カテゴリー「2005年妊娠出産おめでとうございます!」の記事

2005.12.28

漢方併用40才高齢の顕微授精。妊娠17週目で41歳に。超高齢出産になりそう

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

大雪続きの山形県で、連日の寒さが続いておりますが、最近、また嬉しいお便りがありました。

Oさんの快諾を得ましたので、掲載させて頂きます。



お久しぶりです。

9月に二度目のICSIを受け、なんと妊娠してしまいました。

40才でしたのでいつ、何が起きるかわからないと覚悟していたのですが、現在17週目に入り、そろそろ報告してもだいじょうぶかなーと。

いまはもう41才になってしまいました。

来年5月に出産予定で、自慢できるくらい超高齢出産です。


妊娠初期はとにかく寒く、養血調経の漢方薬は飲んでいましたが、吐き気と頭痛のせいで鹿茸を含んだ漢方薬は飲めなくなってしまいました。

寒気が治まった頃から、お薬を飲むのは特に意識せず、気になるときに養血調経の漢方薬を飲む程度になっています。

安胎作用のあるお薬を飲んだ方がいいんでしょうか?

BBSのような書き込むところを探しましたが、無いようなので、ここからお知らせしました。

ご親切な御指導ありがとうございました。

Oさんは、結婚10年目です。

38歳からお子様のことを考えるようになりました。


今年の1月のときからのご相談でした。


まだ雪が多いときでしたので、春になったら大きい街の病院に行ってみたいとのことで、その間にも漢方薬では、健康な体づくりを進めていくこととしました。


当帰を含んだ養血調経作用のある漢方薬と、補腎作用のある漢方薬、そして周期全般を整えたりするために麦芽を炒ったものを服用して頂きました。


補腎(ほじん)とは、生命エネルギーを補うような感じで、「卵巣年齢」を若返らせる働きがあります。

質の良い、卵になれば、妊娠する確立が上がってきます。


先日、虎ノ門での「不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座」では、婦人科の先生や患者さん代表の方などの講演がありました。

その中でも私が印象的に思ったのは、結局、「卵巣年齢が老化」してしまって、卵が採れなくなって不妊治療を断念せざるを得ない話でした。


子宮に関しては、ある程度老化しても大丈夫だそうですが、「卵巣年齢」の低下は深刻な問題で、「卵の老化」自体が不妊の原因そのものになっているそうです。

ですから、漢方薬を併用する場合にも、「卵巣年齢を若返らせる」ことを目標においたほうが効果があると思っています。


当店では、対策としましては「養血調経で生理を整えることと」と「補腎補精(ほじんほせい)で若返り」などを柱に、活血化淤(かっけつかお)で卵巣や子宮内膜の血行を改善することなどをお勧めすることが多いです。

いわば漢方の「アンチエイジング」になります。

(詳しくはご相談して下さい)


さて、そういうことで本当におめでたい話でして、私たちスタッフ一同も喜んでいるところです。


本来ならば、晴天の写真でお祝いしたいところですが、あいにくの雪降りが続いている毎日です。

今日の昼休みに撮影してきたのですが、少し天気が悪くてごめんなさい。


Oさんどうもおめでとうございました。


Oさんにお贈りします写真です。


「白い山」


さくらんぼ畑の雪景色

今はさくらんぼ畑もすっかりと白い世界に染まっています。

本日、12月28日の撮影です。

フルーツラインから奥羽山脈を眺めました。


果てしない雪原

限りない雪原が広がっています。

周りの景色が白いだけですから、寒さとともに風景にも圧倒されそうです。


雪原の柿の木

赤い柿の実が雪に映えます


その中で1本の柿の木を見つけました。

白い世界の中で、柿の色はまぶしく、春の訪れを待つ自然の豊かさを感じました。


寒さが厳しい毎日です。

どうぞ春の良き日を待ちましょう。

風邪などお召しになりませぬようご自愛くださいませ。

Oさん、この度はどうもおめでとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.27

漢方服用して妊娠5ヶ月で順調です。嬉しいお手紙

こんにちわ、土屋です。

先ほど嬉しいお便りがきました。


現在、妊娠5ヶ月とのことで、順調とのことでした。

また当店のスタッフに対しても気遣いの言葉も頂き、とても感激しているところです。


「今年の冬はとても寒いので、そちらの方面は特に大変かと思います。

どうぞご自愛下さい。

本当にお世話になり、ありがとうございました。」


ということで、当店のスタッフがすぐにお客様への手紙を作りました。

私が先ほど写真をパチリと撮りましたので紹介させて頂きます。


「屠蘇散」と来年の「ご縁儀根付」

正月に飲むと一年間の無病息災を祝う「屠蘇散」と来年の「ご縁儀根付」も同封しています。(*^_^*)


「屠蘇散」と来年の「ご縁儀根付」

もうすぐお正月のそんな気持ちになる手紙ですね。


なお、このお客様は、昨年の4月から漢方薬を始めました。

5歳のお子様がいる35歳のかたで、もう1人子供が欲しいとのことでした。


当店からは、養血調経の漢方薬とともに、麦芽を炒ったものの2つをお勧めしました。


それからずっと、今年の平成17年の6月まで漢方をお続けになりまして、その後連絡が無かったのですが、今日の嬉しいお手紙となりました。


もうすぐ年末で、気ぜわしい毎日ですが、皆様もどうぞご自愛くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

多嚢胞PCOS気味。漢方で生理不順が改善し不妊から妊娠へ!

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

年末も押し迫ってきましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

いろいろと忙しくなりますね。

なんで、師走というだけで「忙しい気持ち」になるのでしょうか。

(謎かもしれませんね)


さて、今日の不妊症の子宝の漢方相談、嬉しい話です。

Yさま、掲載許可の快諾ありがとうございました。


「私も不妊症の漢方薬でお世話になって初めての周期で妊娠できることができて本当に嬉しく思っています。

婦人科の先生も、びっくりされていました。

子宝漢方をためそうかどうか、迷っていましたが思い切って相談して本当によかったと思っています。

ありがとうございました。

またわからないことがあれば教えてください。

お願いします。」


Yさんは、28歳です。

10代のころから生理不順です。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)気味だそうです。

月経周期は35~50日周期で長めです。


生理不順あり。

周期は35日~50日。


高温期へなだらかにあがりなだらかにさがるタイプ。

月経期間は7日程度。

血色はなんとなく暗赤色。

ネバネバした感じあり。

最初の方は少量のかたまりもあり。

量は普通。

高温期は12日~16日。

初潮年齢12歳。


生理痛は半年まえから楽になった。

以前は月経が本格的に開始するとき、吐き気を伴うくらい痛いときもあった〔年に数回〕


トイレに閉じこもり、汗をかきながら薬が効くのをまつ感じだったがその場合も、そのときだけ鎮痛薬を飲むと治まった。

現在も、同時期に痛くなるので鎮痛薬を服用しているが、痛みが緩やかになった。


8月に不正出血をして婦人科にいくと、低温期が長いことを指摘され、その流れで排卵誘発剤を一錠5日服用しました。

が、育たずHMGを二回してHCGしました。

その結果卵巣が7センチに腫れてしまい、びっくりし怖くなってしまいました。

卵胞期のホルモンは正常でしたが、内診や注射での反応で多嚢胞気味ということです。


今周期はフェミロンを二錠5日にすることになっています。

私としては検査をすすめて夫婦ともに異常なければ自然妊娠を望んでいるので、現在の生理不順を改善できればと思います。

あと少し婦人科に通うと思いますが漢方との併用は大丈夫でしょうか?

よろしくお願いします。



と相談を受けまして、当店からは「養血調経(ようけつちょうけい)」で当帰を中心にした漢方薬で生理のリズムを
整えていくことをお勧めしました。


最初のご相談が10月27日のことで、11月23日には、漢方を服用した結果、体がポカポカしてきたし、周期も16~18日目で排卵してきたとのことで喜ばれたそうです。


その後、12月4日には胎嚢を確認されまして、今も経過は順調です。


ということで、当店でも結果が早く、良い結果になりましたので、とても嬉しく思っているところです。


良かった、良かったです。


Yさまにお贈りしますお祝いの写真です。

今日は、地元ローカルな写真ですが「山形空港からの眺め」です。


山形空港からの眺め

先週の土曜日の10日に撮影しました。

大雪続きの12月ですが、この日は晴れました。

晴天です。


左に見える山が大森山。

右に見える山が若木山(おさなぎやま)です。


山形空港からの眺め

カメラを中央から左側の北方向、楯岡方面に向けて焦点を合わせます。

左に見える黄色い乗り物は、空港を支える除雪車です。

なかなか壮観な眺めです。


山形空港からの眺め

今度は、反対側の右側にカメラを向けます。

南側の天童方向です。


やはり山並みというものは、冠雪があると立派に感じます。

冬のりんとした空気を感じます。


アルバム進呈です(2)と・キャサリーン・エドワーズの話題」でも、山形空港屋上から撮影しましたが、曇りと晴れでは印象が違ってきますね。


若木山へ


若木山をズームアップしてみます。

実は、当店の建物もこの風景の中に見つかるんですよ。


この日は、本当は天気予報では「雪」でしたが、思いがけず晴天となりました。

東北を支える背骨である奥羽山脈を南から北へと、流れていく雲の流れが印象的な一日でした。


Yさまどうもおめでとうございました。

厳寒の折、風邪などお召しになりませぬようご自愛くださいませ。


奥羽山脈のように力強く、たくましい、そして美しいお子様が生まれてくるといいですね。



土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。

普段から漢方の本場中国で研修を受け研鑽をつみ、山形県や隣県のお客様からご利用頂き妊娠、出産の嬉しい声を聞いています。

不妊、子宝漢方相談は人にも言えずに悩んでいる方も多いです。

どうぞお気軽に漢方相談をお寄せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.13

大淀の流れ(2)と雪上の柿木

おはようございます。土屋です。


おめでとうございます(大淀の流れ)」をKさまに進呈させて頂きましたが、その後Kさま本人から嬉しいコメントを頂きました。

ご本人様の了承のもとにここに紹介させて頂きます。



Kさまからのお便り

土屋薬局さま

コラム、読ませていただきました。

何だかその雄大な写真と、優しいお言葉に涙があふれてきてしまいました。


以前お電話で、「女性にはもともとちゃんと妊娠できるようになっていて、その機能が弱まっているのを、漢方で補う」と言っていただいたとき、私にはもうその機能がなくなってしまっているのではないかという不安でいっぱいだったので、ほんとに力を与えてくれた言葉でした。


そして、今回はこんなにすばらしいお祝いをいただき、心から御礼申し上げます。


冬の最上川はすばらしいですね。

ピンと張り詰めた空気が、凍てつく水が、手に取るように伝わってきます。

「大淀の流れ」はまた幻想的で、人間が作り出すことのできない神秘的な美にとっても感動いたしました。

本当にいろいろとありがとうございました。

これからも、まだお世話になると思いますが、よろしくお願い申し上げます。



私はKさまのお便りを読んで、感動、感激してしまいました。

どうもステキなコメントありがとうございました。


Kさまがこのココログ版への掲載を快諾して頂いたのも、「妊娠できるかどうか不安になっている人達への励みになれば嬉しいです」という暖かいお気持ちからです。

どうもありがとうございました。


最上川


凍て付くような寒さですが、大淀(つまり、最大の蛇行部という意味)では、最上川が輝きながら流れています。


最後に、12月7日の違う日に撮影した大淀の真下記念美術館の隣の柿木でお別れです。


Kさま、この度はどうもおめでとうございました。


真下慶治記念美術館

生前に、真下画爵がアトリエをかまえていたときと、多分ここの風景は変わっていないと思います。


私の大好きな手付かずの開発されていない、原風景が広がっているここ村山の大地です。


冬の青空

冬の青空って、なんて眩しいのでしょう。

雪の白い色に、柿の紅い色、空の青い色と実に美しいです。


私の好きな風景の景色に、「誰も食べようとせずに結局は冬の鳥たちの食べ物となる冬柿」があります。

とくに人里寂しい山の中や、田んぼなどの荒涼としたところにある柿の木たちは好きですね。


冬の柿の木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

高プロラクチン血症で排卵の痛み。漢方相談して妊娠出来ました!

お祝いの写真のテーマ

「大淀の流れ」


最上川 大淀の流れ


村山市 大淀の流れ 最上川

こんにちわ、土屋です。


Kさまの快諾を得ましたので、嬉しいご報告をさせて頂きます。


「ありがとうございます。

ご丁寧な連絡に、私ももちろんですが、主人がとっても感激していました。

ほんとにありがとうございます。

先週末に検診で、おなかの赤ちゃんに足と手が生えてきたのを確認しました。そして手をばたばたと動かしているのに感激しました。

予定日は来年の七夕です。


私自身は、軽いつわりの症状がある程度で、それも一段落したところです。

日によって、ちょっとだめな日がありますが、そのほかは元気にしています。

ただ、当帰が配合されている漢方薬を寝る前にどうしても喉を通らないのです。

なので、現在は朝起きたときのみに、お湯に溶かして飲んでいますが、それでよろしいでしょうか?

いろいろといつもありがとうございます。どうぞよいお年をお迎えくださいませ。」


Kさんは、31歳です。

5年前から不妊で悩んでいました。

一度、2年間通院していましたが、海外赴任を転機に治療をお休みしていました。

まずは漢方で体作りをしていきたいとのことでした。

手足はいつも冷たく、冷え性です。

肩こりもひどいです。

ひどいときには、片頭痛にもなります。

肩こりは、後の漢方で楽になったそうです)


食欲あります、胃もたれもありません。

便秘もほとんどありません。


経血量は少ないのが気になります。


生理痛よりも、排卵痛がひどいです。


生理が終わってから排卵までの間に、下腹部がきりきりと痛みます。

月経血には、チョコレート状の塊が毎回1回はあります。


生理前に胸が痛くなり、たまに生理前の10日前から胸が痛くなるときがあります。


以前に不妊治療時には、プロラクチンが高くてテルロンを1年半くらい服用していたそうです。

さて、今年の4月25日が一番と最初のご相談でしたが、当店からは、漢方の目標は以下のようにしました。


1)養血調経(ようけつちょうけい)


つまり生理のリズムを整えて、とくに生理の量が減ったことなどに対応して、
妊娠しやすい卵づくり、子宮内膜作りをしていきましょう。


2)疏肝理気(そかんりき)


プロラクチンは、ストレスホルモンのようなものですから、イライラしないことや、ストレスを軽減していくことが大切です。

生理前の胸の張りやイライラなどのPMSや、排卵痛なども、原因としましては、


A)淤血

いわゆる血行不良。

B)気滞

ストレスみたいな気の詰まり。


などがあると考えています。


Kさんには、気滞対策として麦芽を炒ったものをお勧めしました。


お勧めした漢方薬


「立てば芍薬、座れば牡丹」の芍薬や当帰などといった、女性のかたの「血の道症の漢方薬」と「麦芽を炒ったもの」を当店からお勧めしました。


さて、その後、淤血(おけつ)を解消していくために、山形県の花の紅花や先ほど前述の芍薬などが配合された駆淤血剤(くおけつざい)の併用もお勧めしました(ああ、なんて可憐な漢方薬なのでしょう。花が咲いているところを想像するだけで、うっとりします)

病院にも行くのを再開されまして、今年の11月9日は生理が1週間遅れているとのことで、嬉しいご報告となりました。


良かった、良かったです。

土屋薬局でも嬉しく思っています。

今回の掲載の快諾には「私も、赤ちゃんが欲しいと思っている人に、希望となれば、うれしいです。」と暖かいお言葉を頂いております。

どうもKさんおめでとうございました。


当店からは、Kさんに送るお祝いの写真です。


今週の火曜日の昼休みに撮影してきました。


Kさん、おめでとうございます。

お祝いの写真のテーマ

「大淀の流れ」


以前に「真下慶治記念美術館と嬉しい話」でも紹介している場所ですが、
今回は「冬バージョン」です。


私は、「晴れろ、晴れろ」と心で念じていたのですが、あいにくの曇り空の日でした。

大きいカメラバックを手に持って、「うーん、曇りで残念」と思いながら村山市大淀の美術館に行くと、職員さんは、「今日は、滅多に無い素晴らしい風景ですよ。幻想的で美しいです」と、いつもそこで働いている職員さんに激励を受けてしまいました。

これは、「めでたい、めでたい」です。


では、これから「最上川の幻想」をKさん一家にお届けしようと思います。


真下慶治記念美術館

ここ真下慶治記念美術館は、本県の母なる河「最上川」をこよなく愛し、生涯のテーマとして作品制作に取り組んだ洋画家 真下慶治(故人)の代表的な絵画が数多く展示されています。(パンフレットより引用しました。ありがとうございます)

今、私が眺めているこの風景も、真下画爵が生前に眺めていた風景と一緒です。


師のアトリエがあったところに、この美術館が建てられたのです。


ああ、母なる最上川。


最上川


「大淀の流れ」

師の代表的な作品と同じ構図の写真です。


この美術館のテラスに立つと、このような雄大な眺めを眺めることができます。

時が経過するのも忘れそうです。


最上川


最上川


最上川

ああ、最上川は静かに流れ、大地をめぐっていきます。

大淀の美術館は、師の魂とともに建物と絵画があるようですし、実際に師が生前に愛した風景も楽しめます。


スピリチュアルを感じる稀な美術館だと思います。

国内では、葉山の神奈川現代美術館も一色海岸の眺めが素晴らしいですね。


Kさん、どうもおめでとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えしてください。

今回のコラムは、Kさんのために作成しました。


最上川のように雄大でたくましく、お子様が育つことを願っております。

どうもお読みして頂きまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.08

高プロラクチン血症で基礎体温の乱れ。漢方で無事に出産!

お客様の快諾を得まして、嬉しいお便りの紹介をさせて頂きます。

不妊症の子宝の漢方相談です。


「うちは息子が誕生しました。

これも土屋薬局さんに相談して漢方薬を処方して頂いたお陰です。

飲みだしてほんとすぐに妊娠がわかっちゃいましたので・・・(^^;)

すごい効果だなあと思います。

心から感謝しております。」

ということで男の子の青いアルバムをお送りさせて頂きました。


以前のご相談内容を紹介させて頂きます。


Iさんは、31歳です。

生理不順で基礎体温の低温期などが不安定です。

ストレスや生理前にイライラすることなどもあり、生理は25~35日周期です。

寒がり、冷え性などもあります。


さて、当店からは養血調経作用のある「当帰が配合されている補血薬」で生理のリズムを整えていくことをメインにしました。

併用する漢方薬としてましては、生理の周期が25~35日周期ですと、気鬱(きうつ)といってストレスの影響が大ですので、「心と体のリズムが良くなる漢方薬」を一緒に併用をお勧めしました。


「当帰が配合されている漢方薬」と「心と体のリズムが良くなる漢方薬」で生理のリズムを整えていきます。


これは「調経法」と呼ばれる方法です。


次に、「周期療法」をしていくときには、卵巣年齢を若くして、からだのホルモン分泌を良くするような漢方薬を併用しますと妊娠しやすくなりますので、「人参と鹿茸が配合された高貴薬と呼ばれる補腎薬」をお勧めしました。


都合、3点の服用で体調を整えていくことになります。


またご主人様も仕事などで疲れやすいとのことで、「男性用補腎薬」を服用していきます。


ご主人様も、健康で元気になったほうが、お二人のためにも効果的です。

初めての漢方相談が平成16年の10月だったのですが、その後漢方を服用してからは、Iさんはとても体調が良くなったとのことでした。

お母様にも、「当帰が配合された漢方薬」を1本プレゼントしたら、とても喜ばれたそうです。


その後、11月には「血行を改善して淤血(おけつ)を解消して、卵巣や子宮内膜の働きを良くするため」に、「血行を改善する山形県の花…紅花配合の駆淤血剤」もお勧めしました。


血行が良くなることも、とても大切です。


漢方を服用してからは、基礎体温がこころなしか、きれいになってきた。

今月は残念ながら、生理がきてしまったが、高温期もしっかりとしていたし、肩こりも頭痛もなくて、とてもいい感じだったそうです。


その後、検査の結果、高プロラクチン血症と言われましたので、漢方では麦芽を炒ったもので対応することとしました。


周期療法


○月経期

「当帰が配合された漢方薬」
「血行を改善する山形県の花…紅花配合の駆淤血剤」
「心と体のリズムが良くなる漢方薬」


○卵胞期~排卵期

「当帰が配合された漢方薬」
「血行を改善する山形県の花…紅花配合の駆淤血剤」
「麦芽を炒ったもの」
「人参や鹿茸が配合された高貴薬と呼ばれる補腎薬」


○黄体期

「当帰が配合された漢方薬」
「麦芽を炒ったもの」
「人参や鹿茸が配合された高貴薬と呼ばれる補腎薬」


淤血を解消する漢方薬は、低温期を重要視しました。

月経期に大切なことは、月経血を完全に排出することです。

不要になった子宮内膜が体内に残ると、血の巡りが悪くなる(淤血)の原因となってしまうからです。

そのため、月経期には気血(きけつ)の巡りを良くして、月経血を押し出す力を助けける「駆淤血剤」を症状にあわせて選ぶことが効果的です。


さて、その後 Iさんは漢方を服用してから2ヵ月後の12月には、妊娠が分かり、「めでたしめでたし」となりました。


良かった、良かったですね。(*^_^*)


今は、産後4ヶ月とのことで、母子共々元気とのことで嬉しく思っています。

乳腺炎対策などの漢方相談もさせて頂いています。

さて、お祝いの写真です。

嬉しい話に花を添えるために、写真を撮影してきました。


Iさん、おめでとうございました。


Iさんに捧げるお祝いの写真のテーマ


「いまだうつくしき虹の断片」


村山市次年子

12月4日撮影です。

村山市次年子(じねご)です。

蕎麦街道などで有名ですが、私もこの地域を車で走ることが好きです。

景色がいいです。

夏の終りには、蕎麦の花も綺麗に咲いていたりします。


まるで雪が飾り付けの雪みたいですね。


大石田町や遠くの山並み

次年子を越えると、T字路があり、左に曲がると肘折方面へ、右に曲がると大石田方面になります。

そこを右に曲がっていくと大石田町や遠くの山並み、最上川が眺められる絶景になります。

もう少しズームアップしてみましょう。


大石田町や遠くの山並み

大石田町や遠くの山並み

この一番と最後の写真は、たしか「山形宮城蕎麦の店」というような題名の本の裏表紙にも載っているのと同じ風景です。


その本は、おいしい蕎麦の店が載っていますので、私の友人たちも全員ゲットしています。

その本の裏表紙の写真を見ると、この青い橋がありますので、「あ、ここだ、ここだ」と分かるはずです。


夏の風景が載っているのですが、私も今度来年の夏になったら、またこの場を訪れてみようと思います。


ここで一句で今日の嬉しい話のお別れです。


「最上川の上空にして残れるは いまだうつくしき虹の断片」 斉藤茂吉


Iさん、どうもおめでとうございました。

お祝い写真のテーマは、「いまだうつくしき虹の断片」です。(*^_^*)

どうぞ今後ともご家族、健康で楽しい毎日をお過ごししてください。


このコラムは、Iさんに進呈します。


最後の写真は、村山市大淀を過ぎたあたりの4日の日の夕方です。

虹の代わりになるかな?


村山市大淀の夕日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.02

漢方薬を服用して第一子、第二子とも妊娠、ご出産でした。アルバム進呈です(2)

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は嬉しいお話がありました。

2人目のお子様も、子宝の漢方薬(婦宝当帰膠など)をずっと服用していて出産されたお客様が来店されました。

お腹はスッキリとされ、やはり子育ては疲れると言われましたが、とても元気そうでした。



1)土屋薬局で不妊症の子宝漢方薬を服用した嬉しい話第1弾


このお客様は、平成12年からの付き合いで、当店とは長い関係です。

その間、ずっと不妊症対策で子宝によい婦宝当帰膠を服用していたのですが、平成14年に第一子を、そして今年の10月には第二子を出産されました。


婦宝当帰膠はもちろんに、産後の体調回復にも良いですので、今後とも愛用されるとのことでした。

良かった、良かったです。


男の子用の青いアルバム進呈

<男の子用の青いアルバム進呈です>


以前の「アルバム進呈です。」に引き続き、本当に嬉しいです。

婦宝当帰膠は、冷え性や滋養強壮に良いですので、これからの冬場の寒さ対策や美肌対策にも、素晴らしいです。



…2)土屋薬局で漢方体験して嬉しい話第2弾


嬉しい話の続きは、先ほど人工授精をされたかたが来店されましたが、「元気が出る食用アリ製剤」を御主人に服用させていたら、精子の状態がとても良くなれたとのことで、私も成功を期待しているところです。

こちらも嬉しい冬の寒さを吹き飛ばすホットな話題でした。


さて、嬉しい話題を抱えたまま昼休みに入った私は車を走らせて、今日の嬉しい話題に添える写真を撮影してきました。

BGMは、「Kathleen Edwards」です。


女性シンガーソングライターが大好きで、エイミー・マンとかサラ・マクラクラン、ダイドなどなど、癒し系の音楽が好みです。

キャスリーン・エドワーズは、もう私の好み「ストライク・ゾーン」です。

ジャケットの写真から大好きで、1枚目と2枚目のアルバムを常に車においてBGMとして愛聴しています。

声もいいし、バックミュージックも、容姿もいいです。


さすが、ニール・ヤングやジョニ・ミッチェルを生んだ国・カナダ出身です。

カナダ出身者は、なぜかアメリカロックに回帰していく人達がいて、キャスリーン・エドワーズもその中の一人だと思います。


さて余談に熱が入りすぎました(汗)


山形空港から眺める大森山と若木山

山形空港から眺める大森山と若木山です。

本日、12月2日の撮影です。


私の住む東根市には飛行場があって、今日の昼休みはそこの屋上に行っての撮影です。

左に見える山が、大森山。

右に見える山は、若木山(おさなぎやま)。


若木山上空の空

<若木山上空の空>

曇り空から、青空が一瞬のぞく光景が「神(ゴッド)」を感じる瞬間です。

子供の頃から好きな風景です。


若木山上空の空

比較的に「晴天」の明るい写真を好んでいたのですが、最近は、「ニューズ・ウイーク」などの写真を見ていると、「曇り空」の写真にも美しさがあり、心象性を映し出すような気がします。

アメリカのイラク帰還兵や、亡くなったかたのお墓の写真など、晴天よりも、「曇り空」のほうが胸を打ちます。


キャスリーン・エドワーズの唄の世界も、こんか感じかな?


奥羽山脈

昨日もNHKで「奥羽山脈」の特集がありまして、ダニエル・カールが金山町から「んだ、んだ」と言っていましたが。

奥羽山脈ってステキでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

不妊症。漢方で自然妊娠です。「排卵痛」も軽くなりました。

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

先週末から今週明けと仕事が忙しくなり、ホームページやもちろんここの漢方体験ドットコムも更新できずに、「あ~、このまま今週は何も更新しないかもしれない~」と思っていましたら、嬉しいお便りが先ほどありました。

「嬉しい話シリーズ」です。


こんにちわ、土屋です。

先週末から今週明けと仕事が忙しくなり、ホームページやもちろんここのココログも更新できずに、「あ~、このまま今週は何も更新しないかもしれない~」と思っていましたら、嬉しいお便りが先ほどありました。

嬉しい話シリーズ」です。


Yさんは、33歳です。

不妊で7年間悩んでいます。

3年前に病院にも2年間は通院していたのですが、夫の海外不妊を期に治療を止めました。


不妊治療をしているときには、高プロラクチン血症のテルロンを1年半服用していて、2度の排卵誘発の注射を受けました。


この相談を受けたときには、海外在住であと何ヶ月かで帰国するので漢方も服用して、日本での治療再開とともに健康な母体をつくっていきたいとのことでした。


手足は冷たく、いつも冷え性です。

肩こりひどいです。

肩こりがひどいと片頭痛になるそうです。


食欲あります。胃もたれもありません。

通じやお小水も良いです。(正常です)


ただし、ストレスや冷え性、疲れなどに弱いです。

28日周期の生理で、月経期間は5~6日間です。

経血量が少なくなったのが気になりますし、塊も混ざります。


生理痛よりも排卵痛のほうがひどいです。

生理が終わってから、排卵までの間に下腹部がキリキリと痛みます。

生理前に胸が痛くなりやすいです。


さて当店からは、「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」と「麦芽を炒ったもの」をお勧めしました。

その後「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」もお勧めしまして、約半年の服用での嬉しい報告となりました。


自然妊娠です。


漢方の服用方法の紹介です。

「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」は養血調経で、生理のリズムを整えます。

先日の「不妊症カウンセラー、体外受精コーディネータ養成講座」のときにも、「○着床障害をめぐって 斗南病院 生殖内分泌科 東口篤司先生」という講座があったのですが、その中で「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」も着床障害の改善に良いと書いてありました。


「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」は、淤血(おけつ)という体の淀んだものを解消しますので、卵巣や子宮内膜などの状態が良くなって、授かりやすい環境になってきます。


麦芽を炒ったものは、プロラクチンが高いとか、PMSで生理前にイライラしたり、胸が張りやすいなどの体質改善に有効です。


「排卵痛」なども、原因としては中医学的に考えますと、


1)気滞(きたい)

2)淤血(おけつ)


の2つの原因があると認識しています。


気滞(きたい)や淤血(おけつ)があると何が悪いかといいますと、「通じざればすなわち痛む」ですから、排卵痛の下腹部痛などにもなりやすいのです。

ですから、排卵痛の対策では、


1)淤血(おけつ)→活血化淤(かっけつかお)→血行を良くする漢方…駆淤血剤

2)気滞(きたい)→疏肝理気(そかんりき→ストレスを緩和する漢方薬…疏肝剤

とそれぞれの症状に当てはめていきます。


淤血は、1)痛み 2)しこり 3)黒ずみが特徴です。

気滞は、もちろん「気の詰まり」ですから、ため息やイライラ、憂鬱、気分がさえない、また胸が張る、喉が詰まるなどの感じもあります。


よく「はあ、はあ」とため息をついている人がいますが、これは「気の詰まり」なんですね。

パニックで胸や喉がいっぱいの人も「気の詰まり」です。


(これに関しましては「胸やのどの奥が重苦しい感じ」もご覧になってくださいね)


排卵痛の「痛み」だとすれば、その痛みは「淤血」によるものか「気滞」によるものかを分けて改善を目指します。

たとえば、


淤血>気滞

気滞>淤血

淤血=気滞


などと、個人個人で「痛み」の原因も変わってくるはずです。


Y子さんの場合には、「当帰を主成分とした瓶入りの漢方薬」や「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」は淤血(おけつ)の痛みに、また「麦芽を炒ったもの」は気滞(きたい)の解消に有効でしたので、妊娠への良き漢方処方になったと思います。


「血行を良くする丹参や山形県の花─紅花が配合されている漢方薬」などは、正式には「理気活血(りきかっけつ)」の働きがありますので、排卵痛対策にも有効なんですよ。


良かった、良かったです。(*^_^*)


最後に奥入瀬の紅葉でお別れしましょう!

さようなら。


奥入瀬の紅葉

真っ赤に燃えるもみじ。

私はこういう写真を撮影したかったのです。


奥入瀬の紅葉


奥入瀬の紅葉


お悩みのかたは土屋薬局までぜひ漢方相談をお寄せくださいませ。

カテゴリー「PMSの漢方薬」の記事

PMS(月経前緊張症)/不妊症と漢方薬

こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

男性不妊/漢方で精子無力症、乏精子症改善。妊娠出産!

先週に親子3人連れが来店されました。

ご主人側の精子に問題があり、奥様は健康そのもので、検査も問題なかったという「男性不妊」の漢方相談でした。


初めての相談のときは、精液検査。


精液量 2・5ml (正常:2・0ml以上 WHOによる)

精子濃度 2000万/ml (正常:2000万以上)

運動率 1・3% (正常:50%以上)

でした。


精子の運動率が悪く、精子数が少ないことが悩みです。


精子無力症乏精子症です。


ふだんは2000万くらいの精子数です。

結婚して4年目ですので、そろそろ子供も欲しいです。


ご主人様の体型は、痩せ型で舌は赤く、痩せた舌で亀裂があり、苔は生えていません。

血圧も高めで、降圧剤も服用しているとのことでした。


土屋薬局からは「食用アリ製剤の男性不妊に強い漢方」と「鹿茸や海馬などが配合された補腎の漢方薬」をお勧めしました。


その後、体調をみながら男性不妊対策の子宝漢方をお勧めしていきましたが、検査の結果が良くなってきて、精子数は2000万から、5800万まで上がりました!

精子の運動率も50%になり、私どもも喜びました。


その後、数回の人工授精をされたのですが、結局、ICSI(顕微授精)で授かったそうです。


久しぶりにお客様に対面したので嬉しく思った話でした。

さて、最後に以前に私が男性不妊に対して勉強したメモ帳を紹介します。

(私のメモですので、読みにくいところはご勘弁してください)



男性不妊


不妊の原因の40%は男性にある。


男性不妊の原因


WHOの正常(精子)


量:2・0ml以上

数:2000万/ml


☆運動率:50% ←一番と大事な数字

奇形率:5%未満


器質性


精索静脈瘤→淤血(おけつ)と考える→淤血の原因も考える。


内分泌、染色体→異常があると流産してしまう→体外受精など。


効能的…疲れるとダメ。


性欲低下…


1)C型肝炎、肝機能障害→脾胃を強くする漢方薬。「見肝の病、当先実脾」

(著者注:肝臓の病を見たら、まずは脾(胃腸)を治したほうがいいですよ)

健康の基本は、胃腸です。

は「あせらない」でじっくりと漢方で胃腸を丈夫にすれば、肝機能も良くなっていきます。



2)飲食、酒→湿邪、脂膏(しこう)→コレステロール、尿酸→毒を出して体をスッキリさせる漢方薬


苔があるときは、勝湿顆粒が良い。

便の状態も大事。

湿邪(しつじゃ)が体にあるときには、便がベトっとついたりする。

便の状態も詳しく問診する。


お酒を飲みすぎると、湿熱(しつねつ)という邪気が下半身に溜まって、陰部の痒みやEDなど下半身の機能が錆びきます。

この場合には、従来の「男性不妊の漢方薬」という滋養強壮作用のある漢方薬を服用しても、あまり効き目が上がらずに、逆に「あまり良くない結果」になることもあります。


錆び付いた下半身や精子の働きや数を良くするには、体をサッパリとさせる必要があります。


もちろん、食事などの養生法も大切です。

肥厚甘味(ひこうかんみ)などのアブラっぽいものなどは控えていきます。


3)ストレス→「ストレスを緩和する漢方薬」+「男性不妊の漢方薬」→効き目が良い。

仕事に行く前に、お腹が張ったり、下痢をするタイプ。


私たち男性は、プレッシャーに弱いんです。(苦笑)


仕事の帰りが遅かったり、職場や家庭、友人関係などのストレスがありますと、なかなかつらい状況になってきます。

その場合も「急がば廻れ」で「ストレスを和らげるような漢方薬」を「男性不妊の漢方薬」に併用すると効果的なんです。



4)疲労→男性不妊の漢方薬+健脾の漢方薬


腰痛があるときなど、男性不妊の漢方薬が良い。

「腰痛」とは腎虚(じんきょ)で老化現象の一種ですから、精子も弱りやすいのです。


また、髪の毛が薄くなるとか剥げるなども、「腎虚」の一種ですから、「髪の毛の相談」と「精子の相談」は漢方では一緒になりますね。

補腎(ほじん)といって、漢方での腎臓を強化すれば、腰痛も精子も良くなります。

相談するときには「腰痛」も、男性では一つの目安になります。


また疲労が溜まりやすい人は、胃腸が弱い場合も多いですので、その場合には胃腸を強化することも大切なんです。

ただ、補腎の男性不妊の漢方薬ばかりですと、逆に胃がもたれて逆効果になる場合もあります。


精子は3回検査することが一般的ですが、男性機能の漢方対策も詳しくは当店までご相談してください。


男性不妊の漢方、顕微授精とTESEとの併用で妊娠、出産!

男性不妊の漢方薬/親子三人からの残暑見舞い


奥様は健康そのもので、検査も問題なかったという男性不妊の漢方相談


こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。


では、最後に「カメラが帰ってきた話と嬉しい話」でも少し紹介していますが、福島県会津地方の柳津のお寺を紹介してお別れします。さようなら。


福満虚空蔵尊  圓蔵寺の境内

福満虚空蔵尊  圓蔵寺の境内です。

牛を撫でると、いいことがあります。

2005年11月7日の撮影です。


福満虚空蔵尊  圓蔵寺の境内

福満虚空蔵尊  圓蔵寺の境内

会津の歴史のあるお寺は素晴らしいです。

2012年8月9日追記

漢方体験ドットコムさんにこの記事が新しく生まれ変わりました!


男性不妊の漢方相談・・・親子3人の来店があり嬉しく思いました

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。

詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。



所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


<最近、仙台から毎週のようにお客様が来店いらっしゃっています!>


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.04

2年間無排卵・無月経で生理不順。不妊症漢方。すぐに妊娠!出産

最近は、土屋薬局では先週から不妊症の漢方相談で妊娠していらっしゃる人の報告が多いのですが、ここで当店の漢方薬を服用されたかたの嬉しい話のご紹介です。


28歳の女性のかたです。

A子さんから、当店を紹介して頂きました。


A子さんは結婚して13年目でなかなか子宝に恵まれなかったのですが、当店の漢方薬をICSI(顕微授精)を成功させるために漢方を併用して、めでたく、妊娠。

今年の5月に出産されました。


ICSI(顕微授精)が2回駄目だったので、「漢方で健康な体づくりを」とのことで、漢方周期療法をお勧めしていました。

結果、ちょうど顕微授精4回目で成功とのことで私たちも喜んでいたところでした。

さてA子さんからのご紹介で来店された、仮にB子さんという名前にさせて頂きますが、B子さんは 平成16年9月から今年の平成17年1月までずっと「無月経」つまり「無排卵」の「生理不順」でした。


さすがに「無月経」「無排卵」が心配になりましたので、婦人科でクロミッドという内服の誘発剤や排卵誘発剤の注射などをしていましたが、病院に通うのも面倒になり、通院を止めていました。


当店に「無月経」「無排卵」の漢方相談を希望したのは、「漢方薬で自然に排卵をきちんと起こしたい」という目的からです。


今の長い生理不順の前は、30日周期から長いときで、2~3ヶ月に1回の生理だったそうです。

足先が冷えます。


LHというホルモンが高いとのことで、多嚢胞性卵巣気味(PCOS)だったのかもしれません。


生理前に胸が張って痛みやすいです。


本人様は、まずは気軽に漢方をやっていきたいとのことで「無排卵」「無月経」対策として当帰を主成分とした漢方薬から服用をしていくこととなりました。


さて、その後の話ですが、当店でもスタッフ一同ビックリしたのですが、子宝の漢方服用後すぐに妊娠されまして、来年の4月には出産のご予定だそうです。


ご本人様は「妊娠しなくてもいいから、健康な体づくり」をとリラックスしていたそうです。

焦らない落ち着いた心理状況もあったのだと思います。



<土屋薬局から漢方で一言>


「生理不順」「無排卵」「無月経」のときには、B子さんの場合にはまだ28歳でお若いですから、「補腎」よりも「養血調経」「補血(ほけつ)」をメインに考えて生理を整えました。


イスクラ高円寺研修塾で私の恩師が語っていた言葉です。


「ヤシの実は実がなればポトンと落ちる。女性の生理も同じことです」


女子の先天である「肝血(かんけつ)」が充実すると、生理が順調になり子供を産み育てられる元気な体作りに貢献できるのではないかと考えます。


健康な体作り、生理のリズムを整える漢方相談、「無排卵」「無月経」「生理不順」の漢方相談は土屋薬局までお気軽にお寄せください。


また、こちらのお客様は違うお客様からのご紹介でした。

2年間 「無排卵」「無月経」「生理不順」で悩んでいた30代のお客様の話です。


漢方服用後20日後に来店です。


「私は「無排卵」「無月経」だったのに病院の注射できちんと反応して、左右に合計で卵が4個できてビックリでした。病院でも驚いていました。いままで排卵誘発剤への卵巣の反応が悪くて困っていました」

「信頼できる人の紹介だったし、漢方やってみてとても良かったです」

ということで、すごくやる気がでてきました。

食欲もでてきました、体調も良いとのことで私もすごく嬉しかったです。


近所の紹介してくださった方が言うには、「私の子供の友達が欲しいから早く授かってね」と温かい「煽り」をしているそうです。

励みになる温かい言葉ですよね、私も今後の見通しは明るいと思います。



その後。


30代のお客様は、その排卵した周期で副作用の腹水が溜まったものの、受精卵を移植後に「陽性反応」で「妊娠」とのことになりました。

今は、安胎の漢方薬として流産防止のために服用して頂いております。


実に「漢方を服用して最速の1周期での妊娠、無排卵の改善」で良かった、良かったです。(*^_^*)


補気剤でバリア力をアップしますので、流産防止やまた腹水などにも一定の効果があると思います。


ということで、今回は2つの「無排卵」「無月経」「生理不順」のかたの「妊娠」された話の紹介でした。



最後に、「奥入瀬の秋」の続きの写真でお別れします。


奥入瀬渓流

奥入瀬渓流に朝がきました。

キラキラと川面がまぶしい感じです。


ブナの朽木

ブナの朽木

ブナの倒木も「生」と「死」の輪廻を森から学ぶことになりますから、
私は実に美しい姿に見えます。

(「奥入瀬(ブナの朽木ほか)」もご覧になって頂きましたら、嬉しいです)


漢方体験ドットコムさんにも記事をアップしました。

無排卵でしたが、漢方やってみてとても良かったです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞/不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群/不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症/漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき/漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症(おねしょ)/漢方薬 | おりもの、のびおり/漢方薬 | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振/漢方薬 | しびれ/漢方薬 | つわり/漢方薬 | にきび/漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | ほてり/漢方薬 | むずむず脚症候/漢方薬 | めまい、立ちくらみ/漢方薬 | アトピー性皮膚/漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精/漢方薬 | アレルギー性鼻炎の漢方相談について | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠/不妊と漢方薬 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み/漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法/不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎/不妊と漢方薬 | ガン(がん)/漢方薬 | クラミジア感染症/不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎/漢方薬 | ゲップ・ガス/漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群/漢方薬 | シミ・肝斑/漢方薬 | ストレス/漢方薬 | セックスレス/不妊と漢方薬 | タイミング療法/不妊と漢方薬 | ダイエット/漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞/不妊と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群/漢方薬 | ドライアイ/漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症/漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | ヘパーデン結節/漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん/漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん/不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん/不妊と漢方薬 | メニエール病/漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症/漢方薬 | リウマチ/漢方薬 | ロコモティブシンドローム/漢方薬 | 下痢、軟便/漢方薬 | 下肢静脈瘤/漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴/漢方薬 | 不正出血/不妊と漢方薬 | 不眠/漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳/漢方薬 | 人工授精/不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精/不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘/漢方薬 | 免疫性不妊/漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)/漢方薬 | 円錐角膜/漢方薬 | 冷え性/漢方薬 | 加齢性黄斑変性症/漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸/漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫/不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下/不妊と漢方薬 | 卵管性不妊/不妊と漢方薬 | 卵管水腫/不妊と漢方薬 | 卵管閉塞/不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全/不妊と漢方薬 | 受精障害/不妊と漢方薬 | 口内炎/漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)/漢方薬 | 味覚障害/漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎/漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍/漢方薬 | 嗅覚障害/漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛/漢方薬 | 坑精子坑体/不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め/不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め/不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ/不妊と漢方薬 | 基礎体温表/不妊と漢方薬 | 多汗症/漢方 | 夜中目が覚める/漢方薬 | 夢と不眠/漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良/漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ/漢方薬 | 子宮内膜が薄い/不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症/漢方薬 | 子宮内膜症/不妊と漢方薬 | 子宮外妊娠後/不妊と漢方薬 | 子宮筋腫/漢方薬 | 子宮腺筋症/漢方薬 | 子宮頸がん/漢方薬 | 子宮頸管無力症/不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック/漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症/漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症/漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴/漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎/漢方薬 | 慢性咽頭炎/漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指/漢方薬 | 抗核抗体/不妊と漢方薬 | 掌蹠膿疱症/漢方薬 | 排卵痛、排卵期/不妊と漢方薬 | 排卵障害/不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害/漢方薬 | 月経の経血量が減少/漢方薬 | 月経不妊周期療法/不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順/不妊と漢方薬 | 月経周期が短い/不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い/不妊と漢方薬 | 椎間板ヘルニア/漢方薬 | 武漢へ | 死産後/漢方薬 | 母乳/漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 流産後の不育/漢方薬 | 浮腫み/漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛/漢方薬 | 甲状腺機能亢進症/不妊と漢方薬 | 甲状腺/不妊と漢方薬 | 男女の更年期と神経症/漢方薬 | 男性不妊/漢方薬 | 痔/漢方薬 | 痛み、しびれ/漢方薬 | 痰湿/漢方 | 眼精疲労/漢方薬 | 着床障害/不妊と漢方薬 | 神経障害性疼痛/漢方薬 | 糖尿病/漢方薬 | 経血量少ない/不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障/漢方薬 | 繊維筋痛症/漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎/漢方薬 | 耳管開放症/漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴/漢方薬 | 聴覚過敏/漢方薬 | 肘痛/漢方薬 | 股関節痛/漢方薬 | 肩こり/漢方薬 | 肩甲骨の痛み/漢方薬 | 肩痛、五十肩/漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)/漢方薬 | 背中のほてり/漢方薬 | 背中の痛み/漢方薬 | 胚盤胞/漢方薬 | 脂漏性皮膚炎/漢方薬 | 脈拍/漢方 | 脊柱管狭窄症/漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中/漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群/漢方 | 腰椎すべり症/漢方薬 | 腰痛/漢方薬 | 膀胱炎/漢方薬 | 膝痛/漢方薬 | 膿精液症/男性不妊の漢方薬 | 花粉症/漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症/漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎/漢方薬 | 逆流性食道炎/漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群/漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿/漢方薬 | 遺残卵胞/不妊と漢方薬 | 酒さ/漢方薬 | 頭痛/漢方薬 | 頸椎症、首のこり/漢方薬 | 頻尿/漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ/漢方薬 | 顕微授精(ICIS)/不妊と漢方薬 | 風邪/漢方薬 | 食欲不振、胃痛/漢方薬 | 高プロラクチン血症/不妊と漢方薬 | 高血圧/漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊/漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全/不妊と漢方薬 | 黄疸/漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊/漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH/不妊と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患/漢方薬 | FSHが低い方/不妊と漢方薬 | FSHが高い/不妊と漢方薬 | POF・早発閉経/不妊と漢方薬