カテゴリー「不妊治療の基礎知識…現状と問題点」の記事

2007.04.24

不妊治療の基礎知識…現状と問題点(5)

日本中医薬研究会の先生方からの質問に佐藤先生が答える。


<br />
○自然周期の排卵が早い場合(10日前後)、その原因(メカニズム)と対応方法<br />

○自然周期の排卵が早い場合(10日前後)、その原因(メカニズム)と対応方法


卵巣機能が落ちてきている。

閉経の前 24~25日周期。

26日周期までは正常。~32日。


FSH ↑

卵巣が高い刺激を受けている。

ムチを受けているので、排卵が早くなってしまう。

卵巣の卵の数が減ってきている。

クロミッドを使うと排卵を遅くさせるが、効果は分からない。



○体外受精で採卵するとき、9~11日目で採卵される人が多いようですが、その判断基準は卵胞の大きさだけなのでしょうか?

成熟の「度」は考えられないのでしょうか?

卵の成長期間を考えると、後の2~3日の成熟はとても大切な時間と思われますが…。いかがでしょうか?


→卵胞の大きさで判断する。

エストロゲンは、測らないことが多い。


17~18ミリでHCGを打つ。

卵胞1個→エストロゲン 300ピコ。


エストロゲンの計測は、1回3000円くらいかかるので、お金がかかるし、メリットは無い。



ここからお勉強。

○卵胞の発育。


月経期:月経時には径4~6ミリの卵胞が数個認められる。


主席卵胞:LHサージの5日前に直径12-14ミリになり、以後1日平均1・5ミリ前後発育し、排卵前には約20ミリに達する。


閉鎖卵胞:主席卵胞意外の卵胞は、主席卵胞からのエストロゲン分泌上昇によってnegative feedbackがかかりFSHの分泌は低下・アンドロゲン貯留がおこり、卵胞は閉鎖にむかう。


クロミッド→22~23ミリ。

HMG→26ミリ。


赤ちゃんは、hcgを出して、お母さんの卵巣刺激をする。

もっと住みやすい環境にしてよ~と指示する。

人間の体とは、よく出来ているものです。



採卵周期からすると、胚盤胞までもっていっても、あまり妊娠率は変わらない。



○卵子の生存期間について、24時間とか、10~12時間とかの説がありますが、実際は?


タイミング法のスライド


排卵日の翌日はダメ(妊娠しない)。


28日周期だったら

14日排卵だとすると、10日目から2日に1回は性行為をしたらどうでしょうか?


排卵日は、妊娠する確立が落ちている。

LHは頚管粘液を減らす。

シャッターを下ろしてしまう。


排卵の前、前日に性行為をする。



ちょっと休憩です。


先日まで私の家の近所では、梅の花が咲いていました。


梅の花をうららかな春の日差しに眺めていると、私の心の中には「平和」という文字が浮かんできます。

毎年、梅の花を見ては感激して、心を新たに「がんばろう」という気持ちになります。


昔の私の気持ちは、漢方コラム 「」の中にあります。


さて、平成19年度 2007年の梅は、いかに!


Imgp5465070420

土屋薬局の道路を挟んだ前のTさんの家です。


子供の頃には、夏休みにはよくセミ獲りに行きました。

毎年、見事な紅梅を咲かせますので、春の時期は店の中から見えますので、昼休みに歩道側から撮影させて頂きました。


<br />
隣の警察署を挟んだところには、見事なしだれ桜もあります。


隣の警察署を挟んだところには、見事なしだれ桜もあります。


<br />
隣の警察署を挟んだところには、見事なしだれ桜もあります。


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.19

不妊治療の基礎知識…現状と問題点(4)

原因不明に対する妊娠率


           調整後初回周期妊娠率

対象群       1・3%

対象群(RCT)   4・1%

IUI          3・8%

CC         5・6%

CC+IUI      8・3%

hMG        7・7%

hMG+IUI     17・1%

(CCとはクロミフェンのことで、IUIは人工授精のことです)
 

○原因不明不妊の診療手順


Natural intercourse 1
  

Timed intercourse 1

Clomiphene 1・5

Clomiphene + IUI 2・0

hMG+IUI 4・0

IVF


佐藤先生は、タイミング法は勧めていない。

ストレスが多いから。


欧米では、タイミング法はしていない。

ただし月に1~2回の夫婦生活のカップルには
有効かもしれない。



誰かが妊娠する可能性

私が妊娠する可能性


3倍の確立で妊娠!

やったー。


でも、あなたは42歳、不妊症10年間。

もともとの妊娠率は何パーセントだから、…



妊娠率と累積妊娠率


1回あたり5%の治療を何回繰り返すと、何回目の累積妊娠率は?

1回あたり10%の治療を何回繰り返すと、何回目の累積妊娠率は?

1回あたり20%の治療を何回繰り返すと、何回目の累積妊娠率は?



妊娠率に影響する要因


女性の年齢→最も大きい問題

不妊期間

妊娠歴の有無


不妊原因


Dvc00019


ちょっと休憩です。


Imgp5302070411

<2007年4月11日 「大森山へ続く道」>


Imgp5306070411

<春の朝日連峰遠景>


Imgp5319070411

<野川小柳橋眺め>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.18

不妊治療の基礎知識…現状と問題点(3)

不妊と不妊症

「症」のもつ意味


拒食 VS 拒食症

自律神経失調 VS 自律神経失調症

骨粗鬆 VS 骨粗鬆症

花粉 VS 花粉症



Dvc00021


「不妊」とは妊孕性(妊娠率)が低下した状態


「不妊原因」とは、妊孕性(妊娠率)を低下させる要因=それがそのカップルの
本当の不妊原因かどうかは分からないことが多い。


最良の状態で妊娠率はせいぜい30%。


不妊の今の最大の原因は、高齢化。

年齢のファクターが大きい。


受精した卵の約半分は染色体異常がある。



Infertile:
妊娠率(妊孕性)が低下した状態

例:原因不明不妊、乏精子症、子宮内膜症の多く、高齢、喫煙習慣、肥満


Sterile:
妊娠が不可能な状態


例:無排卵、無精子症、両側卵管閉鎖、(性交がない)。


原発不妊、続発不妊。

いずれも妊孕性低下要因があることが多い。


妊娠率は、結婚後だんだんと下がってくる。


Dvc00020

妊娠率

32~33歳 20~30%

↓ age


45歳 0%



不妊治療の2つの流れ


○原因対応法

○ステップアップ法→妊娠させる率を高める方法


一般的なステップアップ法の進め方


タイミング→人工授精→体外受精


○これがポイント

ベースになる妊娠率の何倍かで考える。



Imgp5252070411

<2007年4月11日撮影 我が家では、梅が見頃です>


Imgp5282070411


Imgp52700704111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.17

不妊治療の基礎知識…現状と問題点(2)

Dvc00029


不妊治療の考え方


不妊の原因


絶対不妊の原因

卵管閉鎖

排卵障害

無精子症

性交障害


ほかには、


ピックアップ障害

乏精子無力症

ED

抗精子抗体

頚管粘液不良

内膜ポリープ

子宮内膜症

子宮筋腫


受精障害

よく臨床で患者さんに「不妊の原因は何ですか?」と
聞かれるが、「不妊の原因はこれですよ」とは
なかなか言えない。


あえていえば、「妊娠する力が弱い」と言える。

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらも参考になりましたら、幸いです。


Dvc00026


不妊の検査


○基礎体温の記録

○超音波検査

○ヒューナー試験(性交後試験:PCT)

○精液検査(イムノビーズ試験、ハムスター試験、ベネトラック検査)

○子宮卵管造影

○抗精子抗体

○ホルモン基礎値

黄体機能検査

○クラミジア抗体検査

染色体検査

精巣生検

ホルモン検査

精路・精嚢造影

Dvc00024


一般不妊治療


卵管内視鏡

マイクロサージェリー

卵巣嚢腫核出

排卵誘発

黄体管理

子宮鏡下手術

腹腔鏡下手術

筋腫核出


GIFT

ZIFT


行われなくなっている。

戻すときに、腹腔鏡で戻すから大変。


25年前から、ART(補助生殖医療)


(70~80%の人は精巣から精子を見つけることができる)

ART


昔は2日間の培養で戻していた。

今は3日間で戻すことが標準。


Dvc00022


卵の大きさ 0・1ミリ 目で見える


胚のGrade分類─Veeckの分類


Grade  卵割球  fragmentation


1 均等 なし

2 均等 10%以下

3 不均等 

4 均等もしくは不均等 10%以上

5 割球そのものが少ない 50%以上


分割のスピード、形→グレードを決める。


グレードが悪い→妊娠率が悪い。


グレードが悪いことは、出来の悪い子供が生まれてくるわけではない。

○我が国のおけるARTの分娩数と出生児数


今現在の日本の現状は、「50人に1人がART」


約1・5%



そのうちに10%を占めるくらいになるのではないか?


日本のARTのうちの約半数は、ICSI(日本はICSIが多い)


今日の私の復習メモはここまでです。


最後に「岩木山」の写真です。


Imgp5189070408

<2007年4月8日 「岩木山 春の農作業」>


Imgp5194070408


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.16

不妊治療の基礎知識…現状と問題点

Dvc00031


2007年4月14日(土) 東京茅場町「鉄鋼会館」

テレビお茶の間スクーリング4月


特別講師 聖路加国際病院婦人科部長 佐藤孝道先生


金曜の夜から東京に行っていまして、
昨日の日曜の夜に山形に帰ってきているところです。


東京は葉桜がきれいで、すっかりと葉桜でした。

つつじが咲いているのには驚きました。


さて今回は、いつも不妊カウンセラー養成講座で私には
お馴染みになっている佐藤先生の講演でした。


京都で婦人科の学会があるのにも関わらず、
大変にお忙しいなか、午後4時から時間を大幅に延長されまして、
午後6時半までとても充実した勉強会でした。

Dvc00025

まず今回の佐藤先生の講演で私が嬉しかったのは、
不妊カウンセラー試験のために一生懸命勉強していましたので、
日本でも有名な病院の婦人科の先生の講義内容を
きちんと理解できたことです。


やはり勉強はするものですね。

大いに自信になりました。


次に、佐藤先生の話で感銘を受けたことは、


「最近は、不妊の患者さんを支えるという輪が広がってきて嬉しい。

日本中医薬研究会も、不妊カウンセラーになるかたも増えてきて、
大いに中医にも期待しています」


と冒頭に述べられたことです。


一番最初の写真は、佐藤先生が今から20年前に
虎ノ門病院で初めて産まれた体外受精の赤ちゃんを抱いています。


佐藤先生は、50例くらいずっと体外受精をしていましたが、
なかなかと妊娠するかたがいなくて、やっと産まれたお子さんだそうです。


その当時、今から20年前に
もう体外受精が成功する時代になったので、
「不妊の患者さんの悩みは、今から20年前の当時は、
無くなるのではないかと思ったが、今現在でもそうでもなかった。
かえって難しくなったかもしれない」
だそうです。

私自身は、今回の勉強会で一番と印象に残った言葉です。


中医の不妊に対する方法も、ある意味期待していると
お話してくれましたので、私も今後とも勉強してトレーニングしていきたいです。


今日はここでおしまいです。

また次回に更新します。


Dvc00007

<2007年4月15日 永代通り つつじが咲いています。東京は初夏のよう>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | お香 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | イラスト | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ツボの話題 | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライシンドロームの漢方対策に | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 夏の疲れに漢方 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の漢方養生 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方体験ドットコム | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 疲労|漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿(暑湿)について | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 睡眠と妊活 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 秋バテの漢方 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 食養生 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬