カテゴリー「不妊カウンセラーに向けて」の記事

2016.05.13

土屋薬局創業祭、今日から三日間です!来月出産のお客様もご来店


こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日からスタッフが準備して、土屋薬局創業77周年記念祭が今日の5月13日金曜日からスタートしました。

昨日の夕方の最後のお客様は久しぶりと思いましたら、自衛隊さんで熊本に復興応援に行っていたそうです。


3週間の滞在中、入浴は週に1回だったとか、食べ物の話などいろいろとお聞きして、大変な業務をされたのだなあと思いました。

熊本県の早い復興をここ神町の地からも願っています。


さて、そのお客様にも早目ではありますが日水のさばの水煮の缶詰も創業の感謝の気持ちを込めてプレゼントさせて頂きました。


そして今日の5月13日金曜日です。




お客様からの赤ちゃんの写真も薬品レジの近くに貼りました。

このままいくと赤ちゃんの子宝の写真で店内がいっぱいになりそうです。

一人目や二人目の不妊症で悩んでいる場合には、女性の方は話を聞いてもらうだけでも気持ちがすっきりして頑張ろう!という気持ちが励みになることが多いようです。


わたし土屋は薬剤師でNPO法人の不妊カウンセリング学会の試験も突破した正式なカウンセラーですので、安心してご相談してください。


土屋幸太郎が試験を受けた時のコラムです。



どちらかというと私のスタンスは「お客様と出会い、お話を聞かせて頂く」という立場ですので、今日の午前中のお客様も十分にお話を1時間くらいお聞きして、涙も流してスッキリした表情でお帰りになられました。

最初に気持ちを開いて頂いた方が、良い結果にもつながりやすいようです。


お腹が大きいお客様も山形市からいらっしゃって妊娠中もずっと欠かさずに漢方を愛用しています。

来月の6月の出産のご予定です。


平成27年4月13日からの不妊症の子宝漢方相談で、結婚3年目、30代半ばでした。


養血調経、疏肝理気、赤ちゃんが授かりやすい漢方の粉、そしてそこに補腎精の漢方をお勧めしたところ、平成27年10月に自然妊娠という喜ばしい結果でした。

約半年間の漢方の服用でした。

最後に今朝のお庭のツツジの様子です。動画です。



ではではです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

糖尿病と経口血糖降下薬について~インスリン導入の時期と製剤の選択

昨日の夜は、同じく薬剤師である父と連れ立って、
グランデール寒河江というホテルで、薬剤師会の研修会に参加してきました。

北村山地区と寒河江西村山地区の合同研修会です。


不妊カウンセラーとして、今まで「メトフォルミン」などの
インスリン抵抗性改善薬の勉強をしていたので、久しぶりに、
というかこちらが本道なのですが、
糖尿病においての薬の使い方を学び新鮮でした。

寒河江病院の先生によりますと、メトフォルミンはとても良いお薬だそうです。


さて、勉強会のメモです。


「インスリン導入の時期と製剤の選択」 

特別講演 寒河江市立病院 内科医師 大沼寛先生


SU受容体 S1、2A,2Bがある。

それぞれ選択性がある。


抗GAD抗体→1型糖尿病

内因性インスリン分泌能→血清、尿中、CRPの測定

血糖値60↓ だと、内因性のインスリンは出ない。


インスリン注入器→製品によって、一長一短がある。


最近の針は、髪の毛ぐらいの大きさで、痛みはほとんど無い。


インスリン注射→血糖コントロールは時間をかけて、ゆっくりと行う。

糖尿病網膜症は、血糖値が急に下がることにより、悪化することがある。


インスリン→速攻型 1日3回


1日投与量 = 体重×0・2 (経験的数字) が目安。


中間型や混合型のインスリンは、あまり勧めない。


SMBG 血糖自己測定

食事の前に測定する。

食事の30分前に注射を打つ。

→インスリンの使い方が悪いと、食後の高血糖の改善の妨げになる場合がある。


糖尿病15年は、合併症の可能性がでてくる。


混合製剤の使い方は、2:1が基本。


症例より。

清涼飲料水ケトーシス→ペットボトル症候群の患者がいて、
本来は入院治療を行うところを、入院が出来ないと拒否され、
外来で治療した。

結果は良好な推移を示した。


グリコヘモグロビン 6・5パーセント以下 →インスリン療法を止められる。

グリコアルブミン = グリコヘモグロビン×3 18%未満


空腹時 150~180mg/dl または グリコヘモグロビン 7・5~8%以上

は、インスリン導入を検討する。


夜間の低血糖→朝に逆に血糖値が上がっていることがある。

寝る前に空腹時血糖を測る。(SMBG)

140は大丈夫。

100くらいだと補食をする。


追記:その後、懇親会で一緒のテーブルだった、県立病院の看護師さんに名詞を渡したところ、私が薬剤師で不妊カウンセラーなので、とても尊敬されまして嬉しかったです。その県立病院には、数多くの不妊の患者さんが訪れているそうです。その中で、不妊治療の説明は専門的なので、どうしても医師まかせになってしまう。と述べていました。「ぜひうちの病院で働いてもらいたい」とスカウトされまして、嬉しかったですね。「宣伝すれば、多くの人に役立つので、インターネットでもすればいいのに」とも言われましたが、こうして、こうやってブログを書いていても「鄙び系」なので、あまり宣伝にならないようです。(苦笑) (大体、お客様が1人やって来ますと、新しいかたで1時間か1時間半くらいかかりますと、1日にお相手できるお客様の数は、限界があるのも事実です。)

私の仕事柄、薬剤師でも特殊な資格を持っていますので、看護師さんに「受け」がいいです。(^^)

あとは、若手の薬剤師さん(男性)が私の中高の後輩で同じ市に住んでいることが分かりまして、意気投合して、人脈も広がって良かったです。最近は、20代の薬剤師さんが眩しく見えます。もう私も年でしょうか。(弱気)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.11

薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて

薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて

㈱土屋薬局 薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員 土屋幸太郎

今年の3月26日に不妊カウンセラーに合格して、
5月20日に立派な認定書を頂きました。

今まで地道に婦人科のことを勉強してきたこと、またとくに半年間は追い込んで毎日勉強していましたので、不妊治療に関する医学的知識や病院での治療などをマスターしました。

同時に、カウンセリングのことも不妊カウンセラー養成講座などで研鑽を積んでいますので、店頭でも県外のお客様からのご相談でも、以前よりも満足して頂いていると思います。

通常の不妊カウンセラーの場合には、悩みをお聞きすることや、これからの治療の選択肢などを示すことで、おもに病院やクリニックなどで活躍されているようです。

養成講座に出席してみると実感しますが、不妊カウンセラーや体外受精コーディネーターの実に9割以上は、女性で占められています。

私のように若い男性で、不妊カウンセラーになり、しかも薬のプロの薬剤師の専門知識を有し、同時に中医学もマスターしている人材はそうそういないはずなので、私も自分の存在価値を十分に認識して、普段から一生懸命相談にあたっています。

治療における悩み相談や、漢方での体質改善もアドバイスできるという訳です。

体外受精を何度やっても失敗してしまう。着床障害がある。
子宮内膜症でチョコレート嚢胞がある。子宮腺筋症で痛みがつらい。
筋腫に悩んでいる。なかなかタイミングがうまくいかない。
人工授精が幾度も失敗してしまう。

そのような悩みのときに、漢方を利用しようと思い立つお客様が多いようです。

もちろん自然妊娠を願っているお客様もいらっしゃいます。

「少子化問題」と「こころのケア」の二面性の相談体制で、
今後とも精一杯がんばっていきたいと思います。

基礎体温表の読み方や、舌ベロなどの状態からも、
病院の治療を更に生かせる「漢方方針」を編み出していけますので、
どうぞ遠慮なくご相談してください。

梅雨の青空はもう夏色です。

どうぞ皆様、元気でお過ごししてください。

平成19年7月10日 曇り空の山形から

今度のDM用の原稿を昨日作りましたので、転載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.23

不妊カウンセラー認定書が届きました。

Imgp7012070523

5月20日(日)に届いた郵便物を開けると、
立派な認定書が入っていました。


認定書

土屋幸太郎殿

あなたは日本不妊カウンセリング学会の定めた
生殖医療に関わる全研修過程を終了し、
最新の知識と技能を修得致しました。

ここに不妊カウンセラーと認定致します。


特定非営利活動法人

日本不妊学会

理事長 佐藤孝道

初めて薬剤師免許を手にしたときもかなり嬉しかったですが、
不妊カウンセラーの認定書も嬉しいです。

研修を受けて、試験勉強もした甲斐がありました。


しかも私が口頭面接を受けた先生も佐藤先生でして、
昨日の新聞にも掲載されていた「体外受精で生まれたお子様の追跡調査」の記事でも
コメントしていたのが、佐藤先生ですから、
私は日本で一流のお医者さんから勉強を受けることができまして
本当に幸せです。

星薬のときも良い教育を受けたと思いますし、
東大病院薬剤部でも薬剤部の先生方や同期や薬学部の人たちにも
刺激を受けましたし、イスクラ高円寺研修塾でも、
日本を代表する中医学の先生方に教わりましたので、
今後とも感謝しながら、なおかつ前向きに努力していきたいです。


今後ともトレーニングを積んで研鑽していきますので、
みなさまどうぞよろしくお願い致します。

Imgp7014070523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.02

お祝いのお言葉ありがとうございました。

先日に「不妊カウンセラー」に合格をしたことをご報告させて頂きました。


お店に来るお客様からも、遠方のお客様からも
有難いことに「合格おめでとうございます!」とお褒めの言葉を
頂戴しておりますので、とても嬉しく思っております。

これもひとえに、皆様のお陰でございまして、
甘んずることなく努力していきたいです。


再来週の4月14日(土)は、「中医婦人科不妊症専門講座スクリーニング」で
聖路加国際病院の佐藤孝道先生の特別講演がありますので、
がんばって勉強してきます。

(佐藤先生は、この前の試験で面接試験でお会いしました)


一昨日の土曜日も仙台からのお客さまが来店されましたが、
お話をお伺いして、ベストなことを提案させて頂きたいと思っています。


また薬局での漢方相談は、やはりいろいろな病気のご相談がありますので、
これまで通りに「痛み、しびれ」のご相談や、頭痛、肩こり、不眠、神経痛、
更年期障害、花粉症、風邪の治し方、風邪の予防、皮膚病、にきび、アトピー、
冷え性、胃腸が弱い、下痢軟便または便秘、生理不順、生理痛、
ダイエットで痩せたいまたは、痩せた体を何とかしたい、などなど、
種々様々な相談を受けていきますので、今後とも気楽に当店を
ご利用して頂ければ嬉しく思います。


みなさまのお役に立てる「地元の薬局」が理想です。


大体、いまの時代は、マツモトキヨシなどのチェーン店や、または
病院の隣に位置する調剤薬局などばかりになってきて、
昔からある「町の薬局」はどんどん廃れ来たりして、
廃業となったり、たとえば調剤薬局にモデルチェンジしたりして、
「町の昔からの薬屋さん」も本当に「絶滅品種」になりつつある時勢ですから、
みなさまどうぞ土屋薬局を今後ともどうぞよろしくお願い致します。

どんな小さいことでも、贔屓にしてご利用してください。

(私には、「くすり屋の伝統を守る」という使命感もあるのです)


さて、だいぶマジメな話になってしまいましたが、
先日の山形の風景でお別れです!


Imgp4768070331

<2007年3月31日 ラフランス畑>


私の散歩コースには、さまざまな果樹の樹木があります。

りんごや桃、さくらんぼ、ラフランス(西洋梨)などです。


最近、心を痛めているのは、農業が儲からないのか、
後継者難で手間がかかるのか、どんどん近所の畑が潰されて、
「アパートだらけ」になってきていることです。


もっと、日本の農業も守っていってほしいです。


私は、畑にある樹木の1本1本がとても価値あるものだと思っています。


Imgp4773070331


これは、ラフランスの芽です。

春には、きれいない花を咲かせます。

こういう木々の「蕾(つぼみ)」を眺めて歩くことも楽しみの一つであり、
季節の移り変わりを感じるひと時です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.28

不妊カウンセラーとして不妊に悩む夫婦に寄り添いたいです。

おはようございます。

土屋です。


日曜日に仙台市で不妊カウンセラーの試験を受けまして、翌日の月曜日には合格のメールが来ました。



2007年3月26日

土屋幸太郎様

拝啓

時下、皆様にはご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。

この度、規定に従い所定の研修を終了され、不妊カウウンセラ-・体外受精コ-ディネ-タ-認定試験を受けていただきました。

認定委員会において慎重に検討した結果、合格と判定されましたのでご通知致します。


不妊に悩む方々のために長きにわたり大変な努力をされたことに、心から敬意と感謝を申し上げます。


面接の過程で、カウンセラーあるいはコーディネーターとしてどなたも前向きな姿勢が感じられました。


この認定はカウンセラーあるいはコーディネーターの第一歩です。

今後もなお一層の研鑽を続けられんことを希望致します。

皆様の今後の活躍とご健康をお祈り申し上げます。

敬具



今までとっても難関だと思っていた不妊カウンセラーの資格を得ることができました。


またこの数年間は不妊症など婦人科の勉強をがんばっていて、とくにこの半年間は追い込んで勉強していました。

肩の荷が降りたような気持ちです。


同時に、今後とも気持ちを引き締めて、研修や勉強を通じてトレーニングしていきます。


より不妊症に対する学識も深めていきたいと思っています。

不妊カウンセラーといいますと、不妊クリニックや病院などに勤務している看護師さんや助産師さんなどが多いですので、(女医さんで資格を持っているかたもします)。


私のような薬局で勤務している薬剤師の場合には、薬局の利点として「病院よりも敷居が低くて気軽に来店しやすい」ということがあります。


今後とも不妊症で悩むカップルのお役にたてるように働いてきたいです。


薬剤師としての薬のプロフェッショナルとしての立場も生かしていきたいです。


中国政府認定の国際中医師の免許もあります。


子宝不妊漢方の中医学も強いです。


「ここぞ」のときのご相談に「踏ん張り」が利くように。


皆様のご期待にお応えできるように前向きにがんばっていく所存であります。


今回の不妊カウンセラーの合格は、ひとえに皆様の応援のお陰です。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。


最後は、がんばった自分へのご褒美に、大好きな岩木山の写真でお別れしましょう!


岩木山にはりんごの花がよき似合う

「岩木山にはりんごの花がよき似合う」です。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.26

NPO法人不妊カウンセリング学会の試験を受けてきました

不妊カウンセラーの試験受けてきました
携帯からの投稿です


昨日の3月25日(日)に、仙台市の仙台市震災復興記念館でNPO法人不妊カウンセリング学会の不妊カウンセラーの試験を受けてきました。

ここ数年間の目標でしたので、今は肩の荷が降りたような、ほっとした気持ちで穏やかな朝を迎えています。


筆記試験は50問あって、無事に一次試験も合格しまして、晴れて二次の口頭試問となりました。


別室の試験会場に入ると、いつも講演でおなじみの聖路加の佐藤先生と中央クリニックの浜崎先生が並んで座っていまして、とても緊張してしまいました。


今回の試験への受験目的と資格を取ったら今後どのように活動していきたいか、、などと自己紹介とともに話すことから始めりました。


口頭の問題では、「39歳女性のクライアントで、主人の精子の問題が分かり、とても悩んでいます。どのように対応されますか?」

とか、


「42歳のかたで、体外受精4回目が失敗に終わってしまいました。どのように応対されますか?」

などと聞かれました。


最後は、佐藤先生から受験者に向かって、「これはアンケートのようなものですが、何故最近不妊症が増えてきていると思いますか?」

にそれぞれ、私たち受験者のグループ4名が各自、自由に意見を述べて試験が終了となりました。


結果はどうであれ、一生懸命この半年間は勉強に打ち込みましたので、だいぶ婦人科系統には詳しくなりましたので、自分のためにも良かったなあと思っています。

今後とも、勉強などトレーニングしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.23

親になること、家族になること

親になること、家族になること
携帯からの投稿です。

いよいよ明後日が仙台での試験日なので、昨夜の勉強は過去3回私が受講した
「不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座講演集」を
ざっと眺めていました。

試験の数日前になれば、過去の問題を見たり、
山をしぼって大切なポイントだけを見るのが王道なので、
最後に復習を兼ねて過去の受講したときのことを思い出していました。


その中で、第18回の講演のメモ書きを
再度読み込んでみて、心にしみじみと来ていました。


ちょうどそのときの感動は、「土屋薬局メールマガジン42号」にアップしています。

再度のその中の一部を掲載させて頂きます。



先日、25~27日(金~日)と東京の虎ノ門のニッショーホールで、
不妊カウセリング学会と不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に
参加してきました。

その中で私が一番と印象に残ったのは
里親のかたの講演でした。


その方は一般の方ですので、
講師のかたのお名前はこの場では伏せさせて頂きますが、
私の心の奥深くに一言一言が響いたのでした。

http://tutiya.cocolog-nifty.com/kanpotusin/2006/05/post_67be.html

最初は眼鏡をお掛けになっていて、
正直言いますと、どこにでもいる「おじさん」でした。

ところが話を進めるにつれて、
会場がシーンと水を打ったかのように静まり返り、
周囲から涙をすする音が聞こえます。


私も思わず、眼鏡を外して涙をふいてしまいました。

講演会に参加すること、人と会話することは、
そのかたの人生の体験の一部を共有することであります。

映画や小説もそうだと思います。


「不妊は身内から受ける圧迫がつらい。

苦しみ、圧迫です。

不妊は少数でも他人事でもありません。

ごく身近ななことです。」


の言葉から始まった講演会90分は、本当に私の人生でも
稀な体験でした。

「愛されているという愛情があれば年齢は関係ない。

ひどい話だと、養子縁組で子供が来て、
親がガンになってその子は何も悪くないのに、
親戚に「疫病神」と言われた。

その子は、残った片親に育てられたが、
全然曲がらなかった。


それは親に愛された体験があるからです。

いじめる、いじめられる側にも愛された体験がない。


人が生きるのは時間でも、豊かな生活でもない。


心が充たされなければならない。


夫婦もお互いが充たされなければならない。

不妊治療は屈辱感があった。


不妊治療を切り上げる原因になった。

ちょっとした言葉をかけて上げて下さい。


ちょっとした世間話がほっとする。

子供たちは、私の人生につなげて、僕らの未来につなげてくれる。


命の証を子に託せる。


生きている価値をつかみとりたい。


産めないことは悪くない。


自分たちの未来のために子に会いたい。

医師にも養子縁組を必要悪と言う人もいる。


息子の母親は入水自殺した。

息子が5歳のときに真実を告知した。

息子が言った。


「僕は海がきれいな町で生まれたんだよ」


私は、はっと思いました。

人間の記憶は自分が生まれたときを覚えている人もたくさんいますし、
5歳までの記憶は鮮明です。


確かに、息子はY県で生まれたのです。

海の水は冷たかったそうです。


真実告知をしていないと、真の親子にはなれない。


産んでくれた母がお前を守ったんだよ。


産んでくれた人の悪口は絶対に言ってはならない。


もし子供が非行に走ったとしても、愛された記憶があれば戻ってくる。


ルーツ探しをしても、やはり育ててくれた人が自分の親。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.19

不妊カウンセラー試験を受けます。

いよいよ今週の日曜日の25日に、仙台で不妊カウンセラーの
試験を受けます。

緊張してきました。

筆記試験と面接試験です。


「面接試験」が私の最大の関門です。


周りが女性のかたばかりなので緊張してしまいますし、
(不妊カウンセラーや体外受精コーディネーターの資格を受けるかたは、
若い女性の看護師さんや助産師さんなどが多いのです)、
私は性格的に「焦りやすい」のです。


ああ、どうしましょう。


先日の東京で開催された「カウンセリングスキルアップセミナー」では、
自分の技術に気がつきまして、これではいけないと思った次第です。


面接試験は、過去に2回受けたことがあります。


1回目は、星薬科大学に指定校推薦で入試を受けたときです。

緊張している私に試験官の先生が、

「君は山形から受験に来ているが、今日は今から帰るのかね?」

と聞かれまして、

「はい、今日は高田馬場のワシントンホテルに泊まっているから大丈夫です!」


と応えたら、他の受験生の皆にも爆笑で、入学してから、
しばらく「ネタ」にされていました。^_^;

2回目の思い出が、東京大学附属病院薬剤部の研修生の試験のときです。


このときの面接は、

そのときの薬剤部長の伊賀先生と副部長の澤田康文先生から、


「君は、好きな作家のところに「色川武大(いろかわたけひろ)」と書いているが、
これは誰かね?」


と聞かれ、開口一番


「阿佐田 哲也(あさだてつや)さんです!」

と応えたら、


伊賀先生と澤田先生が、ニコニコしながら、
マージャンをやる手つきで、二人揃って右手を上にあげてツモる格好をして、
「ああ、マージャンの神様で有名な人ね」と言われたことを思い出します。

(色川さんの作品はどれも素晴らしいですが、とくに好きな一冊は「」です。私はいつの日にか、この目で伊吹山を見に行きたいと大学時代からずっと思っています)


その試験も和やかに合格しました。


人生通算3回目の面接試験ですが、今回は「山形も麻雀」も話には
出てこないのであります。(多分)。


駄洒落に逃げていくことも通じず、ガチンコ勝負だと思いますので、
緊張しながら口頭で応えていくと思います。


でも、本当に過去に私がまさか、このような資格にチャレンジするように
なるとは夢にも思わなかったです。


人生に何を期待するかではなくて、人生が生きるということから何を期待しているか」(「夜と霧より」)
が私に問い問われているとことだと思いますので、
自分の人生にも回答するつもりでがんばってくる所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.26

カウンセリングスキルアップセミナーに参加して

Dscf1548070224

<2007年2月24日(土) 東京一ツ橋「日本教育会館」>


不妊カウンセラー、体外受精コーディネーターのための
カウンセリングスキルアップセミナーに参加してきました。


「不妊カウンセラー、体外受精コーディネーター認定者、および認定希望者が
一同に集まり、日常的に経験する紙上事例を使い、ロールプレイ演習によって
カウンセリングの実際を学ぶことでカウンセリングスキルの習得または
向上を目的とする」です。


セミナープログラムは、


○平成19年2月24日(土)

オリエンテーション

「チームメンバーと知り合おう」

「チームで事例の課題を話し合おう」

「不妊治療における初回面接に必要な情報とアセスメント」

講師:佐藤孝道先生

Dscf1555070224


「カウンセリングの基礎知識と演習」

講師:赤城恵子先生

「ロールプレイをイメージしよう」


○平成19年2月25日(日)

ウオーミングアップ

「ロールプレイでカウンセリングの実際を演習」

「演習の学びをまとめよう」

「全事例から学びを共有しよう」


まとめ・アンケート記入

閉会


のスケジュールでした。



「チームメンバーと知り合おう」では、チームごとに2人1組となり、
自己紹介、そして他者紹介をしていきます。


「他者に自分のことを伝えられたか、また他者から自分のことを大切に
されていると感じたか」「相手を理解することの困難さ」
「話を聴く姿勢、目線、相づち、うながし、確認など」
「気持ちよく、安心して自分のことを話せたか」などをチーム全体で学習します。


私は、自分の事を人に伝えることの難しさ、また他者を理解することの大切さを
学びました。

自己紹介が苦手なので、克服していきたいです。



「ロールプレイでカウンセリングの実際を演習しよう」


こちらは、クライアント(相談者)とカウンセラーの役に
それぞれ分かれ、他のメンバーはそのカウンセリングを観察し、
カウンセリングが終わってから「自己評価」「他者評価」をしていきます。


○カウンセラーの自己評価

○クライアントからみたカウンセラーの評価

○観察者からみたカウンセラーの評価


の3点から、それぞれのスキルを見直していきます。

これは、非常に勉強なったことで、私自身も「他人から評価」を受けまして、
自分の欠点や特長などを学びましたので、今後に生かしていきたいと思いました。


聖路加国際病院婦人科部長の佐藤孝道先生のお話は、
日々の診療のなかでの貴重なお話を伺いました。


「調査し(問診)した上で、治療の見通しをたてる。」ことが、
「イニシャル アセスメント」になるそうで、治療による
生児獲得率など、医学的データーによる資料などを勉強しました。



赤城先生のお話では、カウンセリングの基本を学んでいきました。


カウンセリングの基本としては、まず「自分自身を知る」ことから
始めるということで、「自分の人間観」「価値観」などを確認することなどの
大切さを知りました。


自分のことがよく分からなければ、不安定になり、
安心して日常生活を過ごすことができない。

自己理解を深めることによって「自分は自分である」という安定した感覚
(自己信頼・自己同一性)が得られる。


理解された自分をあるがままに受け入れることによって、
自分を飾らずに「いま、ここで」の気持ちを正直に表現すること(自己一致)ができる。


相手に共感していく力は、自分の気持ちや感情を受け入れ、
理解していく過程を経験することによって得られる。


「人はこうあるべき」といった規範や価値観を把握していれば、
いったんそれを横において、無条件に人の話に耳を傾けることができる。


など勉強になりました。



今回は、カウンセリングの実際を第三者から評価されることにより、
自分自身を見つめ直す良い機会になりました。


「こころ」の状態を把握することの難しさ、他人との付き合いかた、
自分の気持ちとの付き合いかたなども、今後とも良い方向に持っていきたいです。



追記です。


個人的な感想です。


○佐藤先生から「この方の妊娠率は何パーセントですか?」と
質問されまして、大体おおよその数字は当たっていたことです。

婦人科の先生と会話が出来るようなレベルになってきたので、
ちょっぴり嬉しいです。


○一緒に参加していた私の中医学の師匠は偉いと思いました。

私が20代前半の頃に教わった先生で、今でも現役バリバリで
中医学の普及や相談業務をされていますが、
あのお年になりましても、若い人達に混ざってスキルを上げようと
努力されていますので、かなり尊敬しました。

もう15年以上の付き合いですね。


○不妊専門クリニックの看護師さんや助産師さんの、
カウンセリング法を実際に聞いたので、とても勉強になりました。

漢方相談の方法と、カウンセリングは違うということです。

(立場が)


○この年になって、自分の相談(カウンセリング)を他人の
第三者から評価してもらったので、本当に為になりました。

女性の視線が入ると、男性の私のカウンセリングには、
足りない点があるようです。


肯定的な意見は、

○笑顔が良かった

○人柄の良さが伝わってきた

○やさしい雰囲気が力になるので生かしてください。


などでした。

(これは、もうカウンセリング以前の問題で、
言葉以外の要因ですから、やはりもっと技術をつけなければ
いけないのでしょう。。恥ずかしい話です)


Dscf1552070224_1

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方 | PMS・月経前緊張症/不妊と漢方 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方相談 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方で効果改善 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/不妊と漢方 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方 | カンジダ膣炎/不妊と漢方 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方 | ストレス/不妊と漢方 | セックスレス/不妊と漢方 | タイミング療法/不妊と漢方 | ダイエット/不妊と漢方 | チック/小児チック/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方 | ニュースレターより | ハテナ | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士、幼稚園教諭/不妊と漢方 | ベビ待ち歯科衛生士/不妊と漢方 | ベビ待ち看護師/不妊と漢方 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症の漢方相談会 2008年 | 不妊症の漢方相談会 2009年 | 不妊症の漢方相談会 2010~ | 不妊症の漢方相談会 2013~ | 不妊症の漢方相談会2017 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/産後の漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方その1 | 人工授精/不妊と漢方その2 | 体外受精/不妊と漢方その1 | 体外受精/不妊と漢方その2 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方 | 円錐角膜/漢方薬 | 冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | 冷え性/不妊と漢方 | 加齢性黄斑変性症/漢方で効果改善 | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方 | 卵管性不妊/不妊と漢方 | 卵管水腫/卵管留水腫/不妊と漢方 | 卵管閉塞/不妊と漢方 | 卵胞発育不全/不妊と漢方 | 口内炎/漢方 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛の痛みしびれ/漢方 | 坑精子坑体/不妊と漢方 | 基礎体温が低め/不妊と漢方 | 基礎体温が高め/不妊と漢方 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方 | 基礎体温表/不妊と漢方 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方 | 妊活・妊娠力アップ/不妊と漢方 | 婦宝当帰膠/不妊と漢方 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/不妊と漢方 | 子宮内膜症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方 | 子宮筋腫/不妊と漢方 | 子宮腺筋症/不妊と漢方、妊娠出産 | 子宮頸がん/不妊と漢方 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児漢方/漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏(蓄膿症)の鼻水、鼻づまり/漢方 | 心と体 | 感音性難聴(耳鳴り、難聴)/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方 | 排卵障害/不妊と漢方、妊娠出産 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方 | 月経の経血量が減少/不妊と漢方 | 月経周期が短い/不妊と漢方 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方 | 椎間板ヘルニア/漢方で痛み、しびれ改善 | 武漢へ | 死産後/不妊と漢方。妊娠出産 | 母乳の漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/不妊と漢方、妊娠出産 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方勉強会(2004~2008) | 漢方勉強会(2009) | 漢方勉強会(2010) | 漢方勉強会(2011) | 漢方勉強会(2012~) | 漢方周期療法 | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方・妊娠出産 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 独歩顆粒 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理不順/不妊と漢方、妊娠出産 | 生理痛/不妊と漢方、妊娠出産 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方 | 甲状腺/不妊と漢方 | 男女の更年期と神経症 | 男性不妊・乏精子症 精子無力症/不妊と漢方・妊娠出産 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 経血量少ない不妊/不妊と漢方 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎の漢方 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘の痛み/漢方薬 | 股関節痛、変形性股関節症の漢方薬 | 肩こりの漢方薬 | 肩甲骨の痛みの漢方薬 | 肩痛、五十肩の漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)の漢方薬 | 背中のほてり/漢方 | 背中の痛み/漢方 | 胚盤胞/不妊と漢方 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症の漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中の漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛の漢方薬 | 膀胱炎の漢方薬 | 膝痛の漢方薬 | 花粉症の漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹の漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方相談 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎の漢方薬 | 逆流性食道炎の漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群の漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿の漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方 | 酒さの漢方薬 | 頭痛、慢性頭痛の漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方で効果改善 | 頻尿/漢方で効果改善 | 顔面神経麻痺、手のふるえと漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方 | 風邪/漢方 | 食欲不振、胃痛の漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方1 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方2 | 高血圧と糖尿病の漢方薬 | 高血圧の漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方 | 黄疸の漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊の漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | 40歳代、高齢不妊/不妊と漢方 | AMH/不妊と漢方 | COPD 慢性閉塞肺疾患の漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方 | FSHが高い/不妊と漢方 | POF・早発閉経/不妊と漢方