カテゴリー「黄体機能不全|不妊と漢方薬」の記事

2017.06.29

44歳高齢不妊。第二子をご出産されました!おめでとうございます!

先日44歳で第二子を出産された方からの報告のメールがありました。


「ご無沙汰しています。

一昨日、男の子が生まれました。

土屋先生には、前回の妊娠時も、今回の妊娠時も、色々アドバイスをいただき、とても感謝しています。

お陰で、前回も今回も、大きなトラブルも無く、無事出産までたどり着く事が出来、今はほっとしております。

とは言っても、これからが更に大変な毎日が待っていますので、頑張らなくてはと思います。

今後も何かありましたらまたご相談に乗っていただく事もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

取り急ぎ、ご報告まで。」


一番と最初の漢方相談、子宝の不妊症対策の漢方相談が平成24年7月31日のときです。


妊娠できないことが一番の悩み。


生理周期が最近早くなってきています。

排卵も早い気がすることと、おりものの減ってきています。

高温期も短く黄体機能不全気味であることと

また全体的に基礎体温表は低めの感じがします。


ずっと便秘気味でした。


最近ここ4~5ヶ月間は月経周期は25~26日が続き、ひどいときには24日で生理が終わってしまう月経周期もありました。


経血量は1~2日目の出血量が多くて4日目くらいまでは出血、5日目くらいはティッシュにつく程度。

6~7日目はおりもの程度で月経が終わっていまいます。


生理痛はひどいときがありけっこうひどいです。

鎮痛剤は10年前はたくさん飲んできました。

それ以降は鎮痛剤は飲まないように気をつけています。

最近は生理痛は以前よりは軽くなってきている気がします。


平成24年7月31日のとき漢方薬は


1)イスクラ婦宝当帰膠
2)イスクラ麦味参顆粒
3)参馬補腎丸
4)イスクラ冠元顆粒


<月経期 1~5日目>

婦宝当帰膠4ml(カップの目盛)×2回
冠元顆粒1包×2回


<卵胞期 6~10日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回


<排卵期 11~15日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回
冠元顆粒1包×2回


<黄体期 16~28日目>

婦宝当帰膠カップ1杯×2回
麦味参顆粒1包×2回
参馬補腎丸8丸×2回

このような感じの周期療法です。

夏場の暑くなってくる季節には全身の一身の気を補う人参が入っている麦味参顆粒、別名、これは生脈散を使うと以外に良いということを経験的に土屋が知っているということと。


酸味の味が主体なので麦味参顆粒と参馬補腎丸を収れん作用を期待して、卵子が早く排出しないように、良い卵で成熟するような心がけです。


たしかこの「月経周期が短め」で排卵されたかた、あのかたは東大病院に通われていたのですが、そのかたは麦味参顆粒と紅沙棘だったと思います。

妊娠出産されました。


出産前に2人目不妊対策予防。産後養生と子宝漢方をお求めに」こちらのお客様は山形県内の可愛いお嬢さんですが、私と相性がよいこともあるかもしれませんが、イスクラ婦宝当帰膠を全周期の毎日、月経期と排卵期の冠元顆粒の併用で妊娠出産されました。


この方法も上記のお客さまの月経周期に合わせた服用方法に載っています。


さて、平成24年8月29日は、より月経周期が短い対策として二至丹。


そして9月には瀉火補腎丸をさらに併用。


虚熱を下げていく方法になります。


翌年の平成の5月にオリヂンP顆粒を追加でお勧めしました。

プラセンタ製剤です。

いまの時代にはサプリではイスクラさんの紫煌珠。

または第二類医薬品では森田薬品さんのビタエックス顆粒で代替可能です。


さてその後体外受精となり、採卵前には


婦宝当帰膠+冠元顆粒+オリヂンP顆粒+杞菊顆粒


この組み合わせで採卵がうまくいきました。


卵が12個とれて9個も凍結できたそうです。


平成25年10月に着床そして翌年の平成26年7月に無事にお子さまを第一子を出産できました!


卵を戻したときからは二至丹や参馬補腎丸が大活躍しました。


その後は、平成28年から


婦宝当帰膠+プラセンタ(ビタエックス顆粒)+冠元顆粒+参馬補腎丸


このような組み合わせで体外受精がうまくいきまして44歳での妊娠出産に至りました。


どうもおめでとうございました!


若木神社

<2017年6月27日>

この日は昼間に東京から旧知のイスクラ産業さんの相談員の方が訪店されていろいろと漢方薬の話をしてくださいました。

お昼に運動できなかったので、午後の休憩を利用して若木神社までちょっと散歩へ


みんな集合?

「みんな若木山に集結?」


この写真をツイートしたら遠く海外まで届きました。

なんかいい写真ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

子宝草

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日、所要により公休をいただいていました。


今日は音楽の先生や山形市からの50歳代の私の先輩の世代の男性のお客さまや、その他、継続で漢方を服用されているかたのお電話でのサポートなどが続いていて忙しくしています。


午後の予約をして頂いたお客さま、いつも映画の話や東京の喫茶店の話など文化的な話ができる私にとって数少ないお客さまなので、東京の喫茶店では忌野清志郎展覧会をこの1ヶ月間していること。

矢野顕子さんも常連でよくいらっしゃること。

竹中直人さんも常連であの低い声で「マスター、珈琲ください」と言ったことを聞いたことなど雑談とりとめなくしていました。


RCサクセションなどの話ができることは嬉しいことです。


さて基礎体温表を見せていただきましたら、もう妊娠しているようなちょうど5週目の基礎体温表でした。

ずっと高温期が続いています。


最近、黄体ホルモンが半分くらいのあたい5前後でも漢方薬で妊娠しているお客さまがけっこういらっしゃいますので、ぜひ今のままの高温期の漢方でお続けしてください。という会話をさせて頂きました。

帰りがけに、「そういえば、あの以前にいただいた子宝草、枯らしてしまったので再度、頂戴してもいいでしょうか?」


ということでした。


そういえば、一時期、土屋薬局の子宝草をお客さまにプレゼントしていたことがありました。


看護師さんで子宝草をもらっていった方は妊娠されました。


この子宝草が育つところはスピチュアルに強い系のお客さまがおっしゃるには「土屋薬局は環境がとてもいいところなんです」とお墨付きをもらっています。


「ネットで検索したらたくさん子宝草がでてきますよ」


そのお客さまの飼っているウサギちゃんがまたアタマの良いウサギでした。


いつもはお部屋のウサギちゃんのトイレできちんと用をたすのに、突然、あちこちでおしっこをするようになり「ひょっとしたら私を困らせるのは、わたし妊娠したのかな?」と思って妊娠検査薬をつかったら妊娠が判明して無事に出産しました。

テレビである芸能人の方が飼っているペットが突然、飼い主を困らせるのは「飼い主が妊娠してお腹の赤ちゃんに意識が飛ばないように」そういう行動にでるのだそうです。


産後もまだ話の続きはありまして、「ウサギちゃんはアタマが良いので私と主人には噛み付いたりしますが、息子には絶対噛みつきません。」

「赤ちゃんと理解しているようです。」

ということでした。


そんな話を思い出しながら久しぶりに子宝草に目が行きました。


子宝草

<2017年4月27日 子宝草>

この緑の葉っぱについているツブツブのところを持ち帰って、お水などで簡単に大きくなっていくそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.13

潜在性高プロラクチン血症と黄体機能不全の子宝漢方相談で妊娠!

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形県東根市神町の土屋薬局では日頃から不妊症の子宝の漢方相談が数多く寄せられています。

多くのお客さまに妊活の漢方相談で喜んでいただいています。


今朝はラジオから交響詩「英雄の生涯」リャヒャルト・シュトラウス作曲が流れました。

指揮バレンボイム、ベルリン国立管弦楽団。

春の季節外れの雪が降ってくる朝に「英雄の生涯」のテーマが流れます。

昨日に所要で仙台にいたのですが、錦町公園や西公園の桜が夢のようなお隣山形です。


さて


今週の妊娠報告です。

今日は2件の嬉しい妊娠、出産のご連絡がありました。

みなさま、おめでとうございます!


その1)


午前中に山形市のお客さまがご来店でした。


今年の1月からの不妊症、潜在性高プロラクチン血症黄体機能不全での子宝漢方相談


寒がり、頭痛、首や肩のこり。

目が覚めやすい。


軽い便秘。2~3日に1回


月経周期は28日周期よりも少し遅め。


1月、2月、3月ときちんと漢方を継続服用されて立派でした。


今月の4月10日、

「妊娠、陽性!」の報告でした。


来週、再度病院に行くそうですからしっかりと結果がでてくると嬉しいと思いました。


潜在性高プロラクチン血症と黄体機能不全での漢方相談で漢方を服用してから3ヶ月目でまさにトントン拍子です。

流産後からの漢方相談ですから土屋薬局の漢方、お役立ちになったのではないでしょうか。


宮城県仙台市錦町公園の桜

<2017年4月12日 宮城県仙台市錦町公園の桜>

都心のビルの谷間にある公園に咲いた桜の花です。

広瀬通りから横目に桜のピンク色が目立ったので駆けつけました。


宮城県仙台市錦町公園の桜

宮城県仙台市錦町公園の桜


宮城県仙台市錦町公園の桜

宮城県仙台市錦町公園の桜にしっとりと雨降りで傘の花も開いた仙台でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.22

陽性反応が出ました!来月は治療を休もうかと。諦めが肝腎ですね。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日も曇りの天候です。

でも最近は雪も降らずに穏やかな日々が続いています。

このままクリスマスも穏やかな天候でホワイトクリスマスになりませんように。。

さてお客さまの嬉しいお話のご紹介です。


2015年7月29日


「土屋先生、こんにちは。

やっと梅雨明けでとても暑くなりました。

そして私も生理が昨日からきてしまいました。。。

さて、先日の高温期での採血結果ですが、10必要な値のところ、プロゲステロンが1.8しかないとのことで黄体機能不全との診断でした。

今後セキソビッド一日6錠を5日目から五日間服用することになりました。


最近体温が上がりにくい&アトピーがひどい&口内炎ができるので、何となく不調は感じていましたが、自分ではストレスは減ったと思っていたので残念です。


以前娘が「お腹に赤ちゃんがおる」発言したときも、もしかしたらいたのかもしれませんが私の体調が万全じゃないので帰ってしまったんでしょうね(^_^;)

黄体機能不全はやはりストレスが原因なんでしょうか?

夏は冬と同じく苦手なので、また今期も期待せずに過ごしてみます(^^)」


土屋薬局からの回答


「こんにちは。土屋薬局です。

厳しい暑さが続いています。

娘さんと一緒に水遊びでしょうか(^^)


基礎体温表を拝見させていただきました。


低温期が36.5℃以上で高めです。


お医者さんで黄体機能不全の治療はされると思います。


当店の漢方では、むしろ低温期の卵の状態から整えていった方がいいかと思います。


基礎体温を上げるのではなく、低温期の体温が36.3℃前後に下がって、高温期との差がついた方がいいですね。

ストレスが原因ではなく、上記のようなことが考えられると思います。


今、二至丹と杞菊顆粒を使っていますが、まだ残念ながら低温期の基礎体温が高めですので、今後本腰を入れるんでしたら亀の漢方がありますので、検討してみてもいいかと思います。


子宝相談におきましては今まで高齢のかた38歳以降でなかなか妊娠できない、体外受精を何回も失敗する。


卵胞が育たない、空胞ばかり


月経周期が23~24日など短め


基礎体温は低温期が36・5℃、高温期は 37℃以上と高めで打つ手がなかなか見つからない。


このような人たちも服用できるものが◯◯◯の漢方薬です。


当店のお客様の体験では、不妊の漢方薬を服用する前は卵胞が小さいのが出ては消えていくことを繰り返していました。


そうしたところ不妊の漢方を今までの漢方薬に追加で服用してからは病院の治療で卵胞が1か月半かかってやっと7ミリだったところが、わずか1週間で14ミリに。

その後3日後には、3日で5ミリ大きくなって17ミリに。

急に卵が大きくなって成熟卵になりました。

その3日後には23ミリになって採卵できたとのことで、中医学、漢方の凄さを改めて再確認したところです。


スペシャルな不妊の漢方を服用してからは、夜が眠れるようになったし不正出血もなくなったそうです。

今後とも引き続き、良い方向に行けますように漢方相談頑張っていきたいです。」


2015年9月28日


土屋先生、こんにちは。

残念ながら、今日から生理になったようです。

基礎体温ががたがたですが、排卵はきちんとしていたようです。

今週期で感じたのは、胃もたれがひどいことです。

排卵誘発剤の影響かもしれませんが、朝は特に気持ち悪いです。

後頭部が疲れから重くなることもまだあります。


あと、生理が近づくにつれ、寝つきが悪く、トイレによく起きました。

すっぽん等の効果か、子宮内膜の厚さはいつもより厚く、排卵時には13ミリほどありました。


便の緩さはあまり変わりませんが、それでも前より良い気がします。


明日病院で甲状腺ホルモンやデュファストン服用中の黄体ホルモンの検査結果が分かるので、聞いてきます。


基礎体温ががたがたですが、炒◯◯を飲んでいた時の方がきれいだった気がするので、炒◯◯を飲んだ方がよいのでしょうか??」


2015年12月1日


「土屋先生、ご無沙汰してます。

今日婦人科へ行き、陽性反応が出ました!

来月は漢方も病院も休もうかとしていたところでした(^^)

やはり、諦めも肝心ですね。


また、すっぽんのサプリメントや甘酒きなこ豆乳など疲れを取りそうなものを摂取していました。

今は血混じりのおりものやピンクのおりものが出ることもありますが、出血はなく、胸の張りや腰の疲労感が主です。

まだ初期で超音波には何も見えず、再来週受診します。


以前安胎のために養血調経の漢方薬と補腎精の漢方薬を服用すると良いと教えていただきました」


妊娠した基礎体温表

お客さまの妊娠された基礎体温表です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.15

午前中に妊娠8週目、妊娠3ヶ月になった地元のお客さまがご来店

今日、2回目の更新です。


午前中に妊娠8週目、妊娠3ヶ月になった地元のお客さまがご来店されました。


黄体機能不全でプロゲステロンが5くらいしかなかったですので、めでたい結果で嬉しいです。


今まで山形市の産婦人科のクリニックに東根市から通っていましたが、今度出産は天童のクリニックに決まったそうです。


出産のご予定は来年の7月下旬ごろだそうです。


引き続き、妊娠中に服用できるお腹の赤ちゃんに良い漢方を継続してもらっています。

今日は漢方薬の補充でのご来店でした。

顔色は相変わらずよくお元気そうで安心しました。


ここ山形は雪国で寒くなっていますから風邪などひかないように気をつけて頂きたいです。


午後、先程のお客さま地元のお客さまですが息子さんが庄内地方で勤務していて、お嫁さんが妊娠されたそうです。

お嫁さんによって義理のお母様にあたりますが、喜んでいらっしゃしました。


毎回、土屋薬局に漢方の購入に来る度にお店のあちこちに飾っている赤ちゃんの写真を見ては「ようーし、私のところも!」と気合いを入れていたそうです。

意外な事実判明でした。


お嫁さんの妊娠が分かったときには一晩眠れなかったそうです。


でも、でもきっと娘のときには一晩どころではすまないわよ。

もう3日間くらい眠れいないかも。。。


実の娘とお嫁さんは違うわよね。


お正月に会ったら、もう母子手帳は持っているかしら?


というご感想でした。


ご主人様のお嫁さんもちょうど来年の7月の出産の予定なので、偶然にも最近、妊娠が分かった人たちがいるんだなあと思った次第です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回…早発閉経、第二子不妊

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日も雪降で昨年と違って冬らしい風景になっている山形です。

もう今日で12月15日、あと2週間で年の瀬ですから早いものですね。


さてだいぶ時間が経過しましたが11月22日に行われた中医不妊症お茶の間講座「薔薇」第3回の講義をまとめてみたいです。


今回は2つの中医不妊症の漢方検討会でした。

症例1)


主訴:早発閉経、採卵できない 30代の主婦の方


生理不順、初潮から年に1~2回程度。

ピルで生理を起こしている。

<体外受精(ART)の治療>


「ジュリナでFSHが下がれば採卵できるかも」と婦人科の先生


ジュリナを服用しつつセロフェンの隔日投与


しかし反応がない状態でFSHが上昇してしまいプレマリン、ノアルテンでリセット


セロフェン3~4日に1錠、エストラーナテープ2日に1回2枚貼ります。

+ジュリナ6錠プラス


LHが高いのでアンタゴニストを注射


卵胞みえずリセット


セロフェンは4日に1錠ペースにするとFSHは上昇しませんでした。


小さい卵胞がみえましたが、途中で卵胞がみえなくなった。


ピルでFSHが下がるが、ピルを中止するとFSHが上がります。


今後、IVA(原始卵胞体外活性化法)ができる不妊クリニックへ転院しようかどうか迷っています。


IVAとは体外活性化( In vitro activation)のこと。

体外に取り出した卵巣組織にある操作を加え、卵巣内にある卵子(発育開始前の原始卵胞)を体外で成長開始させ自身の体内に戻す新技術、1978年の体外受精、1990年台代の顕微授精に次ぐ不妊治療の革命と期待される治療法です。



この場をまとめるテューターの康先生から、(私の師匠の中医師の先生の1人。年齢を重ねる度に若返ってくるというリアル中医学なレジェンドです)。


検査値について→E2は60くらい、FSHは1桁代、LHはFSHより低いことが望ましい。


排卵誘発の失敗したときにはアンタゴニストで抑える。


E2が200以上になると卵胞1個はふつうはあるが、卵胞がみえないときには失敗。

甲状腺の数値に関して TSH 不妊症でなければよいが、不妊のときには2・5以下が望ましい。

甲状腺機能低下症

一緒に討論会に参加した漢方薬局の先生方は北から南へ多数いらっしゃいましたが、いろいろと漢方アドバイスがありました。

1人の先生は「もっと胃腸のちからを考慮してみたらいかがですか?」という意見もあって、私もなるほど。と思いました。


引き続き担当の薬剤師の先生のところで漢方相談していきます。



症例検討その2) 30代 第二子希望


BMIが18・6

標準体重の86%


BMIは 90%以上はあったほうが望ましい。

体づくりも大切。


多発性子宮内膜ポリープ

→エイジングにより子宮の環境が悪くなりやすい。

子宮の老化、血行不良、子宮筋腫も増える。


月経周期 28~35日 →排卵に関係がある。


黄体機能不全→卵の力がない、排卵にも影響する。

基礎体温の低温期が高い→卵巣機能低下→高温期低い


生理周期が遅れる場合には、気血不足、腎陽不足


※夫婦関係を良くしてタイミングを増やすこと


土屋の意見→病院でクロミフェン、デュファストン、ゴナールエフ(HMG注射)など不妊治療をされていますので、もっと気楽に病院の治療に伴奏を奏でる程度の漢方の併用でもいいかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.21

「妊娠5ヶ月」で来年の3月に出産のご予定だそうです。

40代のお客様の基礎体温を見ていて、いつもは「月経周期が短め」「28日以内」で生理も来ることが多かったですので、前回は月経終了後の「卵胞期」いわゆる「低温期」に重点をおいて、より「基礎体温が低温期36・5℃以上で高め」「月経周期短め」の漢方対応をするために亀鹿仙(きろくせん)など、ゴールデントリオのような「亀ちゃん漢方」をお勧めしたところ、今周期は「卵胞期の基礎体温がスッと下がって36・5℃以下になり」同時に、月経周期も伸びてきて「周期20日め前後」でまだ低温期が続いている状態でした。


そこで「高温期」「黄体期」が手薄で、以前に通院されていたときにHCG注射、プロゲステロンなどでも高温期があまり安定していませんでしたから、従来の「高温期」の漢方処方にプラス 「マカ」をお勧めしていたところ、薬品レジのほうに20代なお客様が来店されました。


スタッフから「ちょっといいですか?」と言われて「渡したいものがあるそうです」とのことでした。


妊娠したお客様から頂戴したもの


話をお伺いしますと「妊娠5ヶ月」で来年の3月に出産のご予定だそうです。


保育士さんで「不妊」のストレスが多いお仕事なのとご姉妹のお姉さんのほうが先に妊娠されていたので、「焦り」がありました。


わたし、男性ですけど十分にそのお客様のお気持ちがわかります。


昨年の平成27年(2015年) 9月4日が初めての漢方相談でしたが、結局、1年後の9月には「妊娠半年」という素晴らしい結果になりました。


頂戴したものはご実家で採れた果物でした。


ほんとにどうもありがとうございました。


いろいろと身の上話もたくさんお聞かせして頂いたので、20代のお客様の状況はよく分かりますので、嬉しかったです。


漢方相談コーナーに戻って40代のお客様に「漢方相談中に妊娠されたお客様が来るのはラッキーですね。これは朗報につながりやすいです」と、再度高温期の漢方の周期療法について説明差し上げました。


20代のお客様も最後の妊娠前の周期には周期療法で「月経期」「低温期(卵胞期)」「黄体期(高温期)」と分けた相談で病院のクロミッドと併用して、めでたく「流産」も乗り越えられました。


ここは特に「土屋薬局オリジナルマカ」の自慢話ではありませんが、20代と40代の方では「使う量」が違ったりします。

そのことも40代のお客様に説明しました。


お客様の基礎体温はだいぶ整えってきました。

基礎体温は中医学の「腎気(じんき)」つまり「若さと美しさ、女性の健康」のバロメーターです。


今後ともお客様とともに粘り強く、根気よく漢方相談していきたいです。


20代のお客様はわざわざ「妊娠のご報告」のために遠方からお車で来店されましたので嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.14

以前の会社の同僚が赤ちゃん出産して半年。漢方での不妊の体質改善あったと思う

午後の散歩が終わったら役所の方がきて管理薬剤師としてお話をお伺いして、その間にずっと待って頂いた新規のお客様がいらっしゃいました。

管理薬剤師になったので責任もって頑張ります。


で、ここで話は終わりではなくて、その後の漢方相談、山形市内からの20代のお客様で、ちょうど排卵誘発剤のクロミッドを月経周期5日から服用して月経周期19日目。


基礎体温は低温期がだんだんと高くなってきて36・5℃を超えています。


若いかたですから、生理周期が26日から45日まで幅があり生理不順気味、バラバラ。


Pのプロゲステロンも10以下、8ぐらいで黄体機能不全気味。


ヒューナーテストの結果も悪くて、今度は坑精子坑体の検査も進められた。


と、ここからの漢方相談でした。


生理前に胸が張りやすい、1周間前から。

イライラも1周間前から。


中医学では、生理前の胸の張りを伝統的に重要視しています。


またまだクロミッドを服用しても排卵していないので、排卵もスムーズに行くように山形県の県花「紅花」配合の漢方で理気活血も疏肝理気、養血調経と同時にお勧めしました。


帰りがけにお話がいろいろとお客様からでてきました。


「私と以前同じ会社で働いてた同僚が赤ちゃん出産して半年でした。先日に赤ちゃんに会いにいったら、土屋薬局での漢方薬で不妊の体質改善できて妊娠出来たと思う、絶対、漢方の力があった」

と土屋薬局を「イチオシ」してくれたそうです。


ありがとうございます!


「ちょうど私と同じ年だし、主人が一回り違うところも一緒だし。年上だし。そしてなかなか赤ちゃんが出来ないね」と2人で語って励まし合っていたそうです。


思わず新規のお客様には「これから真打ち登場ですよ」と「大物はこれから妊娠ですよ」と励まし、また朱良春先生のご家族からの教え「こころの養生法」の世界をご紹介して、養生法では「早寝」のこと。


サプリでは「葉酸」などがいいことなど日本不妊カウセリング学会認定不妊カウンセラーとしても(薬剤師でもありますが)、過去の研修会での資料なども一緒にお客様と見て説明させて頂きました。


今後とも早めに妊娠、出産になって頂きたいです。



次の記事は「追記です。仙台から、もし「来店を希望されるお客様」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.08

不妊症の年代別子宝漢方相談…その7 月経先期(月経過多) 月経周期が短い、早い

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は天気予報どおりに12月とは思えない暖かな一日でした。

昨日も穏やかな晴れた一日で、もちろん積雪などありません。


そんな天候の良い日に土屋薬局がある山形県のお隣の宮城県から、いつも当店を漢方相談でご利用頂いているお客様がご家族で来店されました。


可愛らしい娘さまとご主人のお母様もご一緒でした。


仙台からの漢方のお客さまから頂戴したお土産

仙台ゆべし、かもめの卵、けっこうなもの頂戴しました。

お菓子、スタッフで分けて美味しく食べました。

ありがとうございました。


スタッフと


「お客様に来店して頂けるだけ有難いのに、しかもお菓子まで頂戴して…」と恐縮しきりでした。


cherry


さて長期シリーズになっている「不妊症の年代別子宝漢方相談」です。


前回は「不妊症の年代別子宝漢方相談…その6 月経不順(後期):卵巣性の基礎体温の特徴 Ⅱ」でした。


今回は「月経先期(月経過多)…月経周期が短め」の巻です。


「月経先期(月経過多)」


機能性:黄体機能不全

器質性:子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮内膜増殖症、子宮肉腫、子宮内膜ポリープ


○生理周期の変化


生理周期 < 24日(低温期、高温期ともに短い)  あるいは月経期間が>8日間以上続くこと


BBT特徴:

BBT二層性、排卵後BBT緩慢上昇


○ホルモン:

排卵後8日目のプロゲステロン、黄体ホルモンが低い


12~14日の高温期の漢方対策は、まず参茸補血丸で。


+谷の対策  参馬補腎丸、心脾顆粒など


心脾顆粒など高温期が落ち着いてくる。


(余談)

ニキビに晶三仙を2包×3回でお肌がきれいになったお客様がいて大いに喜ばれました。

晶三仙だけというとてもシンプルな方法でした☆


apple


また次回に続きます。


私の感覚でいえば普段から子宮腺筋症のかたの漢方相談が多いですから、子宮腺筋症のかたは月経周期が24日前後と短いようなイメージがあります。

そこをうまくカバーして生理痛の軽減、過多月経の解消、妊娠出産なども目指していきます。


大森山と若木山

<2015年12月7日>

昨日の神町(じんまち)から眺めた山々です。


木村ストアの看板と黒伏山の眺め

異様な迫力があるのは黒伏山周辺です。

あのそそり立った山のかたちは畏怖さえ感じるほどです。


0神町小学校、天童の水晶山、面白山付近

神町小学校、天童の水晶山、面白山付近


村山の甑岳は雲隠れ

村山の甑岳は雲隠れ


若木山と神町小学校

遠くの山々はすっかりと雪化粧になりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.29

POF(早発閉経)の漢方検討会…悪性リンパ腫、急性骨髄性白血病

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日の2015年10月29日は午後から東京から何先生をお迎えして、漢方ミニ勉強会を店内でします。

最近は妻がおもに黄帝内経素問を習っていますが、私も何先生のお陰で中医学の理論が肌身につきました。

中医学、つまり漢方医学の勉強は読書など本も読むことも大切ですが、分かっている優れた先生から口伝で習うことも大切です。

ちょっとした一言が印象に残って、後々まで記憶に残り、それが漢方相談のときに力を発揮することもございます。


さて、一昨日の火曜日の夜に中医不妊症お茶の間講座 薔薇グループ POF(早発閉経)の中国漢方対策を勉強しました。


いまは体外受精などの地域で有名な不妊専門の体外受精に力を入れているクリニックに通って、排卵誘発、採卵に挑戦している方も多い時代ではないでしょうか。

アートクリニックとか多いですよね。


0051029

<2015年10月27日火曜日> 20~22時


3名の全国の不妊症に強い漢方薬局の先生方が症例を発表されました。


POF(早発閉経)の漢方検討会にて私がメモしたこと、印象に残ったことをログしていきたいです。



1)39歳 2人目不妊 無月経


向精神薬を服用していて、できるだけ減らすような方向で努力しながらお子様を授かる治療をされています。


漢方薬は、婦宝当帰膠、心脾顆粒、麦味参顆粒、甘麦大棗湯など


<テューターの陳先生からのまとめです>


1つは漢方薬で生理周期、月経周期を整える事


プロラクチンが高い可能性がある。→高プロラクチン血症(または潜在性高プロラクチン血症)は排卵障害、黄体機能不全になる可能性がある。


炒麦芽(いりばくが)を多めに使う。


漢方薬の理気(りき)も必要…逍遥丸(しょうようがん)など


肥満の場合には痰湿(たんしつ)だから、排卵障害、黄体機能不全にもなりやすい。


化痰(かたん)が必要…温胆湯がいい、痰湿(たんしつ)をとり安神効果がある。


またはチャガもいい


主人も大事…奥さんだけの問題ではないかもしれません。


気血不足(きけつぶそく)…肝(かん)は蔵血(ぞうけつ)、疏泄(そせつ)作用がある。


逍遥丸(しょうようがん)は補血理気(ほけつりき)なので女性のうつ症状に一番とよい


逍遥丸は積極的に使うべき


+炒麦芽


漢方薬の温胆湯(うんたんとう)も眠れないときには、昼夜などに加える。


本人の症状に合わせて漢方薬を使い分ける。


顔ののぼせ→気滞血淤で加味逍遥散がいい

または逍遥丸


足は冷たいので本質は「熱」ではない。


補腎(ほじん)  排卵前には亀鹿仙(きろくせん)など


ずっと飲むもの…婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、逍遥丸、補腎薬(ほじんやく)

+症状に応じて加減するもの…温胆湯など


うまく本人の症状に漢方薬を合わせていくべき



2)40歳 結婚8ヶ月 若いときに無月経になったことがある。


<テューターの陳先生からのまとめです>


稽留流産…卵の質が悪い、精子の質が悪い。

または40歳以降など年齢の問題


甲状腺機能も考慮する。


瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)→すぐに使わない、舌診と合わせて使う、陰虚火旺に


BBTが高くても、寝るのが遅かったり、起床が遅いとBBTが高くなる。



○会員店の先生からの質問


「亀鹿(きろくせん)と瀉火補腎丸の使い分けは?」


○テューターの陳先生の回答


「亀鹿仙は補陰がメイン、陰虚陽亢(いんきょようこう)に。

つまり陰と陽が仲良くなる。

熱を取り除くのではない、正常に戻すこと。

体を冷やしたり、性腺軸を抑制するのはよくないです。」



3)悪性リンパ腫にかかって化学療法、幹細胞移植のために放射線を浴びて月経が止まったかたや急性骨髄性白血病などにかかって以上の理由から早発閉経(POF)になった方など。POF(早発閉経)の漢方対策は?


<テューターの陳先生からのまとめです>


若いときに悪性腫瘍になった。

以上の方たちの規則性はない。


中国漢方では先天的な腎虚(じんきょ)と考え、補腎(ほじん)が大事。


免疫力も考える。


長期間生理が止まる…腎虚+気血不足+瘀血おけつ(淤血の場合にはピルの長期服用が原因だからメインの証ではない)


おもに虚がメイン


補腎精+陰陽双補(いんようそうほ)


漢方薬の参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は非常に良い。


化学療法の副作用を軽減する。


双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)もとても良い。


化学療法は熱を生じる→陰虚が進む→まずは補陰(ほいん)


元気がなければ補陽(ほよう)も必要


服用方法の一例


Aパターン   朝は漢方の補陽、夜は漢方の補陰


Bパターン   ある一定の程度漢方薬で補陰(ほいん)して、その後に漢方薬の補陽薬(ほようやく)で月経周期を作っていく


以上、POF,早発閉経などを含む中国漢方式漢方対策の漢方薬局勉強会のまとめでした。


POF・早発閉経に効く漢方薬、妊娠」 

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策/FSHが高くてAMHが少なめの漢方対策/卵巣機能を高める

こちらの記事も参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬