カテゴリー「女性不妊症的中医治療」の記事

2006.12.28

女性不妊症的中医治療の質疑応答

「女性不妊症的中医治療」シリーズの最終回です。

今回はり先生の講演後の質疑応答です。



○子宮内膜を厚くする方法は?

補腎(ほじん)、養血(ようけつ)、活血(かっけつ)


丹参(たんじん)、益母草(やくもそう)などは子宮内膜の血行を良くする。


養生法も大切で、生理が来たら、冷たいものは避けること。

○ダイエットをやり過ぎないこと。

→生理が来なくなる。


○子宮内膜を厚くするには、紫河車(しかしゃ)もとても良い。

(当店ではオリヂンPとして販売しています)


○菟絲子(としし)は穏やかで、補腎作用があり、お肌も艶々になって美容にも良い。


○黄体機能不全

→妊娠しにくい、流産しやすい。


枸杞子(くこし)も良いし、紫河車(しかしゃ)も使いやすい。

附子(ぶし)製剤は、体が熱くなるので使わないほうがいい。


○PCOSには?


山磁姑(さんじこ)、夏枯草(かごそう)、ソウカクシ、青貝母(せいばいも)、
ヨクイニンなど。


実際は、ダイエットをしてからPCOSが治った人が多い。


○針灸の併用も素晴らしい。


○習慣性流産は体調を整えたほうが結果が良い。



ちょっと休憩 「バスの車窓から」


「街角はダンス」


Dscf0351konan


Dscf0352konan


Dscf0353konan


Dscf0354konan


早朝6時半。

太極拳は古いかもしれません。

街角では「シャル・ウイ・ダンス?」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.27

免疫性不妊と統合療法…免疫性不妊の中国漢方対策

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝は、山形も雨降りですが、5月のような爽やかな「生ぬるい風」が吹いていてビックリしました。

地球温暖化が山形にも来ているのでしょうか?


さて、途中で中断したままになっている「武漢研修」を再開していきます。


免疫性不妊症

免疫性不妊症

不妊症の約15~20%を占める。


「本虚標実(ほんきょひょうじつ)」である。


腎虚(じんきょ)が「本(ほん)」。


血淤(けつお)、湿熱(しつねつ)は「標(ひょう)」。


たとえば、熱っぽい淤血(おけつ)の場合には、牡丹皮(ぼたんぴ)などを使う。


補腎(ほじん)を主として、滋陰降火(じいんこうか)、清熱利湿(せいねつりしつ)などを配合。


免疫性不妊症のスライド

さらに「統合療法」としては、膣や直腸などに漢方を入れる方法もある。


免疫性不妊症のスライド

清熱解毒、活血化瘀

免疫性不妊症のスライド


免疫性不妊症のスライド


免疫性不妊症のスライド


中国でも、最近は膣の炎症や子宮頚部のびらんなどの病気が増えてきている。

炎症を押させる生薬としては、野菊花(のぎくか)、金銀花(きんぎんか)、牡丹皮(ぼたんぴ)などを使う。


子宮外妊娠も、浣腸を利用した方法を利用して対処していく。


子宮注射には、当帰(とうき)、丹参(たんじん)、魚腥草 (ぎょせいそう)。


炎症がひどい場合には、魚腥草。


免疫性不妊症のスライド

免疫性不妊症のスライド

針灸も周期療法に合わせると効果的。


免疫性不妊症のスライド


最後のスライドは、ART、IVF(体外受精)やICSI(卵細胞質内精子注入法)などにも、中医学の「補腎(ほじん)」や「気血(きけつ)を整えること」などは、成功率を高めることに有効である。

と書いています。


今回の免疫性不妊につきましては、当店では(土屋薬局では)あまり相談が多くないですが、けっこう日本でも免疫性不妊に対して「中医学的なアプローチ対処法」でお客様からの相談が多いことなどを、同席の先生たちからお聞きしました。


最後の体外受精や顕微受精のときの相談は、これは当店でも多い相談で、当店もかなり良好な成績で、年々、当店の漢方相談コーナーの壁面の赤ちゃんの写真や嬉しいお手紙が増えてきています。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.15

女性不妊症的中医治療(4)…子宮内膜症と子宮腺筋症は破淤散結(はおさんけつ)で対処していく

今回は、子宮内膜症と子宮腺筋症の中医婦人科における漢方対策です。

湖北中医学医院で、り先生からの講演です。

続編第四弾です。


子宮内膜症のスライド

中国武漢 湖北中医医院  子宮内膜症のスライド


1)子宮内膜症

不妊の女性の約25%は子宮内膜症がある。

香港でも中国でも最近、子宮内膜症になる人が多い。


10代でも内膜症になる人が増えている。


激しい生理痛は、子宮内膜症を考えていく。


卵巣が一番に大きい影響→チョコレート嚢腫

夫婦生活に激しい痛み。(性交痛)



2)子宮腺筋症


a)子宮内膜症→痛みが強い。

b)子宮筋腫


手術をしても再発率が高い。


淤血内阻(おけつないそ)→活血化淤(かっけつかお)→中医学の漢方的な効果は良い。


気滞血淤(きたいけつお)、気虚血淤(ききょけつお)、腎虚血淤(じんきょけつお)、寒凝血淤(かんぎょうけつお)など。


破淤散結(はおさんけつ)で対処していく。


周期の初めから、最後まで活血化淤


使う漢方薬は、サソリ、ムカデなど。

日本では、莪朮(がじゅつ)や三稜(さんりょう)が良い。

(当店では、爽月宝や水快宝などが、莪朮、三稜が配合されています)


強い活血化淤(かっけつかお)が望ましい。


子宮内膜症の漢方のスライド


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.07

女性不妊症的中医治療(3)…排卵障害性不妊。無排卵・無月経に漢方

女性不妊症的中医治療」と「女性不妊症医治療(2)」の続編第三弾です。

排卵障害性不妊


排卵障害性不妊


排卵障害性不妊


○排卵障害性不妊


頚官粘液やエコー、血液検査などで調べる。


不妊の原因の25~30%。


中医学、中国の漢方薬は、すごく良い効き目がある。


無排卵・無月経→腎虚(じんきょ)、肝鬱(かんうつ)、血淤(けつお)などポイント。


対策は、補腎法、補腎活血(ほじんかっけつ)法→排卵しやすくなる。


卵管性不妊のスライド

○卵管性不妊


一番多い不妊原因。


20~40%。


淤血(おけつ)が原因。


活血化淤(かっけつかお)がおもな治療法。


活血化淤には、温めながら活血する方法と冷やしながら活血する方法があるが、卵管性不妊の場合には、「温陽活血(おんようかっけつ)」する方法が理想的。

次回は、子宮内膜症の内容をアップしていきます。


(山形新幹線の車内から。風が強く徐行運転中です。間もなく宇都宮です)


子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらも参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性不妊症的中医治療(2)

Dscf0378kohoku

<2006年11月3日 武漢湖北中医学院前にて>

女性不妊症的中医治療」の続きです。


前回は、今現在の中国の不妊症の報告でした。

今回は、中医治療の内容の私のメモ書きの整理です。


○中医治療


☆弁証論治

☆弁証論治と弁病相談


☆中医周期療法

☆総合療法…お腹をへそから漢方で温めたり、浣腸で漢方を入れる方法。


☆現代生殖技術的補助療法…漢方を西洋医学の治療に合わせたほうが、
治療率が上がる。


Dscf0391kohoku


Dscf0393kohoku


中医学的に、不妊症の「証」を分けてみたら、
腎虚(じんきょ)型が一番と多かった。


次は、血液がドロドロで流れが悪い淤血(おけつ)タイプが多かった。


痰湿(たんしつ)タイプは肥満など、
太っている人が多い。


肝気鬱結(かんきうっけつ)タイプは、ストレスが溜まりやすい。


腎虚や血淤(けつお)、痰湿、肝気鬱結などは、
それぞれ交わりあい「複合型」になりやすい。


Dscf0397kohoku


Dscf0398kohoku


Dscf0399kohokju


Dscf0400kohokju


中医周期療法


○生理前は、補わない。

○生理前は、攻めない。


ほうが良い。


(東京八重洲ブリヂストン美術館で勉強ポートフォリオ作成終了です。1時間いて、今日は新幹線の出発時間のためにピカソやマティスは見ないで帰ります。ここの喫茶室は、優雅で音楽もクラシックで静かで、店員さんも客層も素晴らしいところです。有意義な時間を過ごすことができます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.04

女性不妊症的中医治療… 最近、中国でも不妊症が増えてきている。

女性不妊症的中医治療


湖北中医学院での研修内容です。

2006年11月3日


「女性不妊症的中医治療」


私のノートより箇条書きにしていきます。


女性不妊症的中医治療


り先生の講義


2つの内容を含む。


1)中国の不妊症について、新しい学説

2)湖北中医学院や先生自身の経験


中国でも、結婚して2年経過して授からない場合を不妊症と言っています。

中国のカップルの10~15%。


女性の原因は、60%。


最近、中国でも不妊症が増えてきている。


女性不妊症的中医治療


晩婚化で結婚が遅いこと。

「まだ子供が欲しくない」などで避妊の期間が長いなど。

そうすると、子供が出来難くなる。


また最近では、流産や感染症による腹部の炎症も増えてきている。


男性と女性は、一緒に治療して効果が良い。


今は、男性が弱くなった。(精子など)


男性や女性も炎症を起こしやすくなった。


男性も女性も正常で不妊症の場合には、免疫性不妊のことがある。


5%は心理的要因が引き金となっている。

つまりストレス。

周囲からのプレッシャーなど。

排卵しにくくなる。


中国では、


女性の不妊症は、「不妊症」

男性の不妊症は、「不育症」

と男性と女性では言葉を使い分けている。


教室からの眺め。鳥のさえずりが素敵でした

<教室からの眺め。鳥のさえずりが素敵でした>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬