カテゴリー「日中線記念館」の記事

2013.10.03

中医不妊症お茶の間講座 「子宮筋腫の不妊症漢方」 (2)

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形は朝は小雨、そして曇りの穏やかな天候です。

まだ寒さはそれほど感じません。


さて、昨日の続きです。



<子宮筋腫の治療方法>

手術(回復術、腹腔鏡術)…1年間は妊娠しないほうがいい

子宮動脈塞栓術(UAE)…子宮内膜が薄くなることがある。漢方を服用して子宮内膜が8ミリまで回復して喜ばれたことがある

薬物、経口避妊薬、あるいはエストロゲンとプロゲステロンの分泌を強力に抑制して人工的に閉経状態にする

(6ヶ月で治療を終了するとまた生理が再開しますが、再開後に筋腫がもとの大きさ以上になります)



<漢方の治療効果と注意事項>

4センチ以下の筋腫に勧める、1~2センチぐらいの筋腫に効果が一番いいと言われる。

性腺軸を刺激する生薬や女性ホルモン類似作用がある生薬は避けて慎重に

妊娠希望の場合には、内膜型、多発子宮筋腫の場合には早めに手術を受ける


<子宮筋腫の弁証>

中医学…「ちょうか」 ちょうは淤血、かは気滞

病機…気滞血淤

弁証…気滞血淤 お腹が張って痛い、気虚血淤 出血量が多い、陽虚血淤 冷え、腹痛、腎虚血淤 不正出血、腰が痛い(流産)



<子宮筋腫によく使われる漢方>

活血化淤…ニッキが入った漢方薬(金匱要略のもの) 冷えて痛い、丹参製剤 お腹が張って痛い、水蛭製剤 体温が高い

使い方たとえば、生理中 常用量、低温期×2回、高温期さらに減らす

K2だったら、生理中常用量、低温期×2回、高温期1回

ISKだったら、生理中は5粒×3回、低温期 5粒×2回、高温期 3粒×2回


消腫化積…雲南省が名産のもの、ロシアが名産のもの

大きいものを小さくしていていく


止血固摂…雲南省が名産のもの(出血量が多い、筋腫も大きい)、夏至と冬至に採れる名方(熱がある)、エンジュの実の漢方(熱がある)


薬局の先生方のご質問から


1)爽やかな月の漢方について

痛み止め、抗酸化作用があるので筋腫に使ってもよい、温性だから冷え性の人に


2)妊娠中は筋腫が大きくなる。→陽性反応がでたら活血剤は止める、妊娠中はロシアのものを使う。お茶だったら1日1~2包、錠剤だったら2~3錠


3)オ○→筋腫は避ける、E2が高いレベルだから

オ○はE2をサポートする、高齢不妊、無月経に

E2が生理3日目30以下


4)弓帰調血飲第一加減→活血化痰、ネバネバの塊、生理中に使う


5)子宮は腎と考える。胞宮


6)美肌油→抗酸化作用、不飽和脂肪酸。

筋腫に使えるがサポートぐらい。

子宮腺筋症の人の妊娠中の活血剤の代わりに使える


7)雲南省の名産品

抗リン脂質抗体、アスピリンを使うような人に

陽性反応がでたら二分の一包を3~4回 1日2包

3~5ヶ月まで大丈夫、7ヶ月まで使う場合もある


土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


日中線記念館

<2013年9月23日 福島県喜多方市>

日中線記念館に久しぶりに訪れました。

八重の桜ののぼりがあって時代の流れを感じました。

日中線記念館

日中線記念館

夏は終わり蝉の鳴き声も虫の鳴き声も聞けずに、春の桜の名所となるときの人出もなく、沈黙と静寂の空気だけが流れていました。


日中線記念館

日中線記念館

また機会があれば立ち寄りたいです。

日中線記念館最高です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.07

日中線記念館2011春

Imgp1491110501

<2011年5月1日 福島県喜多方熱塩 日中線記念館>

今年も日中線記念館に行きました。

ほんとは冬の豪雪の時期にも撮影したかったのですが、山形が20数年ぶりの大雪で大峠を通り抜けるのが難しかったり、3月11日の震災後はガソリン不足など生活するのに必死で県外に遠出することもとんでもない状況でした。

ちょうど米沢のお客様が「日中線記念館などの桜が綺麗でした」とメールをお寄せ下さりましたので、私も居ても立ってもいられなくなり飛ぶように訪れたという訳です。

Imgp1506110501

ちょうど時期が良かったのか、いつもは閑散としている日中線記念館もカメラ片手に撮影している方もいて「おお、だんだんとブームになっている感じがする」と思いました。

一時でも賑やかになることはいいことです。

この日中線が米沢まで走り抜けていたら、どんなにロマンチックだったでしょう。

Imgp1509110501

Imgp1523110501

またいつの機会になるか分かりませんが、ここ日中線記念館を定点観測していって記録していきたいです。

みなさまは、どのような春、初夏を過ごされていらっしゃいますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.30

日中線記念館・2010年冬・雪小法師祭り後編

日中線記念館・2010年冬・雪小法師祭り」の後編です。

忙しさにかまけて、アップしていなければ、もうすぐ4月ですから雪景色も似合わなくなってきますから。


Imgp8537

<2010年2月14日 福島県喜多方市「日中線記念館」>

ここは喜多方の北部、ほぼ県境のところです。

日中線記念館です。

熱塩温泉のそばにあります。

Imgp8540

こうした雪景色の季節は、とても美しくて
雪国に生まれて良かったなあと思います。

私の周りにも「雪大好き人間」はけっこう存在するようです。

Imgp8541

かまくらが風景に入ると、「ああ、豪雪地帯に来たんだなあ」とグッと身も心も引き締まります。

Imgp8547

Imgp8556

今度は、春や夏、秋など違う季節の日中線記念館を味わってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.26

日中線記念館・2010年冬・雪小法師祭り

Imgp8512

<2010年2月14日 福島県喜多方市「日中線記念館」>

久しぶりに日中線記念館を訪れました。

その記録を載せたいと思います。

残雪が残るここは会津喜多方日中線記念館です。

Imgp8515

やはり雪景色は美しいです。

白銀がすべてのこの世の闇を覆うようです。

Imgp8524

Imgp8527

ちょうどこの時期、雪小法師祭りが開催されているようでした。

小法師とは「起き上がり小法師」のことです。

会津地方の古くある縁起物で、七転び八起を意味します。


この後、「あずまさ」に行ってきて蕎麦を食べてきましたが、お土産コーナーで小法師を購入してきて、部屋に飾ってあります。

眺めていると、「転んだら這い上がって、また復活して頑張ればいいんだ!」とインスピレーションをもらい、励ましを受けています。

Imgp8528

Imgp8532_2

ここは日中線・熱塩駅です。

きれいに管理・保存されていて見るものの目を楽しませてくれます。

このシーンとした感じが好きです。


Imgp8533_2

Imgp8536

なんとも言えない光景で、ミニ雪子法師が可愛いですね。

また次の機会に続編を紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.19

八重桜の日中線記念館

Imgp6850090506

<2009年5月6日撮影 日中線記念館>

八重桜咲く日中線記念館です。

無明舎の「とうほく廃線紀行」という本で、ここ日中線記念館を好きになって、
それ以来足繁く通っています。

たしか日中線記念館は、米沢に在住のライターの伊藤さんが
執筆を担当していたと思いますが、流れるような文章とともに、
写真がとても素敵でした。

ちょうどこのホームの左端の桜の木。

八重桜が咲いている写真でした。

毎年、日中線記念館の八重桜が見たいな~と夢見ていましたが、
やっと今年に念願が叶いました。

Imgp6857090506

Imgp6860090506

Imgp6865090506

ラッセル車キ100の車内が開放されていましたので、
初めて中に入ってみました。

Imgp6874090506

Imgp6875090506

Imgp6876090506

やっぱりここはロマンチックな甘美なメロディが似合いますね。

ブルックナーの交響曲第四番「ロマンチック」もいいかもしれません。

シューベルトもやっぱり捨てがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.27

日中線記念館・2009

全国の廃線ファン、そして会津ファン、鉄道ファンのみなさま、こんにちは。

日中線記念館に久しぶりに訪れましたので、記録したいと思います。


Imgp5931090215

<2009年2月15日撮影 会津喜多方日中線記念館>

先週の撮影なのですが、この時は暖冬で雪もあまり見ることがなく
このまま今シーズンが終わるのかと思っていましたから、
正直日中線記念館に残雪があったのは、ラッキーと思ってしまいました。

凍りつくシグナルではなく、春を待つシグナルといった風情です。

Imgp5932090215

ちょうど連休の頃に、桜の木が咲きます。

三春の滝桜よりも、正直、日中線記念館の桜のほうが上だと思います。


「世の人の見付ぬ花や軒の栗」


松尾芭蕉翁が、奥の細道で須賀川での句ですが、
ひっそりとした感じ、鄙びた感じのほうが私にグッときます。

あまり1本の桜の木を観光名所にしようとするのは、
好きではありません。

Imgp5942090215

残雪の中に静かに佇むその姿は素敵です。

Imgp5954090215


今回、気まぐれで初めて車内に入ってみました。

走っていた当時のことは知らないのですが、
私の世代でいうと銀河鉄道999に乗り込んだ鉄郎になった気分でした。(笑)


Imgp5962090215

多くの人を運んで、喜びや悲しみなどもあったんだろうなあと思いました。

この汽車で花嫁に行った人もいるそうです。


Imgp5975090215

Imgp5979090215

それにしましても、シューベルトの交響曲グレイトの似合う風景です。

この場に居たときも、こうしてブログでコラムを作成しているときも、
甘美な明るい森の中を楽しげに歩くリズムが私の頭の中に流れています。

日中線記念館・2009の巻でした。

また機会がありましたら、違うシーズンに訪れてみたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.22

花咲く日中線記念館

Imgp3092080420

<2008年4月20日撮影 「花咲く日中線記念館」 福島県喜多方市>

今年初めての日中線記念館です。

おりしも桜が咲いている季節。

今年はここ日中線記念館も、例年よりも桜の開花が1週間程度早いようです。

道中、米沢の桜も綺麗で、私の目を楽しませてくれました。


桜の季節になると、若木山公園の桜と日中線記念館の桜が気になり、
気もそぞろになってきます。

Imgp3102080420

やはり桜の季節はいいですよね。

飯豊山を背景に空も青く澄んでいます。

Imgp3103080420

Imgp3112080420

今度、機会がありましたらプラットフォームの八重桜も撮影してみたいのです。

こちらの桜の開花よりも、7~10日間くらい
遅れて咲くそうで、なかなかタイミングが合いません。

桜の花びらは風とともに散っていきますから、
そのはかなさが切なくて、せっせと今を収めようとシャッターを切るのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.16

秋の日中線記念館

Imgp0502071016

<2007年10月14日撮影 日中線記念館>


秋の日中線記念館です。

福島県喜多方北部の熱塩温泉の傍(そば)にあります。

桜の季節も良し、紫陽花の季節も良し、
夏の季節も良し、冬の雪降る季節もロマンチックなのですが、
秋の季節はどうなのでしょうか。


10月の喜多方の秋空は青く、「天高く馬肥ゆる秋」にふさわしいです。

花も咲いていないし、稲刈りは終わっていますので、
パッとした風景が無いような感じですが、青空が印象的な一日でした。

静まり返る空間に、壊れたシグナルもいつも以上に印象的です。

Imgp0510071014

Imgp0516071016

Imgp0520071016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.20

紫陽花の日中線記念館 2007年

Imgp8079070701

<2007年7月8日撮影 日中線記念館>


紫陽花の咲く季節は、福島県は喜多方地方の北部にある
日中線記念館の紫陽花が気になります。

私だけの「名所」ですが、数年前に偶然に訪れたときに、
紫陽花がきれいに咲いていたので、
すっかり病みつきになり、紫陽花が咲くこの季節は、
そわそわとしてしまう訳です。


Imgp8021070701

前回、ここを訪れたときには、桜が満開で、
風に揺れながら、チラチラと春のお別れを告げていたのですが、
今日はすっかりと緑の葉桜でお迎えです。

私が悲しいときも、嬉しいときも、
すべての感情を包み込んでくれるように、
変わらない場所が「日中線記念館」です。


Imgp8053070701

ここ喜多方地方の緑に覆われる季節も好きで、
何とも言えない感じです。


Imgp8056070701

Imgp8060070701

もう少し、喜多方の町中に入れば、そこは「紫陽花と白い蔵」の
それはそれは実に美しい景色が待っています。

「蔵の町 喜多方」ですが、冬の雪降る景色も素晴らしいですが、
紫陽花の季節もなかなかだと告げておきましょう。


Imgp8084070701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.26

高プロラクチン血症と左卵巣の多嚢胞性卵巣/漢方始めて半年で自然妊娠!

掲載許可を頂きましたので、コラム作成します。

どうもありがとうございます。



Mさまは、36歳です。


肩こりとイライラが強いです。

生理前になると、とくにイライラと怒りっぽくもなってしまい、生理が始まると楽になります。


昨年の3月に高プロラクチン血症と左の多嚢胞性卵巣と診断されました。

他の検査は気持ちがついていかず、まだしていないそうです。


相談としては、肩こりやイライラなども含めて、高プロラクチン血症と左卵巣の多嚢胞性卵巣を改善したいとのことでした。


初回の相談は、平成18年12月4日からです。

2種類の漢方をお勧めしました。


養血調経(ようけつちょうけい)と疏肝理気(そかんりき)をメインにしました。

○1月4日


不妊症の子宝漢方を服用して1ヶ月経ちます。

先日、10ヶ月ぶりに不妊専門クリニックに行って排卵の状態を見て頂きました。


卵は大きくなっているが、排卵させるホルモンが出ていない(尿検査)とのことで、排卵誘発剤を注射して頂き、高プロラクチンの対処のために、カバサール(週に1錠 4週間)も処方してもらいました。

何だか沈没気味になりました。

でも、めげずにがんばっていきたいと思います。

土屋薬局さん、今年もどうぞよろしくお願いします。



○2月3日 高プロラクチン血症と左卵巣の多嚢胞性卵巣の漢方相談日


週末に不妊フォーラムに参加する予定です。

治療法も興味あるのですが、メンタル面へのお話が聞きたくて。


厚生大臣の問題発言には本当に怒っています!!


ああいう方が大臣であって、政治を担っておられる限り、私達は救われませんね。(T_T)

だから、少子化なんでしょうね。

(愚痴ってすみません)

豆まきして、いやな気持ちを追い払ってみますね。

それでは、よろしくお願いします。



○3月4日 高プロラクチン血症と左卵巣の多嚢胞性卵巣の漢方相談日


調子のほうは、いいようです。

先月は尿検査の結果、排卵誘発剤をうたなくても大丈夫と言われました。

後日エコー検査で、きちんと排卵していると言われました。(感激!!)

一歩一歩とあせらずにがんばっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。 



○4月3日 高プロラクチン血症と左卵巣の多嚢胞性卵巣の漢方相談日


今年の桜は去年とは違って見えるんです。

なんだか、『これからがんばるぞー』とか言う気持ちになって、桜が応援してくれているように思えるんです。

何故かと言うと、

高プロラクチン血症の私は先日1年ぶりに、プロラクチン値の検査をしました。

結果は、「正常化しています。LHもきちんと出ています。」と、うれしい結果でした。

これも、漢方薬と炒麦芽の効果なんだ~と、うれしくなりました。

一歩一歩ですが、ゆっくりと治療を続けていきたいと思います。

土屋薬局さん、これからもどうぞよろしくお願いしますね。



○5月2日 高プロラクチン血症と左卵巣の多嚢胞性卵巣の漢方相談日


土屋薬局さん、不妊カウンセラー合格おめでとうございます。

不妊症の私にとっては、とっても心強いです。

本業のかたわらの勉強はさぞ大変でしたでしょう。

そのパワーもいただいた気がします。

私のほうは最近はさぼりぎみ。

基礎体温も病院受診もお灸も・・・。

本当に子供が授かるのかという出口の見えない不安に負けちゃってます。

ごめんなさい愚痴ってしまいました。

でも、漢方はまじめに飲んでいますよ(^ ^)


いつかはきっとを信じて、ぼちぼちでした。


暖かくなったので、もっと自然に触れてみます。

癒してもらいます。


土屋さんが撮ったお写真(桜)はPCの壁紙にさせていただいてます。

何かとお世話になっていますね。

本当にありがとうございます。

それではお体にお気をつけて。

失礼します。 



2月3日、3月4日、4月3日、5月2日と高プロラクチン血症と左卵巣の多嚢胞性卵巣の漢方薬を根気よくお続けになりました。


そして6月4日に以下のようなお便りを頂きました。



○6月4日


土屋薬局さんこんにちは。

去年の12月からお世話になっている○○です。


連絡が遅くなりましたが、うれしい報告です。

この度めでたく妊娠しました。

明日から妊娠3ヶ月(8週)に入ります。

本当は5月の末には妊娠反応が陽性だったのですが、まだ妊娠初期で胎嚢が確認されないとのことで、結果待ちでした。


先日ようやく胎嚢と心拍が確認できましたのでご連絡と思いメールいたしました。


今回の妊娠はタイミング法での妊娠でしたが、なかなか妊娠しないので、次のステップを考えていた矢先でした。


土屋薬局さんにお世話になってからまだ半年たっただけだったのにこんなにも早く妊娠できるとは思ってもいませんでした。

本当にありがとうございました。


早速、Mさんには可愛い「犬のお守り」もお渡しさせて頂きました。


「プレゼントありがとうございました。
とってもかわいい犬のマスコット。いい匂い!
つわりでつらい私には何よりの癒しとなりました。」


ということで、私たちスタッフ一同もとても嬉しく思っています。

良かった、良かったです。

私からMさまにお贈りする写真は、今年の4月30日に撮影した福島県会津地方にある「日中線記念館」の満開の桜です。


来年の桜も、今から楽しみですね。


日中線記念館の満開の桜

<2007年4月30日 日中線記念館>


日中線記念館の満開の桜

そろそろ桜も散り気味で、辺りは優艶な雰囲気に包まれています。


日本の桜の名所の上位に入ると思います。


嬉しいことに、数組の小さい子連れの親子たちも、桜を見学に遊びに来ていまして、私まで嬉しくなってしまいました。

また来年も見たい、と思わせる日中線記念館の桜です。


日中線記念館の満開の桜

日中線記念館の満開の桜

Mさま、どうもおめでとうございました。

末永くお幸せに過ごしてください。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬