カテゴリー「ダイエット|漢方薬」の記事

2017.07.19

防己黄耆湯や七物降下湯など漢方。手根管症候群やむくみ、ダイエットの話題など。

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日まで所要があり今日から仕事に復帰しています。


最近の漢方相談の傾向としては先週の土曜日には、子宝漢方相談以外にも、ちょうど私と同世代またはちょっと上の先輩世代の相談が増えてきました。


家庭を持っていてお子さまも成人になった40代、50代、60代の女性の漢方相談です。


ちょうど土曜日はたまたまになりますが、子宮腺筋症があるかた、また肥満傾向にあって、むくみを解消しつつ手根管症候群などの痛みをとりたいなどの相談の方たちは「防己黄耆湯」になりました。

いまのところ、小太郎製薬さんのものを使っています。


匙倶楽部 防己黄耆湯


本剤は、体の水分代謝機能をよくし、むくみなどをとる効果がある処方です。

防已黄耆湯エキス細粒G「コタロー」

は、汗かきで疲れやすい水太りの方、体の重だるい方に効果があります。また膝や足の関節に腫れや痛みがある場合にも用いられます。


効能・効果】


体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:

肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)、多汗症、肥満に伴う、関節の腫れや痛み、むくみ


クロワッサンプラスの体質チェック表によれば、かなりの確率で土屋薬局に来店されるお客さまは「気虚(ききょ)」といって疲れやすい体質が多いようなのです。


疲れやすい=気虚の場合には、浮腫んだり、肥満になって体重が気になります。

いわゆる「水太り」です。


日本漢方のほうも父が昔の昭和30年代、40年代などの大塚敬節先生の著作なども揃っていますので、そちらもお客さまに説明してモチベーションを上げてもらってから服用しています。

とくに漢方相談料も頂いていませんし、ゆっくりと体質を説明していますのでそれが好評なのようで、7月15日の漢方相談の40代、50代の女性のお客さまたちは帰り際で速攻で2週間後の予約をとってお帰りになりました。


昔、星薬科大学で漢方講座、4年のときに選択したのですが、剤盛堂薬品の先生でした。

星薬OBの先生なので忙しいところをわざわざ戸越銀座までおいでくださって漢方を教えてもらいました。


防己黄耆湯などの商品を目にすると、そのときの様子なども目に浮かんだりするわけです。


最近、七物降下湯という大塚敬節先生創作の漢方薬の効き目も随分と良いことがわかりました。


よく中医学だと1種類の漢方よりは「合方」として複数の2~3種類の漢方をお勧めすることもあるのですが、日本漢方の精神で1つだけの漢方で40~60代の方は様子を見たりします。


そういえば、先日、お隣の県から大腸がんの術後の相談もありました。


いまは病院でも大腸がんを手術するところ。

その後の経過を診る先生。

このように、「切る先生」「診る先生」と分かれているようですので、大腸がんの術後の体調不良などで困っているお客さまがいることがよくわかりました。


私もそのような、がんの患者さんの気持、とてもよく分かりますので、真摯にお話をお聞かせして頂きました。


帰りには、お客さまの目がキラリ!と光っていたので、薬局薬剤としても嬉しかったです。


薬局薬剤師の場合には、どちらかと言うとお客さまの立場に近いほうですから、一緒に悩み、一緒に問題を解決しよう!という立場です。


ということで最近の漢方相談の模様でした。


ダイエットでいえば若い世代にありがちな内容でなくて、「来月は勤続30周年でスーツを着るのでぜひ痩せたいです」とこちらも「おめでとうございます!」とお声を掛けたくなる素晴らしさです。


40代、50代、60代の私と同世代、先輩世代の各種、漢方相談もお受けしています。


Img_7434_2

<2017年7月16日>

先日、また猿羽根山地蔵尊に行ってきました。

妻が大石田で所要があるときに、私はその待ち時間を利用して猿羽根山に行きます。

スピリチュアルを感じるところで気持が安らぎます。


Img_7435

Img_7436

猿羽根山は「峠」でもあります。


実に眺めが素晴らしいです。


Img_7437

猿羽根のお地蔵さんです。


舟形から来店されるお客さまから教わったことがきっかけです。

Img_7438


Img_7439

線香をあげてきました。


Img_7440

紫陽花が色鮮やかに咲いている猿羽根山でした。


Img_7441

当ブログの読者のみなさまも読んでいるだけで日本三大地蔵のご加護がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.25

生理不順、PCOSの多嚢胞でピルを3年服用していましたが、漢方で体質改善、出産されました!

こんにちは。

NPO法人 不妊カウンセリング学会会員、薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日、今日と山形は冷え込んだ天候で今朝はカーテンをそーっと開けましたらうすっらと雪が積もっていました。

2月は底冷えのする季節です。


でも地面からはそろそろいろいろな植物が芽を出してきていますし、池の金魚たちは相変わらず悠々と泳いでいます。


さて今日は嬉しいお話、漢方薬で不妊症克服、子宝に恵まれたお話です。



平成26年3月29日のときが初めてのご相談でした。


Sさま 28歳


PCOS、多嚢胞性卵巣症候群です。


初潮は11歳です。


PCOSの方の特徴としましては初潮から生理不順になることが多いのですが、お話をお伺いしますと「高校時代はあまり生理が来なかった」そうです。


「半年間生理が来ないこともありました」


3月3日からは生理が10日間ぐらいダラダラと続きました。


冷え性、肩こり

食欲あります。

毎日、夢をよくみます。


便秘気味です。

足が浮腫みやすいです。


ピルは3年間服用していました。


23~26歳まで、ちょうど1年前の3月にピルの服用を止めました。


排卵誘発剤も一時期試していました。


ピルを止めてから生理が来ていましたが、昨年の11月からは生理不順。


排卵誘発剤のクロミッド(クロミフェン)は3ヶ月ぐらいから効き目が弱くなりました。


ニキビはありません。


(PCOSの漢方相談で、ニキビの有無をお聞きすることは「熱」があるかどうかをチェックするためです)


ため息が多い。


LHが11・9と高めです。


E2(エストロゲン)は80ぐらい、FSHは4ぐらい、プロラクチンは 9ぐらいでした。


(LHが高いということは、FSHとのバランスがとれていなくて、これがPCOSの多嚢胞の一つの特徴です。LHが高いとブレーキがかかる感じで排卵しにくく、破綻出血もしやすく不正出血にも悩まされやすかったりします)


漢方薬は、三爽茶と弓帰調血飲第一加減の2つをご紹介しました。


お値段も手ごろで続けやすいこと。

(20代でお年頃ですから)


ダイエットにも有効で、お痩せになることもPCOSの体質改善に有効だからという理由もありました。


三爽茶は「羊も痩せた!人も痩せた!牛も痩せた!」三爽茶という意味もあり羊が食べる痩せてしまうというチベットの特別な生薬が入っています。


スギナという利尿効果が期待できる薬草やハスの葉っぱで新陳代謝を上げる生薬も入っています。


それに弓帰調血飲第一加減は気血水を発散する第二類医薬品の漢方薬ですから期待できそうですね。


三爽茶は健康茶扱いで医薬品ではありません、健康食品の分野、食品に相当しますので薬事法上、効能効果はうたえません。


さて、6月になりました。


順調に減量してきています。


排卵誘発剤も再度、服用を再開しました。


8月2日

クロミッド1錠を服用して2周期目です。


4周期やってみましょう! と担当の婦人科の医師の先生から言われています。


HCGは使用していません。


今は排卵して高温期です。

便秘で4日に一度です。


体重は2~3キロ落ちました。


三爽茶と弓帰調血飲第一加減の継続の服用です。


8月12日


◎陽性反応でした!


周期43日目、排卵してから17日目で陽性でした。


「タイミングが良かった」


犬のマスコット、進呈です。


「2014.08.12 高校時代からの生理不順で生理があまり来なくて一時はピルも服用していましたが、漢方と不妊治療の併用で妊娠できました」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


平成27年4月に元気な男の子をご出産されました。


めでたし、めでたしでした。


土屋薬局からはフォトフレームを進呈しました。


お子さまの健やかな成長をスタッフ一同、こころから願っております。


0450221

<2016年2月21日 東根市神町南>

リンゴ畑から奥羽山脈眺め


0460221

この日は乱川の鉄橋を鉄道の保守の方が歩いていました。

0470221

乱川からは残雪の葉山がうすぼんやりと眺められました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.11

漢方体験。2回流産、抗カルジオリピン抗体、子宮頚部異形成、片方卵管閉塞

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形は朝から雨降りで夜明けも暗く、妻と「まるで夜が来たみたいだね」と会話した朝でした。

一日中、雨が降る12月の日です。


若木神社

<2015年12月10日>

昨日の若木神社の模様です。

いつの間にか、参道が新しくなっていました。

大いに感動しました!

参道が新しくなっていました!


さて、土屋薬局の漢方薬のお客さまの嬉しいお話のご紹介です。



○平成26年1月30日


Sさま  35歳のときの不妊症の漢方相談でした。

お子さまは1人いらっしゃいます。


流産2回体験しています。

それぞれ妊娠9週目と妊娠7週目です。

とくに妊娠9週目のときには週数が遅かっただけに、流産のショックは大きかったです。

胎嚢が育たなかったのです。


流産のときには不正出血や腰痛などもありませんでした。


不育症の検査
では2回目の流産のときに検査の結果、抗カルジオリピン抗体の数字がでましたが、いまは下がってきているとのことでした。


子宮頸部異型性の手術を平成24年にしました。

クラスⅢでした。


左側の卵管は通っていません。

片方の卵管閉塞です。


食欲あります。

お通じも問題ありません。


生理前は吐き気、頭痛、イライラがあります。


高温期になったら吐き気


生理中は下痢にはなりません。


初潮は13歳 月経周期は32~42日 月経期間は4~5日間


排卵期のおりものは3日未満であまり感じません。


口渇、疲れやすい、風邪をひきやすい、ためいき、憂鬱、イライラ、不眠不安

肥満気味、肩こり


白髪が増えてきました。


アトピー性皮膚炎で乾燥肌です。



初めての不妊症の子宝の漢方相談のときに、漢方薬は、4種類をお勧めしました。


☆血を養って生理を整える漢方+補腎精お肌も体も潤ってツルツル漢方+脾と腎を補って手と手を結ぶ漢方+気を補い増していく上昇させる漢方


お客様の基礎体温表


基礎体温は全般的に低めの体質です。


低温期は36℃を切るときもあります。

高温期も36・5℃を切るときもあります。



○平成26年2月17日 漢方相談日

体調変わりありません。

漢方もう少し続けてみたい



○平成26年3月15日 漢方相談日


便通が良くなって、2日おきの排便が毎日出るようになりました。


体重も減りました。


今回は38日周期です。


生理前は吐き気がほとんどありませんでした。


生理は4日間、生理痛(-)


経血量は少なかったです。

生理中は下痢や軟便もありませんでした。

食欲はあります。


生理が来る前には、子宮がザワザワしました。

おりものが若干、増えてきました。


漢方は同じものを継続


○平成26年4月21日 漢方相談日


同じ漢方薬の継続



○平成26年5月7日 漢方相談日


妊娠反応がでました!


漢方は6月末まで安胎、流産防止としてお続けになって頂きました。



○平成26年6月7日 漢方相談日f


まだ安定期に入らない。

つわりがひどいです。



○平成27年3月16日 漢方相談日


平成27年1月に4000gを超える元気な赤ちゃんを出産しました!

吸引分娩でした。


とても丈夫な赤ちゃんです。


土屋薬局から出産のお祝いとしてフォトフレームをお贈りしました。


<漢方的な考察>

補気、補陽の子宝の漢方薬が流産防止、元気な赤ちゃんの出産に良かった。

同時にダイエットやお肌がツルツルになることにも役立ちました。


「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに」こちらも参考にしてください。


通じも良くなったことも、しばし体験することですが補気、補腎の漢方薬がお通じにも効果的で腸を潤う働きもあったものと考えられます。


基礎体温は全般的に低め、低温期は36・3℃にいかず、高温期も36・7℃にいきませんでしたので、漢方の方針も体全身を温めて、陽気が上昇するようにしました。


陽気が上昇すれば、基礎体温全般が安定してくるだけでなく、帯脈といって脾腎(ひじん)の間の経脈が安定してきて、大事なもの、大切なもの、この場合には「赤ちゃん」が落ちないように育ちやすくする漢方となります。


基礎体温もしっかりとみて顔色などすべての情報も加味したことなどがすごく元気な赤ちゃんの出産にお役にたったことと思います。


今後とも幸太郎の名前のとおりに、多くのかたに「幸せ」を届けていきたいです。


絵葉書

ステキなことありそうな予感

クリスマスの花

ポインセチア


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.27

「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


朝から冷たい雨が降っている山形です。

もうそろそろ東根市も初雪の季節かもしれません。


さて


cherry


さて今日は先週の木曜日 11月19日に訪店されてご指導頂いた何先生からのまとめをしていきたいです。


産後のダイエットについて

今年の5月にお客さまから頂戴していた嬉しいお手紙を写真たてに入れることができました。

生理不順の漢方相談について

不正出血の漢方相談 離経の血

「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに


シリーズ化しています。

今日で完結です。


何先生から教わったこと

0091119

<2015年11月19日 土屋薬局店内>


その4)


「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」


「肥満で太っている方の生理不順、無排卵の漢方相談」
について土屋から何先生に質問しました。


肥満、太っている人は痰湿(たんしつ)と考えます。


低温期に美肌油。

2カプセル×3回


いい卵胞が作られる。


気虚がある+痰湿


補気、補腎陽はあう


痩せている人は陰虚が多い


美肌油+補気(たとえば補中丸)+丹参製剤など



「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」


抗酸化作用が強い


以前に甲状腺の腫瘍があった方がいた。


→美肌油+ロシアのタイガでスノーモービルで探す貴重な生きた白樺に生えるキノコ


この組み合わせで甲状腺の腫瘍が消えた。


美肌油は細胞膜を通して中に入る。


細胞のレセプターの修復に

細胞に栄養を与える。


cherry


0291124

<2015年11月24日 東根市>


東根市のよってけポポラです。

ラフランスがピークの頃でした。

今年も美味しいラフランスが食べれて幸せでした。


0301124

フランス頑張れ!


0311124


いまはリンゴの美味しい季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.20

「産後のダイエットについて」…漢方相談受けました。

0091119

<2015年11月19日 土屋薬局店内 何先生を東京から迎えて勉強する妻です>


昨日のコラム 「今年の5月にお客さまから頂戴していた嬉しいお手紙を写真たてに入れることができました。」でお約束させて頂きましたように、中医学を勉強した内容をアップさせて頂きます。


cherry


何先生から教わったこと


その1)


「産後のダイエットについて」


産後の太り…子育ての環境が変わって夜に深い睡眠がとれないお母さんが多い


ダイエットよりも元気がでた方がいい


気虚(ききょ) とくに脾気虚(ひききょ)


→補中丸少しのんだり


元気になったら行動が早くなって余裕ができる。


たとえば、補中丸 +寝る前に心脾顆粒


女性ホルモンも分泌されてダイエットになる。


授乳中だったら、補中丸はのめる、大丈夫。


元気になったら楽しく過ごせる。


詳しくお話を聞けば疲れの症状があるかもしれない。


0061116

<2015年11月16日>

若木山の中腹から

新しい神町公民館は防災施設も兼ねて建設中です。

徐々に若木山周辺も風景が変わってきています。


0071116


2015年12月7日追記です。


産後のダイエットについて

今年の5月にお客さまから頂戴していた嬉しいお手紙を写真たてに入れることができました。

生理不順の漢方相談について

不正出血の漢方相談 離経の血

「油(あぶら)で脂(あぶら)を制す」…肥満タイプの生理不順、無排卵、ダイエットに

シリーズ化しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.16

冷え性もダイエットも新陳代謝を良くすること、改善すること

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は晴れ上がって気持ちのいいお天気です。


先週の土曜日も足腰の坐骨神経痛が和らいだお客様や、婦宝当帰膠と逍遥丸でストレスがとても軽減して、ため息をつかなくなったお客様などいらっしゃいました。


今日の午前中はお客様の出足がよくてけっこう忙しかったです。

(いまはお昼の12時39分にこの文章を記録しています)


初めて来店されるお客さまがいらっしゃました。


1)冷え性 2)ダイエット 


この2つのことを改善したいとのことでした。


冷え性もダイエットも新陳代謝を良くすること、改善することが大事なことです。


つまり女性のかたは、7の倍数で成長、発育、老化していきますから補腎で卵巣の機能が上がってくれば、20代のときのように太りにくく、痩せやすい体質になっていきます。

よくあるダイエットサポートのお茶や防風通聖散などでダイエットをしようとしてもそれは表面上のことで、本来の体質改善にはなっていません。


お話を聞くにつれて、基礎体温が低めなことや流産をしたことなどもあることが分かりまして、子宝も実は…という願いもお持ちでした。


帰る頃には、1)冷え性 2)ダイエット も改善できるし、健康な体作りで40代でも妊娠出産は可能になることに希望をお持ちになられて、また2週間後ぐらいにご来店して頂くことになりました。


脾腎陽虚(ひじんようきょ)の体質です。


脾腎陽虚は、お鍋の火が少ないので体が冷えやすいこと。

基礎体温が低めであること、つまり低温期36・3℃、高温期36・7℃いかないこと。

疲れやすくく、痩せにくいこと。


また特筆すべきなことは、流産しやすい。習慣流産などのタイプが多い。

などの特徴があります。


今後ともうまくいって頂きたいです。


最近は、補腎をすると体質改善になって若返りでダイエットにもつながることを理解されまして、補腎薬を服用しているお客様が他にもいらっしゃいます。

これからも妙手回春、補腎長寿薬局でいきたいものです。


わが家の庭です。晴れました

<2017年2月16日 わが家の庭です。晴れました>


離れの屋根の雪も溶けてほしいです。

離れの屋根の雪も溶けてほしいです。

離れの屋根の雪も溶けてほしいです。

そろそろ春めいてくる頃でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.12

PCOSの生理不順、漢方と不妊治療の併用で妊娠できました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


今日は午前中に妊娠、「陽性反応が出ました!土屋薬局さんの漢方薬で妊娠しました!」と嬉しいお電話がありました。


○初めての不妊症での子宝相談希望。土屋薬局へのご来店が平成26年3月27日  20代後半のお客様


「PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の生理不順、漢方と不妊治療の併用で妊娠できました。」


オレンジページの土屋薬局の広告をみてのご来店でした。


11歳が初潮で高校のときはあまり生理が来なかった。

半年間生理が来ないこともあった。

ピルは3年間ずっと服用していて結婚をきかっけに服用を昨年の春、3月に中止しました。


ピルを止めてから生理が来ていましたが、昨年の11月からまた生理不順

クロミッドは3ヶ月連続で服用してから効き目が弱くなりました。


PRL 9、FSH 5、LH 11

LHが高めで排卵障害


ため息が多い、お腹が冷たいです。足が冷えます。


漢方薬は、気血水の流れをスムーズにして調和する漢方薬+新陳代謝を上げるお茶


4月、5月とそのままお続けになり


6月には減量してきいます。

誘発剤も再開しました。



8月(今月)はクロミッド2周期目

4周期はまず治療してみましょう!と婦人科の先生に言われていて、もし4周期で妊娠できない場合には他の産婦人科さんへ紹介となります。

体重は2~3キロは落ちて体が軽く調子がいいです。


同じ漢方薬の継続 「漢方は初回から同じもの そのまま」


そして今日の平成26年8月12日に陽性!妊娠!との嬉しいお電話でした。


PCOS、多嚢胞性卵巣の方の場合には、痰湿(たんしつ)といって湿邪が関連している場合があります。

痰湿は湿よりも濃くてネバネバ、粘っこいイメージです。

痰がペッと吐きにくいのと同じで卵巣の膜にくっているている感じです。


同時に淤血(おけつ)もあります。

淤血は卵巣の膜が硬くなり排卵しにくくなります。


活血化痰が必要になりますので、両者を考慮した漢方の効き目が良かったと思います。


(午後に初めて来店された20代のお嬢様にその話をしましたら、たったそれだけの漢方で妊娠したなんてすごーいと感嘆の声が上がりました)

夏の若木山の緑

<2014年8月5日>

久し振りに若木山に登りました。

夏の若木山の緑は濃いです。


月山は雲隠れ

その日の月山は雲隠れ

谷地方面の麓の山だけが眺められます。

山形空港も眺められます

☆おいしい山形空港☆です。


若木山には栗の実が落ちている季節になりました

もう栗の実が落ちている季節になりました。

あっという間に秋がやってきそうな神町の風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.04

減脂方法、減脂秘訣の漢方ダイエット9つの法則

晶三仙という漢方、甘酸っぱくて胃腸に優しいものがあります。

私も妻も愛用していて、なかなか優れものだなあと思っています。

胃腸を立て直し、ご飯が美味しく食べられて、体全身の健康にも大きく寄与してくれます。


晶三仙のもとの原典名は、焦三仙といいます。

どちらも呼び方は「しょうさんせん」です。


ネットで検索していたら、減肥にもいいと中国語のページにありましたので、再度検索してみました。

そうしましたら参考になるページがありました。


<土屋訳>


福建中医学医院の葉錦先先生は、肥満は通常は本虚であり、とくに気虚が主であると考えている。

標は膏脂、痰濁であり、中成薬では健脾化痰、利湿通腑が法則になる。

以下、9つの方法を紹介しましょう。


1)和胃消脂法

常用漢方は山査子、麦芽、萊菔子など。

常用漢方の方剤は焦三仙、保和丸など


2)疏肝利胆法

常用漢方薬は、大柴胡湯、逍遥丸(散)、柴胡疎肝湯など


3)活血化淤法

常用漢方は、当帰、丹参、赤芍、三七(田七人参)など

常用漢方薬は、丹参片、冠心Ⅰ号方、冠心Ⅱ号方


4)利尿滲湿法

常用漢方薬は、五皮飲、導水茯苓湯、沢潟湯など


5)瀉下通便法

常用漢方薬は、調味承気湯、防風通聖散

常用漢方は、大黄、牽牛子、番瀉葉、虎杖など


6)健脾消導法

常用漢方薬は異功散、五苓散、保和丸など


7)寬胸化痰法

常用漢方薬は二陳湯、温胆湯など

常用漢方は、瓜蒌など


8)温陽利水法

常用漢方薬は牛車腎気丸、苓桂術甘湯など


9)養陰清熱法

常用漢方薬は知柏地黄丸、大補陰丸など

これ以外に福建中医食事養生研究室では、ダイエットに必須の三原則を提案しています。


飲食を制御して、低い熱量、低糖、低脂肪の“3低”の原則に従います

調理するときには、野菜や果物を多く食べて、繊維のセルロース、無機塩類、ビタミンなどの摂取を心掛ける“3高”原則に従います。

飲食は節度を保ちます。

禁煙、ビールを控えて、少なく白酒と果実酒を飲んで、間食を制限します。


「朝はしっかり食べてお腹いっぱい、夜は少なく食べます」

「少なく食べることは歓迎され、多く食べることは飽きるようにしましょう!」


ということで、日本にある漢方薬でダイエットを本場、福建省流にやっていけることが判明しました。

いまはネットの時代ですから、こうして中華圏の知識が容易に入手できるので素晴らしいです。


焦三仙、晶三仙が減脂、ダイエットのトップバッターだったとは、勉強になりました。


Imgp75790822

<2013年8月22日 我が家の庭>

今年も咲きました薄荷の白い可憐な花です。

メントールとも言いまして、みなさまにおなじみだと思います。

Imgp75800822

こうして今年も夏が過ぎ去っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.12

お腹の張り、腹部膨満感。あまり食べられないけども体重増加してしまう。

こんにちは。

土屋です。

次は胃腸の漢方の話です。

本日4回目の更新です。

周先生にお聞きしました。


「腹部膨満感、体重増加。

あまり食べられない、食べると上腹部がかちかちに張ってしまって吐いて少し楽になるくらい。

夕方からずっとお腹が張って辛いです。

幽門狭窄があり平常の5分の4ふさがっているとのことで病院の薬を服用していますが、食後の胃にずっととどまっている不快感で吐いて少し楽になる繰り返しです。

病院の薬は長期間服用していますが改善されません。

体重も10キロくらい増えてしまって食べる量は減っているけど、体重は増え続けています。」



○漢方アドバイス


胃腸のリズムが良くない。

食べられないのではなくて巡りが悪い。

気虚があり、気滞もある。

香砂六君子湯(イスクラ健胃顆粒)はお腹の張り、リズムを整えて、調整して楽になる処方です。


痰湿もあるでしょう。

気虚は痰湿がたまりやすいです。

胃腸が弱いだけではなくて、痰湿が溜っています。

痰熱になりやすいです。

これには今の服用されている温胆湯がピッタリです。


イスクラ健胃顆粒1包+温胆湯半包の組み合わせで、補気健脾のお薬を処方に合わせていきます。

Imgp37370410

<2012年4月10日 東根市 白水川 柳橋から眺める甑岳と柳の木、風情がありますね~>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットの漢方相談 「ストレスからくる過食、満腹感が得られずに食べ続けます。」

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

本日3回目の更新です。

そうそう暇でもないのですが、昨日に周先生に教わったこと沢山ありまして、ココログにログしておきます。

ダイエットについてです。

「ストレス食いから来る人のダイエットに良い漢方ありましたら、合わせて教えてください。

自律神経のバランスが良くないようで、満腹感が感じられません。

「食べた~ふ~」といった感覚にならず、落ち着かず食べ続けてしまいます。

イライラすると、食べる(食べ物を飲み込む)ことで安心感を得ようとしてしまいます。

緊張しやすくて、肩の力を抜きにくいです。

仕事から家に帰ってもリラックスできないです」


◎周先生からの漢方アドバイス


柴胡加竜骨牡蠣湯は、陰虚がなければ使いやすい。

女性は生理があるので陰血が不足気味になるので、気をつけて使う。

長期間の服用はよくない。


イスクラ清営顆粒は、実証、虚証でも使える。

長期間の服用大丈夫。

陰血を補う処方も配合されている。


ストレスから来る過食→胃熱(いねつ)に加えて肝熱(かんねつ)もあります。

防風通聖散 を半分くらいに加味逍遥散。

加味逍遥散は実証や虚証にも良い。


便秘があれば清営顆粒でもいい。


以上です。

肥満・痩せ、ダイエットの悩みは「脾」の改善から

ダイエットの基本ライフスタイル20か条…体質別の漢方薬


春だから、ダイエット!


気になるお腹へっこめ!三爽茶

こちらの土屋薬局 中国漢方通信のコラムも参考になりましたら、幸いです。


土屋薬局へのお問い合わせ法


白水川から眺める葉山

<2012年4月10日 東根市 白水川から眺める葉山>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬