カテゴリー「卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬」の記事

2017.07.15

卵巣機能低下、卵巣機能不全、早発閉経のFSH高いとのきの子宝漢方相談








こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


7月15日土曜日の漢方相談会、漢方相談が早く終わったので(また予約が入っていますが)、この時間を利用してココログを更新。


過去の自分の記事から引用させて頂きますが、いろいろと参考になる文章で自分自身、今後の漢方相談、とくに早発閉経や卵巣機能低下、卵巣機能不全のお客さまへの対応法を改めて再確認、再認識したところです。



2010.01.12
FSH103。卵巣機能低下(不全)でFSH44から不妊子宝漢方で胚盤胞。妊娠出産!

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

成人式は、スカイブルーの晴れでお祝いをした翌日は曇りの山形です。

さて、今回のメールマガジンより転載させて頂きます。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「お客様と当店の「虹の架け橋」」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Sさまより掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。

○2008年5月20日


Sさま 35歳  

卵巣機能が悪い、卵巣機能不全、卵巣機能低下です。

FSHがひどいとき103です。

今はカウフマンで一時的に28まで下がりました。

3~4年前からFSHが高くなっています。

思い当たるとしたらストレスが多かったです。


レディースクリニックに通院しています。


3月19日~4月2日 プラノバール

4月8日~4月17日 プレマリン

4月17日~4月28日 プラノバール

5月6日~14日 セロフェン


冷え性です。

片頭痛、肩こり、首が凝る。


初潮12歳 月経期間平均で23~33日

長い周期 65日

月経期間 5~7日

生理不順です。

生理痛はありません。


2005年3月 子宮筋腫核手術


2007年2月~8月 漢方薬服用 当帰芍薬散

2007年9月 10月       温経湯
2007年11月~12月      当帰芍薬散
2008年1月~3月中旬     当帰芍薬散+加味 遥散
2008年3月中旬~5月     当帰芍薬散


このHPを拝見しましてFSHが高い方が改善が見られたとのことで
私もFSHの数値が少しでも下がってくれれば卵巣機能が改善し、
いい卵ができたらと思いまして土屋薬局さんに是非お願いできたら嬉しいです。

現在飲んでいる当帰芍薬散を飲んでも卵巣機能改善があまり見られないため、
漢方薬を思い切って変えてみたらどうかと思いまして
どうか助けて下さい。宜しくお願いいたします。


2005年3月 子宮筋腫核手術

2005年8月 FSH20・29 LH 9.12 E2 47

2006年6月 FSH 51 LH 10・11 E2 60

プラノバール後 

2006年7月 FSH 8・45 LH 24・82 E2 65

2006年9月 プラノバール後

2006年10月 FS 11・52 LH3・91 E2 34・56


2007年7月 FS 22・58 LH 4・56 E2 37・99


2007年 9月 体外受精 採卵(右側 変性卵) 1個

10月 体外受精 採卵(右側 未熟卵1個、小さくて駄目に1個)

11月 体外受精 採卵(左側 成熟卵1個→移植 グレード2)


2007年12月 FSH103

プレマリン+デュファストン服用


2008年1月 FSH17

残留卵胞(遺残卵胞)あり


プラノバール後 

2008年 1月下旬 FSH 45  E2 69

2008年 2月 FSH 64 E2 51

3月19日~4月2日 プラノバール

4月8日~4月17日 プレマリン

4月17日~4月28日 プラノバール


2008年5月6日 FSH 28 E2 67

5月16日 体外受精 採卵(右側 成熟卵1個)→多精子受精


との漢方相談でした。


当店からは、養血調経、補腎益精、丹参製剤、活血製剤、補気健脾と
5種類の漢方をお勧めしました。


その後、ストレス軽減や不眠気味、夢が多いなどの体質改善に、
その時々で漢方を変更していきました。



2008年10月18日


土屋先生
こんにちは
いつもお世話になっておりますm(__)m

本日レディスクリニックへ行ってきまして
E2 344 と順調に伸びていまして 卵胞の大きさは
右側 一つ 15,5ミリ
左側 一つ 小さな卵胞があり
右側の卵胞 明後日の午前中に採卵することになりました。
ちなみに今日が周期14日目で採卵日の日が周期16日目となります。
漢方薬を飲んでいるおかげで毎回卵胞が育ち排卵しています。
土屋薬局さんの漢方を飲む前は無排卵という月が多かっただけに漢方薬が効いているようです。
今回は体外受精周期なので目に見えて卵胞を確認できますが
一様一つでも大きく育っているようでまずは安心いたしました。



2008年10月27日


初めて胚盤胞まで行きました。

凍結できました。

夢見ていたことでしたので、とても嬉しいです。

漢方を服用していたら排卵できるようになったと
嬉しい言葉を頂戴いたしました。


2008年11月10日

FSH15 E250

今周期に移植することになりました。

来週の20日には戻す予定です。


胚盤胞Aランク  グレード3 妊娠率70%


子宮内膜を厚くして、妊娠率を上げる漢方を紹介しました。


安胎法


2008年11月19日

受精卵を戻す準備をしています。

10日目で卵胞5ミリで発育が遅いので経過観察をしています。

スプレキュアを使って排卵させて、凍結融解胚を戻していきます。


2008年11月25日

明後日、戻す予定です。

P4が2・8なので、黄体ホルモン製剤を膣剤で入れています。


安胎法



2008年11月27日


P4が13だった。

移植後はデュファストンと膣剤を入れています。

121時間で胚盤胞になりました。

子宮内膜が8ミリ、P413。胚はAランクでした。

12月4日判定日でした。


2008年12月4日 

陽性反応!

HCG103→HCG100超えれば大丈夫。


今回は、FSH44だったが胚盤胞までいった。

漢方飲んでからメキメキ良かったです。


2008年12月14日

昨日、胎嚢が確認できました。

5.7ミリで正常な大きさでした。

漢方を服用してから調子がすごく良かった。

主人も喜んでいます。

漢方を服用していると安心です。


2008年12月28日


先生本当に本当にありがとうございましたm(__)m
ここまで 来れたのも土屋薬局の漢方薬と土屋先生の的確な薬剤師さんとしての
アドバイスによってここまで来ることが出来ましたm(__)m
本当に本当にあの時 土屋先生に出会えて良かったです。
漢方薬の効き目ってすごいですね!!
土屋薬局さんの漢方薬を飲んでからメキメキと変わって行ったような気がします。
まだまだ不安な毎日が続きますが 今後ともご指導のほど宜しくお願いしますm(__)m
先生~入院中の時は漢方薬飲んでないのですが 退院してまた復活すれば大丈夫ですよね~?
また来年も宜しくお願いしますm(__)m
先生にとって 来年も良い年でありますように・・・良いお年を・・・\^o^/

2009年7月29日


こんばんは〓夜分遅くにすみません〓
お返事が かなり遅くなりまして申し訳ありません〓〓

お祝いメール〓とお祝いのアルバムを有り難うございました〓
とっても嬉しかったです〓〓
早速 退院しましたらアルバムに赤ちゃん〓の写真を飾りたいと思います〓

毎日 物凄く時間に追われる忙しさで 寝れずに悪戦苦闘しています〓〓〓
毎日母乳をあげているのですが赤ちゃん〓がすぐに寝てしまう為飲みが
1時間から2時間の授乳時間を一回につき取られ母乳は消化が早いものですから
1時間たつともう お腹空いて 授乳やおむつかえや搾乳など入れると ほとんど寝てなく
睡眠が少しでも時間があると30分でも横になってます〓

そんな毎日ですが赤ちゃん〓が横にいるだけで 有り難く 嬉しく
夢のような毎日を過ごしています〓〓〓

赤ちゃん〓の顔をみるたび 私達のもとに生まれて来てくれてありがとう
〓という気持ちでいっぱいです〓
こんな幸せの毎日を送れるのは 土屋薬局さまのおかげです〓〓
初診で FSHが 103もあるのに 土屋先生は 漢方の力で大丈夫 一緒に頑張りましょう
良くなりますからねと声をかけて頂き先生の漢方調合アドレスの結果
・半年間いろいろな種類の漢方を飲んで 見事 半年後妊娠し 今こうして我が子を抱けています〓
本当にありがとうございました〓〓
赤ちゃん〓の髪の毛もフサフサで毛の量も多いです〓

ココログの件 大丈夫ですよ〓皆さんの少しでもお役に立つなら嬉しいです〓〓
赤ちゃん〓の写真また送りますね〓



ちなみに先日に仙台市での南東北中医薬研究会で講師の先生に、この私の過去の漢方体験を述べたら「奇跡ね」とのことでした。


「奇跡」に終わらずに「助けてください」という真摯なお客さまには、きちんと向き合って真剣に漢方相談、今後ともしていきたいです。

若木山からの神町の眺め

<2017年7月13日> 若木山からの神町の眺め


月山、葉山は雲隠れ

月山、葉山は雲隠れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.22

卵巣機能低下、早発閉経の不妊への漢方対応

2017年6月6日に中医不妊症お茶の間講座 不妊IP講座 薔薇組を受講しました。

定期的に薬局の勤務が終わった午後8時から午後10時まで中医薬研究会の有志の先生方と中医不妊症を学び、中医学講師の先生たちをテューターとして基礎から応用まで学んでいます。


わたし土屋幸太郎が勉強した内容を記録していきます。


症例1


「30代女性 検査値がFSHが100を越える。

E2 25以下、AMH0・1未満

低用量ピル使用歴3年 無月経歴3年

精神安定剤を服用しています。」


「ダイエットをして体重がものすごく痩せたことがある。

冷え性、イライラ、不眠不安。

食事が少ない。

眠りが浅く、夢が多い。

プレマリンなどで生理を起こしています」


中医学講師の劉先生より


FSHは8以下が正常。

100を超えると閉経女性の数字。

E2が25以下なので、まだ可能性があるかも?

FSHが下がる可能性があるかも?


過去の喫煙歴はPOF(早発閉経)の原因になる。

喫煙歴の長さ、1日の本数


精神安定剤はプロラクチンが上昇しやすい


POF(早発閉経)の中医学的な漢方対応


補腎活血(ほじんかっけつ)+疏肝解欝(そかんげうつ)


補腎活血が基本になる。


疏肝解欝は、疏肝解欝健脾として。


ストレスが卵巣機能低下につながる。

自己免疫のような卵巣を攻撃するかも。

1つの仮説。


POF(早発閉経)とは  1)FSHの上昇 2)生理不順  43歳以下


FSHを下げるのは困難、FSHが上がることを遅延させること

FSHが10,20くらいの人は上がらないようにしていく。


山東省の先日も講演いただいた先生は 「2017.04.28 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方(2)」FSHは1回計測すれば何度も測ることはないそうです。

FSHを何回も測ると

1)ストレス

2)測ってもあまり意味がない


FSHが60でも90でも差はない。


FSHが高い卵巣機能低下、卵巣機能不全、早発閉経の場合の漢方対応は


補腎・活血  疏肝・健脾


とくに基礎体温表が不安定な場合には疏肝健脾も


消化吸収を良くしていく


ポイントは


1)時間がかかる→若い年齢の早発閉経、卵巣機能低下の場合にはひょっとしたら変化するかも

3ヶ月を1クール。

変化がなかったら早発閉経、卵巣機能低下の漢方処方を考える。


2)漢方処方を状況により調整すること

3)おりものの観察(来店されてからおりもの、のびおりが増えたかどうかチェック)

4)土壌、種、肥料、環境


土壌は活血する、種はいいものを選別する、肥料は補腎活血で。


山東省の不妊症の先生のところでは、FSH178で自然妊娠した方がいる。


何例もそのような症例を持っている。


POF(早発閉経) 種が減っていく、種(卵子)が劣化していく。

いいものが少なくなっていく。


基礎体温表はかなり不安定


POF(早発閉経)の患者さん2つのタイプ


1)ガタガタ不安定

2)安定している


このうち1)のほうが変化しやすい

補腎活血でおりものが増えて↑ 卵がでてくるかも


POF(早発閉経)で基礎体温表が安定している場合はなかなか変わらない。


POF(早発閉経)でも同じ漢方処方はない。

処方を変更していく。


1人1人体質が違う。

体に合う漢方を選ぶ。

効果がないときには再度、漢方薬の処方をかえる。


活血は今回の処方の破血薬よりも丹参製剤の漢方薬がいいでしょうね。

妊娠維持にも丹参製剤がよい。


丹参は 1)血流改善作用 2)子宮内膜改善作用に優れている。


基礎体温表が高かったら水蛭製剤もよい。


おりものの観察が大事→あったら必ず病院にいって超音波でみてもらう。


おりものはE2が増えてきている。

(E2は卵胞の顆粒膜細胞からでる)


おりものが増えた場合には卵胞は13ミリ以上はあると思う。


補腎陰 三分のニ  +  補腎陽  三分の一


動かす(おりもの増えたら)


五子衍宗丸を基本とした種、卵子、精子によい漢方薬もよい。


種(精子、卵子)には補腎精


満州の秘宝のハシマとか紫色のソフトカプセルとか。


おりものが増えたらクコの実と菊の花が配合された漢方薬を増やしたり


亀ちゃん漢方を増やしたり


月山の夕焼け

<2017年6月20日 月山の夕焼け>

月山の夕焼け

ご覧ください。

月山の向こう側の日本海側へお日様が沈んでいきます。

今日という1日にさようならを。

みなさま、どうぞ明日もよい1日で!

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!

5月のニュースレター 創業祭のご案内と東京での中医不妊症研修について!


こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今月号は土屋薬局創業78周年 「創業祭」特集号です。


私は土屋薬局 三代目、創業100周年をぜひ盛大にお祝いできるように、末永く地域に根差した薬局業を続けていきたいです。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。


スタッフ一同これからもひとりひとりのお客さまとの会話を大事にしながら笑顔があふれる気軽に会話できる医療機関を目指したいです。

何かお気づきのこと、至らないことなどございましたら、改善していきたいですので遠慮なくご指摘ください。

さて、先日4月16日、17日の日月を利用して東京で中医不妊症お茶の間講座グループミーティングに参加してきました。

テーマは全国各地の漢方薬局の先生方の店頭実践の「高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方」でした。

高齢化社会で100歳まで生きる時代になりましたが、女性のからだ、男性のからだも含めて生殖には「年齢の壁」があります。

晩婚化や女性の社会進出、キャリア優先などにより妊活が遅れるケースがあります。


高齢不妊症での症例は全員が40代でした。


ある薬局の資料によりますと過去3年間に40歳以上で来店されたのは約285名。


しかしながら挙児希望の願いが果せず治療を中止していかれる方も多くみられ、妊娠されたのは約半数の123名(43%)。


自然妊娠されたのは40~43歳まで、43歳を過ぎるとART(体外受精)との漢方併用が多くみられるそうです。


現代の中国での産婦人科の体外受精、日本でも社会問題になっているのは「高齢不妊、卵巣機能低下、早発閉経」です。

それに対応する「応え」「答え」としての中医学、中国漢方での実践を2日間に渡り学んできました。


今回のニュースレターにあるイスクラ逍遙丸はストレス対策、春の憂鬱、イライラ、妊活中のストレス対策に。(希望と落胆がジェットコースターのように繰り返されるから)

星火亀鹿仙は高齢不妊症や卵巣機能低下、AMHが低い、FSHが高いなどに1つの有望な亀類加工食品です。

亀板とスッポンの甲羅と鹿茸や西洋人参が配合されて、老化対策に有効な「一手」です。


土屋薬局では月経周期(28日よりも早い、遅い)や今までの治療歴(子宮内膜症、多嚢胞性卵巣症候群など)やお客さまの年齢、体型、お肌、胃腸の状態など総合的に加味して最適な漢方相談をお勧めしています。

埼玉県からご家族で来店されたお客さま、めでたく自然妊娠されて過去3回の流産も乗り越えて間もなく45歳で出産だそうです。

ご主人の大学の後輩が東根市役所にいる縁でわざわざ関東から東根に来店されてそして良い結果に繋がりました。

今後とも「ご縁」など大切にして創業祭を頑張っていきたいです。


「2016.07.28 埼玉県から漢方相談にご来店頂きまして狭山茶もお土産頂きました。

こちらのお客さまのことです!おめでとうございます。



土屋薬局 中国漢方通信の「高齢不妊と漢方、妊娠、出産について」「不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
こちらも参考になりましたら、幸いです。


長井市の老舗

<2017年5月9日 長井市あら町 土屋薬局もこのような老舗企業を目指したいです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日も雪降で昨年と違って冬らしい風景になっている山形です。

もう今日で12月15日、あと2週間で年の瀬ですから早いものですね。


さてだいぶ時間が経過しましたが11月22日に行われた中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回の講義をまとめてみたいです。


今回は2つの中医不妊症の漢方検討会でした。

症例1)


主訴:早発閉経、採卵できない 30代の主婦の方


生理不順、初潮から年に1~2回程度。

ピルで生理を起こしている。

<体外受精(ART)の治療>


「ジュリナでFSHが下がれば採卵できるかも」と婦人科の先生


ジュリナを服用しつつセロフェンの隔日投与


しかし反応がない状態でFSHが上昇してしまいプレマリン、ノアルテンでリセット


セロフェン3~4日に1錠、エストラーナテープ2日に1回2枚貼ります。

+ジュリナ6錠プラス


LHが高いのでアンタゴニストを注射


卵胞みえずリセット


セロフェンは4日に1錠ペースにするとFSHは上昇しませんでした。


小さい卵胞がみえましたが、途中で卵胞がみえなくなった。


ピルでFSHが下がるが、ピルを中止するとFSHが上がります。


今後、IVA(原始卵胞体外活性化法)ができる不妊クリニックへ転院しようかどうか迷っています。


IVAとは体外活性化( In vitro activation)のこと。

体外に取り出した卵巣組織にある操作を加え、卵巣内にある卵子(発育開始前の原始卵胞)を体外で成長開始させ自身の体内に戻す新技術、1978年の体外受精、1990年台代の顕微授精に次ぐ不妊治療の革命と期待される治療法です。



この場をまとめるテューターの康先生から、(私の師匠の中医師の先生の1人。年齢を重ねる度に若返ってくるというリアル中医学なレジェンドです)。


検査値について→E2は60くらい、FSHは1桁代、LHはFSHより低いことが望ましい。


排卵誘発の失敗したときにはアンタゴニストで抑える。


E2が200以上になると卵胞1個はふつうはあるが、卵胞がみえないときには失敗。

甲状腺の数値に関して TSH 不妊症でなければよいが、不妊のときには2・5以下が望ましい。

甲状腺機能低下症

一緒に討論会に参加した漢方薬局の先生方は北から南へ多数いらっしゃいましたが、いろいろと漢方アドバイスがありました。

1人の先生は「もっと胃腸のちからを考慮してみたらいかがですか?」という意見もあって、私もなるほど。と思いました。


引き続き担当の薬剤師の先生のところで漢方相談していきます。



症例検討その2) 30代 第二子希望


BMIが18・6

標準体重の86%


BMIは 90%以上はあったほうが望ましい。

体づくりも大切。


多発性子宮内膜ポリープ

→エイジングにより子宮の環境が悪くなりやすい。

子宮の老化、血行不良、子宮筋腫も増える。


月経周期 28~35日 →排卵に関係がある。


黄体機能不全→卵の力がない、排卵にも影響する。

基礎体温の低温期が高い→卵巣機能低下→高温期低い


生理周期が遅れる場合には、気血不足、腎陽不足


※夫婦関係を良くしてタイミングを増やすこと


土屋の意見→病院でクロミフェン、デュファストン、ゴナールエフ(HMG注射)など不妊治療をされていますので、もっと気楽に病院の治療に伴奏を奏でる程度の漢方の併用でもいいかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.05

低AMH。体外受精で漢方取り入れて胚盤胞凍結後、移植、妊娠、出産!

おはようございます、土屋薬局です。


わたし、薬剤師、不妊カウンセラーの今週の勤務は火曜日と木曜日の6日と8日は公休扱いになっています。

それ以外の、本日の5日(月)、7日(水)、9~10日(金土)は勤務していますのでよろしくお願い致します。


12月11日は第二日曜日で土屋薬局は定休日となります。


今回のニュースレターでは「風邪の漢方特集」 そして日水製薬さんのコンクレバンの紹介にお客さまの反応がありました。


「風邪の漢方特集」では潤肺糖漿(じゅんはいとうしょう)という喉の痛みや咳に効き目のあるもの、コンクレバンは肝臓加水分解物の医薬品で2つともなかなか優れものです。

さて、先週にお客さまからの嬉しいメールが届いていました。

掲載許可も頂戴しました。


happy01


不妊で苦しかった人生でしたがおかげ様で育児に奮闘出来そうです(^^)


「先日は素敵なお祝いの品をありがとうございました。


体外受精の準備段階の際に土屋薬局さんにお世話になった◯◯◯です。


低AMHでロング法ながら3つしか採卵出来なかったですが、全て良質の胚盤胞にそだち凍結。


貯卵のため、1周期あけて再び採卵。


(この際、いろんなパターンを試すため、漢方は飲まず)


しかし、漢方を飲まなかったときは一つしか、胚盤胞にならず。


それを新鮮胚で戻すが初期流産。


その後.2周期あけて漢方服用の際とれた凍結卵を移植し、妊娠、出産。


半年後、自然妊娠。


11/5年子の第3子を出産しました。


思えば、低AMHの為、もともといる1人の子を大事に育てよう!諦めるために、自分たちの経済力の中でできる限りをしよう!と思い立ち行った漢方•体外受精でしたが、そのおかげで、今では小さい洗濯物や子供たちの世話に明け暮れる幸せに囲まれております。


とにかく、あのころは藁にもすがりたかった。


予算内で最適な漢方を◯◯で遠方の私にも電話相談で処方していただけた。


その事で人生が変わったように思います。


不妊で苦しかった人生でしたがおかげ様で育児に奮闘出来そうです(^^)


掲載の件、構いません。

切迫早産で長期入院中でした。

返信遅くなり申し訳ありませんでした。

本当にありがとうございました。」

happy01


嬉しいメールのご紹介でした。


不妊症の子宝漢方の考え方は「不妊症の子宝漢方のツボを公開します」で詳しく述べています。


漢方相談、遠方の方の場合には失礼がないようにできればお電話(0237-47-0033または 0237-48-2550) でご予約のうえご来店ください。

よろしくお願い致します。


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてな漢方ブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.16

中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ 第一回目 43歳の2人の方の体外受精と漢方薬局での妊活をテーマに

こんにちは。

土屋です。

山形も次第に春めいてきています。

そろそろお庭の雪囲いも外れる季節だなと楽しみにしています。

陽射しもだいぶ陽気が上がってきました。


0160315

<2016年3月16日 我が家の庭です>

0170315

<ヒマラヤユキノシタも綺麗に咲いています。この地味な感じがたまりません>

0190315

<金魚は悠々と>


さて、昨夜は仕事が終わってからの20時から22時まで2時間たっぷりで今年初めてのWEB会議システムでの中医不妊症お茶の間講座がありました。

昔はギンガネットのテレビ電話での回線で中医学、中国漢方での不妊症対策を勉強していましたから、今はパソコンですから隔世の感がございます。


中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ 第一回目 テーマは子宮筋腫


0200315


テーマは子宮筋腫だったのですが、今回の症例発表は先生方が各店での症例を自主的に発表するという形式でしたので40代の体外受精と漢方薬局との両立というテーマが2つでした。


中医不妊症お茶の間講座は初期のころは少ないメンバーでアットホーム的な感じでしたが、今現在は大御所になり、だいぶ賑やかになりました。

毎年、中級か、たまには初級コースだった私も、今年は押し出されるような感じでとうとう上級コースへ。

2ヶ月に1回ぐらいの頻度のWEBシステムでの双方向性の会議によるお勉強と、年に2回のオフミーティング、いわゆるスクーリングとなりました。


2例とも偶然の一致でしょうか、43歳という第一子を願う不妊症での体外受精、子宝漢方相談でした。


2人の漢方薬局の女性の薬剤師の先生の発表でした。


症例発表のうち1人は最近、妊娠が分かったとのことで素晴らしい漢方でのバックアップの取り組みだと思いました。


0050315

<アプチロンです>


1人は体外受精2回の失敗で漢方薬局へ。


結婚2年目

採卵1回目は5個採卵、初期胚1個移植、残り4個は胚盤胞まで行かず。

採卵2回目は昨年の2月。

D2で、E2が50くらい、FSHは25を超え、AMHは0.6ぐらい


「体外受精で採卵、受精はできているが胚盤胞まで育たないので、胚移植までいけない。

眠りが浅いのでメンタルクリニックに通院中。

白髪、生理の量も少ないので本当に妊娠できる体かどうか心配です」


最期の妊娠直前の漢方は、補腎薬を強力にしました。


補腎薬とは、白髪が黒くなり、髪の毛が生えて、お肌もつるつるになる。

卵巣にも若返りパワーというのが補腎になります。

目もパッチリです。


個人的には、ミンハオという重鎮安神剤の使い方ややはりプランセンタ関係に、亀鹿仙という亀ちゃん漢方に、新しいデビューした艶麗丹なども、うーん、なるほど!と思った次第です。


40代の漢方相談の場合には、「ご予算的にこのぐらいで」と決まっていて3種類ぐらいを使っていく場合と、もう少し使える予算が自由な方の場合には5~6種類などよりしっかりと漢方を服用していくケースもございます。

あくまでこれは薬局なのでご自身で判断して選んでチョイス、選択して自分の体を養っていくイメージになります。


昨日の発表直前にめでたく妊娠がお分かりになったそうです。


0030315

<2016年3月15日 台湾朱鷺草です。薬局で咲いています>


もう1人の方は、タイミング療法2年間(クロミッド+HCG注射) 35歳前後

AIHという人工授精を6回

体外受精(IVF)を採卵4回、胚移植を4回

採卵キャンセル1回


体外受精の不妊治療不成功で、なかなか妊活がうまくいきませんでした。


生理周期が23~25日と短め

排卵が早い、D8~11日


生理日数3日ほど、生理の量は減っている。


子宮内膜が薄い、移植のときには7~9ミリぐらい


アンタゴニスト法です。


この方の症例を通して全国の漢方薬局の先生方が意見を述べたという勉強会でした。


テューターは東京の張先生でした。


最近は、山形の土屋薬局でも体外受精との漢方相談や40代の方が増えてきています。


もっと喜ばれるように努力していきたいです。


今日の午前中一番のお客様は、2人目も漢方で妊娠した!と喜んでいました。


やはり補腎薬を使って、いわゆる薬膳料理のような精進料理ぽいのではなくて、「濃いスープ」を飲んで体調を整える感じや睡眠のこと。

胃腸のこと、メンタル、痩せ体質、疲れやすいことなども、漢方薬局での対策、ケアできるのではとも考えました。

40代は20代、30代と違って加齢、エイジングの問題もありますから個人差も大きいですし、生活習慣の養生の見直しも大切では?という意見もありました。


夜更かしなどはなるべく避けたほうが賢明です。

12時以降など深夜に睡眠をとるのはちょっと厳しいかな、、という感じは漢方を生業としているものは共有されている感覚ですし、食べるもの、食生活も大事になってきます。


40代の場合には、いよいよですから、補腎薬、とくに動物性の補腎薬を多めに使う傾向があり、そのほうが結果、妊活の成果がでやすいです。


淤血という血行不良を改善するのが奏功するときもございます。


いずれにしましても土屋薬局でも妊活、とくに40代の漢方相談も喜んで引き受けていますので、何かの機会がございましたら遠慮なく妊活、子宝の漢方相談お寄せください。

ご主人さまやお子様と一緒の来店も大丈夫です。


0040315

<薬局で花開くアマリリスです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.04

早発閉経の漢方薬で3~4年ぶりに自然に生理が!!

こんばんは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


お陰様で今日の金曜日も漢方相談、午前中は宮城県の仙台からのお客さま、午後は地元の山形県東根市、村山市などからのご来店がございまして忙しかったです。


明日の土曜日も何件かの漢方相談のご予約が入っていますので、しっかり対応したいです。


さて、今日に来店されたお客さま、左の卵巣に卵巣のう腫が3センチあり経過観察でした。

今年の平成27年9月28日が初回の漢方相談日です。


11月6日は「左の卵巣の腫れがひかなくて腹腔鏡手術の予定です。人工授精2回目の予定がホルモン剤も含めて中止になりました。クロミッド5日間服用してさらに卵巣に水がたまったようだ」とお聞きしています。


11月12日も卵巣が腫れていて3ヶ月間、3センチのまま

水がひかない。


そこで熟考しまして、いままでの漢方薬 + 「胃腸を丈夫にして体の余計な水分を解消するロシアの漢方」をお勧めしました。

◎今日の12月4日のご来店では、卵巣の水がひいて腫れが小さくなりました。


卵胞の下にも水が見えなくなりました。

角度によってはあるようにも、ないようにも見える。(エコー検査)


先生のほうから排卵誘発剤などが合わない体質ではないか、もし今後治療するのでしたら、排卵誘発剤を使わずに自然な感じでしていくのが良いのではないか?とアドバイスをもらったそうです。


ということで、お客様と二人三脚状態で漢方相談に取り組んでいる今日この頃です。


温泉が好きだそうで宮城県の鳴子温泉に泊まったり、栃木の那須湯本や日光湯元温泉などにも泊まりに行っているそうです。


温泉の話はいいですね。


最後に、土屋薬局に来るととても元気になるとのことで11月16日に頂戴した投函されたお葉書のことで、「もしよろしかったらココログというブログで紹介してもいいですか?」とお聞きしましたら、快諾をいただきましたので紹介させて頂きます。


お客様からの絵葉書

<2015年12月4日撮影>

「いつも、大変お世話になっております。

不妊の相談でお世話になり、幸太郎先生のその人に合った漢方のおかげで、冷え性や、夜もぐっすりとねむることができて、体調も日に日に良好になっていると感じます。

幸太郎先生の『大丈夫です。子宝に恵まれますよ』という、お言葉が本当にありがたいですし、感謝です」


また「今月もお便り書きます!」と有難いお言葉でした。

お褒めのお言葉、感激です。



昨日の夕方は午後から漢方相談のお電話が多かったのですが、一人の早発閉経のお客さま、40歳です。


早発閉経 卵巣が弱っているので排卵誘発もしづらいので自然周期で採卵しています。


1年に1回しか採卵できない。


毎年、春。


FSH70~50  LH30~50  E2 10以下


今年の平成27年11月2日からの漢方相談。


以前から当店の山形県東根市の土屋薬局の存在を知っていましたが思い切ってお電話したそうです。


漢方薬4種類お勧め


11月16日 疲れなくなった。


FSH70  LH50  E211 (11月12日の検査)


そして昨日の平成27年12月3日


◎3~4年ぶりに自然に生理がきました!


11月初めはFSH80でした。


「こんなに早く漢方が効くとは驚いています。」


「普通は3ヶ月過ぎてから効き目があると思うのですが、なんでですか?」


「漢方は体に合っていて、すごく疲れがとれました」


「まさか自然に生理が来たとは!」


などと嬉しいお電話でした。


上記の早発閉経のお客さまも掲載許可を頂いています。


では明日の土曜日も薬剤師として漢方相談、店頭で頑張ります!


早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策」こちらも参考になりましたら、幸いです。


我が家の庭 池も雪囲い

<2015年12月3日>

我が家の庭です。

池にも雪囲いです。

金魚たちとは来年の春までお別れです。


池の雪囲い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.26

仙台での漢方定例会。早発閉経でFSHが20下がって卵胞が育った

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週は毎日新規のお客様もいらっしゃいましたし、10月24日土曜日の漢方相談は日よりも良かったせいか、山形県庄内地方の酒田市やお隣の宮城県の仙台市などからもお客様のご来店がありました。

土曜日だけで新規のお客様は4組いらっしゃいました。


土屋薬局の妊娠、出産の嬉しいカレンダー

先々週に引き続きまして、先週もほぼ毎日妊娠やご出産のご報告などありまして、嬉しく思いました。


出産後に2人目を希望されている方などのメールも2通いただいていますが、店頭の漢方相談が忙しかったのでまだ返信できていません。頑張ります。


この中のグーグルカレンダーのオレンジ色の部分が嬉しいご報告です。


そのうち1名のかたが特に印象深いです。


2年間、不妊治療で排卵誘発剤やホルモン剤、タイミング、人工授精などされて、疲れてしまった面もあり、いままでは他店様でも漢方薬を服用したりしていましたが、今年の6月から山形のお姉さまの紹介で当店で漢方薬を始めて10月に自然妊娠されました。


大変に感謝されまして、嬉しい限りです。


漢方の方法は、婦宝当帰膠+補腎精+逍遥丸+お日さまの日照りを和らげる漢方の4つの組み合わせをつねに全周期に服用して頂きました。


「お日さまの日照りが強いと畑が干上がって乾燥してしまい、種から芽が出なくて作物が育たなくなります」


または


「お日さまが強いので、水が無くなってきて乾燥してしまい妊娠できなくなってきます」


などと説明できます。


この方法、実は同じ岩手県のお客さまでご主人様が山形市出身なのでお盆のときに帰省の際に、当店に立ち寄って頂いたお客さま、岩手県から仙台の不妊クリニックに2年間通って早発閉経(POF)の治療をされましたが、改善されずに匙を投げられてもうあきらめていた方がいました。

その方にも同じような方法を応用しましたら、FSHが20下がって、自然に卵胞が育ったそうです。

こちらも大変に喜ばれました。


この考え方は、中医学でも習いますが易経の解説、孔子が書いたとされるところの文章でひらめきました。

POF・早発閉経に効く漢方薬、妊娠」 

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策/FSHが高くてAMHが少なめの漢方対策/卵巣機能を高める

こちらの記事も参考になりましたら、幸いです。



さて、昨日の10月25日は仙台で南東北中医薬研究会の漢方定例会がありました。


仙台市 漢方定例会

<2015年10月25日 仙台市>

講師は痛み、しびれの痺証でいつもお世話になっている陶先生でした。


陶先生もそうですが、ほんとにイスクラ産業さんの中医師の先生方は「宝物」だと思います。

素晴らしいです。


健脾、化痰~健脾処方の漢方復習~


テーマは健脾、化痰~健脾処方の漢方復習~でとても勉強になりました。

ふだん、同じ中医学の漢方でも不妊症周期療法や痺証など専門的に勉強していますから、中医学の一般的な基礎理論を勉強することは久しぶりでしたので新鮮でした。


健脾、化痰~健脾処方の漢方復習~

健脾、化痰~健脾処方の漢方復習~

妻も痰証(痰病)のところなど大変に勉強になったそうです。


陶先生と再び、中国南通市の痺証の研修会など機会があえば再訪してみたいです。

前回の南通の印象がとても良くて、「ここに住みたい」と感じたほどです。


健脾、化痰~健脾処方の漢方復習~

イスクラ健脾散とイスクラ健胃顆粒の使い分けも復習しまして、とても実践的でためになりました。

今後の店頭での漢方相談にも応用していきたいです。



よってけポポラ

東根市のよってけポポラ、ラフランス解禁もあって朝から凄い人出でした。

仙台に行く前に立ち寄りました。


ラ・フランス

ラフランスは果物の王様です。


瀬戸ジャイアンツ

まだブドウも販売していました。

我が家は瀬戸ジャイアンツを購入しました。


関山のドライブイン

関山のドライブインです。

大滝のところです。

そろそろ紅葉が本格的に山から降りてくる季節到来ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.26

卵胞を増やす漢方、育てる。卵胞が楕円形の変性卵への漢方対策

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

涼しくなってきた山形です。


昨日に来店されたお客さま、人工授精を2回しましたが仕事をしているために通うのがなかなか大変とのことでした。


黄体ホルモンがちょっと少なめ、プロゲステロンを服用していました。


末次月経は8月22日から。

生理痛、血塊、下痢もありません。


昨年の流産後から基礎体温がずっと高めです。


低温期は36・5℃、高温期は37℃近くあります。

口の周りには吹き出物がでやすいです。


病院の産婦人科に通っているときに先生から「卵が楕円形です」と言われていました。


舌ベロは歯痕があって、尖が赤みがあります。

苔は白苔気味で多めです。


ストレスが長期間にわたりあって、同時に胃腸が弱く水分代謝が悪くなって舌が浮腫んで歯形がついて、苔も厚くなっています。


この舌ベロをみる舌ベロチェックの情報と「卵が楕円形です」の2つを合わせます。


ちょうど「卵胞発育不全」に関する中医学の婦人科、子宝漢方相談で変性卵に対する「調胞」という方法があることを知っていました。


変性卵とは


◎卵胞が丸く円形でない

◎楕円形や扁平の卵胞は卵胞液少なく張りがなくなっているから

◎補気補陰をしていく

この理論的な考え方とお客さまの胃腸が弱い気虚の体質と基礎体温が高めは陰虚ですから
  
  ↓

益気養陰(えっきよういん)していけばいいことになります。


以上は、長沙の尤昭玲先生の理論によるものですが、南京の夏桂成先生の周期療法においても経後期(けいこうき)、つまり卵胞期に一つの胃腸を健脾しながら陰を補っていく方法があります。

これがリンクします。


ということで、お客さまのほうには


☆養血調経に+補腎精(あまり基礎体温が上がらないもの)+益気養陰+甘寒益陰


という感じでご紹介、お勧めしました。


<基礎体温が高めで、卵胞が楕円形の漢方対策に>です。


1か月後に基礎体温が落ち着いてきて、お口の周りの吹き出物も綺麗になって頂ければ嬉しいですし、そうなれば子宝にも恵まれやすい、流産しにくい体になっていると思います。


若木神社 夏

<2015年8月19日>

若木神社


ヒョウタン

若木山の麓で地元の老人クラブがヒョウタンを植えています。

それは見事で素晴らしいものです。

立派でしょう!


夏水仙

夏にそろそろお別れの夏水仙です。

夏を感じる、季節を実感する花の一つです。


夏水仙のアップ



<2016年9月6日追記です>


卵胞を増やす、卵胞を育てる漢方としては 「増胞」という考え方があります。


補腎陰薬、補腎薬を使っていくそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.02

早発閉経、FSHが3まで下がり卵胞も育ってきた!

おはようございます。

先週の土曜日の漢方相談会、すごく経過が良いお客様が多かったのです。

特筆すべきです!


○仙台の漢方相談のお客さま…「基礎体温が高めの漢方相談で」


基礎体温が高めでしたので、いままで「まだ基礎体温が高いです」と「基礎体温が高めの漢方相談」を頑張りましたが当初は思うように効果が出ずに苦戦しましたが、とうとう12月に救世主の漢方が登場しました。

これが素晴らしいのですが、基礎体温が低温期がスッと下がって、そのまま妊娠につながっています。

高温期が続いていて間もなく5週目です。



○南陽市の漢方相談のお客さま…「お子様の小児の漢方相談で」


お子様の漢方相談、素晴らしく調子が良くて、お母さまなど家族の人たちも大喜びです。

とてもよい年末年始を家族そろって迎えられたそうです。



○天童市の漢方漢方のお客さま…「流産後に解禁後、一発での妊娠!!」


流産後の体調の回復の漢方相談から、解禁後一発でのご懐妊でした。

順調な経過で素晴らしいです。

妊娠直前に、開気丸で気の流れも良くなったのが功を奏したのでは?と喜んでおります。

日本一の開気丸を上手に使う男になりたいです。


○東根市の漢方相談のお客さま…20代のうちに妊娠、出産したいという夢がかなえられる!!


20代のうちに妊娠、出産したいという夢がかなえられそうです。

もう5ヶ月になるそうです。


「基礎体温が高め」「月経周期が25日前後で短め」でしたが、お年もお若く漢方の効き目も良くて妊娠直前は、 杞菊地黄丸+補腎精+冬至と夏至に採取される中国漢方の補陰の名方などの組み合わせでご懐妊でした!


○山形市の漢方相談のお客さま…多嚢胞性卵巣で排卵障害


多嚢胞性卵巣で排卵障害

顔は紅くなりやすい

とうとう12月に多嚢胞性卵巣のかたも排卵しやすくなる漢方が登場しましたので、先月からお勧めしていましたら誘発剤なしに順調に卵胞が育ちました。

HCG+タイミングもバッチリで基礎体温がすごくいいです。



○神町の漢方相談のお客さま…周期療法の漢方相談で基礎体温が良くなった、高温期がスッと綺麗に


当店に歩いてこれるだけあって、細かく1週間に1~2回は漢方相談しているだけありまして、12月からの漢方ですぐに基礎体温が良くなりました。

今周期はタイミングばっちりで高温期が綺麗でいい結果を楽しみにしています。



○東根市の漢方相談のお客さま…早発閉経、FSHが3まで下がり卵胞も育ってきた!


早発閉経で長年、通院されているかたです。

とうとう、補腎精の素晴らしい漢方が登場しましたので、今までの漢方+「補腎精の素晴らしい漢方」でお顔がタレントさんのようにとても綺麗になりました。

私が子供時代で言えば、「銀河鉄道999」のメーテルのような美しさになりました。


今まで当店では仲間由○恵さんのようなオーラになって3か月ぐらいで妊娠されたお客様もいらっしゃいましたが、とうとうタレントさんの登場です。

案の定、FSHが3・いくつと数字が落ち着いてなんと卵胞も育っていて、とうとう体外受精の採卵周期に入れることになりました!


(マスクをされて風邪予防をしていましたが、まつ毛など目の瞳もとても美しくなられて驚くばかりでした)

わが家の庭

<2015年2月2日 わが家の庭>

まだまだ寒の強い山形です。

朝は鳥たちが元気に空を飛び、鳴き声も賑やかです。

先週、なんと鶴がいたんです。

妻に語っても信じてくれませんでしたが、わたしと両親の3人で鶴をみました。

土屋薬局、とっても縁起が良い場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬