カテゴリー「子宮腺筋症/不妊と漢方、妊娠出産」の記事

2016.12.30

体外受精14回目の不妊症の漢方のご相談で

今日、2回目の更新です。

12月30日で気ぜわしい師走ですが、順調にお客さまが来店されています。


14時過ぎに来店されたお客さま40代。


体外受精14回目の不妊症の漢方のご相談でした。


以前、駆け出しのときに大江町のお客さまがたしか体外受精16回めで妊娠出産という漢方相談を栄光の思い出としてとっていたのですが、久々に体外受精の回数が多い方のご相談でした。


結婚13年め。


採卵は13回。

12回は卵を戻しています。

過去に流産1回体験しています。


今年の9月の最初には私の父の漢方相談。


10月の2回めからは私の漢方相談。


次回は11月にIVF(体外受精)を予定している。

脾腎を補って帯脈を強化する方法をお勧め。


いま、県外の41歳の方もこの方法で妊娠されて流産せずに順調となっている方法で流産予防にとても良い漢方薬です。


漢方薬は4種類を中心に。


11月も同じ漢方処方。


頭痛がなくなってきた。


12月3日


排卵誘発剤の注射をしています。

今日で周期5日め

スプレキュアもしています。


以前よりも食欲が良くなりました!


漢方薬で通じの回数も増えました。


そして今日の12月30日


陽性反応!

胎嚢確認!


と嬉しい経過報告でした。


「子宝の漢方を始めてからは卵が増えた」と奥さまからのご報告があり、とても体づくりには役立っているとのことでした。


お勧めしている漢方は赤ちゃんが元気に育つように最初から考えてお勧めしていました。


今後ともぜひご継続を!とお話させて頂きました。


その後、偶然にも同じく40代で出産されて3ヶ月になるお客さまがご主人と赤ちゃんと家族3人でのご来店となりました。


ほんとに嬉しい限りでした。


不妊症の漢方早わかり!子宝漢方のツボ


体外受精と漢方併用の成功例。結婚12年初めて妊娠しました!

不妊漢方…体外受精サポート

体外受精とアレルギー性鼻炎の関係は無視しないこと

こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.22

むずむず足症候群、両肩の痛み、手根管症候群。子宮腺筋症で出産された

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝の地震、皆様のところは大丈夫だったでしょうか?


先程、秋田県から来店されたお客様、秋田県は揺れが少なかったようで知らないで寝ていたそうです。

ちょっと福島県から秋田県は離れているので、地震の揺れが少ないようですね。


土屋薬局もお陰さまでスタッフ一同、元気にしております。

いつも気にかけていただきましてありがとうございます。

今日の午前中の漢方相談、むずむず足症候群の新規のお客様でした。


つや姫とむずむず脚症候群、体外受精の凍結融解胚移植の漢方併用例

「むずむず脚症候群」の「漢方薬」で「足のしびれ」が漢方で解消!


過去に痺証部会で中医師の陶先生より、むずむず足症候群、レストレスレッグスの中医学における漢方の治したかも教えて頂きまして、栃木県の私が尊敬する毛塚先生の1年間における、むずむず足症候群の漢方相談における治癒例も参考にさせて頂き、予め予習していました。


まずは15日間、むずむず足症候群対策の漢方で様子をみて頂きまして、経過を教えて頂く予定です。


その後に来店されたお客様も新規のご夫妻でした。

奥さまがあちこち痛い。

降圧剤と高脂血症のお薬とツムラの107番 牛車腎気丸を近医より処方されています。

整形外科からは鎮痛剤処方。


両肩の痛み(肩関節周囲炎、いわゆる五十肩で腕が上がらない、就寝時にも痛くて目が覚める)、手のしびれ(手根管症候群)、食欲が少なく痩せてきた。

胃腸虚弱で食欲不振。


鎮痛剤もあまり飲めない、胃が荒れるので飲みたくない。


そして、痛散湯などが欲しいというリクエストです。(これは通信販売なので薬局店頭では購入できません)


この手の漢方相談は、実は難しいです。

困り果てたところ、妻から数日前に教えてもらったアドバイスが脳裏に蘇り、それをお客様に実行、実践。

お勧めしたところ、話にも花が開いて、喜んでお帰りになりました。


ご主人様も奥さまが心配で着いてきただけに大喜び!


午前中は河北町谷地からのお客様たちでした。


午後は来月に入籍して、来年に結婚の予定のお客様が「温活」の話でご来店。


生理不順、生理周期が長いことが気になって、子供がぜひ欲しい。

ということで、試飲と説明でこちらのお客様も喜んでお帰りになりました!


そして秋田県から私のレジェンドの子宮腺筋症でめでたく出産されたレジェンドのお客様のご来店。


入籍されるお客様とも「腹を割った」話をしましたが、秋田県のお客様とも「本音」で「腹を割ったお話」をしてもらいました。


不覚にも私が感動してしまって、涙を流してしまったぐらいで(普通はお客様が涙をながすので逆だろ~と自分で自分にツッコミを入れたくなりました)、お子様1歳過ぎてお元気ですくすく育っているそうで、感動でした。

その子宮腺筋症だったお客様には久しぶりにお会い出来て、ほんとに嬉しかったです。

やったーおめでとうございます!

子宝漢方で不妊体質を改善!このブログは正しく中医学、漢方を学んでいる薬剤師、認定不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎が妊活応援!赤ちゃんがほしい、綺麗になりたい女性を応援しています。

一緒に頑張りましょう!親切丁寧に漢方相談していますからお気軽にどうぞ!

ひょっとしたら人生変わるかも!

痛みや耳鳴り、ガンなど全てのジャンル漢方相談可能です。


遠慮なく漢方相談お寄せくださいね。


若木神社の落葉

<2016年11月18日>

若木神社の落葉です。

紅葉も見事ですね。

若木神社の石碑

庚申塔も落ち葉に埋もれて


若木山公園の落葉

若木山公園の落葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.07

子宮内膜症の漢方で妊娠!

<「子宮内膜症」の漢方相談の実例>


山形県東根市神町 土屋薬局 薬剤師・不妊カウンセラー、国際中医師(中国政府認定)・NPO法人日本不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎


今回の「漢方薬は女性にお勧め5」では、生理痛(月経困難症)、「子宮内膜症」の漢方相談の実例、不妊漢方での妊娠、出産の漢方体験談を紹介したいと思います。

その前に、まずは西洋医学の見地から、今回の内容─ 「子宮内膜症」に関することを紹介していきましょう。



◎ 「生理のトラブル」は体の異変を知らせる大事なサイン


女性ホルモン分泌の周期的な変化にともなって、毎月規則的に起こるのが「生理」です。

女性が妊娠するためには、欠かせない大切なプログラムです。

ですから、もし 「生理」に何らかのトラブルがあれば、それは女性にとって異変を知らせる重大なサインになります。


女性は、10代の初めに初潮を迎えてから50歳前後の閉経まで、一生のうちでおよそ、40年という長いあいだを 毎月「生理」とともに過ごします。

長年経験する「生理」とどう向き合い、どうとらえて過ごしていくかは、女性にとっては生き方そのものです。


また 「妊娠」や「出産」、「更年期」という人生の重要なステージを左右するだけに、たかが生理、と思わずに大切に考えていきたいものです。



◎つらい「生理痛」


「生理痛」は、子宮を収縮させて経血を外に押し出すときに起こる痛みです。

「生理痛」がひどい人では、ちょうど出産時の陣痛にも似た痛みを覚えることもあります。

生理のたびに寝込んでしまうほどの痛みが強い場合には、「月経困難症」と呼ばれ、治療の対象になります。


また、痛みの背後には病気が潜んでいる場合があります。

つらい場合には、一度婦人科を受診しましょう。



◎ 一般的な「生理痛」の原因


A:経血の通り道が狭い

子宮頚管が未熟で狭いなどで、どうしても痛みが強くなってしまいます。

B:押し出す力が強すぎる

子宮内膜からプロスタグランディンというホルモンが分泌され、月経血がスムーズに排出されるようになりますが、このプロスタグランディンが多く分泌される体質の人は、子宮を収縮される力が強すぎますので「生理痛」がひどくなります。


C:冷えやストレスなど


生理のときに冷えて血行が悪くなっても「生理痛」になります。

冷えて血行が悪くなると、子宮内膜からのプロスタグランディンの分泌量が多くなるのです。

心理的な問題では、「生理」そのものを否定的に考えて、痛みが強く感じる場合もあります。


◎ 「生理痛」で考えられる病気


A:「子宮内膜症」


子宮の内側をおおう子宮内膜が、別の場所で増殖してしまう病気です。

子宮以外にできた内膜は、生理のたびに増殖と剥離(はくり)を繰り返しますが、血液の排出口が無いために、その場にたまって 血豆や血腫のようなものをつくり、これが毎回破れて痛みを引き起こします。

さらに破れたときに周囲の臓器などと癒着してしまい、排便や性交などの「生理」以外のときも 引きつかれるように痛むこともあります。

とくに痛みがひどいのは、子宮の壁(筋層)内に内膜が飛び火した「子宮腺筋症」です。



「子宮内膜症」とは

月経痛がひどい人は一度チェックを!

子宮内膜は本来、子宮の内膜を覆っている膜をいいます。

妊娠しなければ毎月ホルモンの作用で剥がれ、出血して体外に排出されます。

それが月経と言われています。


その子宮内膜と同じ組織が、卵管や卵巣、腹膜、膀胱、膣、直腸など、子宮以外の部位にできてしまうのが「子宮内膜症」です。

まれに肺にできることもあります。


この組織は本家本元の子宮内膜と同じように月経のたびに出血を起こします。

そしてそれぞれの部位で次のようなさまざまな症状を引き起こします。


※腹膜にできた「子宮内膜症」→強い月経痛

※直腸にできた「子宮内膜症」→月経時の下痢、血便

※膀胱にできた「子宮内膜症」→月経時の血尿

※卵巣にできた場合→「チョコレート嚢腫」と呼ばれるチョコレートのような液体がたまった嚢腫ができる。

※子宮の筋肉にできた場合→子宮全体が硬く腫れ、月経痛が激しい



癒着がひどくなると「凍りついた骨盤に」!


なかでも妊娠に影響が出てくるのは卵巣にできたときや、出血が繰り返されることで卵巣や卵管周囲に癒着が起きる時です。

卵巣に「チョコレート嚢腫」ができると排卵しにくくなります。

卵管周囲に癒着が起これば卵管が閉塞することもあり、また卵管采周囲に癒着が起これば卵子をつかまえられなくなります。


さらに症状がひどくなると、子宮、卵管、卵巣など骨盤内の組織が強力な癒着でひとかたまりになり、骨盤壁ともくっついて「凍りついた骨盤」になってしまいます。

これでは、ほとんど妊娠は望めません。


最近はまた、「子宮内膜症」によって出る物質が受精に悪い影響を与えるという説もいわれています。

いずれにしても「子宮内膜症」は「不妊」の大きな原因になる困った病気です。

治療して妊娠は可能ですから医師と相談しましょう。



生理のある女性の10人に1人がかかっているともいわれる「子宮内膜症」


「子宮内膜症」は以前は30代、40代に多い病気でしたが、最近は10代、20代の女性にも増えています。


「子宮内膜症」は、子宮の内側を覆う子宮内膜が別の場所で増殖してしまう病気です。


卵巣や卵管、腸などさまざまな場所に発生し、子宮内膜と同じように生理のたびに増殖とはく離を繰り返しますが、血液の出口がないため、その場にたまって血豆や血腫のようなものを作り、炎症を起こしてしまうのです。


さらにやっかいなのは、破れたときに周囲の臓器に癒着し、排便や性交などの生理以外のときに引きつれるように痛むこともあります。


「子宮内膜症」が発見されるのは、おもに生理痛などの「痛み」と「不妊」によってです。


これらは人に相談しにくいものも多く、日常生活でも大きなストレスとなるだけでなく、基本的な日常生活や対人関係から性生活に至るまで、あらゆることに影響を及ぼしますので、精神的なストレスを強く抱えてしまうことにもなるのです。



「子宮内膜症」の自覚症状


生理痛・・・86%

生理以外の下腹部痛・・・76%

レバー状のかたまりが出る・・・66%

腰痛・・・60%

排便痛・・・58%

腹部膨満感・・・55%

不妊状態・・・50%

生理の経血量が多い・・・47%

性交痛・・・46%

疲労感や消耗感・・・42%



「子宮内膜症」は、起こる場所によって大きく3種類に分けられます。


ひとつは卵巣、卵管、骨盤腹膜など、骨盤内(子宮の筋層を除く)に発生したもので、これが狭い意味での「子宮内膜症」。

この中でもとくに卵巣内に発生すると、古い血液がたまってチョコレートのような嚢腫ができるため「卵巣チョコレート嚢腫」と呼ばれます。


「子宮内膜症」のうちでももっとも発生頻度が高く、7割の人にみられます。


2つ目は子宮筋層内に入り込んで増殖したもので「子宮腺筋症」と呼ばれます。


3つ目は肺やへそ、膣、外陰部、リンパ節などの骨盤以外の臓器に発生した「骨盤外子宮内膜症」で、ときには手術の傷跡に発生することもあります。

子宮腺筋症は、内膜組織が子宮の筋層内に入り込んで増殖したもので、子宮全体が大きくなるために、間違って子宮筋腫と診断されることもありますし、また子宮筋腫との合併も多くなります。



A:「子宮腺筋症」とは


子宮内膜症が柔らかな子宮の筋肉の中にできて、その筋肉が硬く腫れた状態をいいます。

子宮腺筋症があると受精卵の着床が困難になり、不妊になりやすいと考えられています。

B:「子宮筋腫」とは


子宮にできる良性の腫瘍で、子宮の壁の中や内側、外側にできた筋肉のこぶのこと。

筋腫ができる場所や大きさによって、自覚症状もない場合もありますが、とくに生理痛がひどくなるのは、子宮の内側に向かって大きくなる筋腫の場合です。

C:「卵巣嚢腫」とは


卵巣にできる良性のしこりを卵巣嚢腫と言います。

自覚症状が現われにくいのですが、嚢腫が大きくなると生理時に 子宮を圧迫して生理痛が起こったり、下腹部痛がつれる感じや排便痛などがあります。



◎ 「生理痛」だけじゃない「月経困難症」


吐き気、腰痛、頭痛、眠れない・眠い、貧血、肩こり、イライラ、のぼせ、だるい、憂うつ、食欲がない、下痢、過食、めまい。


隠れた病気のサインになることもあります。

まずは、産婦人科を受診されることをお勧めします。

器質的な疾患があるかないかを見極めたうえで、漢方療法を選択できます。



◎ 「痛み」や「不妊」…こんな症状から「子宮内膜症」と分かりました。


「子宮内膜症」が発見されるのは、おもに生理痛などの「痛み」と「不妊」によってです。

ただし「痛み」といっても「性交痛」「排便痛」など、人に相談しにくいものも多く、日常生活で大きなストレスになります。


「子宮内膜症」の症状としては、"生理痛・下腹部痛、生理の経血量が多い、レバー状のかたまり(血塊)がある、吐き気・嘔吐、不妊、肛門奥痛・排便痛、性交痛"などがあります。


「子宮内膜症」は、命に関わる病気ではありませんが、完治が難しいのは事実です。

「癒着(ゆちゃく)」が起こるとさらにやっかいになります。


原因もはっきりと分かっていませんので、精神面への影響が大きく、自分を責めてしまう人もいます。



◎ 起こる場所によって「子宮内膜症」は大きく3種類に分かれます。


卵巣、卵管、骨盤腹膜などの骨盤内に発生したもので、これが狭い意味の「子宮内膜症」になります。

このタイプのなかでも卵巣に発生すると、古い血液が溜まってチョコレートのような嚢腫ができるため、「卵巣チョコレート嚢腫」と呼ばれます。

子宮内膜症のうちでも、もっとも発生頻度が高く、7割の人にみられます。

2つ目は子宮筋層内に入り込んで増殖したもので、「子宮腺筋症」と呼ばれます。

3つ目は、肺やへそ、膣、外陰部、リンパ節などの骨盤外の臓器に発生した「骨盤外子宮内膜症」です。



◎ 治療法


薬物療法:

鎮痛剤…「痛み」を和らげていきます。

漢方薬…後述します。


ホルモン療法:妊娠や閉経と同じ状態をつくり出す療法です。



①低用量ピル…排卵、生理を止めることで、症状を軽減します。

ピルは、生理のリズムに関係する卵胞ホルモンと 黄体ホルモンを合わせた薬です。

避妊薬というイメージがありますが、妊娠と同じ状態をつくり出し排卵を止めることで、生理のときの子宮内膜の増殖を抑えます。

35歳以上でタバコを1日15本以上吸う人が使うと、心臓発作や脳卒中を起こすリスクが高くなるというデータがあります。



②GnRHa療法…脳に作用して女性ホルモンの分泌を抑えます。

GnRHaとは人工合成ホルモンで、脳に作用し、女性ホルモンの分泌を促す「性腺刺激ホルモン」を出させる働きがあります。

これを投与すると、最初は脳の下垂体が反応して性腺刺激ホルモンを多量に分泌しますが、その後は逆に反応しなくなるため、女性ホルモンの分泌が弱まり、一時的に閉経と同じ状態がつくり出されます。

副作用は、更年期障害と同じようなほてり、のぼせ、発汗、肩こり、頭痛、倦怠感、膣乾燥などの症状がみられます。



③点鼻タイプ…スプレキュア、ナサニール。

注射タイプ…リュープリンなどがあります。



④ダナゾール療法…脳や卵巣に作用し、女性ホルモンの分泌を抑制


体重増加やニキビなどの副作用も。

男性ホルモン系のステロイドホルモン剤。

女性ホルモンの分泌を促す「性腺刺激ホルモン」を出さないようにする作用に加え、卵巣にも左右して女性ホルモンの分泌を抑えます。

これにより、人工的に閉経状態をつくって、症状を抑えます。

副作用には、体重増加、肩こり、ニキビ、皮脂分泌の増加などがあります。


◎ 「子宮内膜症」の手術

開腹手術と腹腔鏡手術があります。

年齢や患者さんの希望により、選択します。


最後にまとめます。


①「不妊症と子宮内膜症」


今まで原因不明とされてきた不妊症には、「子宮内膜症」によるものが多く見られます。

子宮内膜症は現在急増しつつある疾患の1つで、激しい生理痛、腰痛、排便痛、性交痛、月経以外での下腹部痛などのつらい症状以外に、不妊の大きな原因となっています。

妊娠可能な女性の約10%がかかっていると言われています。


また、「子宮内膜症」は簡易検査では分かりにくく、安易な排卵誘発剤や黄体ホルモン剤使用で、悪化、複雑化させるケースも多いのです。

腹腔鏡やMRI(磁気共鳴画像診断装置)などの検査が必要とされます。


一方、中国漢方の最大の利点は、月経サイクルを正常に保ちながら、「子宮内膜症」の軽減を目指すことです。

つまり、無理に排卵を抑え、生理を止めたりすることはしません。



②「不妊症と瘀血」


「瘀血(おけつ)の女性は妊娠しにくい」という格言があります。


下腹部や太腿の付け根あたりが硬く感じられる場合、血液の流れが悪くなっているからだと考えます。


血液の流れが悪いことに起因する、その他の症状としては、"生理が遅れる、生理痛がつらい、月経血に血塊が多い、色がどす黒く粘りがある、月経中に頭痛や肩こりが起こる"など月経の不調が多く見られます。


また、舌に青紫や赤紫、あるいはどす黒いチョコレート状の斑点が現われたり、目の周りや唇が黒ずむなどの症状も現われます。


このように血液の流れが悪い状態を中国漢方では「淤血(おけつ)」といい、この「瘀血(おけつ)」を改善するために「活血化瘀(かっけつかお)」という方法を用います。


「活血化瘀(かっけつかお)」の方法は、不妊の原因となる「子宮筋腫」や「子宮内膜症」、「卵巣嚢腫」や「癒着」などが起こるのを防ぎ、さらに骨盤の血流を良くして、新鮮な血液が十分に卵巣や子宮に行きわたるようにします。


これだけでも「卵胞の発育」が良くなり、「排卵」や「着床」が促進され、すべてが「妊娠」に有利な要因となります。



③「生理痛やレバー状の血塊の軽減を目指す。全周期から生理痛対策を」


「子宮内膜症」や「子宮腺筋症」などは、「瘀血(おけつ)」と認識して、活血化瘀剤を「当帰を主成分にした漢方薬」に併用していくことが多いです。


「生理痛」やレバー状の血塊が多いなどの軽減を目標にします。

その際には、効き目としては鎮痛剤の服用する回数が減ることや、痛みそのものが楽になることを目指していきます。


「生理痛」がひどいような場合には、生理のときだけではなくて、周期全般から生理痛の軽減を目指しますので、生理以外の期間にも、「当帰を主成分にした漢方薬」や「血行を良くする漢方薬」などをしっかりと服用していくことが大切です。


④「気滞、気鬱(きうつ)といった気の巡りをスムーズにすることも大切です」


「生理痛」には、ドロドロ血液の淤血のほかに、気滞または気鬱(きうつ)といった気の詰まりが関係している場合もありますので、「ストレスを緩和する漢方薬」もPMS(月経前緊張症)や「生理痛」対策にとても有効です。


「通じざればすなわち痛む」ですから、気血(きけつ)の巡り、すなわち「気」や血液をスムーズに流していけば、生理痛の軽減につながります。


「気」とは、自律神経や気持ちの問題、ストレスに関係がありますので、ストレスの解消や心を前向きにすることなども大切です。



⑤「補腎薬を併用することは、卵胞や子宮内膜に有効です」


妊娠を目指すときには、補腎薬を卵胞期や黄体期などに、「当帰を主成分にした漢方薬」に併用していき、「卵胞の発育」や「子宮内膜の厚さ」を良くしていきます。


黄体期(つまり高温期のことです)に併用しますと「黄体機能不全」のような高温期の温度が足りない、日数が短いといった悩み対策になります。



⑥「養生法もしっかりと」


日常生活の養生法も大切です。

香りの良いものを楽しんでリラックスしたり、睡眠を十分にとる、ストレスを上手に発散してイライラしない、散歩をする、半身浴など、心と体の健康を守っていくこともお勧めです。



<土屋薬局での過去の「子宮内膜症」の「不妊症」。子宝漢方相談の実例>


その1)


2005.07.01

「子宮内膜症」でチョコレート嚢腫6センチ、漢方4か月後に自然妊娠


<「子宮内膜症」でチョコレート嚢腫のC子さん。不妊症の子宝漢方・漢方体験する前です>


おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週から「不妊症」で土屋薬局で子宝の漢方相談をしていたお客さまのうち「妊娠しました!」という嬉しい報告が4人ありました。


今回はC子さんを紹介します。

C子さんは、「子宮内膜症」で「チョコレート嚢腫」が右側の卵巣に6cmとのことでした。

今すぐに手術ではなくて経過観察中でした。


C子さんは結婚して2年目で、幼稚園の先生(保育士さん)をしていますので、お子様が欲しいですから、半年間生理を止めるような治療はしていません。

今月から、婦人科で卵胞チェックをして排卵の状態を診ていくとのことでした。


初潮は14歳で、生理は31~38日で、3日間です。


月経周期、生理の周期が31~38日と生理不順なのは、漢方ではストレス性の「気鬱(きうつ)」または「肝気鬱結(かんきうっけつ)」があるのではないかと認識しますので、ストレスを軽減すること、漢方でも「疏肝理気(そかんりき)」といって、「気」の流れをスムーズにすることが大切になります。


生理の量は、20代の頃よりは少なめになっています。


C子さんは「宮内膜症」の「チョコレート嚢腫」ですから、「生理痛」がつらい様です。


「子宮内膜症」は、「異所」で子宮内膜が増殖する病気で、8割ぐらいのかたは卵巣に何らかの影響があり、「チョコレート嚢腫」にもなりやすいといわれます。


さて、「生理痛」は初日がつらいです。

鎮痛剤で痛みを軽減させているそうです。

たまに生理が多い多いときに、血塊がかなり混ざることがあります。

生理前のイライラや胸の張りなどの「月経前緊張症(PMS)」は、ひどくありません。

排卵痛があるかもしれません。


土屋薬局からは「生理不順」「生理痛」の対策をメインに漢方薬をお勧めしました。

「子宮内膜症」とのことで、生理期に不要の内膜と血液を出すようなことを重要視して生理をスッキリ終わるようにしてもらいました。



<「子宮内膜症」で「チョコレート嚢腫」のC子さん。不妊症の子宝漢方・漢方体験後です>


漢方薬を服用してからは、すぐに手足がポカポカしてきたそうです。


4ヶ月後にはめでたく自然妊娠されまして、C子さんも私どもも大いに喜んでいるところです。


妊娠した周期には、「チョコレート嚢腫」でない反対側の左側の卵巣から良い卵ができて、「子宮内膜の状態もとても良かった」とお医者さんに言われたそうです。

病院では卵胞チェックだけで、誘発剤などは使用していませんでした。


後日談ですが、「不妊症」で悩んでいたC子さんは妊娠している友人と一緒に来店されて、その友人のかたは出産したそうです。


「妊婦さんのお腹を触ると妊娠しやすい」という俗説もあるだけに、それも効いたのかなあとも、C子さんと話しました。



<あなたの力になります! 薬剤師、漢方・とくに不妊症漢方に詳しい専門家、不妊カウンセラー 土屋幸太郎から一言>


<不妊症・子宝漢方・漢方のストレス対策について>


幼稚園や保育園の先生は、普段から小さいお子さんと接していますので、これは小学校の教員の先生方にも言えますが、自分の子供が授からないということはストレスやプレッシャーが物凄いのです。

ですから漢方相談をするときには、メンタル面も良くなるように、励ますことなど多いです。

小さい子供と接すると母性本能が働くので、プロラクチンが高くなりやすいとも言われています。

舌の先が赤いときには、ストレスがあり「心熱(しんねつ)」とも言われています。


<「血」の巡りを改善する方法について>


一般に低温期に「活血化淤(かっけつかお)」で「血」の巡りを改善することを考えますが、高温期にも「活血化淤」を考えることがあります。

そしてお身体が整って結果として妊娠されることも多数経験しており、高温期にも「血」の巡りを改善する事を今後重視していきたいと思っています。


先日、仙台で東京医科歯科大学の産婦人科医の別府先生の勉強会に出席しましたが、やはり「不妊症の患者さんには約100%淤血(おけつ)があると考えている」とおっしゃっていました。

「子宮内膜症」「チョコレート嚢腫」などの不妊でお悩みのかたは、子宝相談をお気軽に土屋薬局までお寄せくださいませ。



その2)


2011.12.08


「チョコレートのう腫」5センチ近くから漢方で小さくなって、そして妊娠、ご懐妊の話です。また他のお客様も2周期目で「チョコレートのう腫」3センチを持ちながらご懐妊です。


おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今朝の山形は雨降りで天気予報には相変わらず、雪だるまマークがでています。

最近、「子宮内膜症」で「チョコレートのう腫」のお客様2名の方が、漢方開始早々に妊娠されていて私もその効き目にビックリです。


1名の方は、今年の9月30日からのご相談でした。

結婚2年目、「チョコレートのう腫」が以前に手術した左の卵巣が腫れてきている。

4・7センチ。


右の卵巣は昨年の9月に4センチからこぶし大の大きさになって手術をしています。

術後経過良好。

その後の生理は28~32日周期。


たまに生理に血塊が混じります。(おもに2日目)

いまはそれほど生理痛がひどくありませんが、生理の直前に痛むことがあります。

冷え性で手足が冷たいです。

小水をするときに左の下腹部が痛くなるときがあります。


土屋薬局からは、漢方薬3種類をお勧めです。


卵巣の腫れ、血液が溜っているような瘀血(おけつ)の状態に痰湿(たんしつ)の邪気も絡んでいると考えて、同時に養血調経(ようけつちょうけい)で女性の基本となる血(けつ)を整ていくことにしました。


その後、「チョコレートのう腫」を手術することもなく今月12月にはご懐妊7週目が分かり、「チョコレートのう腫」は4・7センチから3・5センチに小さくなり、「経過観察で十分です」とお医者さんにも言われて嬉しい限りです。

今後は安胎とつわり対策など総合的にやっていくところです。


ほかにも市内のお客様で結婚4年目で「チョコレートのう腫」3センチあって、なかなか授からなくて悩んでいるお客様がいらっしゃいました。


実のお母様と一緒に来店されまして、しっかりと漢方相談させて頂きました。

最初の1周期目から、高温期がまるで妊娠したかのように驚くほどきれいになりました。

「妊娠したかと思いました!」

という勢いだったのですが、結局、2周期目で今はご懐妊中です。


漢方薬、「子宮内膜症」、「チョコレートのう腫」に効き目があるなあと感心している毎日です。



その3)

今日、4回目の山形の土屋薬局 ブログで漢方通信(子宝報告)の更新です。


平成25年4月26日から足掛け4年、「不妊症」の子宝の漢方相談で土屋薬局をご利用頂いていたお客様。

久しぶりにご来店だったのですが、18週目、5か月だったそうです。


もうびっくりで嬉しくて、とっても感動しました。


妻も何回かお話しさせて頂いたお客様でお仕事の共通の知り合いはいるし、ご主人様は私の高校の後輩ですし、ちとっても気になる、お友達感覚のお客様でした。

良かったです。


40代の後があまりない、不妊治療の体外受精。


「子宮内膜症」がひどく、「子宮腺筋症」かも?とも言われていました。


最後の1個の卵、採卵して凍結した卵のうちで1番グレードが悪いもので全然期待していなくて、今まで使ってた妊娠検査薬も諦めて「また採卵からすればいいか!」と思っていたそうです。

予想外の「あ、妊娠ですね!」という産婦人科の先生の言葉に驚きだったそうです。


周囲のお客様も含めた40代の女性のかたたち、妊娠ラッシュで子宝がみんなのところに一斉にやって来ているそうです。


1人の友人は「もうダメだ。妊娠できない」と泣いていたのに、そのかたは無事に出産されたそうです。


私は感覚的に女の子のような直感だったのですが、さてどうでしょう?


スピリチュアルはお話ですが、おばあちゃんのお陰で子宝がやって来たそうです。ですから、もしその話が本当でしたらきっと赤ちゃんは女の子のはずです。


(自分用のメモ、杞菊地黄丸、冠元顆粒、五涼華などクールないぶし銀の漢方を体外受精に併用していて、あまり体が火照らないようにしていました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子宮内膜症の漢方で妊娠!

<「子宮内膜症」の漢方相談の実例>


山形県東根市神町 土屋薬局 薬剤師・不妊カウンセラー、国際中医師(中国政府認定)・NPO法人日本不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎


今回の「漢方薬は女性にお勧め5」では、生理痛(月経困難症)、「子宮内膜症」の漢方相談の実例、不妊漢方での妊娠、出産の漢方体験談を紹介したいと思います。

その前に、まずは西洋医学の見地から、今回の内容─ 「子宮内膜症」に関することを紹介していきましょう。



◎ 「生理のトラブル」は体の異変を知らせる大事なサイン


女性ホルモン分泌の周期的な変化にともなって、毎月規則的に起こるのが「生理」です。

女性が妊娠するためには、欠かせない大切なプログラムです。

ですから、もし 「生理」に何らかのトラブルがあれば、それは女性にとって異変を知らせる重大なサインになります。


女性は、10代の初めに初潮を迎えてから50歳前後の閉経まで、一生のうちでおよそ、40年という長いあいだを 毎月「生理」とともに過ごします。

長年経験する「生理」とどう向き合い、どうとらえて過ごしていくかは、女性にとっては生き方そのものです。


また 「妊娠」や「出産」、「更年期」という人生の重要なステージを左右するだけに、たかが生理、と思わずに大切に考えていきたいものです。



◎つらい「生理痛」


「生理痛」は、子宮を収縮させて経血を外に押し出すときに起こる痛みです。

「生理痛」がひどい人では、ちょうど出産時の陣痛にも似た痛みを覚えることもあります。

生理のたびに寝込んでしまうほどの痛みが強い場合には、「月経困難症」と呼ばれ、治療の対象になります。


また、痛みの背後には病気が潜んでいる場合があります。

つらい場合には、一度婦人科を受診しましょう。



◎ 一般的な「生理痛」の原因


A:経血の通り道が狭い

子宮頚管が未熟で狭いなどで、どうしても痛みが強くなってしまいます。

B:押し出す力が強すぎる

子宮内膜からプロスタグランディンというホルモンが分泌され、月経血がスムーズに排出されるようになりますが、このプロスタグランディンが多く分泌される体質の人は、子宮を収縮される力が強すぎますので「生理痛」がひどくなります。


C:冷えやストレスなど


生理のときに冷えて血行が悪くなっても「生理痛」になります。

冷えて血行が悪くなると、子宮内膜からのプロスタグランディンの分泌量が多くなるのです。

心理的な問題では、「生理」そのものを否定的に考えて、痛みが強く感じる場合もあります。


◎ 「生理痛」で考えられる病気


A:「子宮内膜症」


子宮の内側をおおう子宮内膜が、別の場所で増殖してしまう病気です。

子宮以外にできた内膜は、生理のたびに増殖と剥離(はくり)を繰り返しますが、血液の排出口が無いために、その場にたまって 血豆や血腫のようなものをつくり、これが毎回破れて痛みを引き起こします。

さらに破れたときに周囲の臓器などと癒着してしまい、排便や性交などの「生理」以外のときも 引きつかれるように痛むこともあります。

とくに痛みがひどいのは、子宮の壁(筋層)内に内膜が飛び火した「子宮腺筋症」です。



「子宮内膜症」とは

月経痛がひどい人は一度チェックを!

子宮内膜は本来、子宮の内膜を覆っている膜をいいます。

妊娠しなければ毎月ホルモンの作用で剥がれ、出血して体外に排出されます。

それが月経と言われています。


その子宮内膜と同じ組織が、卵管や卵巣、腹膜、膀胱、膣、直腸など、子宮以外の部位にできてしまうのが「子宮内膜症」です。

まれに肺にできることもあります。


この組織は本家本元の子宮内膜と同じように月経のたびに出血を起こします。

そしてそれぞれの部位で次のようなさまざまな症状を引き起こします。


※腹膜にできた「子宮内膜症」→強い月経痛

※直腸にできた「子宮内膜症」→月経時の下痢、血便

※膀胱にできた「子宮内膜症」→月経時の血尿

※卵巣にできた場合→「チョコレート嚢腫」と呼ばれるチョコレートのような液体がたまった嚢腫ができる。

※子宮の筋肉にできた場合→子宮全体が硬く腫れ、月経痛が激しい



癒着がひどくなると「凍りついた骨盤に」!


なかでも妊娠に影響が出てくるのは卵巣にできたときや、出血が繰り返されることで卵巣や卵管周囲に癒着が起きる時です。

卵巣に「チョコレート嚢腫」ができると排卵しにくくなります。

卵管周囲に癒着が起これば卵管が閉塞することもあり、また卵管采周囲に癒着が起これば卵子をつかまえられなくなります。


さらに症状がひどくなると、子宮、卵管、卵巣など骨盤内の組織が強力な癒着でひとかたまりになり、骨盤壁ともくっついて「凍りついた骨盤」になってしまいます。

これでは、ほとんど妊娠は望めません。


最近はまた、「子宮内膜症」によって出る物質が受精に悪い影響を与えるという説もいわれています。

いずれにしても「子宮内膜症」は「不妊」の大きな原因になる困った病気です。

治療して妊娠は可能ですから医師と相談しましょう。



生理のある女性の10人に1人がかかっているともいわれる「子宮内膜症」


「子宮内膜症」は以前は30代、40代に多い病気でしたが、最近は10代、20代の女性にも増えています。


「子宮内膜症」は、子宮の内側を覆う子宮内膜が別の場所で増殖してしまう病気です。


卵巣や卵管、腸などさまざまな場所に発生し、子宮内膜と同じように生理のたびに増殖とはく離を繰り返しますが、血液の出口がないため、その場にたまって血豆や血腫のようなものを作り、炎症を起こしてしまうのです。


さらにやっかいなのは、破れたときに周囲の臓器に癒着し、排便や性交などの生理以外のときに引きつれるように痛むこともあります。


「子宮内膜症」が発見されるのは、おもに生理痛などの「痛み」と「不妊」によってです。


これらは人に相談しにくいものも多く、日常生活でも大きなストレスとなるだけでなく、基本的な日常生活や対人関係から性生活に至るまで、あらゆることに影響を及ぼしますので、精神的なストレスを強く抱えてしまうことにもなるのです。



「子宮内膜症」の自覚症状


生理痛・・・86%

生理以外の下腹部痛・・・76%

レバー状のかたまりが出る・・・66%

腰痛・・・60%

排便痛・・・58%

腹部膨満感・・・55%

不妊状態・・・50%

生理の経血量が多い・・・47%

性交痛・・・46%

疲労感や消耗感・・・42%



「子宮内膜症」は、起こる場所によって大きく3種類に分けられます。


ひとつは卵巣、卵管、骨盤腹膜など、骨盤内(子宮の筋層を除く)に発生したもので、これが狭い意味での「子宮内膜症」。

この中でもとくに卵巣内に発生すると、古い血液がたまってチョコレートのような嚢腫ができるため「卵巣チョコレート嚢腫」と呼ばれます。


「子宮内膜症」のうちでももっとも発生頻度が高く、7割の人にみられます。


2つ目は子宮筋層内に入り込んで増殖したもので「子宮腺筋症」と呼ばれます。


3つ目は肺やへそ、膣、外陰部、リンパ節などの骨盤以外の臓器に発生した「骨盤外子宮内膜症」で、ときには手術の傷跡に発生することもあります。

子宮腺筋症は、内膜組織が子宮の筋層内に入り込んで増殖したもので、子宮全体が大きくなるために、間違って子宮筋腫と診断されることもありますし、また子宮筋腫との合併も多くなります。



A:「子宮腺筋症」とは


子宮内膜症が柔らかな子宮の筋肉の中にできて、その筋肉が硬く腫れた状態をいいます。

子宮腺筋症があると受精卵の着床が困難になり、不妊になりやすいと考えられています。

B:「子宮筋腫」とは


子宮にできる良性の腫瘍で、子宮の壁の中や内側、外側にできた筋肉のこぶのこと。

筋腫ができる場所や大きさによって、自覚症状もない場合もありますが、とくに生理痛がひどくなるのは、子宮の内側に向かって大きくなる筋腫の場合です。

C:「卵巣嚢腫」とは


卵巣にできる良性のしこりを卵巣嚢腫と言います。

自覚症状が現われにくいのですが、嚢腫が大きくなると生理時に 子宮を圧迫して生理痛が起こったり、下腹部痛がつれる感じや排便痛などがあります。



◎ 「生理痛」だけじゃない「月経困難症」


吐き気、腰痛、頭痛、眠れない・眠い、貧血、肩こり、イライラ、のぼせ、だるい、憂うつ、食欲がない、下痢、過食、めまい。


隠れた病気のサインになることもあります。

まずは、産婦人科を受診されることをお勧めします。

器質的な疾患があるかないかを見極めたうえで、漢方療法を選択できます。



◎ 「痛み」や「不妊」…こんな症状から「子宮内膜症」と分かりました。


「子宮内膜症」が発見されるのは、おもに生理痛などの「痛み」と「不妊」によってです。

ただし「痛み」といっても「性交痛」「排便痛」など、人に相談しにくいものも多く、日常生活で大きなストレスになります。


「子宮内膜症」の症状としては、"生理痛・下腹部痛、生理の経血量が多い、レバー状のかたまり(血塊)がある、吐き気・嘔吐、不妊、肛門奥痛・排便痛、性交痛"などがあります。


「子宮内膜症」は、命に関わる病気ではありませんが、完治が難しいのは事実です。

「癒着(ゆちゃく)」が起こるとさらにやっかいになります。


原因もはっきりと分かっていませんので、精神面への影響が大きく、自分を責めてしまう人もいます。



◎ 起こる場所によって「子宮内膜症」は大きく3種類に分かれます。


卵巣、卵管、骨盤腹膜などの骨盤内に発生したもので、これが狭い意味の「子宮内膜症」になります。

このタイプのなかでも卵巣に発生すると、古い血液が溜まってチョコレートのような嚢腫ができるため、「卵巣チョコレート嚢腫」と呼ばれます。

子宮内膜症のうちでも、もっとも発生頻度が高く、7割の人にみられます。

2つ目は子宮筋層内に入り込んで増殖したもので、「子宮腺筋症」と呼ばれます。

3つ目は、肺やへそ、膣、外陰部、リンパ節などの骨盤外の臓器に発生した「骨盤外子宮内膜症」です。



◎ 治療法


薬物療法:

鎮痛剤…「痛み」を和らげていきます。

漢方薬…後述します。


ホルモン療法:妊娠や閉経と同じ状態をつくり出す療法です。



①低用量ピル…排卵、生理を止めることで、症状を軽減します。

ピルは、生理のリズムに関係する卵胞ホルモンと 黄体ホルモンを合わせた薬です。

避妊薬というイメージがありますが、妊娠と同じ状態をつくり出し排卵を止めることで、生理のときの子宮内膜の増殖を抑えます。

35歳以上でタバコを1日15本以上吸う人が使うと、心臓発作や脳卒中を起こすリスクが高くなるというデータがあります。



②GnRHa療法…脳に作用して女性ホルモンの分泌を抑えます。

GnRHaとは人工合成ホルモンで、脳に作用し、女性ホルモンの分泌を促す「性腺刺激ホルモン」を出させる働きがあります。

これを投与すると、最初は脳の下垂体が反応して性腺刺激ホルモンを多量に分泌しますが、その後は逆に反応しなくなるため、女性ホルモンの分泌が弱まり、一時的に閉経と同じ状態がつくり出されます。

副作用は、更年期障害と同じようなほてり、のぼせ、発汗、肩こり、頭痛、倦怠感、膣乾燥などの症状がみられます。



③点鼻タイプ…スプレキュア、ナサニール。

注射タイプ…リュープリンなどがあります。



④ダナゾール療法…脳や卵巣に作用し、女性ホルモンの分泌を抑制


体重増加やニキビなどの副作用も。

男性ホルモン系のステロイドホルモン剤。

女性ホルモンの分泌を促す「性腺刺激ホルモン」を出さないようにする作用に加え、卵巣にも左右して女性ホルモンの分泌を抑えます。

これにより、人工的に閉経状態をつくって、症状を抑えます。

副作用には、体重増加、肩こり、ニキビ、皮脂分泌の増加などがあります。


◎ 「子宮内膜症」の手術

開腹手術と腹腔鏡手術があります。

年齢や患者さんの希望により、選択します。


最後にまとめます。


①「不妊症と子宮内膜症」


今まで原因不明とされてきた不妊症には、「子宮内膜症」によるものが多く見られます。

子宮内膜症は現在急増しつつある疾患の1つで、激しい生理痛、腰痛、排便痛、性交痛、月経以外での下腹部痛などのつらい症状以外に、不妊の大きな原因となっています。

妊娠可能な女性の約10%がかかっていると言われています。


また、「子宮内膜症」は簡易検査では分かりにくく、安易な排卵誘発剤や黄体ホルモン剤使用で、悪化、複雑化させるケースも多いのです。

腹腔鏡やMRI(磁気共鳴画像診断装置)などの検査が必要とされます。


一方、中国漢方の最大の利点は、月経サイクルを正常に保ちながら、「子宮内膜症」の軽減を目指すことです。

つまり、無理に排卵を抑え、生理を止めたりすることはしません。



②「不妊症と瘀血」


「瘀血(おけつ)の女性は妊娠しにくい」という格言があります。


下腹部や太腿の付け根あたりが硬く感じられる場合、血液の流れが悪くなっているからだと考えます。


血液の流れが悪いことに起因する、その他の症状としては、"生理が遅れる、生理痛がつらい、月経血に血塊が多い、色がどす黒く粘りがある、月経中に頭痛や肩こりが起こる"など月経の不調が多く見られます。


また、舌に青紫や赤紫、あるいはどす黒いチョコレート状の斑点が現われたり、目の周りや唇が黒ずむなどの症状も現われます。


このように血液の流れが悪い状態を中国漢方では「淤血(おけつ)」といい、この「瘀血(おけつ)」を改善するために「活血化瘀(かっけつかお)」という方法を用います。


「活血化瘀(かっけつかお)」の方法は、不妊の原因となる「子宮筋腫」や「子宮内膜症」、「卵巣嚢腫」や「癒着」などが起こるのを防ぎ、さらに骨盤の血流を良くして、新鮮な血液が十分に卵巣や子宮に行きわたるようにします。


これだけでも「卵胞の発育」が良くなり、「排卵」や「着床」が促進され、すべてが「妊娠」に有利な要因となります。



③「生理痛やレバー状の血塊の軽減を目指す。全周期から生理痛対策を」


「子宮内膜症」や「子宮腺筋症」などは、「瘀血(おけつ)」と認識して、活血化瘀剤を「当帰を主成分にした漢方薬」に併用していくことが多いです。


「生理痛」やレバー状の血塊が多いなどの軽減を目標にします。

その際には、効き目としては鎮痛剤の服用する回数が減ることや、痛みそのものが楽になることを目指していきます。


「生理痛」がひどいような場合には、生理のときだけではなくて、周期全般から生理痛の軽減を目指しますので、生理以外の期間にも、「当帰を主成分にした漢方薬」や「血行を良くする漢方薬」などをしっかりと服用していくことが大切です。


④「気滞、気鬱(きうつ)といった気の巡りをスムーズにすることも大切です」


「生理痛」には、ドロドロ血液の淤血のほかに、気滞または気鬱(きうつ)といった気の詰まりが関係している場合もありますので、「ストレスを緩和する漢方薬」もPMS(月経前緊張症)や「生理痛」対策にとても有効です。


「通じざればすなわち痛む」ですから、気血(きけつ)の巡り、すなわち「気」や血液をスムーズに流していけば、生理痛の軽減につながります。


「気」とは、自律神経や気持ちの問題、ストレスに関係がありますので、ストレスの解消や心を前向きにすることなども大切です。



⑤「補腎薬を併用することは、卵胞や子宮内膜に有効です」


妊娠を目指すときには、補腎薬を卵胞期や黄体期などに、「当帰を主成分にした漢方薬」に併用していき、「卵胞の発育」や「子宮内膜の厚さ」を良くしていきます。


黄体期(つまり高温期のことです)に併用しますと「黄体機能不全」のような高温期の温度が足りない、日数が短いといった悩み対策になります。



⑥「養生法もしっかりと」


日常生活の養生法も大切です。

香りの良いものを楽しんでリラックスしたり、睡眠を十分にとる、ストレスを上手に発散してイライラしない、散歩をする、半身浴など、心と体の健康を守っていくこともお勧めです。



<土屋薬局での過去の「子宮内膜症」の「不妊症」。子宝漢方相談の実例>


その1)


2005.07.01

「子宮内膜症」でチョコレート嚢腫6センチ、漢方4か月後に自然妊娠


<「子宮内膜症」でチョコレート嚢腫のC子さん。不妊症の子宝漢方・漢方体験する前です>


おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週から「不妊症」で土屋薬局で子宝の漢方相談をしていたお客さまのうち「妊娠しました!」という嬉しい報告が4人ありました。


今回はC子さんを紹介します。

C子さんは、「子宮内膜症」で「チョコレート嚢腫」が右側の卵巣に6cmとのことでした。

今すぐに手術ではなくて経過観察中でした。


C子さんは結婚して2年目で、幼稚園の先生(保育士さん)をしていますので、お子様が欲しいですから、半年間生理を止めるような治療はしていません。

今月から、婦人科で卵胞チェックをして排卵の状態を診ていくとのことでした。


初潮は14歳で、生理は31~38日で、3日間です。


月経周期、生理の周期が31~38日と生理不順なのは、漢方ではストレス性の「気鬱(きうつ)」または「肝気鬱結(かんきうっけつ)」があるのではないかと認識しますので、ストレスを軽減すること、漢方でも「疏肝理気(そかんりき)」といって、「気」の流れをスムーズにすることが大切になります。


生理の量は、20代の頃よりは少なめになっています。


C子さんは「宮内膜症」の「チョコレート嚢腫」ですから、「生理痛」がつらい様です。


「子宮内膜症」は、「異所」で子宮内膜が増殖する病気で、8割ぐらいのかたは卵巣に何らかの影響があり、「チョコレート嚢腫」にもなりやすいといわれます。


さて、「生理痛」は初日がつらいです。

鎮痛剤で痛みを軽減させているそうです。

たまに生理が多い多いときに、血塊がかなり混ざることがあります。

生理前のイライラや胸の張りなどの「月経前緊張症(PMS)」は、ひどくありません。

排卵痛があるかもしれません。


土屋薬局からは「生理不順」「生理痛」の対策をメインに漢方薬をお勧めしました。

「子宮内膜症」とのことで、生理期に不要の内膜と血液を出すようなことを重要視して生理をスッキリ終わるようにしてもらいました。



<「子宮内膜症」で「チョコレート嚢腫」のC子さん。不妊症の子宝漢方・漢方体験後です>


漢方薬を服用してからは、すぐに手足がポカポカしてきたそうです。


4ヶ月後にはめでたく自然妊娠されまして、C子さんも私どもも大いに喜んでいるところです。


妊娠した周期には、「チョコレート嚢腫」でない反対側の左側の卵巣から良い卵ができて、「子宮内膜の状態もとても良かった」とお医者さんに言われたそうです。

病院では卵胞チェックだけで、誘発剤などは使用していませんでした。


後日談ですが、「不妊症」で悩んでいたC子さんは妊娠している友人と一緒に来店されて、その友人のかたは出産したそうです。


「妊婦さんのお腹を触ると妊娠しやすい」という俗説もあるだけに、それも効いたのかなあとも、C子さんと話しました。



<あなたの力になります! 薬剤師、漢方・とくに不妊症漢方に詳しい専門家、不妊カウンセラー 土屋幸太郎から一言>


<不妊症・子宝漢方・漢方のストレス対策について>


幼稚園や保育園の先生は、普段から小さいお子さんと接していますので、これは小学校の教員の先生方にも言えますが、自分の子供が授からないということはストレスやプレッシャーが物凄いのです。

ですから漢方相談をするときには、メンタル面も良くなるように、励ますことなど多いです。

小さい子供と接すると母性本能が働くので、プロラクチンが高くなりやすいとも言われています。

舌の先が赤いときには、ストレスがあり「心熱(しんねつ)」とも言われています。


<「血」の巡りを改善する方法について>


一般に低温期に「活血化淤(かっけつかお)」で「血」の巡りを改善することを考えますが、高温期にも「活血化淤」を考えることがあります。

そしてお身体が整って結果として妊娠されることも多数経験しており、高温期にも「血」の巡りを改善する事を今後重視していきたいと思っています。


先日、仙台で東京医科歯科大学の産婦人科医の別府先生の勉強会に出席しましたが、やはり「不妊症の患者さんには約100%淤血(おけつ)があると考えている」とおっしゃっていました。

「子宮内膜症」「チョコレート嚢腫」などの不妊でお悩みのかたは、子宝相談をお気軽に土屋薬局までお寄せくださいませ。



その2)


2011.12.08


「チョコレートのう腫」5センチ近くから漢方で小さくなって、そして妊娠、ご懐妊の話です。また他のお客様も2周期目で「チョコレートのう腫」3センチを持ちながらご懐妊です。


おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今朝の山形は雨降りで天気予報には相変わらず、雪だるまマークがでています。

最近、「子宮内膜症」で「チョコレートのう腫」のお客様2名の方が、漢方開始早々に妊娠されていて私もその効き目にビックリです。


1名の方は、今年の9月30日からのご相談でした。

結婚2年目、「チョコレートのう腫」が以前に手術した左の卵巣が腫れてきている。

4・7センチ。


右の卵巣は昨年の9月に4センチからこぶし大の大きさになって手術をしています。

術後経過良好。

その後の生理は28~32日周期。


たまに生理に血塊が混じります。(おもに2日目)

いまはそれほど生理痛がひどくありませんが、生理の直前に痛むことがあります。

冷え性で手足が冷たいです。

小水をするときに左の下腹部が痛くなるときがあります。


土屋薬局からは、漢方薬3種類をお勧めです。


卵巣の腫れ、血液が溜っているような瘀血(おけつ)の状態に痰湿(たんしつ)の邪気も絡んでいると考えて、同時に養血調経(ようけつちょうけい)で女性の基本となる血(けつ)を整ていくことにしました。


その後、「チョコレートのう腫」を手術することもなく今月12月にはご懐妊7週目が分かり、「チョコレートのう腫」は4・7センチから3・5センチに小さくなり、「経過観察で十分です」とお医者さんにも言われて嬉しい限りです。

今後は安胎とつわり対策など総合的にやっていくところです。


ほかにも市内のお客様で結婚4年目で「チョコレートのう腫」3センチあって、なかなか授からなくて悩んでいるお客様がいらっしゃいました。


実のお母様と一緒に来店されまして、しっかりと漢方相談させて頂きました。

最初の1周期目から、高温期がまるで妊娠したかのように驚くほどきれいになりました。

「妊娠したかと思いました!」

という勢いだったのですが、結局、2周期目で今はご懐妊中です。


漢方薬、「子宮内膜症」、「チョコレートのう腫」に効き目があるなあと感心している毎日です。



その3)

今日、4回目の山形の土屋薬局 ブログで漢方通信(子宝報告)の更新です。


平成25年4月26日から足掛け4年、「不妊症」の子宝の漢方相談で土屋薬局をご利用頂いていたお客様。

久しぶりにご来店だったのですが、18週目、5か月だったそうです。


もうびっくりで嬉しくて、とっても感動しました。


妻も何回かお話しさせて頂いたお客様でお仕事の共通の知り合いはいるし、ご主人様は私の高校の後輩ですし、ちとっても気になる、お友達感覚のお客様でした。

良かったです。


40代の後があまりない、不妊治療の体外受精。


「子宮内膜症」がひどく、「子宮腺筋症」かも?とも言われていました。


最後の1個の卵、採卵して凍結した卵のうちで1番グレードが悪いもので全然期待していなくて、今まで使ってた妊娠検査薬も諦めて「また採卵からすればいいか!」と思っていたそうです。

予想外の「あ、妊娠ですね!」という産婦人科の先生の言葉に驚きだったそうです。


周囲のお客様も含めた40代の女性のかたたち、妊娠ラッシュで子宝がみんなのところに一斉にやって来ているそうです。


1人の友人は「もうダメだ。妊娠できない」と泣いていたのに、そのかたは無事に出産されたそうです。


私は感覚的に女の子のような直感だったのですが、さてどうでしょう?


スピリチュアルはお話ですが、おばあちゃんのお陰で子宝がやって来たそうです。ですから、もしその話が本当でしたらきっと赤ちゃんは女の子のはずです。


(自分用のメモ、杞菊地黄丸、冠元顆粒、五涼華などクールないぶし銀の漢方を体外受精に併用していて、あまり体が火照らないようにしていました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.25

「不妊治療のやめどき」と重度の子宮腺筋症と卵管閉塞で漢方で自然妊娠!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝、朝の5時半に目が覚めたので6時過ぎくらいから若木山に散歩に行ったら、もう子どもたちは夏休み。ラジオ体操に犬の散歩をする人。

そして6時半過ぎには次々に自転車で出勤する自衛隊さんなど、神町官舎方面は賑やかでした。

「夏到来」ですね。雲は高く、空は青く澄み切っています。


さて最近、「不妊症」の「子宝関係の本」を何冊か入手しましたので皆様にご紹介したいです。


不妊治療のやめどき

NPO法人Fineさまの推薦の本です。


「ココログ版土屋薬局 中国漢方通信」でも以前はよく「みなさま早めに妊娠している人ばかりでどのくらいで妊娠しますか?」「なんで妊娠、みんないっぱいしているのですか?」と聞かれたことがあります。

それは正直いえば「漢方薬の不妊症のいい話」しか基本的に掲載していないからです。


「うまくいかない話」

「結局、あきらめた話」

「頑張ったけど夫婦仲も壊れてしまった話」

「自然と漢方薬からすぐにフェイドアウトした話(フェイドアウトとは徐々に消えていくこと、つまり音信不通で通常は1~2回の漢方相談ですぐに再来店しなくなる人達のことです)」

など、難しかったケースは省いています。

だから、本当に「読むと励みになります」というブログです。


その不妊治療の「光」と「影」の「影」の部分にフォーカスして書かれてあるのが「不妊治療のやめどき」でございます。


あと2冊、紹介したい本があったのですが、スペースの関係もありますのでまたいつかの機会にご紹介させてください。


「私たちが一番知りたかった不妊治療・その後の物語」です。


産婦人科の高名な吉村先生や胚培養士の先生の話も巻末にありますから、いろいろと「不妊治療」まっただ中のカップルもご主人と一緒に読んでみると良いかもしれません。



次は土曜日、7月23日の漢方相談会で「重度の子宮腺筋症」のお客様が「漢方薬のリスタートで1周期で自然妊娠」されました。

産婦人科のお医者さんもビックリ(もちろんそうでしょう)されたそうです。


片方の「卵管閉塞」もありましたから「素晴らしい」という他ありません。

今後とも流産されないように、順調にいくことを願うばかりです。


前回6月に来店されたときにちょうど「月経周期5日目」でしたので「温養活血」をメインにして、通常の「月経周期療法」とは違う「温めて」「活血」する方針で「排卵」を促すような漢方処方が良かったようです。

だからその日の午後に地元の40代のお客様、こちらはまだ「不妊」「未妊」なのですが、同じような漢方薬をご紹介、お勧めしているにも関わらずに「コンプライアンスが悪く」全然、飲んでいないで婦宝当帰膠だけの服用ですから「あああ、もったいない」と正直思いました。

お客様のほうは「予算に制限がある」でしょうから、こちらのほうでも「必要最小限」のものはお勧めしていて「過剰な負担にはならないように気をつけています」ので、そこで「切れ味」のよい漢方薬もできれば婦宝当帰膠だけではなくて、一緒に併用してもらいたいところでした。

すべてのお客様にお勧めしている漢方薬には「お客様の年代」や「月経のリズム」「生理痛の有無」「季節」「胃腸やお通じ」「睡眠」など、さまざまな要因を考慮しています。



痛み、しびれ、「目、耳、鼻、口、のど」の漢方相談。不妊症の子宝相談。ほかどのようなジャンルの漢方相談もお受けしています。

<7月第5週の漢方相談会のお知らせです>


○2016年7月25日(月) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。


○2016年7月26日(火) 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当させて頂きます。
土屋幸太郎は公休です。

○2016年7月27日~29日(水~金) 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2016年7月30日(土) 土屋幸太郎、午前中で仕事を上がります。午後からは土屋信一が漢方相談を担当させて頂きます。


漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な婦人病の漢方相談をお寄せ下さったり、不妊で悩む人生の岐路に立っているような真剣なカップルでのご来店が土屋薬局には増えてきています。


元気のでる漢方相談を真摯に心掛けています。


龍に赤ちゃんが載っている画像、子宝に恵まれた


お電話やメールで漢方相談のご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中国漢方の痺証と中国漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 国際中医師)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。


日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー認定更新証

中国政府による認定の国際中医師の賞状

中国政府による認定の国際中医師の賞状です。

漢方相談のレベルが本場の中医師と同程度という証明です。


「中医学」漢方に普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事

山形新聞で紹介された土屋薬局の記事、中国大使館から表彰を受けました。

「中医学」普及に尽力 東根・土屋薬局 大使館から表彰の山新の記事


土屋薬局 漢方相談 「龍に子供が載っている画像」子宝に恵まれました


土屋薬局店内 漢方勉強会

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>


不妊症で悩んでいた漢方相談のお客さまからの妊娠、出産のお礼のお手紙と赤ちゃんの写真


壁面には不妊症で悩んでいたお客さまが土屋薬局の子宝の漢方相談でめでたく妊娠、出産されたお礼にと寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙がいっぱい。

明るい活気と希望に満ちた漢方相談薬局です。


ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


山形県東根市神町の土屋薬局の外観

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。



I薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景 title=

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

中国の子授け観音様の送子観音菩薩

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で漢方の不妊治療の名医、老中医は「あの漢方の先生はまさに漢方の送子観音菩薩様です」とも言われたりしています。

当店も私も多くの人を苦しみから救う送子観音菩薩様のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


子宝の神様、送子観音菩薩と中国の泥人形


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土祭日 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

百合の花

<2016年7月22日>

先週の金曜日、仕事が終わったあとに若木山に散歩に出かけました。

「百合の花」がとても綺麗でした。

香りがあたりに漂います。


夕焼け

若木山から眺める月山、葉山方面の「夕焼け」もまた綺麗なんです。


夕焼け

最後の写真は、月山、葉山とは反対側方向の奥羽山脈、仙台方面の眺めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.01

中医学による子宮腺筋症の漢方アドバイス

子宮内膜症性気胸の漢方対策についての時に陳先生に中医学を教えて頂いたことの続きです。


土屋 「最後に、子宮腺筋症の漢方相談について先生の考えを教えて下さい」


陳先生


<中医学による子宮腺筋症の漢方アドバイス>

子宮腺筋症は基礎体温が上がってきます。

少し「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」を多くする。

とくに月経血の出血量が多いかた、月経過多の場合には「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」を使う。


水蛭製剤の漢方、三年から七年かかるという雲南省特産の漢方薬+「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」


「とくに広州では夏場には飲まれているという漢方薬」で子宮腺筋症の痛みを和らげます。


子宮腺筋症の漢方相談は、体の弱い人、強い人。

若い人、年取った人


最後の4つの分類での子宮腺筋症の漢方相談の方法、今後にも活かしていきたいです。


親切に教えて頂きましてありがとうございました。




不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.02

子宮腺筋症の漢方薬、桂枝茯苓丸、温経湯について

「妻が子宮腺筋症で現在漢方薬の桂枝茯苓丸、温経湯を服用しております。よろしければ今服用している漢方が適切なのか、他にお勧めいただける漢方がおありかどうかを教えていただければと存じます。」

このコラムは子宮腺筋症の生理痛の疼痛、不正出血、不妊対策の漢方的な考え方の回答です。



こんにちは。

薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


不妊漢方で子宝妊娠ママに 土屋薬局ブログをご覧になっている読者の方から漢方薬のご質問を頂戴しました。


勇気を振り絞って、手間をかけて奥様の子宮腺筋症の漢方薬に関するご質問を送られたことと思います。

ありがとうございます。


奥様を思う気持ち、子宝を願う気持ちが伝わってきます。

ぜひとも今後の治療もうまくいって頂きたいです。


それでは、読者のかたからの子宮腺筋症と漢方薬、桂枝茯苓丸と温経湯に関するご質問です。


「こんにちは。お世話になります。

現在不妊治療中にて、相談させてください。

現在私が38歳、妻が35歳です。

今まで、タイミング療法でしたが、これから人工授精にステップアップしようというところです。

妻が子宮腺筋症で、現在漢方(桂枝茯苓丸、温経湯)を服用しております。


よろしければ今服用している漢方が適切なのか、他にお勧めいただける漢方がおありかどうかを教えていただければと存じます。

よろしくお願いします。」


子宮腺筋症の場合には、私が考えるにポイントがあると思います。

不正出血が常日頃から多いタイプ

たとえば月に半分くらいが不正出血がダラダラと続くタイプがあります。


また生理がすっきりと終わらずにダラダラと続いたり、しかも激痛で耐え難い痛みのことも多いです。


いっそ、子宮をとってしまいたい。と考えて過去に20代でありながら独身にも関わらず、産婦人科のお医者さんに頼んで切除した人もいたくらいです。


子宮が固くなってきて炎症がありますので収縮が悪くなっていることが一つの要因です。


月経のときには、月経痛がどのくらいのレベルか、いつ出血量が多いのか、血塊(コアグラ状とか)があるかどうか。

下痢や軟便になるかどうかなども大切なチェックポイントです。


○月経周期が短くなりやすいタイプが多いです。

28日周期以下で24~26日のことも多くあります。

奥様の月経周期は 月経周期が長いか短いなどもチェックポイントとなります。


そのうえで基礎体温をおつけの場合には、基礎体温全般の体温からも判断するようにしていきます。


大事なことは、子宮腺筋症の場合には、たとえ体が冷えていたとしても子宮など、患部は中医学、中国漢方の不妊症の専門理論では「熱」を持っていることが多い場合があります。

「鬱熱(うつねつ)」です。


子宮周りの経絡も、気血(きけつ)など流れがスムーズでしたら、炎症もなくて渋滞が起きないのですが、ストレスやエイジングの問題、寒さなどいろいろな要因により、経絡や気血が詰まると「鬱結」して「熱化」していきます。


「通じざればすなわち痛む」


この言葉がありますように、スムーズに気や血や婦人科の経絡の流れをよどみなくすることも大切です。


ご指摘の質問の内容、桂枝茯苓丸という漢方薬では私は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)によく使っています。

湿を払い、血流をよくする良い漢方薬です。


温経湯という漢方薬のほうは、残念ながら土屋薬局では常用の漢方処方ではありません。


私自身も今まで漢方相談20年以上していますが、温経湯という漢方薬をお勧めしたことが一度もないので、子宮腺筋症に合っているかどうか判断の可否も含めてコメントが難しいです。


当店では今も仙台市にお住まいで東根の土屋薬局を漢方でご利用していたお客様が子宮腺筋症で妊娠されていて、非常に喜んでいるのですが、本場 中国での漢方医の先生も子宮腺筋症には全精力を尽くされて漢方相談されています。


(当店の場合には、過去に子宮腺筋症の漢方相談で5人のかたは妊娠、出産されいている実績があります)


まずは、いまの漢方の処方の先生も奥様のために一生懸命に考えられて、温経湯と桂枝茯苓丸の漢方薬を処方されているはずですから、しっかり服用して体調のことなど相談していってみてください。


温経湯や桂枝茯苓丸は活血化淤(かっけつかお)といって血行を改善する漢方ですが、そのほかに卵子の質を良くするように補腎(ほじん)をしたり、ストレスを緩和するために疏肝(そかん)をしたり、またはお日様が強いと畑が乾燥してきますから寧心(ねいしん)をしたり、養血調経(ようけつちょうけい)をしたり、各種、その時中(じちゅう)、つまり今の奥様の年齢や体調、季節、婦人科での不妊治療の人工授精などなども総合的に検討すべきと思います。



こちらのはてなブログを注意深く読んでいくと子宮腺筋症や子宮内膜症などの漢方の対応策が分かるようになっていますので参考になりましたら、幸いです。


山形の土屋薬局 ブログで漢方通信(子宝報告)にご質問の場合には、薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎が回答しますので、メールにてお寄せください。

回答は当ブログ上で回答させて頂き、ほかの同じようなことで悩んでいる方の参考になれば、多くの皆様も助かることと思います。


不妊症の漢方早わかり/子宝漢方で妊娠、出産! <不妊症の子宝漢方のツボを公開します>

こちらも参考になりましたら、幸いです。

今回は、子宮腺筋症の漢方薬、桂枝茯苓丸、温経湯についてご質問ありがとうございました。


(実際には、子宮腺筋症の漢方薬の場合には、患部が炎症をもっていて熱があおって出血過多になったり、月経周期が短くなりますので、漢方でもあまり温めすぎも気を付けます)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.30

子宮内膜症40代の漢方。妊娠5ヶ月で子宝やって来た!

今日、4回目の更新です。


平成25年4月26日から足掛け4年、不妊症の子宝の漢方相談で当店をご利用頂いていたお客様。

久しぶりにご来店だったのですが、18週目、5か月だったそうです。


もうびっくりで嬉しくて、とっても感動しました。


妻も何回かお話しさせて頂いたお客様でお仕事の共通の知り合いはいるし、ご主人様は私の高校の後輩ですし、ちとっても気になる、お友達感覚のお客様でした。

良かったです。

<40代の後があまりない、不妊治療の体外受精>


子宮内膜症がひどく、子宮腺筋症かも?とも言われていました。


最後の1個の卵、採卵して凍結した卵のうちで1番グレードが悪いもので全然期待していなくて、今まで使ってた妊娠検査薬も諦めて「また採卵からすればいいか!」と思っていたそうです。

予想外の「あ、妊娠ですね!」という産婦人科の先生の言葉に驚きだったそうです。


周囲のお客様も含めた40代の女性のかたたち、妊娠ラッシュで子宝がみんなのところに一斉にやって来ているそうです。


1人の友人は「もうダメだ。妊娠できない」と泣いていたのに、そのかたは無事に出産されたそうです。


私は感覚的に女の子のような直感だったのですが、さてどうでしょう?


(スピリチュアルはお話ですが、おばあちゃんのお陰で子宝がやって来たそうです。ですから、もしその話が本当でしたらきっと赤ちゃんは女の子のはずです)


不妊症のお客様、妊娠5ヶ月嬉しいお腹です!


(自分用のメモ、杞菊地黄丸、冠元顆粒、五涼華などクールないぶし銀の漢方を体外受精に併用していて、あまり体が火照らないようにしていました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.01

子宮腺筋症で手術後漢方服用で妊娠5ヶ月でした!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週の土曜日は、午前中に男の子の赤ちゃんを無事に出産されて半年経ったお客様が赤ちゃんと主人を連れて来店されました。


出産されたときには、大きな胎盤で助産師さんにも「立派な胎盤ですね!」と誉められたそうです。


平成26年6月28日に化学流産後からの漢方相談で、平成27年1月13日は妊娠、陽性が分かり、めでたく昨年の9月にご出産されて今まで北関東のご実家に半年間ゆっくりされていました。


婦宝当帰膠、オリヂンP、杞菊顆粒、二至丹、逍遥丸、参馬補腎丸、冠元顆粒、弓帰調血飲第一加減などその時々の月経周期に合わせた周期調整法、いわゆる月経周期療法をお勧めしていました。


胎盤エキスも妊娠前、妊娠中とずっと服用されていたから、いい胎盤ができて安胎になったのかな?とも思います。

ご自宅が隣の市ですから通いやすかったので、いつも気軽にお話できて良かったです。


「漢方薬、先生のお陰です」と感謝されて、こちらのほうはあまり何もしていないので恐縮しきりです。


ご主人も仕事の合間に漢方を購入に来店されたり、とても立派な方でした。


お土産 日光の月

<2016年1月30日> お土産 日光の月を頂戴しました。スタッフ一同で有難く賞味させて頂きました。

お土産 日光の月


赤ちゃんの写真です。

飾っている写真にも我が子をみつけられて、とても喜んで頂きました。



その他、土曜日は赤倉温泉よりも先の最上のほうから車で当店に娘さん2人を連れてきたお客さま(子供を諦めたらできた)、子宮腺筋症で北関東で手術を受けた後に、当店でも漢方を3年ぐらい服用して妊娠して5ヶ月になったお客さま、8歳のお子様の先天性掌蹠角化症で漢方を1ヶ月服用したらだいぶ良くなってお母さんも大喜びなど、いろいろな感動的な話が沢山ありました。


スタッフによると子供の場合には怪我なども治りが早いので、漢方でも突発性難聴や掌蹠角化症(2歳のときから始まったそうです)なども、大人と違って漢方の効き目がダイレクトに早いのかもしれませんね。


ペットも漢方の効き目が良い場合がある場合あるそうですから、そうすると慢性の大人の病気の場合には「こころ」「ストレス」が奥深く関係しているかもしれないですね。


最近は、お子さまの漢方相談も少しずつ増えてきました。(でも県外の方はごめんなさい、直接に来店して頂けないととくにお子様の漢方相談は無理なことご承知ください)


漢方薬は私にとってとても心強いおまじないでした。</a>」の額縁を入り口に飾りました。

漢方薬は私にとってとても心強いおまじないでした。」の額縁を入り口に飾りました。


漢方薬は私にとってとても心強いおまじないでした。</a>」の額縁を入り口に飾りました。


来週は千葉からお客様が来店されますので土屋薬局の近況の写真を紹介しますね。


土屋薬局 駐車場

<2015年2月1日 土屋薬局 駐車場>

土屋薬局 駐車場

今年は暖冬なので雪が少ないです。


薬局店頭の入り口にはサトちゃんとサトコちゃん

薬局店頭の入り口にはサトちゃんとサトコちゃんが待っています。


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村漢方ブログランキングに参加しています。 


妊娠・出産 ブログランキングへ
 ↑ クリックして頂けましたら望外の喜びです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.08

不妊症の年代別子宝漢方相談…その7 月経先期(月経過多) 月経周期が短い、早い

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は天気予報どおりに12月とは思えない暖かな一日でした。

昨日も穏やかな晴れた一日で、もちろん積雪などありません。


そんな天候の良い日に土屋薬局がある山形県のお隣の宮城県から、いつも当店を漢方相談でご利用頂いているお客様がご家族で来店されました。


可愛らしい娘さまとご主人のお母様もご一緒でした。


仙台からの漢方のお客さまから頂戴したお土産

仙台ゆべし、かもめの卵、けっこうなもの頂戴しました。

お菓子、スタッフで分けて美味しく食べました。

ありがとうございました。


スタッフと


「お客様に来店して頂けるだけ有難いのに、しかもお菓子まで頂戴して…」と恐縮しきりでした。


cherry


さて長期シリーズになっている「不妊症の年代別子宝漢方相談」です。


前回は「不妊症の年代別子宝漢方相談…その6 月経不順(後期):卵巣性の基礎体温の特徴 Ⅱ」でした。


今回は「月経先期(月経過多)…月経周期が短め」の巻です。


「月経先期(月経過多)」


機能性:黄体機能不全

器質性:子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮内膜増殖症、子宮肉腫、子宮内膜ポリープ


○生理周期の変化


生理周期 < 24日(低温期、高温期ともに短い)  あるいは月経期間が>8日間以上続くこと


BBT特徴:

BBT二層性、排卵後BBT緩慢上昇


○ホルモン:

排卵後8日目のプロゲステロン、黄体ホルモンが低い


12~14日の高温期の漢方対策は、まず参茸補血丸で。


+谷の対策  参馬補腎丸、心脾顆粒など


心脾顆粒など高温期が落ち着いてくる。


(余談)

ニキビに晶三仙を2包×3回でお肌がきれいになったお客様がいて大いに喜ばれました。

晶三仙だけというとてもシンプルな方法でした☆


apple


また次回に続きます。


私の感覚でいえば普段から子宮腺筋症のかたの漢方相談が多いですから、子宮腺筋症のかたは月経周期が24日前後と短いようなイメージがあります。

そこをうまくカバーして生理痛の軽減、過多月経の解消、妊娠出産なども目指していきます。


大森山と若木山

<2015年12月7日>

昨日の神町(じんまち)から眺めた山々です。


木村ストアの看板と黒伏山の眺め

異様な迫力があるのは黒伏山周辺です。

あのそそり立った山のかたちは畏怖さえ感じるほどです。


0神町小学校、天童の水晶山、面白山付近

神町小学校、天童の水晶山、面白山付近


村山の甑岳は雲隠れ

村山の甑岳は雲隠れ


若木山と神町小学校

遠くの山々はすっかりと雪化粧になりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方相談 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方で効果改善 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/不妊と漢方 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/不妊と漢方 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方 | ニュースレターより | ハテナ | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士、幼稚園教諭/不妊と漢方 | ベビ待ち歯科衛生士/不妊と漢方 | ベビ待ち看護師/不妊と漢方 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症の漢方相談会 2008年 | 不妊症の漢方相談会 2009年 | 不妊症の漢方相談会 2010~ | 不妊症の漢方相談会 2013~ | 不妊症の漢方相談会2017 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/産後の漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方その1 | 人工授精/不妊と漢方その2 | 体外受精/不妊と漢方その1 | 体外受精/不妊と漢方その2 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方 | 円錐角膜/漢方薬 | 冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | 冷え性/不妊と漢方 | 加齢性黄斑変性症/漢方で効果改善 | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方 | 卵管性不妊/不妊と漢方 | 卵管水腫/卵管留水腫/不妊と漢方 | 卵管閉塞/不妊と漢方 | 卵胞発育不全/不妊と漢方 | 口内炎/漢方 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛の痛みしびれ/漢方 | 坑精子坑体/不妊と漢方 | 基礎体温が低め/不妊と漢方 | 基礎体温が高め/不妊と漢方 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方 | 基礎体温表/不妊と漢方 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方 | 妊活・妊娠力アップ/不妊と漢方 | 婦宝当帰膠/不妊と漢方 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/不妊と漢方 | 子宮内膜症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方 | 子宮筋腫/不妊と漢方 | 子宮腺筋症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮頸がん/不妊と漢方 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方/漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏(蓄膿症)の鼻水、鼻づまり/漢方 | 心と体 | 感音性難聴(耳鳴り、難聴)/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方 | 排卵障害/不妊と漢方、妊娠出産 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方 | 月経の経血量が減少/不妊と漢方 | 月経周期が短い/不妊と漢方 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方 | 椎間板ヘルニア/漢方で痛み、しびれ改善 | 武漢へ | 死産後/不妊と漢方。妊娠出産 | 母乳の漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方、妊娠出産 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方勉強会(2004~2008) | 漢方勉強会(2009) | 漢方勉強会(2010) | 漢方勉強会(2011) | 漢方勉強会(2012~) | 漢方周期療法 | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方・妊娠出産 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 独歩顆粒 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理不順/不妊と漢方、妊娠出産 | 生理痛/不妊と漢方、妊娠出産 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊・乏精子症 精子無力症/不妊と漢方・妊娠出産 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 経血量少ない不妊/不妊と漢方 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎の漢方 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘の痛み/漢方薬 | 股関節痛、変形性股関節症の漢方薬 | 肩こりの漢方薬 | 肩甲骨の痛みの漢方薬 | 肩痛、五十肩の漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)の漢方薬 | 背中のほてり/漢方 | 背中の痛み/漢方 | 胚盤胞/不妊と漢方 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症の漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中の漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛の漢方薬 | 膀胱炎の漢方薬 | 膝痛の漢方薬 | 花粉症の漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹の漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方相談 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎の漢方薬 | 逆流性食道炎の漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群の漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿の漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方 | 酒さの漢方薬 | 頭痛、慢性頭痛の漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方で効果改善 | 頻尿/漢方で効果改善 | 顔面神経麻痺、手のふるえと漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方 | 風邪/漢方 | 食欲不振、胃痛の漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方1 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方2 | 高血圧と糖尿病の漢方薬 | 高血圧の漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方 | 黄疸の漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/不妊と漢方 | AMH/不妊と漢方 | COPD 慢性閉塞肺疾患の漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方 | FSHが高い/不妊と漢方 | POF・早発閉経/不妊と漢方