カテゴリー「活血化淤の応用」の記事

2010.06.25

子宮筋腫の子宝の不妊症の漢方対策について。中医学では

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


サッカー日本代表、3対1で興奮冷めやらぬ日本列島で睡魔と戦いながら仕事をされている方もいるかもしれません。

さて、お客様からメールで子宮筋腫の不妊症の漢方対策について問い合わせがありました。


山形県東根市神町の土屋薬局では日頃から不妊症の子宝の漢方相談が数多く寄せられています。

多くのお客さまに喜んでいただいています。

病院での不妊治療がうまくいかないことで西洋医学一辺倒から東洋医学、不妊症への漢方パワーを期待されるお客さまが増えてきました。


以前に子宮筋腫では「子宮筋腫、不正出血」のところをアップしていますので、今回は筋腫がある方の不妊症での妊娠を目指す漢方療法について記してみたいです。


「子宮筋腫の漢方。不妊症の子宝対策について」


1)月経周期のリズムに合わせて、肝脾腎(かんぴじん)の陰陽気血(いんようきけつ)の失調を調整して、子宮筋腫の源から対処していく方法です。

2)活血化淤(かっけつかお)、消び

3)兼証も改善する


以上により、妊娠促進を最大限の目標とする。



1)卵胞期の原則 「養血滋陰(ようけつじいん)、化淤消び」

補腎薬を中心にする。たとえば、参茸補血丸とか杞菊地黄丸など。

+活血化淤の方剤(冠元顆粒や弓帰調血飲第一加減など)

下腹部痛、舌が紫暗で、淤点淤斑など、淤血が重い場合は

+爽月宝や水快宝など


2)排卵期の原則  「補腎整気血、化淤消び」

たとえば上記の方法に +冠元顆粒や逍遥丸、開気丸など


3)黄体期の原則  「補腎助陽、化淤消び」


たとえば参茸補血丸とか海精宝などに弓帰調血飲第一加減

淤血が重いときには破血化淤(爽月宝、水快宝)

月経前に胸が張って痛い、煩躁などのとき、+逍遥丸などまたは麦芽を炒ったもの



4)月経期の原則  「理気調経(りきちょうけい)」


月経量によって2つのタイプ


○月経量が普通の場合は 「理気活血、化淤消び」

たとえば弓帰調血飲第一加減+破血化淤(爽月宝)


○月経量が多い場合は 「化淤止血(かおしけつ)」


気虚出血:「健脾益気摂血」 

帰脾湯、田七人参など

血熱出血:

血熱を冷ます大黄製剤、田七人参など


メールマガジンには http://bit.ly/dgBY5x こちらで登録

土屋幸太郎ツイッターには http://bit.ly/aHyGOH こちらでご登録お願いします。

つねに最新の情報発信をしていきたいです。

我が家の庭 ドクダミ"

<2010年6月24日 我が家の庭 ドクダミ>

我が家の庭 ドクダミ

毎年この季節はドクダミの花が印象的です。

ちょうど父の日前後に咲いているんですよね。

ああ、また季節が駆け足で過ぎ去っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.17

子宮外妊娠後の漢方相談

こんにちわ、土屋です。


子宮外妊娠で、流産された方の相談を昨年2月にお受けしました。


子宮の右側の間質部に絨毛の組織が残っているとのことで、

1)次回の出産時は、帝王切開となる。

2)右の卵管をとりたくない。

という相談でした。


絨毛が残っていると、つねにHCGが高くなること。

ごくまれに、悪い組織にもなることがあるそうです。


という真剣な相談で、私も初めて相談する内容でしたので、
必死になって考えました。

淤血(おけつ)を解消することを目的にしました。


○当帰(とうき)製剤

○丹参(たんじん)製剤

○水蛭(すいてつ)製剤

と3つお勧めしました。

その後、2~3ヶ月お続けになっていて、連絡が無かったのですが、
今年になって、最近連絡を頂いたところ、病院で経過観察をしているが、
結局 卵管の切除をする必要が無くなったとのことでした。

今後は、まだ前回の妊娠のときの絨毛組織が間質部に残っているので、
つまり子宮が完全にきれいになっていないとのことで、
再度 活血化淤(かっけつかお)を中心にお勧めすることにしました。

経過がより良くなれば、と期待しています。

Imgp1541080117

<2008年1月17日 若木(おさなぎ)神社は雪模様>

Imgp1546080117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.13

男性不妊。精子の運動率9%が49%となりご出産!体外受精の漢方相談で

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今週の月曜日に、不妊症の子宝の漢方相談をされた奥様からお電話がありまして、「体外受精で14個採卵できて、胚盤胞まで行くことが出来て、今回は1個戻しました!」ということでした。

男性不妊のご主人様の精子は、前回、精子の運動率が9%だったのが、漢方服用後の今回は49%になったそうです。

ちょうど9月からのご相談で、約4ヶ月間はしっかりと漢方を服用されていましたので、だいぶ調子が良い結果なので、私も良かったなあと思いました。

ご主人様と奥様も、お二人とも、舌には淤斑(おはん)といって、舌が暗い感じで、紫色または暗い感じの「シミ」のような斑点が舌の両脇にとくに多く見受けられます。

夫婦で同じものを食べて、同じ趣味で、同じような生活をしていると二人とも体質が似ていることが多々あります。


漢方では淤血(おけつ)といって、血液がドロドロで血行不良がある感じのご夫妻も多いもので、そのお客様カップルも同様に見受けられました。



<ご主人様は、手足の裏が火照って、汗をかきやすいです。

とくに夜に手足の裏が乾燥しやすく、それで眠れなくなったり、イライラもしやすいです。

いわば焦燥感があります。

10数年前から症状が続いているそうです。>


男性不妊のご主人様には、お肌の乾燥を良くして、精力をつける男性不妊の漢方薬をお勧めしました。

ご主人様には3種類の男性不妊の漢方薬「で、奥様には2種類の不妊症の子宝漢方薬でした。


1つは、お二人共通の漢方として血府逐淤丸(けっぷちくおがん)という漢方薬をお勧めしています。


血府逐淤丸は体を必要以上に温めすぎない駆淤血剤といって血行を改善し、体内の淤血(おけつ)を除去していくものです。


男性不妊の「ご主人様シフト」であくまでご主人様の精子の状態を改善することメインにした漢方相談で、二人とも明るくてとても相談がしやすかったです。

さて、その後、ご主人様はどんどん症状が良くなって、手足のほてりやのぼせ、イライラ、夜のお肌の乾燥、痒みなどがすっかりと良くなりました。

夜にトイレも、2回お小水に行っていたのが、0~1回まで改善されました。


そのような過程で、今回の精子の結果にもつながりましたので、やはり漢方は、「一人一人の体質にあった漢方相談」が大切だと思いました。

以前は、医療機関からも漢方を処方されていましたが、それは「体を温める漢方」でしたので、服用すると逆に体調に合わないものでした。


漢方でお勧めしたものは、


1)体をクールにして火照りを冷まして血行を良くする。

2)補腎で精子に効き目をだすが、体を必要以上に温めない。

3)お肌に潤いを出して、同時に精子を良くする。

これらを念頭においていました。


今回は、漢方相談をしっかりする大切さを私も勉強になった話でした。


(手足の火照りや寝汗、イライラなどは、陰虚(いんきょ)という症状と同時に、淤血(おけつ)という血液の巡りが悪い場合があり、このお客様の場合には、「淤血(おけつ)」と判断して漢方薬をお勧めしていきました)

<2013年4月12日漢方追記>

その後、めでたくお客様ご出産されていらっしゃいます。

どうもおめでとうございました!


男性不妊の精子の漢方相談/男性不妊。漢方の暑がりタイプ?冷え性タイプ?」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.19

子宮頚部異形成の漢方対策

おはようございます。土屋です。

今日は、10月13日の何(ふ~)先生の漢方相談会で、マンツーマンで教わったことのメモ書きです。

箇条書きでいきます。



白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)は、五行草(ごぎょうそう)の力が弱いときに、皮膚病に使う。

五行草は、皮膚病と腸に効く。

下痢の菌にも良い。


湿疹とは、「腸の汚いもの」が原因だから、腸をきれいにするものは湿疹に効果的。

五行草は、腸をきれいにするイメージ。

星火健脾散(せいかけんぴさん)と合わせると効果的。

星火健脾散は、平性で、胃腸を保護する。


アトピーの人は、冷たい牛乳をよく飲む。

大きなタンパクで、腸に負担がかかる。

冷たいから、腸の滞在時間も短い。


五行草がとってくれる。



インフルエンザの時期に、板藍茶(ばんらんちゃ)を涼解楽(りょうかいらく)に合わせて使う。



白花蛇舌草→皮膚表面の免疫細胞を強くする。

(もともとは、中国では白花蛇舌草は大腸ガンや悪性リンパ腫などリンパのガンなどに使用されている)



五味消毒飲(ごみしょうどくいん)は、夏の飲料。

黒砂糖を入れると、→体を温める、胃腸保護、養血。などの意味がある。


光州では、コカコーラよりも五味消毒飲飲料が売れている。

日本では、五味消毒飲+婦宝当帰膠などの組み合わせが考えられる。

土屋薬局では、婦宝当帰膠と組み合わせるといいでしょう。

(婦宝当帰膠は、その場合には、少量で良い)


※五味消毒飲は、日本では五涼華(ごりょうか)として発売されています。



子宮筋腫→活血化淤(かっけつかお)+白花蛇舌草

五味消毒飲+弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)も考えれる組み合わせ。


何先生の東京での相談の体験では、二人のお客様の子宮頚部の細胞異変(子宮頚部異形成)に、たとえば弓帰調血飲第一加減などの活血化淤に白花蛇舌草または五味消毒飲で、4A→1Aに(5Aはガン)なったので、とても喜ばれた。

二人とも、最初から「ガン」とは言わなくて、普通の漢方相談だったが、結果的にガンの恐れが消えて喜ばれた。


女性の子宮の病気は多い。



BBTが高めの相談。


天王補心丹(てんのうほしんたん) 心(しん)

潟火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう) 肝(かん)

潟火補腎丸(しゃかほじんがん) 腎(じん)


心肝腎(しんかんじん)の君火、相火を同時に抑えた結果、BBT(基礎体温)が下がって、おりものがいっぱい増えた。

40代の人で、とても喜ばれた。

Imgp0540071019

<2007年10月18日撮影 「金木犀」 散歩していると秋の香りがしてきます>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17

子宮内膜ポリープと漢方

掲載許可を頂きましたので、報告させて頂きます。


8月8日に頂いた報告です。


お客様から頂いたメールです。


「東京も先日ようやく梅雨が明け,夏日が続いております。

20日程ホルモン剤を服用し,昨日検査したところ、ポリープが小さくハッキリとエコーに写らなくなっていました。

私は正直どうせ手術になるだろうなと思っていましたが,ビックリしたと同時に嬉しさでいっぱいです。

漢方の効果もあったのではと思っています。

ありがとうございます。」


Mさま 31歳 の嬉しい話でした。


今年の5月18日からのご相談で、Mさまはチョコレート嚢胞も右の卵巣に2センチほどありましたので、淤血(おけつ)を解消する漢方薬を2つ服用されていました。


6月19日時点のときの相談頂きました内容です。

「体調はお陰様で変わらず,生理周期も規則正しく,産婦人科でもホルモン検査等問題ないと言われました。

先日通水検査を受けたところ,卵管の通りも良いそうです.

ただ,通水検査で子宮内膜にポリープが見つかりました。

先生が言うには,生理の度にきっちり内膜がはがれず残ってしまったりしたものがポリープの原因だと言うことです.

着床しにくいのが妊娠しにくい原因じゃないかといわれました.

ポリープは良性で一安心です.

今月生理が来たらホルモン剤を飲んで,内膜を厚くし,生理と一緒にポリープがはがれるかもしれないので,産婦人科ではその治療を進める事になります.

薬ではがれなければ,手術で掻爬することになります.

漢方は続けたいのですが,どうでしょうか?」


6月20日のときの相談内容です。


「ポリープもやわらくなって生理と一緒に剥がれてくれればと思います。

漢方を飲み出してから骨盤体操も始めました!

なんだかいい感じです。

飲み出した当初は吹き出物が出ましたが今はなくなってます。」

ホルモン療法で生理を起こすことと、淤血(おけつ)を解消する漢方の併用でうまくいったお話です。

今後とも、Mさまの更なる良い結果を願っています。


Imgp8952070817_2

<2007年8月16日撮影 綿(わた)の花が咲きました>


Imgp8948070817

<綿のつぼみです>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

周期療法における活血化淤の応用(7)

活血剤の比較です。


1)冠元顆粒(かんげんかりゅう)→気滞血淤(きたいけつお)の基本方剤

2)血府逐淤丸(けっぷちくおがん)→気滞血淤(偏熱)

基礎体温↑、のぼせが強い

3)弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

若干、補う作用がある。

気血水を一緒に治療する。

調経止痛。血府逐淤湯や桂枝茯苓丸の成分が入っている。

むくみ、生理前の下痢、卵巣の腫れ、舌の苔が多い。

4)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

ゆるやか。

5)爽月宝(そうげつほう)→寒凝疼痛(かんぎょうとうつう)

6)水快宝(すいかいほう)→破血消腫(はけつしょうしゅ)

淤血が解消されないとき+田七人参(活血止血養血)


Imgp8830070814

<2007年8月14日撮影 おくらの花

Imgp8846070814

<これも自然の神秘 「綿(わた)」の蕾です>


Imgp8859070814

<観葉植物に朝顔の種が飛んだのでしょう。伸び伸びと咲いています>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.11

周期療法における活血化淤の応用(6)…子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、卵管癒着

だいぶ間が空いて、月日は流れましたが、婦人科の漢方や頭痛や肩こり、神経痛においても、活血化淤(かっけつかお)の重要性は変わらず、日増しに私の漢方の中では、重要な位置を占めるようになっています。

最近、医療関係の専門職の先生から、「私の子宮腺筋症が西洋医学では切除するしか方法がないのに、ここまで漢方で手術をしなくても済んでいることは、凄いことです」と嬉しいコメントを頂きまして、やはり活血化淤(かっけつかお)の方法はとても大切だと再認識しているところです。


さて、「周期療法における活血化淤の応用」を進めていきます。



A)周期療法における活血化淤応用の基本原則


1)機能性不妊は周期療法をベースに活血化淤を、おもに月経期と排卵期に使う。


○月経期→去淤生新(きょおせいしん)

生理は排泄だから、排泄を促進して新しいものが生まれるようにする。

子宮内膜をスッキリと排出して、次のステージの排卵に備えていく。


○卵胞期→補腎養血(ほじんようけつ)

補腎(ほじん)と補血養血(ほけつようけつ)で、卵胞を育てていく。

畑に種を蒔くような時期で、睡眠も大切です。

夜は11時ごろにはお休みになって、質の良い卵が育つようにします。

午後11~午前2時ごろは、女性ホルモンの分泌が良くなります。


○排卵期→補腎活血(ほじんかっけつ) 去淤生新(きょおせいしん)

スムーズに排卵すれば、淤血(おけつ)がとれる。


排卵をスムーズにするには、気の巡りを良くしたり、血液の巡りがスムーズになるようにする。

妊娠しやすくするための方法。


○黄体期→補腎温陽(ほじんおんよう)


補腎(ほじん)して、高温期を保つ陽気のエネルギーをアップしていき、妊娠しやすくする。



B)周期療法における活血化淤の基本原則

2)器質性不妊は活血化淤を中心に周期の変化を考慮して加減することが多い。


たとえば、子宮筋腫、卵巣嚢腫、PCOS、子宮内膜症、子宮腺筋症、内膜が薄い、卵管癒着、卵子のピックアップ障害、抗リン脂質抗体陽性、月経痛、慢性腹痛、周期性頭痛など。


淤血(おけつ)の病理特徴によって、理気活血(りきかっけつ)、温経散寒(うんけいさんかん)、活血(かっけつ)、化濁(痰湿)去淤通絡、温陽理気活血(うんようりきかっけつ)および化淤消腫散結(かおしょうしゅさんけつ)などの方法を選択する。


子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらも参考になりましたら、幸いです。



C)周期療法における活血化淤の基本原則


3)原因不明の難治性不妊、またはホルモン療法中治療後の方は、器質性不妊に準じて活血化淤(かっけつかお)を使う。


4)活血化淤は瀉(しゃ)の方法であるため、年齢、周期、体質体調などを考慮して、方剤および使用量を加減し、また、補腎益気養血(ほじんえっきようけつ)などと併用することが重要。


○年齢が40歳を超えている。

○35歳前後だが、不妊治療を5年しても妊娠できない。

治療暦が長い場合には、淤血(おけつ)の存在を考慮する。

○活血剤は、消耗も考慮する。


我が家の朝顔

<2007年8月11日 我が家の朝顔>

夏水仙

夏水仙、大きくなりました>

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.09

出産お祝いです。

30代前半のお客様から、昨日に連絡ありまして、
今年の1月に可愛いお子様を出産されたそうです。

漢方を飲んでいたせいか「看護師さんに臍の緒が太い」と
誉められたそうです。


二人目不妊で乳腺症(のう胞)もありました。


平成17年からのご相談だったのですが、
「乳腺症」対策としましては、


1)活血化淤(かっけつかお)→乳腺症の嚢胞の塊を解消するため

2)疏肝理気(そかんりき)→端的にいえば、「ストレス解消で気持ちの流れをすみずみに良くすること」です。その結果、気持ちの流れと血液の流れが良くなるので、乳腺症が良くなりやすいです。あとは、もう一つの考えからは、「お乳」の周りは「肝臓の経絡」が通っていますので、「肝臓の生薬」を配合させると効果的です。


活血化淤の「血液サラサラ」関係の漢方「二本立て」と「疏肝理気(そかんりき)」も「二本立て」でいきました。

その結果、2ヶ月後には、乳腺症も治られて、
ご懐妊されまして今回の良き結果となりました。

アルバム進呈でございます。

今日、明日にはご自宅にお届けになると思います。


他にも、乳腺症のかたで、やはり1ヶ月間くらいで治ったかたもいます。

最近は、産後の相談で体調を整えたいという内容も多くなってきました。


お祝いの写真は、2006年5月3日の撮影です。

またパソコンが壊れてしまいまして、(今度はキーボードが外れてしまいました)、
修理に出しますので古いパソコンにデータを移動して仕事しています。


そのパソコンにたった一つあるピクチャーファイルから。

(前回の「おめでとうございます。K様のご懐妊」の写真の続きです。
ということは、それだけパソコンが壊れているっていうことです。苦笑)


「北国の春」


Imgp0079060503

<2006年5月3日 「山神社の桜 豪華絢爛」


Imgp0084060503


Imgp0089060503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.31

周期療法における活血化淤の応用(5)

だいぶ間が空いてしまいましたが、
周期療法における活血化淤の応用(4)」の続きです。


周期療法における活血化淤の応用

「婦人科における活血化淤の意義」


1・子宮収縮促進(月経排泄促進)


生理痛の改善には、活血化淤(かっけつかお)で淤血(おけつ)を解消します。


2・女性ホルモン様作用(ホルモンバランスの調整)


3・子宮内膜血液循環改善(内膜増殖改善)


内膜が厚すぎるときの改善に↘
                   着床障害の予防に
内膜が薄すぎるときの改善に↗


4・抗酸化(着床障害予防)


体外受精を何回しても妊娠できない

活性酸素が邪魔をしている。(1つの説)


バイアスピリンやバイアグラなどの副作用は、漢方は無い。


5・血栓予防(流産予防)

胎児に血液がいきわたれば、赤ちゃんは成長していきます。


6・排卵促進

気血(きけつ)のめぐりが良くなる。


7・性ホルモン受容体の活性化(性腺軸機能調整)


重要→体内、卵巣、子宮の活発化

受容体の働き↓ 補腎の働き↓


8・鎮痛作用

「不通則痛(ふつうそくつう)」

通じざれば、すなわち痛む です。


流れていないと、痛みがでます。

血液からの酸素や栄養が行き届かないからです。


9・消炎作用


慢性の炎症には、清熱解毒(せいねつげどく)+活血化淤(かっけつかお)


10・消腫作用

桂枝茯苓丸、爽月宝、水快宝など。


11・卵管疎通作用

卵管の癒着や炎症を活血化淤(かっけつかお)によって改善する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.22

排卵期には不正出血や排卵痛。生理痛、高プロラクチン血症の漢方相談

こんにちわ。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

さて、先ほど不妊症の子宝漢方相談したお客様(20代)のお話です。


この方は、婦宝当帰膠と炒麦芽から漢方を始めました。


昨年の7月からのご相談です。


クロミッドを服用してタイミング療法をしています。


漢方服用後の経過は、



○8月


お肌がきれいになった。

低温期から高温期への上がり方がスムーズになった。

排卵期の不正出血があった。



○9月


帰脾湯(きひとう)

を追加しました。


その後、少し通院をお休みしたりもしました。



○10月


排卵期の不正出血、下腹部痛対策に、淤血(おけつ)を解消するものを併用すことにしました。


淤血(おけつ)」とは、


1)痛み

2)しこり

3)黒ずみ


ですので、排卵痛も淤血(おけつ)と考えたりします。


活血化淤(かっけつかお)の漢方薬を追加しました。



○11月

プロラクチンの値は、良くなって20台から正常値になって、15以下になりました。


生理もきちんと来て、高校生のときに戻った感じだそうです。


これは、活血化淤(かっけつかお)の効き目だと思いました。



○12月


排卵痛が無くなりました。

卵胞もスムーズに大きくなっているそうです。



○1月

先ほどのお話では、

生理痛が無かった、血塊が無くなった。

排卵期の不正出血も無くなった。


ということで、スッキリと生理が出たそうです。


今回は、ご本人様のご希望で、さらに活血化淤(かっけつかお)で、「ダブルで血流を良くする漢方処方」としました。


今回は、生理が始まってから15日間の「低温期」に服用することにします。


以前からの活血化淤(かっけつかお)の漢方は、今までどおり「全周期活血化淤」です。


今日は、やはり「生理痛が無くなること」や「生理がスッキリする」ことは漢方的な目標になると私も勉強になりました。


今後は、きっと良い結果になっていくと期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬