しかも一卵性の双子で、今6ヶ月に入ったところです。

自分も周りもビックリでした!

漢方は勿論ですが、一緒に頂いた子宝の御守り(?)を見えるとこに飾り、よく眺めていたのも効いたのかかもしれません(笑)

大袈裟ですが子供できないかも…と真剣に悩んでいたので、親身になって話を聞いて下さり安心できました。

お陰で無事妊娠に至ることができて、本当に感謝です!

ありがとうございました。

また機会があれば伺わせて頂きます。」


掲載許可を頂戴しています。


水曜日に妊娠が分かったお客さまは、浮腫みの漢方相談からスタートして、最初は杞菊地黄丸と逍遥丸。


すぐに浮腫みが解消して信用して頂きましたので、その後は婦宝当帰膠、補腎薬、夏至と冬至に採れる漢方薬などで基礎体温が高め、月経周期が短めの漢方相談がうまくいって妊娠!のご報告でした。

20代で妊娠、出産が夢だったそうです。


木曜日のお客さまは流産とテストを乗り越えてのご懐妊です。

素晴らしいです。


土曜日のお客様は、足掛け2年でご懐妊です。


体外受精まで行ってからステップダウンで人工授精で妊娠されました。


漢方はひょっとして免疫性不妊かもと考えまして、婦宝当帰膠+爽月宝+5つの花の生薬+補腎薬という思い切った師匠のカン先生譲りの攻め込んだ処方を提案しました。


良かった、良かったです。

次に昨日一昨日とイスクラ高円寺研修塾20周年同窓会に妻と一緒に参加してきました。


中医学を学ぶ塾で1年間みっちりと教わります。


漢方相談を生業にして生活しているのも高円寺のお陰です。


こちらは写真を貼っていきます。


東京グランドホテル

<2014年11月23日 東京グランドホテル>


イスクラ高円寺研修塾20周年同窓会


イスクラ高円寺研修塾20周年同窓会


イスクラ高円寺研修塾20周年同窓会

こちらの先生は、レジェンドです。


菅沼栄先生です。

胡栄先生といったほうが名前の通りがいいかもしれません。


東京で医師や薬剤師などに幅広く中医学の普及をされている北京出身の中医師の先生です。


昔、先生のお家に遊びにいって水餃子パーティーをしたことがありますし、先生が当店に来て頂いたことも懐かしい思い出です。


菅沼先生からは活血化淤法、おもに冠元顆粒を中心にした話題と症例の勉強でした。


イスクラ高円寺研修塾20周年同窓会

こちらは友人の東京薬科大学の先生を始め、有名な薬剤師の先生方の討論会です。<br />

こちらは友人の東京薬科大学の先生を始め、有名な薬剤師の先生方の討論会です。


恩師の猪越恭也先生もいますよ。


ということで今週もどうぞよろしくお願い致します。


<おまけの画像です>


浜松町の貿易センタービルにとうとう妻を誘って展望台まで行ってきました。

<2014年11月23日>

浜松町の貿易センタービルにとうとう妻を誘って展望台まで行ってきました。

20年前からいつか行きたいと思っていました。


結婚式を挙げられた新婚さんが一部を借り切って撮影会、ウエディングをしていました。

とても綺麗でした。


40階の最上階は人もあまりいなくてゆっくりできて、東京タワーも東京スカイツリーもいい眺めでした。


11月22日は「いい夫婦」の日でしたね~、ではでは皆様今週も土屋薬局をよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.29

子宮内膜症の流産防止、抗核抗体、抗リン脂質抗体、変性卵、免疫性不妊の漢方対策

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、12月7日に東京から中医学の漢方講師の何先生に訪店して頂き、中医学を教えて頂いたことをログしていきます。

最初は、当店のお客様のことについて今後の方針のことなどいろいろとお聞きしました。


1)Mさま

子宮内膜症の不妊の漢方対策について、子宮内膜症はどのように考えますか?」「子宮内膜症は流産しやすいと聞きます。どのように流産防止の漢方薬がありますか?」


子宮内膜症のかた

チャガは徐々に減らしていく→妊娠したら1日2包

1か月過ぎたら1日1包でも良い。


あるお客様は妊娠中の便通に良かった。

チャガは過敏性腸症候群にも。

過敏性腸症候群は、女性はほとんど便秘になり、男性は下痢気味になる。


チャガは免疫調整作用があるので、妊娠3ヶ月まで続けていく。

油断しないで妊娠中も服用していくと流産防止になる。


子宮内膜症は過敏に反応する。→胎児を異物と間違える→流産しやすくなる。

最初、3ヶ月はチャガは継続服用が良い→子宮の中の炎症をとる。


2)Yさま


「不妊症で基礎体温表が低温期36・5℃以上、高温期が37℃を越える基礎体温が高めのお客さまはどのように漢方相談していきますか?」


基礎体温が高い人、おりもの↓

天王補心丹+知柏壮健丸

  ↓

夢をよくみる


春→夢は酸棗仁湯

夏→夢は温胆湯

秋─冬→夢は天王補心丹、帰脾湯(夢はあまり見ない、眠りが浅い)



「病院の放射線治療においてお肌の保護に」


美肌油→放射線治療にお肌を保護した。

目薬に美肌油を入れて目のぼんやりが消えた

炎症を抑え、皮膚の再生に。化痰作用がある


温胆湯は水の三焦の循環に良い。


温胆湯と健胃顆粒で浮腫んでいた舌ベロが三分の一小さくなって胃の調子が良くなった。→水の循環が良くなった。



「日本人に胃がんが多い理由は?」


魚→重金属、放射能

ガンを起こす原因、刺身で胃がやられる、日本人。

日本人の胃がんの発生率は世界で一番高い。


体外受精の成功、妊娠を左右する卵子の質に関しまして

「卵子の質をあげる不妊症の漢方相談、子宝の漢方のツボはありますか?」


美肌油→卵の変性卵を防ぐのでは?

細胞の中に入って、卵子の老化を防ぐ

たとえば海の宝の漢方+美肌油


美肌油+丹参製剤で顔のシミがとれた。→埼玉の会員店さんで4キロ痩せた人がいる。

「これはダイエット商品ですか?」


美肌油は化痰作用がある。


「子宮筋腫の方の養生法」


筋腫がある人→早寝しないとダメ。

手術しても、またじわじわと大きくなっていく。5年間に。



「新しい安神薬、重鎮安神剤」


ミンハオ→肝陽上亢に、FSHが高い場合に

真珠には安神作用



免疫性不妊、流産の原因となる抗核抗体の対策は西洋医学でもはっきりしませんが、中医学ではどのように考えますか?」

抗核抗体などの免疫系は、気陰両虚が多い。

→チャガ+健脾散+丹参製剤半包(1包だと多すぎる)


「抗リン脂質抗体の不育症対策は中国ではどうですか?」


抗リン脂質抗体の高い人が多い、アスピリンよりも丹参製剤のほうが効き目が良い。



「更年期の場合には後に症状が!」


更年期の人の頸椎症、首の後ろ、後頭部が痛くなる。

首や背中は陽虚

冷えれば必ず凝る、凝れば必ず痛む。

補腎陽…参馬補腎丸


「何先生の更年期の漢方養生法」


更年期でイライラする人、50代後半


海馬補腎丸 4丸 + 杞菊地黄丸 4丸

もし睡眠の人のトラブル 天王補心丹


更年期の女性→1)冷えてのぼせる (血のめぐりが悪くなって交感神経低下→ほてり) 2)疲れてのぼせる→午後になるとほてりのぼせがでやすい、海馬は更年期の女性の疲れをとるのが早い、すぐにパッと元気になる。

ex)海馬補腎丸3丸で元気になった人も、もっと5丸くらいに服用したくなった。


ラフランス畑から眺める月山

<2012年3月16日 東根市 ラフランス畑から眺める月山>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.06

4回流産しています。突然に体が冷えました。不育症・流産対策の漢方

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


不妊症の子宝相談のお客様で「ご懐妊、そして陽性になった、過去に4回流産しているので心配。」


過去の流産は稽留流産が多いのですが、はっきりと印象的だったのはそれまで熱い、熱いと言ってたのに突然にガタガタと体が震えるような感じの「冷え」になり、それからつわりも無くなって流産になってしまったようだ。不育症です。


という不妊症の子宝漢方相談でした。


とくに1)腰の痛み 2)不正出血 などありませんでした。


とのことでしたので、知り合いの中医師の劉先生にお聞きしました。


「今、服用している漢方薬の補腎薬をより安胎作用のあるものに変更する。


もし熱感があって基礎体温が高めの状態が続いているのなら、夏至と冬至に採取される生薬配合の漢方など良いでしょう。たとえば二至丹。

染色体の問題などにも良いです。


疲れる、だるいなどがあれば「気虚(ききょ)」の問題です。

帰脾湯やチャガなどおすすめ。


後者は免疫性不妊のときや気虚の子宮頸管の力が足りないときなどにも。

肺の気を補うのにすぐれいてる。」


以上です。


当店のお客様には、ぜひともご出産までいって頂きたいです。

麻布商店街

<2010年12月6日 12月5日 麻布商店街>

麻布からそして六本木へ

麻布からそして六本木へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.31

加藤レディースクリニック「自然周期採卵について」の講演会を聞いていました。

おはようございます。

漢方薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

2009年8月29日(土)に東京日本橋で、加藤レディースクリニック、副院長 竹原裕志先生の講演を聞いていました。


話された内容の項目と中医薬研究会の会員店からの質問を列記します。


加藤レディースクリニック、副院長 竹原裕志先生講演のおもな内容


1:自然周期採卵とは?


2:刺激周期の副作用


3:完全自然周期採卵の実例と付随するメリット


4:刺激周期と自然周期の比較


5:加藤レディースクリニックの実績


6:PGD(出生前診断)のお話


7:卵巣凍結と卵巣組織凍結の話


8:核置換による若返りの話


9:ips細胞からの生殖細胞の分化誘導研究について


竹原先生への質問項目


1)加藤レディースクリニック様では自然周期採卵の患者さんと、FSH製剤を使う患者さんはどのような基準で分けられるのでしょうか?


2)採卵周期にすぐ移植する場合と、一旦凍結して次周期に移植する場合がありますが、どのような患者に、どのようなお考えで区別していらっしゃるのでしょうか?


3)胚移植の場合、偶数細胞胚が一般的だそうですが、奇数細胞期胚を移植する例もあるようです。偶数と奇数で胚の質の差によるものでしょうか?


4)胚移植前にP4の検査値と移植成功率との関係について何か臨床的な根拠はありますか?


5)抗ミュラー管ホルモン(AMH)の検査意義、FSHとの関連と違いについて教えて頂きたいと思います。


6)排卵誘発剤で卵胞は大きくなったが、採卵したら空胞だったという話をよく聞きますが、空胞について、どう考えたらよいでしょうか?(そもそもなかった、それともあるはずだけど取れなかった?)、自然周期採卵の場合もこのようなことがありますか?


7)強い排卵誘発剤を使っても反応しないいわゆる低反応卵巣に対して、カウフマン療法の必要性と有効性について、先生はどうお考えですか?


8)低反応卵巣でも、たまに良い卵を排出すると聞きましたが、そのチャンスを逃がさないために、気をつけるポイントはなんですか?


9)子宮内膜が明らかに薄い場合、黄体ホルモンの補充療法は胚移植の成功に有効でしょうか?なお、黄体ホルン補充療法長期使用(半年以上)について、メリットとデメリットを主張する意見が分かれていますが、先生のご見解は?


10)HMGスプレキュア応用について、その適応対象、効果(利点、欠点)について教えて頂ければ、有難いです。


11)胚移植の際、4細胞期胚と8分割期胚を2日間の時間差で移植することで、着床の可能性は高くなるのでしょうか?


12)不妊治療を受けている患者さんの心のケアに関して、貴病院ではどのような対応をされているのでしょうか?


13)免疫性(抗核抗体など)不妊の場合、体外受精を実施する前に完治しないと、成功できないでしょうか?なお、リンパ球注入療法について評価がまちまちですが、先生のご見解はいかがでしょうか?


14)前の周期の古い卵胞が残っている場合、積極的に処置した方がよいか、それとも放置しておいてもかまわないでしょうか?


15)月経周期3日目に採血してE2とLHだけを測定する場合があるようですが、FSH検査しない理由は何でしょうか?


16)10回以上も受精卵が胚盤胞までいかずに分割の途中で止まってしまう症例があります。そのまま体外受精・胚移植を続けるべきでしょうか?また、その原因を探るために何か検査方法があるでしょうか?


17)「未成熟卵」を採卵した場合、培養で成熟卵になる可能性はどれくらいあるでしょうか?


と盛りだくさんの内容でした。

今後とも、漢方薬剤師、不妊カウンセーの仕事に大いに役立てていきたいと思った「値千金」のご講演でした。

熱気溢れる会場と竹原先生 title=

<2009年8月29日 熱気溢れる会場と竹原先生>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.27

免疫性不妊と統合療法…免疫性不妊の中国漢方対策

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝は、山形も雨降りですが、5月のような爽やかな「生ぬるい風」が吹いていてビックリしました。

地球温暖化が山形にも来ているのでしょうか?


さて、途中で中断したままになっている「武漢研修」を再開していきます。


免疫性不妊症

免疫性不妊症

不妊症の約15~20%を占める。


「本虚標実(ほんきょひょうじつ)」である。


腎虚(じんきょ)が「本(ほん)」。


血淤(けつお)、湿熱(しつねつ)は「標(ひょう)」。


たとえば、熱っぽい淤血(おけつ)の場合には、牡丹皮(ぼたんぴ)などを使う。


補腎(ほじん)を主として、滋陰降火(じいんこうか)、清熱利湿(せいねつりしつ)などを配合。


免疫性不妊症のスライド

さらに「統合療法」としては、膣や直腸などに漢方を入れる方法もある。


免疫性不妊症のスライド

清熱解毒、活血化瘀

免疫性不妊症のスライド


免疫性不妊症のスライド


免疫性不妊症のスライド


中国でも、最近は膣の炎症や子宮頚部のびらんなどの病気が増えてきている。

炎症を押させる生薬としては、野菊花(のぎくか)、金銀花(きんぎんか)、牡丹皮(ぼたんぴ)などを使う。


子宮外妊娠も、浣腸を利用した方法を利用して対処していく。


子宮注射には、当帰(とうき)、丹参(たんじん)、魚腥草 (ぎょせいそう)。


炎症がひどい場合には、魚腥草。


免疫性不妊症のスライド

免疫性不妊症のスライド

針灸も周期療法に合わせると効果的。


免疫性不妊症のスライド


最後のスライドは、ART、IVF(体外受精)やICSI(卵細胞質内精子注入法)などにも、中医学の「補腎(ほじん)」や「気血(きけつ)を整えること」などは、成功率を高めることに有効である。

と書いています。


今回の免疫性不妊につきましては、当店では(土屋薬局では)あまり相談が多くないですが、けっこう日本でも免疫性不妊に対して「中医学的なアプローチ対処法」でお客様からの相談が多いことなどを、同席の先生たちからお聞きしました。


最後の体外受精や顕微受精のときの相談は、これは当店でも多い相談で、当店もかなり良好な成績で、年々、当店の漢方相談コーナーの壁面の赤ちゃんの写真や嬉しいお手紙が増えてきています。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.04

女性不妊症的中医治療… 最近、中国でも不妊症が増えてきている。

女性不妊症的中医治療


湖北中医学院での研修内容です。

2006年11月3日


「女性不妊症的中医治療」


私のノートより箇条書きにしていきます。


女性不妊症的中医治療


り先生の講義


2つの内容を含む。


1)中国の不妊症について、新しい学説

2)湖北中医学院や先生自身の経験


中国でも、結婚して2年経過して授からない場合を不妊症と言っています。

中国のカップルの10~15%。


女性の原因は、60%。


最近、中国でも不妊症が増えてきている。


女性不妊症的中医治療


晩婚化で結婚が遅いこと。

「まだ子供が欲しくない」などで避妊の期間が長いなど。

そうすると、子供が出来難くなる。


また最近では、流産や感染症による腹部の炎症も増えてきている。


男性と女性は、一緒に治療して効果が良い。


今は、男性が弱くなった。(精子など)


男性や女性も炎症を起こしやすくなった。


男性も女性も正常で不妊症の場合には、免疫性不妊のことがある。


5%は心理的要因が引き金となっている。

つまりストレス。

周囲からのプレッシャーなど。

排卵しにくくなる。


中国では、


女性の不妊症は、「不妊症」

男性の不妊症は、「不育症」

と男性と女性では言葉を使い分けている。


教室からの眺め。鳥のさえずりが素敵でした

<教室からの眺め。鳥のさえずりが素敵でした>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.28

習慣流産について…不育症の検査項目。不妊カウンセラー養成講座より

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

だいぶ時間が経過してきましたが、先月の「第18回不妊カウンセラー養成講座」より、「習慣流産について」の私のメモをまとめます。


私は山形なので、まったく名古屋のことは分かりませんが、名古屋市立大学の杉浦先生の教室は、習慣流産の研究でとても有名のようです。

女医さんでとても親身になって診察をしていることが、
講演の内容から伺えました。


では、漢方薬剤師、不妊カウンセラーの私のメモです。


<不育症患者の検査項目>


夫婦の染色体:G分染法

子宮形態検査:子宮卵管造影、超音波検査

免疫学的検査:抗核抗体、B2glycoproteinI依存性抗カルジオリピン抗体、ループスアンチコアグラント、抗CL IgG、IgM、抗PE IgG、IgM、抗PS IgG,IgM

凝固学的検査:aPTT,PT,Fibrinogen, XⅡ因子

内分泌学的検査:プロゲステロン、プロラクチン、血糖値、TSH,FT4、LH,FSH



<不育症の原因>


自己免疫異常:抗リン脂質抗体、抗核抗体

染色体異常:夫婦染色体均衡型転座、胎児染色体異常

子宮奇形:双角子宮、中隔子宮

内分泌異常:黄体機能不全、糖尿病、甲状腺機能異常

原因不明 50~60%



抗リン脂質抗体症候群診断基準

動静脈血栓症

妊娠合併症

妊娠10週未満の連続した習慣流産

妊娠10週以降の原因不明子宮内胎児死亡

妊娠34週以下の妊娠高血圧症


検査所見

○β2glycoproteinI依存性抗カルジオリピン抗体

○Lupus antikoagulant

この2つはエビデンスがある。


抗凝固法は有効。


低用量アスピリン 40-80mg/day

ヘパリン 

プレドニゾロン 10-40mg/day



抗リン脂質抗体の真の対応抗原


β2glycoproteinI →エビデンスが高い

Prothrombin

kininogen

Annexin V

Protein C

Protein S

Factor XⅡ



ほかにも染色体異常頻度や着床前診断のことなど、最新のエビデンスについて学びました。


私が印象的だったのは、杉浦先生の「何回流産してもいいから、あきらめずに、落ち込まずに前向きにがんばっていきましょう!」という励ましの言葉の紹介を冒頭で言われたことです。

自然妊娠でも体外受精でも、がんばっていれば約7割は健児を獲得できるとのことで、「医学とはデーターに基づいているので、凄いんだな」と薬剤師的に思った次第です。


最後に、Emotional Impact(エモーショナル・インパクト)」の話があり、実際に流産した回数ごとの「悲嘆の数字」のデーターを見ました。


抑うつ状態になっていると、次回の流産率が高いとのお話に、「気持ちの問題」も大切だということを理解しました。

「めげない、あきらめない、落ち込まない、必要以上に自分を責めない」ことで、さあ前向きに行きましょう!


ダムダム温泉
「群馬県長野原町 ダムに数年後に沈みます。 2006年6月10日撮影」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬