カテゴリー「月経周期が短い|不妊と漢方薬」の記事

2017.08.16

高プロラクチン血症の漢方相談で

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は午前中、一番最初のお客様が仙台からのご夫妻でした。

国道48号線がスムーズだったとのことで朝の9時半からすぐに漢方相談スタートでした。


その後も今日はお盆休みでお休みの方が多いのか、漢方相談が続き忙しくしていた一日でした。


さて午後は高プロラクチン血症の初めてのお客様の漢方相談も担当させて頂きました。


<高プロラクチン血症の子宝の漢方相談>


月経周期は25日と短く、基礎体温表は高めでした。

基礎体温表に関しましてはメリハリがなくて高低差があまりありません。

基礎体温表は低温期が36・5℃以上と高めで高温期が36・7℃前後。

そして生理が早くくる。

高プロラクチン血症があることは中医学では「心肝の熱」があると考えます。


ニキビやイライラ、生理前の胸の張りなどです。


ため息だったり憂鬱、ストレス。

それが「熱」です。


食事や睡眠などの養生にも関係してくる高プロラクチン血症ですが、月経周期が短いタイプで基礎体温が高めですから、これは「ご飯のお鍋」の水が少なくなってきていて、同時に火元がちょっと強くなりすぎているのです。


月経周期が28日より早いパターンは基本「熱」です。


舌診では舌ベロの尖が赤みがあって「心肝の熱」が示唆されます。


漢方薬は2種類。高プロラクチン血症で基礎体温が高め、月経周期短め対策をしました。

妊娠しやすくなってきます。

日常生活の養生法は月経周期が短めですから


1)早寝 午後10~11時にはお休み

2)辛いもの、刺激物を避ける。珈琲やお酒など控える

3)ストレス対策。イライラしない

4)適度な運動で軽く汗をかく

5)花びらのお茶を飲む など養生法もご紹介しました。

月経周期が短め、基礎体温が高めの場合には経験豊富な土屋薬局に直接ご来店ください。


野川

<2017年8月12日 野川>

葉山にかかる雲も印象的な眺めでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.25

高齢不妊でしたが2人の子宝に恵まれたお客さま。おめでとうございます!

「おはようございます。

メールの返信が遅くなってしまい、すみませんでした。

お祝いのフォトフレーム、届きました。

とても可愛らしいフォトフレームですね!

ありがとうございます!!

先日1ヶ月検診も終わり、母子共に大きな問題もなく、ホッと一安心したところです。

さて、私、メールを最後までちゃんと読んでいなかったようで、このメールを書こうとした時に、いただいたメールを読み返してみたら、続きがあることに気づいて。。。

返信が遅くなってすみませんでした。

体験談を載せるという事ですが、匿名で個人情報に関わる事が載らないという事であれば、載せていただいても構わないのですが、ただ、私、皆様に励みになるような特別な体験があるというほどでも無いので、私なんかの体験談で大丈夫なのでしょうか?

返って恐縮な感じで…。

こんな私なんかの体験談で、少しでもお役にたてる事があるのであれば、載せていただいて大丈夫です。

よろしくお願い致します。」


今月の7月17日に頂戴したメールです。


一番初めての不妊症の子宝の漢方相談が始まったのはIさま、39歳のとき。


2012年(平成24年) いまから5年前の7月31日のとき。


そのときの漢方相談の内容をご紹介します。


年齢39歳

妊娠が出来ないことです。

また、最近、生理周期が短くなってきている気がします。

排卵も早い気がするのと、おりものも少なくなっているような気がします。

高温期が短い気がします。

また全体的に基礎体温が低いような気がします。


妊娠については、2~3年位です。

その他については、4~5ヶ月位前からです。


冷え性の方です

背中がつまります。


食欲は以前と変わらないです。(あります)


以前はずっと便秘でした。

ずっと薬も飲んだりしていました。


ここ1~2年は薬を飲まず、自然に出るようになっています。
(今でも便秘ぎみになる時がありますが・・・)


トイレは以前は近くて悩みでもありましたが、最近は普通かなと思います。

夜は基本的にはトイレには起きないです。


以前は眠れないということはなかったのですが、最近、なかなか眠れない時もあります。
(暑いせいなのかもしれないですが・・・)


夢は見る時と見ない(覚えていないだけかもですが)時があります。


腰痛は自覚はないですが、姿勢が悪いせいか、ちょっと違和感がある気はします。
(痛いというほどではないのですが、マッサージなどでは、腰が良くないと言われたことも・・・)


PCなどを見る時間が長いため、眼は疲れていると思います。

視力も以前より悪くなりました。(1.5->0.7とか)

以前は生理はほぼ27~28日周期で、毎回順調でした。

ここ4~5ヶ月は、25日~26日位で、ひどい時で24日という時もありました。

期間も以前は1~2日目が出血量が多く、4日目位までは出血、5日目位はティッシュにつく程度の出血、6~7日目はおりもの程度、という感じでした。

ですが、ここ4~5ヶ月は、生理の前に茶色いおりもののようなものが3~4日続き、その後、生理が来るというような流れになってきました。そのためか、最近は、生理も7日より短い期間で終わる気がし、若干出血量も少なくなっているような気がします。

生理痛は、結構あり、10年位前までは毎月のように薬を飲んでいましたが、それ以降は、薬は飲まないようにしています。最近は以前よりは軽くなってきたような気がします。

初潮年齢は11才です。

不妊についてとても悩んでいます。

お返事が遅くなっても構いませんので、出来ましたら、不妊カウンセラーの土屋幸太郎先生にご相談をお願い出来たらと思っています。

とにかく、第一は子供が欲しいのですが、なかなか出来ず、悩んでいます。

2年位前までは色々あり、なかなか子供を作ることが出来なかったのですが、ここ1~2年は本格的に悩んでいました。主人も私も39才で年齢的なこともあり、とてもあせっています。


2012年3月から不妊治療の病院へ通い始めたのですが、ちょうどその頃から、上記に書いたように、月経周期が短くなったり、月経期間が短くなったりし始めたような気がします。


また、おりものも、1年ほど前は多くて困る位だったのですが、病院へ通い始めた頃から、意識するようになったせいか、下着へ付くようなおりものがほとんどなくなってしまった気がします。(排卵頃に先生に内診でみていただいた時には、先生は多くなってきているから大丈夫とのことでしたが・・)


また、排卵時期も、以前は14日目位だったような気がするのですが(これはあくまでも自覚症状からです。排卵痛などから)、今は12日目位のような感じがします。(毎回病院でみてもらったりしているのを計算したり、検査薬などから・・・)


また、全体的に基礎体温も低いのでは?と思います。

高温期でも、最高でも36.7度~36.8度前後位で、36.9度へ行くことはありません。


また、高温期中でも、最初は高くなっても、途中から低くなっている気がします。


黄体機能が良くないのかなと思い、悩んでいたのですが、先生は、高温期の中でばらついているので(低温期と高温期の2層になっているので)大丈夫ですとのことでした・・・。


ちょうど病院へ通い始めた頃というのも気になり、実は以前からそうだったけど、気にするようになったからわかっただけかなとも思ったり、妊娠のことを気にするようになったストレスからかなと思ったり、また、この1年位、仕事でもストレスが多くなり、残業も遅い時間までになっています。


体はすごく疲れているし、睡眠時間が短いのも確かです。
(眠れない原因の1つはそれもあるかもしれません。)


また、食事や飲み物など、自分なりに色々調べて、色々実行してみたりしていたのですが、なんか、それが逆にホルモンバランスを崩してしまっているのかなと思うのもあったりして、余計わからなくなってしまいました。


出来るだけ体を冷やさないように下着の重ね着をしたり、5月からは30分程度のウォーキング、短時間なストレッチなどもしています。。。


また、先日、以前不妊で同じ病院へ通っていた方が、冷え性ということで病院から処方してもらった「当帰勺薬散(トウキシャクヤクサン)」という漢方薬をいただき、数日前から飲み始めてみました。


主人は、たばこ、お酒などを飲んだりするのと、定期的な運動などもあまりしていないため、その影響も心配です。


最後に、病院で検査した結果を書いておきます。

先生には、どれも異常はないと言われたのですが・・・(?)


<検査日>     <検査内容>  <値>
周期5日目(3/2): プロラクチン 19.40ng/ml
            LH    4.63mlU/ml
           FSH    5.75mlU/ml

周期20日目(4/13):  E2   166.9pg/mL
            P4   10.91ng/mL

2ヶ月ほど前に卵管造影の検査も行ないましたが、特に問題はないとのことでした。

以上なのですが、いっぺんに色々な内容を書いてしまい、申し訳ありません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。



ここからの漢方相談で、結局、体外受精で採卵も凍結もうまくいきまして平成26年7月に(西暦2014年)無事にご出産!

41歳でのご出産!

おめでとうございます!


再度、第二子の子宝の漢方相談も平成27年(西暦2015年)から始めて、このたび平成29年(2017年)に出産のご報告、実に44歳でのご出産!


と嬉しいご報告、子宝の漢方体験談でした。


途中、流産もありましたが頑張って乗り越えていきました!


2017年6月


「ご無沙汰しています。

一昨日、男の子が生まれました。

土屋先生には、前回の妊娠時も、今回の妊娠時も、色々アドバイスをいただき、とても感謝しています。

お陰で、前回も今回も、大きなトラブルも無く、無事出産までたどり着く事が出来、今はほっとしております。

とは言っても、これからが更に大変な毎日が待っていますので、頑張らなくてはと思います。

今後も何かありましたらまたご相談に乗っていただく事もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

取り急ぎ、ご報告まで。」


お地蔵さん

<2017年7月18日 慈恩寺のお地蔵さん>


先日、慈恩寺に行ってきました。

約3年以上ぶりでしたが、とても感銘を受けてきました。


慈恩寺


平日の夕方だったせいか、誰も人がいない境内でした。

ただヒグラシの音だけが響きます。


慈恩寺

Iさま、どうもおめでとうございました!

ご家族の皆様のご健康とご多幸を心より祈念申し上げます。

どうぞお元気で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

妊娠しづらい身体の私でしたが無事に赤ちゃんを授かることができました。

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


台風の影響で雨降りが続く山形です。

皆様のお住いのところはいかがでしょうか?

何事もなく過ぎ去ってほしいです。


さてお客さまの嬉しいお話です。


子宮内膜症でチョコレート嚢腫4センチ、右の卵巣にあります。


平成24年(2012年)7月27日が土屋薬局に初めての漢方相談でした。


2人目のお子さまのご希望です。


Kさま 当時36歳


お子さま 2歳7ヶ月  体外受精で1人めのお子さまを出産されました。

採卵19個したものを凍結して妊娠しました。


今回は2人めの挙児希望です。


1回目の採卵は5個。

全部、空胞でした。

1周間前は1個した卵が育たなくて採卵前に排卵してしまいました。


初潮11歳 月経周期は短めで26~27日 


冷え性


生理痛は毎月ひどくて鎮痛剤を服用

鎮痛剤の座薬も使っています。

たまに月経血に血塊が混ざります。

生理中にはお通じは下痢軟便になったり、便秘になるなど変化はありません。


食欲大丈夫。

生理前は多少イライラ


生理が終わったあとも鈍痛があり、月の半分は鎮痛剤を使っています。


夜は眠れます。

2~3日に1回の排便で便秘気味です。


そのときにお勧めした漢方は


1)シベリア霊芝茶(チャガ)
2)弓帰調血飲第一加減
3)爽月宝
4)イスクラ婦宝当帰膠


起床後と寝る前の服用です。

◯平成24年7月31日


月経は22日周期で生理がきました。

経血量は多いです。

痛みはいつもより楽でした。

前周期に採卵しました。

通じは変化なし

食欲もかわりなし。


◯平成24年8月21日


チョコレート嚢腫5センチでした。


今日で月経周期21日目

12日めにLHで陽性でした。


漢方薬は前回と同じもの引き続き継続


◯平成24年9月25日

1)シベリア霊芝茶(チャガ)
2)弓帰調血飲第一加減
3)爽月宝
4)イスクラ婦宝当帰膠


◯平成24年10月31日

先月の9月に体外受精をしました。

残念ですが5週目で流産になってしまいました。

今度、次回は凍結胚を戻す予定です。

出血が続いていて痛みもあるので座薬を使っています。


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)帰脾湯

子宮の回復、体調の回復のための漢方薬として


※今度、凍結卵を戻すときには再度、9月25日の漢方処方を服用していきたいです。


◯平成24年11月29日

来年の1月の終わりぐらいに卵を戻す予定です。


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)帰脾湯
3)シベリア霊芝茶


◯平成24年12月25日

11月29日と同じ漢方処方


◯平成25年1月29日

18日に生理がきて凍結融解胚移植の準備をしています。

エストラーナテープを貼っています。

2月の1週、2週あたりに卵を戻す予定です。

腹痛、腰痛もあります。


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)帰脾湯
3)シベリア霊芝茶
4)田七人参茶


◯平成25年2月26日

ダメでした。生理が来ました。


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)田七人参茶
3)シベリア霊芝茶


◯平成25年3月26日


4月5~6日に凍結卵を戻していきます。


ホルモン補充のシールをお腹に貼っています。

ほてり、寝汗はありません。


1)イスクラ冠元顆粒 半包×2回で
2)イスクラ婦宝当帰膠
3)田七人参茶
4)シベリア霊芝茶


◯平成25年5月1日


4月7日に凍結胚の移植。

今回は卵がとれて妊娠できました。

先週に胎嚢確認。

つわりがひどい。

気持ち悪い。

吐いたりします。


1)シベリア霊芝茶
2)イスクラ健胃顆粒


土屋薬局からは犬のマスコットを進呈

安産のお守りです。


◯平成26年10月7日

2013年12月に無事に男の子出産でした!

おめでとうございました!


お客さまからのお手紙です。


「ご連絡が遅くなって誠に申し訳ございません。

以前、不妊治療でご相談させて頂きました。

その後、妊娠中、いろいろと心配事や不安を抱えながらも昨年の12月、無事に男の子を出産致しました。

なかなか妊娠しづらい身体の私でしたが、土屋先生に処方して頂いた漢方のお陰で無事、赤ちゃんを授かることができ、本当に感謝しております。

これから寒さが厳しくなってくると思いますので、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

本当にお世話になりました」


お客さまからの葉書

<お客さまからの妊娠出産のお知らせの葉書>


さくらんぼ

<2017年7月4日>

山形はさくらんぼの季節が続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.29

44歳高齢不妊。第二子をご出産されました!おめでとうございます!

先日44歳で第二子を出産された方からの報告のメールがありました。


「ご無沙汰しています。

一昨日、男の子が生まれました。

土屋先生には、前回の妊娠時も、今回の妊娠時も、色々アドバイスをいただき、とても感謝しています。

お陰で、前回も今回も、大きなトラブルも無く、無事出産までたどり着く事が出来、今はほっとしております。

とは言っても、これからが更に大変な毎日が待っていますので、頑張らなくてはと思います。

今後も何かありましたらまたご相談に乗っていただく事もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

取り急ぎ、ご報告まで。」


一番と最初の漢方相談、子宝の不妊症対策の漢方相談が平成24年7月31日のときです。


妊娠できないことが一番の悩み。


生理周期が最近早くなってきています。

排卵も早い気がすることと、おりものの減ってきています。

高温期も短く黄体機能不全気味であることと

また全体的に基礎体温表は低めの感じがします。


ずっと便秘気味でした。


最近ここ4~5ヶ月間は月経周期は25~26日が続き、ひどいときには24日で生理が終わってしまう月経周期もありました。


経血量は1~2日目の出血量が多くて4日目くらいまでは出血、5日目くらいはティッシュにつく程度。

6~7日目はおりもの程度で月経が終わっていまいます。


生理痛はひどいときがありけっこうひどいです。

鎮痛剤は10年前はたくさん飲んできました。

それ以降は鎮痛剤は飲まないように気をつけています。

最近は生理痛は以前よりは軽くなってきている気がします。


平成24年7月31日のとき漢方薬は


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)イスクラ麦味参顆粒
3)参馬補腎丸
4)イスクラ冠元顆粒


<月経期 1~5日目>

婦宝当帰膠4ml(カップの目盛)×2回
冠元顆粒1包×2回


<卵胞期 6~10日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回


<排卵期 11~15日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回
冠元顆粒1包×2回


<黄体期 16~28日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回

このような感じの周期療法です。

夏場の暑くなってくる季節には全身の一身の気を補う人参が入っている麦味参顆粒、別名、これは生脈散を使うと以外に良いということを経験的に土屋が知っているということと。


酸味の味が主体なので麦味参顆粒と参馬補腎丸を収れん作用を期待して、卵子が早く排出しないように、良い卵で成熟するような心がけです。


たしかこの「月経周期が短め」で排卵されたかた、あのかたは東大病院に通われていたのですが、そのかたは麦味参顆粒と紅沙棘だったと思います。

妊娠出産されました。


出産前に2人目不妊対策予防。産後養生と子宝漢方をお求めに」こちらのお客様は山形県内の可愛いお嬢さんですが、私と相性がよいこともあるかもしれませんが、イスクラ婦宝当帰膠を全周期の毎日、月経期と排卵期の冠元顆粒の併用で妊娠出産されました。


この方法も上記のお客さまの月経周期に合わせた服用方法に載っています。


さて、平成24年8月29日は、より月経周期が短い対策として二至丹。


そして9月には瀉火補腎丸をさらに併用。


虚熱を下げていく方法になります。


翌年の平成の5月にオリヂンP顆粒を追加でお勧めしました。

プラセンタ製剤です。

いまの時代にはサプリではイスクラさんの紫煌珠。

または第二類医薬品では森田薬品さんのビタエックス顆粒で代替可能です。


さてその後体外受精となり、採卵前には


婦宝当帰膠+冠元顆粒+オリヂンP顆粒+杞菊顆粒


この組み合わせで採卵がうまくいきました。


卵が12個とれて9個も凍結できたそうです。


平成25年10月に着床そして翌年の平成26年7月に無事にお子さまを第一子を出産できました!


卵を戻したときからは二至丹や参馬補腎丸が大活躍しました。


その後は、平成28年から


婦宝当帰膠+プラセンタ(ビタエックス顆粒)+冠元顆粒+参馬補腎丸


このような組み合わせで体外受精がうまくいきまして44歳での妊娠出産に至りました。


どうもおめでとうございました!


若木神社

<2017年6月27日>

この日は昼間に東京から旧知のイスクラ産業さんの相談員の方が訪店されていろいろと漢方薬の話をしてくださいました。

お昼に運動できなかったので、午後の休憩を利用して若木神社までちょっと散歩へ


みんな集合?

「みんな若木山に集結?」


この写真をツイートしたら遠く海外まで届きました。

なんかいい写真ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.25

不妊症漢方相談/「お姉さんパワー」で妊娠されました!

本日2回目の更新です。


午後に昼休みのトレーニングから帰ってきましたら、初めての漢方相談のお客様がお母さまと一緒にご来店でした。

最近、このブログをご覧になって来店していただけるお客様が増えてきて、実際に実家のお母さまと一緒のご来店でしたり、主人と一緒などと賑やかで楽しく来店されるケースも増えてきました。

お母さまと一緒のご来店では実家との関係性、ご主人様と一緒のご来店では夫婦関係なども伺えますので、笑顔での漢方相談を心がけていきたいです。


午後に米沢方面からご来店されたお客様も最初はお父様とお母さまと一緒のご来店でしたが、ここ数回はおひとりでやって来て、にこやかな笑顔で良かったなあと思っているところです。

どちらかといえば、薬剤師で漢方相談をしているよりも、不妊カウンセリングでピアカウンセリングをしている感覚です。


もちろん、中国漢方、不妊症周期療法の神髄を勉強しているものとしては子宝漢方相談のツボも外さないように心がけています。

たとえば基礎体温が高いか低いか、また月経周期が28日より長いか短いかなどとても大切な情報になります。


たとえ体外受精であったとしても、体外受精がうまくいくような不妊体質の改善では、たとえば「月経周期が短い」ようでしたら月経後の卵胞期が重点ポイントになるわけで、そこの子宝漢方相談のツボは外さすにマストにしていきます。

月経周期が短い場合には、低温期と高温期の漢方薬は使い分ける必然性、必要性をお客様に伝えて、再度の10~15日後のご来店も案内します。

(ここは丁寧に漢方相談しないと、でないと、「私は月経周期が短めの漢方相談は苦手です」という漢方の先生になってしまいます。それだと土屋薬局を頼って信じて期待して漢方相談に来るお客様が可哀想になりますから、期待にそえるように真摯にお客様のお話、顔色、雰囲気なども拝見させて頂きたいです)




こちらのお客様、「お姉さまパワー」でした。

ご姉妹の熱い絆でぜひ、このままうまくいって頂きたいです。

医療関係者であるお姉さまと一緒に薬剤師である私も妹様に、二人で「妊娠できるよ~」と明るく念をお腹に入れました!




この本は以前に流産後の漢方相談をしていたときに、あるお客様から教えてもらって購入しました。


授かるような体づくりのお手伝いをしていきたいです。


今日は本当に午前中は暇であまりやることもなく、過去のココログの内容の見直しなどでしたが、午後から農繁期特有のポーッとした、またはボーっとした退屈な時間が流れることもなく、お陰様でお客様たちといろいろとお話しできて良かったです。




今日の写真はすべて2016年5月25日の本日に撮影したものです。

サクランボの実もだいぶ赤くなってきました。


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村漢方ブログランキングに参加しています。 


妊娠・出産 ブログランキングへ
 ↑ クリックして頂けましたら望外の喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.21

不妊症の年代別子宝漢方相談…その9 「月経不順に補益肝腎法」 月経周期が短い

こんにちは。

土屋薬局です。


久しぶりに年代別子宝漢方相談をアップしていきます。

息の長いロングシリーズです。

仙台で中医師の劉先生に不妊症の子宝漢方相談の理論的なことを解説して頂きました。

そのまとめです。


「年代別子宝漢方相談…その6 月経不順(後期):卵巣性の基礎体温の特徴 Ⅱ

「年代別子宝漢方相談…その7 月経先期(月経過多) 月経周期が短い、早い」の続きです。

「年代別子宝漢方相談…その8 <月経不順に疏肝解鬱(そかんげうつ)方法>


スレッドは 「年代別子宝漢方相談」で順に読んでいけます。


今回は「月経不順に補益肝腎法」です。


月経周期が短めの方のタイプ。


28日よりも早めに生理が来るタイプが相当します。


不妊症で土屋薬局の漢方薬を体験されて妊娠、出産。「実家のお母さんジンクス」続いています。


こちらのお客さまも月経周期26日と短めでしたので、不妊症の漢方ではオーソドックスな月経周期調整法でうまくいきました。

最近、この方法を見直していて、きちんとお客様にお勧めすることが多いです。


今日の午後も来店された東根市のお客様が月経周期が25日と短めで生理が来ましたので、生理が終わってからの卵胞期から十分に補陰(ほいん)をしていく方法を紹介させて頂きました。


☆生理で出血したら補血(ほけつ)で血を補っていきますが、血は陰(いん)に溶けているので血だけ補うのは不十分で補陰(ほいん)も同時にしていくという方法です。


─「月経不順に補益肝腎法」─


適応:希発月経、月経期短い、高温相短い生理不順のタイプ


症状:おりものが少ない、月経量が少ない

疾患参考:エストロゲンの女性ホルモンが少ない、卵巣早衰、掻爬術後

BBT、基礎体温の特徴:低温期が長い、高温期が短い

中医弁証:肝腎不足、胞脈失養

治療原則:補益肝腎(ほえきかんじん)


漢方処方:当帰を主体とした漢方薬、枸杞の実と菊の花が配合された漢方薬、夏至と冬至に採取される漢方薬、人参と鹿茸が主体の補血薬、心脾の病は二陽に発する理論を基に作られた漢方薬、花膠が配合された香港漢方、美肌油、食用アリ製剤、胎盤エキス製剤など


※ 高温期後半から生理が来るまで花膠が配合された香港漢方はお勧め


卵子の空胞対策に


その時に亀ちゃん漢方は1日1包くらい


卵胞の募集をかける

3周期は継続して考えていく


花膠が配合された香港漢方はマカが配合されているので場合によっては低温期は、このタイプには使いづらかいも


桜と月山の眺め

<2016年4月17日 山形県東根市>

桜と月山の眺めです。


桜と月山の眺め


月山と葉山と桜


月山と葉山と桜

そして月山と葉山と桜の眺めです。

美しいですね。


不妊症の月経周期が短い(生理の周期短い)」こちらも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.01

AMH0・1と卵巣年齢が高く、流産後でも妊娠出産できました!

「2度の流産を乗り越えて。お母様と一緒の子宝の漢方相談のご来店で嬉しい一声が励みになりました。」



<土屋薬局で子宝の不妊漢方を体験する前のお話です。どんな悩みがございましたか?>


38歳の女性のお客さまでした。

最初はお母様とご一緒で、土屋薬局のある山形県東根市の隣町の宮城県仙台市からのご来店でした。


平成26年9月4日が初めての子宝の漢方相談。


流産をその前年の1月に6~7週目で出血があった。


2回目の流産はその同じ年の7月。

こちらも6~7週目の妊娠での出血で化学流産でした。


今回は、流産後の体調が悪くて生理が戻りません。

ホルモンバランスが乱れているようです。

AMHは0・1で焦っています。


(AMHとは卵巣年齢のことです。)


7月以降は1度、8月23日から薬(注射)で生理を起こしました。


来店の時には月経周期13日目でした。

月経周期はいつもは26日周期で、「月経周期が短め」のタイプです。


昨年の年末から月経周期が短くなってきたそうです。

ため息やイライラ、子供にあたったりしてしまって。。

朝に起きるときにも朝から不安感が強いです。



<土屋薬局で子宝の不妊漢方を体験後にどうなりましたか?>


当店からは養血調経(ようけつちょうけい)の漢方薬、とっておきの補腎精(ほじんせい)の漢方薬、ストレスを軽減して流産後の心身のストレスを解消する疏肝理気(そかんりき)の漢方薬など都合4種類の漢方からスタートさせて頂きました。


その後、仙台からその都度ご来店いただきまして漢方相談を重ねました。


翌年の平成27年1月3日の漢方相談です。


ちょうどその時に新しい漢方「亀ちゃん漢方」が登場したので、滋養強壮を期待してお勧めしたところめでたく妊娠でした!

漢方薬での自然妊娠でした!


2人目をご希望で、流産後の体調の回復を漢方で頑張ったお客さまからの出産のメールの一部を先生から一言で紹介しますね↓



<お客さまからの漢方体験で妊娠出産の嬉しいご報告のメールです(掲載許可頂戴しています)>

「土屋先生

こんにちは!

連絡遅くなりました。

お陰様で9月〇〇日の夜に無事に男の子を出産しました^_^

予定より一週間早く誕生しましたが、3070gあり、とても安産だったと助産師さんに言われました。


初めて土屋先生にお会いした時、私は妊娠を希望しながらもなかなか思うようにはいかず、また二回目の流産後で心身共に参ってました。

年齢も気になりすごく焦っていました。

不妊だと思い、不妊治療にも通ったこともありました。


そんな中、病院の先生は誰一人と言ってはくれませんでしたが、土屋先生は「大丈夫、大丈夫、妊娠できますよ」「お母さんと来られる方はみな妊娠するジンクスがあるんです」と断言した言葉をいただいた時、どれだけ安堵したことか、、、何度も諦めた方がいいのか悩み、それでも諦めきれず、土屋先生を信じて漢方を始めてみようと思いました。


そしてその言葉通り、第二子を授かることができましたこと、母も主人も私もとても感謝しております。

本当にありがとうございました(^人^)


毎日、赤ちゃんのお世話は大変ですが授かった命を大切にそして楽しみながら子育てして行きたいと思います。」


先日、ご家族4人で仙台市から東根に来店して頂いた時に、お店で飾ってくださいと嬉しい赤ちゃんの写真とお手紙も頂戴しましたので、写真のほうに飾らせて頂きます。

どうもおめでとうございました!

ご家族末永いお幸せを心より祈念申し上げます。


お客様からの赤ちゃんの出産のお礼のお手紙です。


お客様からの赤ちゃんの出産のお礼のお手紙です。


お客様からの赤ちゃんの出産のお礼のお手紙

<2016年3月28日撮影>



「2016.04.08  AMH0・1 流産後から漢方相談で第二子ご出産!」こちらのコラムが続編です!


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.19

2人目不妊で月経周期も21~22日と短めでしたが、漢方服用で生理が戻り妊娠出産されました!

おはようございます。

朝は寒かったものの天気予報通りに3月の気温まで上がっている山形です。

昨日は月山、葉山も空気が透き通っていてとても良い眺めでした。


晴れ渡る若木山(おさなぎやま)風景

<2016年2月18日>

晴れ渡る若木山(おさなぎやま)風景


ラ・フランス畑から月山眺め

同じく本日撮影です。

ラフランス畑からの月山です。


最近、このアングルを発見してから「リンゴ畑からの岩木山」に匹敵する風景ではないかと喜んでおります。


月山


さてお客さまの嬉しいお話です。

Yさま  35歳 お子様1人


2人目不妊の子宝の漢方相談でした。


「月経周期、生理周期が短い2年前から」

生理の周期が21から22日と短めです。


おりものは普通です。

生理痛あまりなし、レバー状の塊もありません。


2人目不妊ですが、なかなかできません。


体外受精もしましたが、11週で異常がみつかり流産。

AMHが低いので焦っています。

子宮には問題ありません。


卵巣の機能が落ちています。

前周期は無排卵でした。


なんとか生理周期を整えたいです。

前周期は卵巣が腫れていました。


漢方薬は、


☆婦宝当帰膠+補腎精+麦味参顆粒


この3つを基本にしました。


なにか以前にも「月経周期が短い。遺残卵胞で2回見送り。体外受精でもうまくいかず苦労しましたが、漢方体験後にまさかの自然妊娠!出産でした!」でも体験しましたが、気陰両虚の体質の方には婦宝当帰膠や麦味参顆粒+αの組み合わせがいいかもしれません。



〇平成26年8月13日 漢方相談日


「おはようございます  今日生理が来まして、28日の周期でしたので早速漢方の効果がでたのかなとおもいます。

今までで最長記録でしたので大変うれしいです。

ただ、医者に卵巣がとても疲弊していると言われました。

今周期の漢方は今飲んでいるのでよろしいですか?

麦味参顆粒と婦宝当帰膠があと7日ほどでなくなりそうです。

よろしくお願いします。」


〇平成26年9月12日 漢方相談日


「おはようございます。

おかげさまで今日検査薬で陽性反応がでました。

ただ、一週間ほど毎日少量ですが茶オリ、出血があるので流産を心配しています。

まだ病院はいってません。

今の漢方をそのまま飲み続けてよろしいでしょうか?

また、何か他に飲んだ方がいいでしょうか?

お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。」

ここで漢方薬は、婦宝当帰膠を中心に体を整えて妊娠に備えられるように、帰脾湯と参馬補腎丸の2つを麦味参顆粒と補腎精のものから変更しました。



〇平成26年10月22日 漢方相談日


「いつもお世話になってます。おかげさまでもうすぐ10週になります」


同じ漢方の継続


そして


〇平成27年5月27日 出産の嬉しいご連絡


「お久しぶりです。

5月15日に出産しました。

元気な女の子です。

妊娠中も大きなトラブルなく過ごせました。

先生のおかげです。

不妊に悩んでいた頃がうそみたいです

落ち着いたらもう一人ほしいなあと思ってますのでその時はまた相談に乗ってください。

この度は本当にお世話になりました。」


土屋薬局からはフォトフレームをお贈りさせて頂きました。

ご家族元気でお過ごしになって頂きたいです。

このたびはまことにおめでとうござました!


月経周期が短いことは、25日前後で生理が来ることが多いです。


子宮内膜症や腺筋症などで卵巣機能が弱っていたり、高齢によるエイジングで生理周期が早くなってきます。


未熟なまま卵胞が発育し排卵しますので、月経周期が11~12日前後で排卵、高温期も14日間は続きませんから24~25日周期となってきます。


中医学は、「時中(じちゅう)」つまり物事の本質をつかんで科学する医学ですから、月経周期が短い場合にはその原因を探ります。


月経周期が短いことの漢方対策」にも詳しく書かれていますが、うまく補陰したり、お日さまが強すぎると「火」が強くて大地の「水」が乾いてしまうので枯れやすく、畑も乾燥するようになるので排卵が早くなると考えています。


Yさま、どうもおめでとうございました!

ご家族の末永い幸せを心から願っております。


雪原の美しい風景

透き通った晴れた雪国の眺めのようにお子様たちも元気にまっすぐに育っていって頂きたいです。


雪原の美しい風景

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年50名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.15

出産されて7ヶ月経過された地元 東根市のお客様が来店されました。

こんにちは。

山形県東根市、神町の土屋薬局 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週に嬉しかったことは、出産されて7ヶ月経過された地元 東根市のお客様が来店されたことです。

男の子の赤ちゃんでした。


谷地からのご来店で最初はストレスや不安感が強そうでしたので、杞菊地黄丸と逍遥丸の2つをご紹介しました。


平成26年6月17日のときでした。


むくみがひどく立ち仕事のために、足が全体的にだるくなったり、早い時には午前中から足がむくむそうです。


月経周期は26日周期でやや短めです。(それもあって、杞菊地黄丸と逍遥丸を選んだ理由の一つです)


6月30日には浮腫み(むくみ)がとれました!


7月に入ってお話をよくお伺いしますと、今までの過去の生理周期は


1月→26日周期

3月→25日周期

4月→25日周期

5月→25日周期

6月→25日周期


高校に入るぐらいからずっと26日周期ぐらいで早めに生理が来る体質です。


その後、結婚1年の主人と一緒に同級生の結婚式へ仲良くでかけて8月には子宮卵管造形検査を行ってみたい。


「子供もそろそろ欲しいです」


とお聞きしまして、


月経周期が短いことはお鍋の水が少なくなってご飯が早く28日周期よりも炊けてしまうことが原因ですから、それに杞菊地黄丸と逍遥丸をお勧めしていたことにプラス 月経周期療法で杞菊地黄丸と非常に相性がいい補腎精の漢方と婦宝当帰膠の2種類を追加でお勧めしました。


ですから合計4種類で  ☆婦宝当帰膠+補腎精+杞菊地黄丸+逍遥丸


この組み合わせでやっていきます。


その後、基礎体温の低温期が36・5℃以上で高めで、36・6~36・7℃など高くなりやすいので、二至丹を追加でご紹介、納得のうえ、お客さまの了承を得てお勧めしました。


基礎体温が二至丹追加でスッときれいに下がって、11月には妊娠6週目! 基礎体温が理想的な感じになってのご懐妊でした。


その後、翌年の平成27年7月に元気な男のをご出産とのことでスタッフ一同嬉しく思っているところです。


その日はお友達へのプレゼントとして婦宝当帰膠を。

ご自身の体調維持には補腎精の漢方をご購入されていかれました。


いまは同居もしたし家族も増えて仕事も順調とのことで嬉しく思っている次第です。


今日の午前中のお客様は相変わらずの美女ぶりで、お店に勤めているのですが常連のお客さまからも「顔色や雰囲気が変わりましたね!」と誉められたそうです。

色気が相当増していますから、今後にも大いに期待しています。

当店の漢方を1年服用したら精神的にも余裕ができて安心できて、仕事もスタッフに任せられるようになり、だいぶ仕事が楽になって余裕ができて落ち着いてきました。


「1年前にはこうなるとは考えてもみませんでした」


にこやかな笑顔で語られて、スッキリした表情でお帰りになりました。


(当店の漢方相談は忙しくないかたでしたら1時間ぐらいはたっぷりとお話しをお聞かせしてもらっています。女性のかたは話ができて、心がスッと軽くなることも大切な健康法です。)


その後に来店されたお客様は立派な資格を持たれた方で初めてのご来店でしたが、スタッフとも「お客様が美人ばかりで、学があって教養も高い方も多いので幸せですね」と話したところです。


野川晴天、東根市

<2016年2月12日>

野川晴天、東根市


月山快晴

月山快晴


月山、葉山です

月山、葉山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.22

だんご木とおさいとう…その3 妊娠、出産の嬉しいお話 2人目不妊 月経周期が24日から30日伸びて

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日の大寒で冷え込みがだいぶ厳しさを感じました。

でも雪も峠を過ぎて、穏やかに晴れること機会が多くなってきました。


東京から東根に引っ越ししてきたお客様は、雪にも適応されていましてお元気でお過ごしです。

東根(ひがしね)は東京の人も住みやすいとのことで、地元民としても嬉しいです。


さて、まずはお約束していた小正月の飾りつけの写真の紹介です。


サクランボで有名な寒河江市で購入してきただんご木です。


過去の記事 「2013.01.18 小正月…だんごの木とおさいとう」と「2014.01.16 小正月…だんごの木とおさいとう(2)」 こちらのほうも参考になりましたら嬉しいです。


0010112

<2016年1月13日撮影>


0020112


0030112

小正月の飾りつけをしていると、なんとなく心が豊かになります。

このような行事を大事にしていきたいものですね。


さてお客さまの嬉しいお話をご紹介させてください。


◎東根市がご実家で秋田県横手市に嫁に行ったお客さまです。


初回の漢方相談が平成25年8月20日のときでした。


友人からの当店のご紹介でした。


Sさま 34歳 お子様5歳 2人目希望 主婦


これから卵管造影検査。主人の精子検査もする予定です。

基礎体温も問題なし。

ご主人は、酒、タバコをのみます。


漢方薬は、婦宝当帰膠と補腎精の漢方の2種類でやっていきます。


翌年 平成26年6月20日


生理4日目です。

人工授精5回をして妊娠できなかったので通院をあきらめました。


→土屋幸太郎からの励まし 「まだまだ大丈夫です!一緒に頑張っていきましょう!」


漢方を止めたら月経周期が24日と短くなってビックリぽんして、また漢方を服用する気になりました。


漢方薬は、同じくマストアイテムの婦宝当帰膠と補腎精の2種類です。



平成26年8月20日


◎月経周期が伸びて24日周期から30日周期に戻りました。

◎経血量、月経量も増えて戻りました!


主人は婦宝当帰膠と補腎精の漢方の2つで髪の横側が生えてきて、帽子をかぶった後もペチャンコにならなくてすみました。


主人は秋田の男らしくお酒は止めていないでけど、禁煙できました!


山形市のお友達、東根の土屋薬局を紹介してくれた友人は先日、男の子を40時間かけて無事に出産しました。


平成26年12月8日


◎妊娠7週目です!


平成27年7月 出産でした。


どうもおめでとうございます!


ご家族末永いお幸せを祈念申し上げます。

cherry


<考察>


まず生理を整える事。

月経周期を24日と短めの状態から28日と理想的な状態に戻していけたことが妊娠につながったのだと思います。

「まず生理を整えたければ、血(けつ)を大いに養いなさい」という教えもあるぐらいですから、養血調経の婦宝当帰膠、そして補腎精の2つが役立ったのだと思います。

(婦宝当帰膠だけだと残念ながらきっとここまでの効き目は分かりにくいと思います。漢方は、ハサミと同じで使い方が肝心です。)



お客さまSさまからのメール紹介です!


平成26年12月5日


「横手はすっかり雪景色です。
山形も、電車が止まったり大変ですね。

今日、お便り届きました。
いつも沢山のお便りありがとうございます。
毎回、妊娠報告を励みに読んで参りました。

この度、私も妊娠報告させていただきます。
今日で7週目になりました。

母も諦めなくて良かったねと言ってくれました。なかなか出来ず、漢方をやめようかと思った時もありましたが、その度に、旦那が煙草を止めたり、一緒に漢方を飲んでくれたり、協力してくれたので頑張れました。

予定日は7月末です。
元気に生まれたら、またご報告させていただきますね。
既に悪阻が始まり、漢方も飲めません。体調を整えて過ごしたいと思います。

土屋先生、これからも不妊で悩む人たちの力になってくださいね」


0010115

<2015年1月15日>

今年も恒例のおさいとうに妻と行ってきました!

暖冬のため、我が家から若木山までは雪の壁、雪の道を縫うように歩いていくものですが、この時点では雪もなくスニーカーで歩いていけました。


0020115

1年間の古くなった縁起物を燃やしていきます。


0030115

おさいとうの次には、若木神社にお参りします。

土屋薬局のお隣の三桝さんがお餅を焼いていました!

氏子をされています。


お餅は、焼き餅で美味しかったです。

まだ夕飯を食べる前でしたら、ほくほくでした。


0040115

小正月にお参りして、帰路につきました。

今年もいいことがありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬