カテゴリー「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」の記事

2016.05.18

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今朝の山形は朝から晴れ渡り、気持ちの良い天候でした。

若木山(おさなぎやま)は私の家から歩いて10分ぐらいのところにありますが、とても気持ちが良くてカッコウが鳴いていました。



<2016年5月18日撮影 山形県東根市若木山>

おはようございます。朝の「若木山クラブへようこそ」です。山の麓は霧がかかり、月山、葉山は雲隠れ。カッコウの鳴く声が聞こえてきます。


さて、朝いちばんに常連のお客様にメールさせて頂いたときに、スーパーフードで有名なマカを婦人科の先生も好んで使っていたことを示す漢方講演のブログをリンクで伝えるときに「せっかくだから」ということで3回シリーズを分かりやすくなるようにちょっと手直しさせて頂きました。


「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ
スレッド全体

2005.07.06
「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ


2005.07.08
「漢方薬局で相談を受ける婦人病について2」…不妊症の漢方の周期ごとに使い分ける漢方周期療法は、よく効く


2005.07.15
漢方薬局で相談を受ける婦人病について3…ハードルは高いが、40歳を過ぎても妊娠する可能性はある


2005年当時、今から10年前の話ですが南東北中医薬研究会で仙台に婦人科医の別府先生をおよびして不妊症における漢方薬の使い方、とくに中医学的に周期療法として特化した使い方を教えて頂いたときのまとめです。

前年の2004年夏に東京、たしかイスクラ産業本社7階で現役産婦人科医として「西洋医学的にみた不妊症概論 」として西洋医学的に不妊症を詳しく解説して頂きました。

でも別府先生は、「西洋医学よりも中医学、東洋医学の立場から漢方的に不妊症の話をしたかった」と仙台で嬉しそうに講演されていたことが印象的でした。


上記のコラムは10年前の記事ですが、いまだに古くならずに参考になる、ためになることが多いですから読者の皆様の参考になれば幸いです。(でも一番と勉強になるのは、この私で過去の自分のメモを見ては再発見したり、復習になります。(^^)/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

漢方薬局で相談を受ける婦人病について3…ハードルは高いが、40歳を過ぎても妊娠する可能性はある

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について3」

婦人科医 別府先生の仙台漢方勉強会より。

不妊症における女性の月経周期ごとに使い分ける漢方薬を勉強していきます。


わたしたち男性にはわかりにくいことですが、女性の月経周期は4つあります。


月経期、卵胞期、排卵期、黄体期 です。


季節にも春、夏、秋、冬の四季があるように、月経も四つの期間があり、季節に応じて食べ物や着る洋服が変わるように、月経周期ごとに漢方薬を使い分けて不妊体質を改善していく方法になります。


さて


今回も「漢方薬局で相談を受ける婦人病について2」と同じように、私のメモ帳からのランダム形式です。

つまりココログを通しての、自分のための清書です。

(意味不明のところは、ごめんなさい。
今回は用意されているプリントは無かったので、
自分が勉強していて大事だと思うところだけをメモしています)



漢方薬の不妊症へ、月経周期ごとに漢方薬を使い分ける周期療法のポイント


○基礎

養血調経…婦宝当帰膠


○補腎活血(ほじんかっけつ)が周期療法のポイント

補腎活血(ほじんかっけつ)が周期療法のポイント

補腎薬は、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)が代表。

活血化淤(かっけつかお)は、冠元顆粒、弓帰調血飲第一加減、田七人参、爽月宝などを各種弁証の上、漢方処方。



不妊症の100㌫に淤血(おけつ)があった。

(注:淤血のことはホームページの「淤血度チェック」に詳しいです)

淤血を解消することは大切です。



生理前のイライラをとることも大切。


麦芽を炒ったものでプロラクチン20くらいが、6に下がった。


(注:イライラとはストレスなので、漢方では肝気鬱結(かんきうっけつ)と言って、プロラクチンなどのストレスホルモンが上がりやすいので、リラックスが大切です)


カテゴリー「PMSの漢方薬」の記事

PMS(月経前緊張症)/不妊症と漢方薬

こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。

……


排卵期のときには、冠元顆粒が良い。

(注:冠元顆粒の主成分の丹参(たんじん)が排卵促進に有効です。中医学的には、理気活血(りきかっけつ)を排卵期に用いると効果的ですから、冠元顆粒の理気活血作用は好都合です)


……


生理のときには、冠元顆粒や爽月宝、弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)がよい。

爽月宝は、卵巣嚢腫や浮腫みなどにも良い。


……


いい卵ができれば、黄体が良くなる。

プラセンタ(当店ではオリヂンP)は、卵がよく育つ。


……


麦芽を炒ったもの…基礎体温が良くなる。


……


生理前のニキビは、周期療法で治ることが多い。

生理前のイライラや胸の張り、下腹部痛などのPMSの症状も周期療法が効く。


……


爽月宝…痛みに。

(注:女性の人は、内膜症や卵巣嚢腫など痛みを訴えることがありますので、「痛み」の自覚症状を軽減することは、大切な目標です)


……


妊娠してからは流産を防止する安胎法(あんたいほう)

婦宝当帰膠を中心に。

マカもよく使う。


……


ハードルは高いが、40歳を過ぎても妊娠する可能性はある。

昔は避妊など普及していないときには、45歳でも妊娠して出産している人がけっこういた。

ただし不妊治療を止めたくて、婦人科医にそのことを言ってもらうことを待っている人もいる。


……


抗精子抗体

→体外受精が良い。


抗リン脂質抗体→小児用バファリン


以上です。

3回シリーズの仙台での南東北中医薬研究会の不妊症周期療法の漢方勉強会のシリーズ終りです。


7月3日撮影の只見川

7月3日撮影の只見川です。

霧が立ち込め、やや幻想的です。


252号線から眺める只見川と只見線です。

252号線から眺める只見川と只見線です。

ここは橋の上からの撮影になりますので、近くに車を停めてから撮影しました。

(実は、プロらしき人が撮影していたので、ここがポイントとのことでマネをしてみたのです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について2」…不妊症の漢方の周期ごとに使い分ける漢方周期療法は、よく効く

「漢方薬局でで相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ─の2回目です。


私のメモ帳から、復習をかねてランダム形式で書き写します。

(私のメモ帳の清書ですから、今回は分かりにくいかもしれませんので意味不明のとこなどはごめんなさい。)


……


「婦人科医の別府先生の不妊症への漢方薬の使い方の講演で私が勉強したこと」


LHサージ

36時間後に排卵する。

HCGをしてから1日半で排卵。

精子は3~4日生きている。

注射をした日に性交渉をする。

HCGは妊娠していますよというサイン。



65日前から(3周期前)から卵胞が育ってきている。

生理の5日前から本格的に育ち始める。

卵胞が無い場合には、FSHも無効。

もっと前から治療する必要がある。



子宮頚管粘液はフタ。

雑菌が入らないようにする。

排卵が近づくと、おりもの(子宮頚管粘液)がのびる。

↑エストロゲンの力

精子が通りやすくなる。

排卵期以外は、子宮頚管粘液のフタで精子が通らない。



精子は4日まで元気だから妊娠できる。

卵子は24時間以内。

排卵2~3日前から、排卵翌日までに妊娠可能。



婦人は胃の調整が重要。

不妊症の漢方の周期ごとに使い分ける漢方周期療法は、よく効く。

基礎体温の上がりが悪い。

黄体ホルモンが少ない。



特別な人は高温期が16~17日間の人もいる。

高温期は36・7度ほしい。

36・7度を下回らないといい。

基礎体温は、36・7度がポイント。



卵胞はきちんと時間をかけて成熟したほうが良い。

早すぎること(卵胞の成熟が)は良くない。



基礎体温のガタガタ→高プロラクチン→肝欝気滞(かんうつきたい)

プロラクチンは、抗ストレスホルモン。

ストレスがかかると数値が上がる。



無排卵→基礎体温は一層性。

理気活血(りきかっけつ)+補腎養血(ほじんようけつ)が効果的。

自力で排卵できるようになってきて、毎月とはいわないが2~3ヶ月間に1回の排卵に成功したことがある。
(注釈:漢方薬の周期療法だけで)



生理が5日間。

生理が3日間より多ければ、4日目から卵胞期と考えても良い。



高温期は補腎薬の補陽(ほよう)の漢方薬が良い。

不妊の人は腎虚(じんきょ)が多い。

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は素晴らしい。


仙台での別府先生の不妊症における漢方講演会の模様です



「周期─体質弁証法」

従来の漢方弁証では、40~50㌫有効。

周期療法+体質における漢方弁証は、60~70㌫有効。


不妊症の周期ごとに使い分ける漢方薬─「周期療法」だけでも良いが、一人一人の体質を加味することが大切。


(弁証(べんしょう)とは一人一人の体質を詳しくタイプ別に分けていくことです)


卵胞ホルモン…体に水をためる。

OHSSもそういうこと。
(エストロゲンが2000~3000にもなる)

中医弁証も方向性では似ている。


2回目はここで終わります。


6月にダムに沈む温泉の群馬県の「やんば」に行ったときの模様を紹介します。

八ッ場ダム工事」が完了すると、町全体がダム湖になります。

夢か幻か。。

湯井温泉では、工事が着々と進んでいました。

湯井温泉では、工事が着々と進んでいました。


川原湯温泉「聖天様の露天風呂」

川原湯温泉「聖天様の露天風呂」

初夏の緑がきれいです。

ここもダムに沈みます。


川原湯共同浴場「笹湯」からの窓越しの眺めです。

川原湯共同浴場「笹湯」からの窓越しの眺めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ

6月26日(日)に仙台で、東京医科歯科大学産婦人科の医師であり、婦人科医である講師の別府先生の特別講演「店頭で相談を受ける婦人病について」─不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ─を聞きにいきました。

通常、お医者さんは忙しいのでなかなか講演できないのですが、別府先生の忙しいスケジュールのなか、前日は当直明けのところを仙台にお越し頂いての勉強会でした。

南東北中医薬研究会といって、私たちは漢方を正しく使うために勉強している漢方薬局の会です。

宮城県、福島県、山形県の南東北の3県が仲良く切磋琢磨して頑張っています。


不妊症周期療法を講演される別府先生

不妊症の講演のスライド


別府先生の講演は以前にも東京勉強会で出席していますので、今回もとても嬉しかったです。

久しぶりの講演でしたので、楽しみにしていたと同時に、失礼ながら以前の東京での「西洋医学的にみた不妊症概論」の焼き直しではないかと推測していたのですが、良い意味で期待を裏切られて素晴らしい勉強会になりました。


別府先生は、一番と最初に私のホームページ─土屋薬局 中国漢方通信─をご覧になって、私のところにメールを送ったことがきっかけで、日本中医薬研究会でも講演したり、漢方薬局で不妊症周期療法を実践指導されるなど、ご活躍されています。

別府先生の講演会の模様は、何回かに分けて紹介したいと思います。


一番と最初に結論を申しますと、婦人科医の別府先生もおっしゃるには、「不妊症の漢方療法の周期療法は効くよ~」と力説していましたので、私もこれからももっと勉強して、土屋薬局のお客様のためにがんばろうと誓ったのでした。


ですから、当店のお客様たちも安心してください。

「土屋薬局の周期療法水準もレベルが高い」のです。(言い切ります)


西洋医学の女性のホルモンのスライド

そのような理由で、これから当店に不妊症で子宝の漢方相談していただくお客様には「できたら基礎体温表を見せてほしい」と思っている今日この頃です。


「基礎体温表でも、高温期の様子などは黄体ホルモンなどの状況など相関してますので、参考になるんですよ」と別府先生もおっしゃっていましたので、まずは不妊症の漢方薬・不妊症周期療法の基本は、基礎体温表をきれいにしていくことを目標にします。

また当然ですが、漢方ですから、全体療法になりますので、自覚症状の改善も大切です。


P6260270

P6260292

最後に、6月に万座温泉に行ったときの模様でお別れしましょう。


万座のS字型の道路

憧れの万座温泉の豊国館に宿泊して、帰路につきます。

万座は山全体の空気がすがすがしくて、「心と体の洗濯」になりました。


豊国館の露天風呂

豊国館の露天風呂です。

みんなゴロゴロ。

高原の風が駆け抜けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライシンドロームの漢方対策に | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方体験ドットコム | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 睡眠と妊活 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬