カテゴリー「2006年妊娠出産おめでとうございます!」の記事

2006.12.21

高プロラクチン血症 プロラクチン対策の漢方で妊娠、出産でした。

長江から昇る太陽

<2006年11月3日 長江から昇る太陽>


こんにちわ。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は、午前中はお休みを頂きまして、仙台三越で「夢」を購入してきました。

どんなクリスマスになるか、今から楽しみです。


さて、「おめでとうございます」の話です。


今年の6月にK様から掲載許可をもらっていたのでしたが、今の今までコラムが作れずにいました。

申し訳ございませんでした。


不妊症の子宝の漢方相談です。


「昨日アルバムが、今日漢方が届きました。

早速飲みました。

久しぶりの味に「ああ、こんな味だった」と思い出しました。

効いてくれるといいな~と期待しています。

また、かわいいアルバムまで送っていただいて、ありがとうございます。

子供が中のシールを貼って喜んでいました(苦笑)。

体験談ですが、お役にたてるのであれば、是非お使い下さい。

私もHPの体験談に似たものを見ては、安心したり、勇気付けられますから。

では、良い報告ができるよう、しばらく続けて見ます。

早々の対応ありがとうございました。」


K様は、31歳です。


結婚1年です。

高プロラクチン血症による不妊です。

PRL プロラクチンが18・1です。


排卵後から乳首が痛くなり、数日後から胸が張ってきます。


生理前1~2日前に、胸の張りがなくなります。


生理前に頭痛があります。

月経周期は、26~36日です。


排卵までの期間は、ふだんは16日前後。

高温期14~16日前後です。


寒がり、冷え性もあります。


テルロンでは副作用で吐き気があります。


排卵期と生理終わりごろに下痢をします。

最近、ひどいときには、下痢止めも服用するそうです。



平成15年 2月5日のご相談です。


○養血調経(ようけつちょうけい)の漢方薬

○麦芽を炒ったもの


1日2回 朝晩に服用です。



平成15年 2月25日

同じ高プロラクチン血症対策の漢方処方



平成15年 4月1日

同じ高プロラクチン血症対策の漢方処方



平成15年 5月27日


ご懐妊の報告。



そして、時は流れ 平成18年 6月26日


2年前にご出産されたとのことで出産お祝いの「アルバム」を進呈させて頂きました。


プロラクチンは「催乳ホルモン」なので、お乳がでてプロラクチンが高めのときには、排卵が障害されていたり、黄体機能不全になりやすいものです。

ストレスが関係している場合も多いですからイライラを減らすような生活を心掛け、夫婦や会社などの人間関係も良好にしていくことも大切です。


「養血調経(ようけつちょうけい)」漢方は、生理を整えますので、女性のかたは「生理、妊娠、出産、授乳」と血(けつ)が必要なものですから、当店では基本としてお勧めしています。


「麦芽を炒ったもの」は、回乳または断乳作用があるといわれ、つまりプロラクチンは「催乳ホルモン」なので、お乳がでてプロラクチンが高めのときには、排卵が障害されていたり、黄体機能不全になりやすいものですから、「麦芽を炒ったもの」を高プロラクチン血症に応用することがあります。


K様、ご出産どうもおめでとうございました。


K様にお贈りする写真は、今年の11月に中国は武漢で私が感激した「長江の朝焼け」です。


長江の朝焼け

長江の眺めは雄大です。


日本の狭い国土では、このような「大河の流れ」を感じることは困難だと思います。


長江の朝焼け


Kさまのお子様も長江の流れのように、大きく育っていって頂きたいです。

どうぞご一家末永くお幸せに、お暮らししてください。

このたびは、どうもおめでとうございました。

私も夢が叶うように、「長江の朝日」のように雄大に生きていきたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

PCOS(多嚢胞性卵巣)で何度も体外受精を繰り返していましたが、漢方服用半年で自然妊娠でした!

今日は、2回目の更新です。


いま、電話がありました。

不妊症で子宝相談の漢方相談のお客様。

排卵障害でPCOS(多嚢胞性卵巣)と診断されていました。

タイミング、人工授精、体外受精とステップアップ。

何回も体外受精をしていました。


9月からの当店での不妊治療の子宝漢方相談で、今回、「排卵日が月経周期の40日を過ぎていたのにも関わらず、自然に妊娠して(陽性となって)、ビックリ!でした。とても嬉しいです。」というお電話で私もビックリしました。


かなり遠方まで体外受精をしにいっていて、苦労されていました。


「今回はビックリで、お医者さんも驚いていました。

半年経過して漢方効かなかったら止めようと思っていたけど、基礎体温もグチャグチャだったけど、陽性でした。

それらの山形県外に通院する交通費や痛い注射に比べましたら、漢方は痛くないし、体調も良くなったし、費用も安かったです。

本当に効き目があったのですね。」


ということで、良かったなあ~と思いました。


FSH(HMG)の誘発剤などを使用しないで、きちんと排卵しての、自然妊娠でございます。


実は、もう一人の不妊症のお客様も土屋薬局の漢方薬で「ご懐妊、妊娠!」と嬉しいご報告が同じ日の今日にございました。


今年の7月から相談していて、その方は舌の苔が白くて若干厚めでした。


「痰湿(たんしつ)」タイプとして、漢方をお勧めしていましたが、先日に人工授精1回目でご懐妊、妊娠だったということで、私も嬉しく思っていたところです。


(一番と最初にご紹介したかたは、舌の色が薄かったので、「王道」の「補腎、養血、活血」の方法でした)


その方へのアドバイス、生活の注意点、養生法としましては、「痰湿(たんしつ)」タイプですから、


1)ストレスでイライラしないこと

2)ダイエット

3)食事の制限

4)赤小豆、ヨクイニン(ハトムギ茶)などもお勧めです。

5)おやつを控えること。間食しないこと。


という感じでした。


本当にどちらの方も、予想外の早い結果で、良かった、良かったと思っているところです。


やはり200キロとか400キロの遠方から、わざわざ車で来店されるという「気合」も大事だし、私も「気合」が入って、正しい漢方処方を考えられたのだと思います。


土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。

普段から漢方の本場中国で研修を受け研鑽をつみ、山形県や隣県のお客様からご利用頂き妊娠、出産の嬉しい声を聞いています。

不妊、子宝漢方相談は人にも言えずに悩んでいる方も多いです。

PCOS(多嚢胞性卵巣)で不妊症、排卵障害のお悩みなど、どうぞお気軽に漢方相談をお寄せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

チョコレートのう腫が2㎝に縮小。漢方効果改善で自然妊娠、出産できました!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


平成16年10月11日が初めての相談でした。


U子様は、チョコレート嚢腫で生理を止めるホルモン療法をするにあたって、副作用がでないか心配とのことで、漢方も併用して更年期のような副作用を防止したいとのことでした。

34歳です。


3~4ヶ月治療してチョコレート嚢腫が小さくならなければ、手術とのことです。

生理痛はかなりひどいです。


痛み止めを初日3回は服用しないといられない状態です。

足の冷えが強く、痛みもあり、だるさが2ヶ月続いています。

真夏でも、冬物の靴下を履いていました。


肩こりは30歳くらいから。

今はマシになりました。


生理では、レバー状の塊がでます。

生理前は、イライラ、胸の張りです。

子宮内膜症、チョコレート嚢腫を治してから、子ども授かりたいです。


土屋薬局からは、

○養血調経(ようけつちょうけい)で血流たっぷりの漢方薬

○活血化淤(かっけつかお)で血液サラサラの漢方薬

の「2本柱」をお勧めしました。


その後、11月14日、12月11日、年が変わり、平成17年2月12日には、

以下のような感想を頂きました。


「1月いっぱいまでの、(20週間)ホルモン剤の薬を飲み終え先日卵巣の大きさを調べに行ってきた所なんと!チョコレート膿腫3.5~4.5cmあったのが2cm位に!小さくなっていると言われました。

この位なら様子見たらいいよって事でした。

少しでも小さくなっていればと、願う気持ちで行ったので、すごくうれしかったです。

薬の加減でニキビが出来たり、お腹がはったり体重が増えたり正直大変な事もあったのですが、漢方と薬を飲んで良かったと思います。

まだこれから付き合っていかないといけない病気ですが気長に頑張っていきたいと思っています。

いい結果が出てよかったです。

いろいろとアドバイスもらったりありがとうございました。

足のだる痛いのもかなりマシになりました。

体を冷やさない様に気を付けて行きたいと思っています。」


チョコレート嚢腫が2センチに小さくなっていたとのことで私もすごく嬉しかったことを覚えております。


その後、音信不通だったのですが、先月にお友達を紹介して頂き、お友達から「U様が出産されて、可愛い男の子だった」ということをお聞きしまして、当店からも引越しされたU様に連絡がとれまして、「出産お祝いのアルバム」をお贈りできたのでした。


<土屋薬局から一言>


U子様からはアルバムをお贈り後、以下のメールを頂戴しました。


「漢方体験ドットコムの件ですがぜひ載せてください。

同じ悩みを持ってられる方や、これから漢方を飲もうと思ってられる方にぜひ読んでもらいたいと思うのでぜひぜひ載せて下さい。」

どうもどうも、丁寧な文章でありがとうございます。


「私は去年の7月に妊娠が分かり、今年の3月28日に3160gの元気な男のが生まれました。

現在7ヶ月になりすごく元気で、ハイハイも出来る様になりました。

以前、チョコレート膿腫でホルモン療法をしながら、そちらの漢方を飲み体の調子を整えたので妊娠出来たのかと思います。

本当にどうもありがとうございました。

先日、お友達から電話をもらい土屋先生と1時間程お話をし、分からない事、不安な事いろいろ教えてもらってすごく勉強になったと言っていました。

お友達にもぜひ、体調を整えてもらい元気でいてもらいたいと願っていますので、先生どうぞよろしくお願いいたします。

これから寒い日が続きますがみなさん体に気を付けてください。」

ということでして、本当に良かった、良かったです。

どうもおめでとうございました。


初冬の山形 村山市から眺める甑岳

<初冬の山形 村山市から眺める甑岳 2006年12月6日撮影>


U子様にお贈りする写真は、「初冬の山形の景色」です。


時折、雪が降り、美しい銀世界を見せてくれる雪景色です。


山々は、しっかりと白い帽子をかぶり、美しい全貌を現しています。


夏も美しい景色ですが、やはり雪が積もりますと、この世の汚れを消していくようで、「バージンスノー」とでも言うべき「清純な世界」が私の目の前には広がっています。


どうぞご家族みなさま、お元気で。

楽しいクリスマスと年越しとお正月をお迎え下さい。

おめでとうございました。


田んぼに積雪。パーッと神様が雪をまき散らしたようです

<田んぼに積雪。パーッと神様が雪をまき散らしたようです>


聖なる山 「葉山連邦」です。


聖なる山 「葉山連邦」です。

場所を移動して撮影しています。


たまたまあるカレンダーの12月で「美ヶ原(長野県)」の、それはそれは美しい北アルプスの雪景色を拝見しました。


「自然の一瞬なる静寂の美しさ」を感じました。


松本方面に行きたくなりました。

やはり現地に住んでいないとそのような「自然の美」は記録できないと思いました。

なので、私は地元の雪景色をそれなりに、「美しい日本」として記録していきたいです。


U様のお子様も、雪を抱いた山々のように、雄大に大きく育って頂きたいです。


葉山の雪景色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.23

「十分に話を聞いてもらえたので、精神的にかなり安心でき、ストレスが軽減したことで、すぐに妊娠できたのかも」

こんばんわ。

土屋です。


昨日は、嬉しい話がありました。

1つ目の嬉しい話です。


先月から漢方を服用していた方です。

当店の漢方を飲んで妊娠、出産されたお友達からの紹介で、10月18日から漢方を服用していました。


2人目がほしいとのことで、冷え性、尿が近い、風邪ひきやすい、イライラ、生理前に下腹や胸が張って痛みやすい、肩こり、経血にはレバー状の塊がある、などがありました。


舌は、淡紅(たんこう)、苔は、薄白(はくはく)です。

舌には、とくに大きな弱点はありませんでした。


当店では、29歳とお年がお若いこともありましたので、「養血調経(ようけつちょうけい)」の漢方だけお勧めしていました。


そうしましたら、昨日の電話からの「速報」によりますと、妊娠7週目とのことで、私たちも早いご懐妊にビックリしたところです。


漢方薬を服用してからは、冷え性が軽減して体が温かくなったこと。


また、十分に話を聞いてもらえたので、精神的にかなり安心できたので、ストレスが軽減したことも、すぐに妊娠できたのではないか、とのことでした。


最近、早くご懐妊されるお客様もいらっしゃいますので、ビックリすることがあります。


そういえば、先ほどお店に来た方は、漢方服用して1ヵ月半でご懐妊されました。

8週目で順調だそうです。


200h1


さてさて、昨日の午後に仕事中にふと顔を上げたら、3年ぶりにお会いするお客様ご夫妻がいました。

今は転勤で関東に住んでいるそうですが、ご主人様の胸には、可愛い女の子がいまして、「親子三人での来店」に感激したところです。

遅い夏休みとのことで、山形に遊びに来ているなかで、わざわざ当店に立ち寄って頂きますと、本当に嬉しく思いました。


平成16年のときには、一生懸命に漢方の説明を医療の専門職であるご主人様や奥様にがんばったことを昨日のことのように思い出しました。


本当に良かったです。

今日は嬉しい話雑感でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.22

子宮内膜症でチョコレート嚢腫の不妊漢方相談。友達も妊娠、出産で嬉しかった話

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日は、子宮内膜症でチョコレート嚢腫のかたの不妊漢方相談が3件ありました。


さて、そのうちの一人のかたは、同じく子宮内膜症でチョコレートのう腫だったお友達からの紹介でした。


お友達が、子宮内膜症でチョコレート嚢腫だったけれども土屋薬局の漢方薬を服用して、妊娠、出産されたとのことで、「親切だったよ」ということで一昨日から電話を頂いていた方でした。


そのお友達は、平成16年10月11日からのチョコレート嚢腫の漢方相談でした。


お友達のかたは、Uさん、34歳です。


チョコレート嚢腫があり、生理をボンゾールで止める治療を9月13日よりしていて、その後のリバウンドや副作用が心配とのことで「ぜひ漢方も併用したい」とご相談でした。


「薬の副作用を漢方で緩和したい」


が当初の希望でした。


3~4ヶ月間、ボンゾールを服用して嚢腫が小さくならなければ、手術とのことです。


生理痛はかなりひどいです。


痛み止めを、生理の初日は3回飲まないといられません。


足の冷えが強く、痛みもあることが2ヶ月間続いています。

真夏でも冬物の靴下を履いていました。


生理はレバー状の塊がでます。


生理前に、イライラや胸の張りもあります。


子宮内膜症やチョコレート嚢腫を治してから、子どもを授かりたいです。



当店からは、


1)養血調経(ようけつちょうけい)

2)活血化淤(かっけつかお)


の2つをお勧めしました。


1日3回で量も多めに服用してもらいました。


10月11日が初回のご相談で、その後、

11月4日は 足の冷えがちょっと楽になった。


年明けの、平成17年2月12日には、

チョコレート嚢腫が3・5cm~4・5cmが、2cmくらいに小さくなっていた。


漢方を併用していてチョコレート嚢腫が小さくなって良かったとのことで、私たちもとても喜びました。

その後、音信不通だったのですが、


その昨日に「チョコレート嚢腫のご相談」の方─U子さんの親友からのお話によれば、


「その後 U子さんは引越しされていて、また 今年に男の子を出産されて、いままだ数ヶ月のお子さんの育児中で幸せそうだった」

とのことをお聞きしまして、

感激したところです。


「青いアルバム」は、U子さんの引越し先に本日お贈りします。


そして、昨日に初めてご相談されたU子さんのお友達にも、ぜひとも「幸せな結果」になって頂きたいと、U子さんとまったく同じ漢方を紹介して、服用していくこととなりました。


やはり周期療法における「活血化淤(かっけつかお)」の方法は、効き目があるのですね。


今日は、「チョコレート嚢腫」でご懐妊されたお客様の嬉しいお話の紹介でした。


山と雲の眺めが好きです"

<平成18年11月21日撮影  山と雲の眺めが好きです>


チョコレート嚢腫は、子宮内膜症の一種です。

月経時に逃げ場が無くなりますので、卵巣に溜ってしまいます。

その結果がチョコレート嚢腫です。

漢方では淤血(おけつ)と考えます。

淤血は1)痛み 2)しこり 3)黒ずみですから、塊を溶かすような方法で卵巣の反応の改善を目指します。

子宮内膜症、チョコレート嚢腫でお悩みのかたの漢方相談、土屋薬局までお寄せください。


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 

チョコレート嚢腫、子宮腺筋症、子宮内膜症の漢方薬

子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢腫の漢方

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.16

流産後の2人目不妊。漢方で生理不順も回復。無事、妊娠出産

白い帽子をかぶった葉山連邦

<2006年11月16日12時30分頃 白い帽子をかぶった葉山連邦>

おはようございます。

土屋です。


2人目不妊で漢方相談のお客様から、ご出産の嬉しい報告を頂きました。

掲載許可を頂きましたので、紹介させて頂きます。


「先週の10/31に無事二人目の女の子を出産しました。

前日まで産気もなくまだまだだと思っていたらその日の夜半過ぎから陣痛が始まり、朝、病院に行ったらすぐに分娩室に連れて行かれて20分ほどで生まれました。

すごく早いお産でびっくりしましたが先週末、母子共に元気に退院し、実家で過ごしています。


一年前に流産して、土屋薬局さんから漢方薬をお勧めしてもらって飲み始めてから、生理不順も回復しこのたび無事、妊娠出産できてほんとうに良かったです。

妹は「養血調経(ようけつちょうけい)の漢方」を飲んでから生理不順が治ったそうです。

ぜんそく気味の咳はいまいちみたいですけど。


私も貧血気味なので今日から「養血調経(ようけつちょうけい)の漢方」を飲み始めました。

産後の肥立ちもよく、普通に起きて外も歩いています。

妊娠中からの便秘が余りよくならずお尻が痛いのが悩みですが。

とりあえず出産のご報告まで。」



Yさま、32歳でお子様が一人いらっしゃいました。


流産後のご相談で、平成17年11月19日が初めてのご相談です。


1回目の流産後に、基礎体温が低温期から高温期への移行がダラダラとなり、高温期のグラフが山状になりました。

また高温期の体温もやや低くなりました。

流産をする前までは、基礎体温はハッキリと2層に分かれていたそうです。


生理の周期は、27~32日周期です。

流産をする前は、29日周期で一定していたそうです。

病院に相談したら、黄体機能不全の可能性があると言われました。


流産直後なので年明けくらいから、薬を服用しながら妊娠していくことも提案されました。

当店では、「養血調経の漢方」と「麦芽を炒ったもの」の2つを紹介しました。


その後、1月11日、2月18日とご相談していってすぐにご懐妊されまして、今回の嬉しい話となりました。


(平成18年11月16日 午前9時23分記)

(できたら、このコラムの写真を昼休みに撮影してきます)



昼休みに撮影に行きました。


村山市で葉山連邦と最上川をテーマにしました。


紅葉はすっかり進んで、葉山連邦は白い帽子をかぶり、
雪化粧です。


そろそろ冬将軍が本格的にやって来そうです。


Yさまにお贈りする写真は「晩秋の葉山と最上川」です。

晩秋の葉山と最上川


田んぼは、すっかり稲刈りが終わっています。


晩秋の葉山と最上川

山は白い雪化粧で、紅葉はふもとに降りてきています。


晩秋の葉山と最上川

これから始まる冬を予感させるような、りんとした葉山山頂付近です。


晩秋の葉山と最上川

こういう眺めが好きです。


最上川 三ヶ瀬の流れ

晩秋の最上川。

三ヶ瀬(みかのせ)の流れです。


紅葉に染まった山並みを沿うように、最上川は流れていきます。


どうぞご家族みなさま元気にお過ごししてください。

Yさま、この度はどうもおめでとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.13

NYシティマラソンとデジタルカメラの話

おはようございます。

土屋です。

いま、月曜日の1週間の始めの朝礼を終えたところです。


武漢での研修の模様など、
写真を見せながらスタッフに報告してきました。


当店のお客様たちの反応でも、

「私は、スーパーでは中国の野菜は避けているのですが、婦宝当帰膠は先生が実際に製造過程などを見てきて、品質がとても良いとのことを知りまして、とても安心しました。中国の野菜は買わない私が、中国の漢方で健康を作っていることは不思議ですね」などのような、ことをお聞きします。


後日、写真入りで「武漢へ」シリーズは作成していきますが、
婦宝当帰膠の主成分の「当帰(とうき)」は、日本の「ヤマト当帰」を
実際に空気のきれいな湖北省で無農薬で「日本人よう」に栽培していますし、
品質は最高に良いものなのです。


さて、話は変わりますが、今日の朝のNHKラジオの話です。


NYシティマラソンの話でした。


先日、NYのマラソンを走った現地の日本人のかたのレポートでした。


「今年のNYマラソンも無事に終わりました。

最近、話題になっているのは「最先端のデジタル・マラソンランナーです。

彼たち、彼女たちは、デジタルカメラやビデオを片手に、

耳にはアイポットをつけて、胸には心臓の鼓動を計測する機会をつけ、

はてまたスニーカーも歩数が分かるようになっています。


伝統的にNYシティマラソンは、ランナーみんなで

支えながら、励ましあいながら、

仲良く「お喋りしながら」走ることがスタイルでした。


ところが、「最先端のデジタル・ランナー」たちは、

「一人だけの世界」に閉じこもり、

もくもくと走り続けます。


私たち、昔からのランナー、アナログの「クラッシクランナー」たちは、

このままではマラソン大会が駄目になるのではないかと

最近とても危機意識を持つようになっています」


という話でした。


デジタル機器の発達により、

人々の生活様式が変わってきて

マラソン大会でもだいぶ様変わりしてきたという話でした。


一方、NYの善意の方々により、
ガンの治療を無料ですることができて、
ガンが治った方々がNYへの感謝への気持ちと、
これからのガン患者への寄付集めで、
走った「マイル数」で寄付を受けるように、
全員オレンジ色のパーカーを着て百数十名がシティマラソンを走り、
今年はなんと「1億数千万円」を集めたというホットな暖かい話題もありました。


その方々の集団が走っていると、
パーッと花が咲いているように可憐な雰囲気となり、
観客からの励ましの声援もとても大きいのだそうです。


さすが、NYです。

セントラルパークは、紅葉で
黄金色にイチョウが輝いているそうです。


私のほうでも、昔は中国に行けば、

山ほどフィルムを持っていって、

日本に帰ってきてから、一緒の仲間の先生たちの写真も現像して、

お礼の手紙とともにお贈りしていたものでした。


ところが、今はデジタルカメラになりましたので、

そのような面倒くさいけれども、

本当に「人間くさい付き合い」が減ったのではないかなあ~と

思っていたのでした。


デジカメの写真では、相手に郵送することがありませんので、

付き合いが「希薄」になっている感じもします。

NYシティマラソンもそうだし、私の場合も同じで、

これからは、もっと「人間くさい付き合い」をしていこうと思います。


よし「アナログ・クラッシク人間」になりましょうか。


そういえば、昨年によく「NY通信」でNYの

素敵な写真を送って頂いた当店のお客様 N様は、

妊娠されまして日本に帰国中です。


もうじき出産のはずです。


今朝は、NYシティマラソンの話を聞くと同時に、

旅行のデジタルカメラの写真のことと、

N様から送られてきたNYの写真などが

鮮やかに脳裏に浮かび、懐かしい気分と

これからもっと人間らしい「濃い関係」を目指そう…


などいろいろと思いました。


Dscf0336youkou

<2006年11月3日 長江の朝焼け>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.24

生理痛がつらいことがあり、足先と指先が冷えていましたが、漢方服用後、妊娠ハッピーオーラに!

Dscf0029061022

<2006年10月22日撮影 青森県 虹の湖の山奥 「山あけび」>

おはようございます。

土屋です。


昨日の嬉しい話です。


Uさん 30歳です。


結婚2年目です。


ご相談の内容のメインは、


1)生理痛がつらいことがある。


2)足先と指先が冷える。


です。


生理前には、イライラしやすい。

排卵日前後に胸が張る。


排卵日は、17~18日目くらいで、
低温期から高温期への上がり方は3日間くらい。


生理が始まってから初日や二日目は、
体温が高い感じです。


2006年9月13日からのご相談です。


漢方は、

1)養血調経(ようけつちょうけい)


2)麦芽を炒ったもの

一緒にお湯に溶かしてブレンドしていきます。


起床後と寝る前の1日2回です。

10月3日に再来店されまして、


冷え性が良くなってきた感じ。


◎腰や足が冷えなくなった。


とのことでした。


素晴らしいですね。


やはり漢方といえば「冷え性」


「冷え性」を軽減することは、生理痛などにもいいですし、
良いことだと思います。

そして、昨日の10月23日。


もう私の前に来た瞬間に、


私も


「うーん、ひょっとしてこのお客様は妊娠したかも」という

「妊娠オーラ」を感じていましたら、


やはり


「妊娠しました。6週目」とのことでした。


大体、お顔の色や表情を見ますと瞬間的に
「おお、これは何か良いことがありそう」と
空気から読めますね。


朝一番や夕方に気持ちが悪くなりやすく、(お腹が)、
舌は淡い色で、白い苔が多くて
胃腸が弱そうで、今後 つわりもつらそうな感じがしましたので、


漢方は、


1)養血調経(ようけつちょうけい)


はそのままで、


2)胃腸を丈夫にして、痰湿(たんしつ)を解消して、
スッキリして、つわりも予防して、
同時に「安胎(あんたい)」で流産防止に役立つ「便利な胃腸漢方」を
お勧めしました。


軽く服用していきます。


「南京」でもこの「流産防止」の方法を勉強してきましたから、
「漢方の本場・南京仕込み安胎法」としておきましょう。

当店のスタッフが気が利いていて、

すぐに「犬の置物」を包んでいました。


すぐに妊娠できましたし、
近くのかたで笑顔でお帰りになられましたし、
本当に良かったと思っております。


お店の空気も明るくなりますね。


きっと「妊娠ハッピーオーラ」なんでしょう。

最後に、先日に青森にまた行ってきました。


秋が深まる青森の風景でお別れです。



第二部 おまけのコラム 「山あけび」


Dscf0030061022


青森の友達と黒石インターで待ち合わせ。

もう一人の友人も来まして、
道中3人だったのですが、
仕事のために途中でお別れしました。


さて、黒石からの「虹の湖」を超えての山奥では、
鳥がさえずり、紅葉が深まっていました。


「全国の青森ファンのみなさま、こんにちわ。」


というキャッチフレーズにもしようかと思ったのですが、
「嬉しい話」のために自粛した今回のコラムです。


さて、友達は教員をしているせいか、
素晴らしいです。


「つちやさん、あの鳴き声は 何とかの鳥だよ」

とか

「つちやさん、あそこにいる鳥は、何とかだよ」

と鳥の名前を教えてくれます。

「人生が豊か」な友人です。


その友達は、昨年の夏は
鳴子から帰る途中のドライブでも、

「つちやさん、あれは木星だよ」

と私に宇宙を教えてくれました。

ということで、

この「山あけび」も


「つちやさん、山あけびだよ。ココログに載せるといいよ」


と言われてしまいました(笑)。

Dscf0031061022

実は、友人とは山の中に(誰もいないであろう)、
2時間くらいは居たんです。


「温泉探索」です。


藪をこぎ、沢を上り、林道を一本ずつつぶして探していって、
凄い探索でした。


クマも出ず、スズメバチは秋でお休みで、
ラッキーなことにダムに沈んだ集落の「幻の温泉」が見つかりました。


「か・ん・げ・き」でした。

Dscf0037061022


ね、何もないでしょう。


目の前には、すすきや紅葉した山ばかりです。


深まり行く青森の秋を実感しました。


(私は東北は全部好きですが、
とくに青森が好きですねえ)


それにしても、やはりこの歳になってくると
職業の違う友達はとても大切でして、
幅広い「物の見方」を教えられます。


Dscf0040061022


今回は、昨日の「嬉しい話」と「山あけび」の2本立てでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

チョコレートのう腫、子宮筋腫の術後の漢方。受精障害を越えて妊娠!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


土屋薬局の不妊症の子宝の漢方相談で嬉しいお話です。


Dさんは、33歳です。

数年前に、チョコレート嚢腫でラパロ(腹腔鏡手術のこと)で手術しました。

右の卵巣の病巣を切除しました。

グレードが5で、かなり大きかったそうです。

子宮内膜症です。


また相談した年の3月には、これもラパロで子宮筋腫を取りました。

筋腫は、2~3センチでした。

周期は、28~32日です。

生理は、6~9日間。


経血の色は、暗い感じで塊が混ざります。

体外受精を一度した結果は、13個の卵がとれましたが、1個も受精しない「受精障害」だったということで、物凄いショックを受けられていました。

ステップアップは、ICSI(顕微受精)をされるということでした。


漢方では、体質改善をしてぜひ「受精障害」の改善をしてきたいとのことです。


舌は、淡紅(たんこう)で、苔は薄白(はくはく)です。


小さい頃からめまいがあります。


手足が冷えます。

足首から下が冷えやすいです。


生理の2~3日前からは、イライラしやすいです。

便秘症もあります。

漢方では、「全周期活血化淤(ぜんしゅうきかっけつかお)」の淤血(おけつ)を解消する「パワフル処方」にしました。

処方


1)血流たっぷりで妊娠できる体づくりの養血調経(ようけつちょうけい)→当帰を主成分にした漢方薬。

2)血液サラサラの活血化淤(かっけつかお)で卵巣や子宮内膜の血流改善→丹参の漢方製剤(たんじんせいざい)

3)活血化淤(かっけつかお)で体を温めて骨盤内の炎症改善に→ピクノジェノールの漢方製剤


1日2回の服用で、毎日「全周期活血化淤」です。


この処方で2ヶ月間、毎日続けていきます。

病院では、カウフマン療法を2周期するということで、漢方は、1日2回から1日3回の服用方法で、より「パワフル」にしていきます。


カウフマンの1回目が終わる頃に、さらにもう1種類の漢方を追加しました。


補腎薬(ほじんやく)」です。


補腎薬(ほじんやく)は、卵巣機能を良くして、卵をとれやすくします。

体の若返りになり子宝の漢方相談では必要不可欠です。


「必殺技」です。


私と付き合いの深い、もう20年くらいは付き合っている「伝説の補腎薬」を服用してもらいました。


仕事は、どうしても夜勤があるので疲れやすかったのですが、漢方を服用してからは疲れにくくなったそうです。

漢方を4種類服用して、2回目のカウフマンが終わって、生理が来てからは採卵周期になります。

ICSI(顕微受精)で3つまで、胚盤胞に行けました!

凍結しました。


見事に成功されました。


その後、めでたく陽性反応、妊娠。

最近に、御出産されまして育児中とのことで、私たちも嬉しく思っているところです。


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 

チョコレート嚢腫、子宮腺筋症、子宮内膜症の漢方薬

子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢腫の漢方

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらのスレッドも参考になりましたら、幸いです。

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。
 


青森県弘前市 津軽のリンゴです!

<2006年10月2日 青森県弘前市 津軽のリンゴです!>


青森県弘前市 津軽のリンゴです!


津軽 愛宕付近からの眺め 「りんごに岩木山」

<津軽 愛宕付近からの眺め 「りんごに岩木山」>

まるで地球上の楽園のような風景ですね。

私がとっても好きな景色です。


写真は、青森県 <津軽 愛宕付近からの眺め 「りんごに岩木山」>です。

岩木山最高です。

岩木山最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.03

おめでとうございます(大淀の流れ2)

以前に「おめでとうございます(大淀の流れ)」でご本人様の了解のもとに、
エピソードをご紹介させて頂きましたKさまから、
本日連絡をもらいました。


「娘も3ヶ月になります。
すくすく育っておりまして、
その成長を楽しんでおります。」


本当に良かった、良かったです。


偶然にも9月21日に大淀の「真下慶治記念館」で撮影した
写真がありましたので、冬の「大淀の流れ」の続編を作ります。


Kさまご一家のお幸せを祈念申し上げます。


Imgp0060ooyodo

<2006年9月21日撮影 山形県村山市「真下慶治記念館」>


Imgp0061ooyodo


Imgp0066ooydo

「真下慶治記念館」は、静寂に包まれています。

お客様に差し出す「山形の魂 最上川」を描いた真下画伯の絵葉書セットも、
この日購入してきました。

「冬の最上川」の絵画が予想を超えて枚数が多く、
というよりも、ほとんどの絵葉書が「冬の最上川」を描いたものばかりでしたので、
少々驚いてしまいました。


今の季節はまだ十月になったばかりですから、
「冬の最上川」は季節感が残念ながらずれてしまいます。

冬の間に「お礼の葉書」を差し出すときに使おうと思って、
今は漢方相談コーナーの壁面に「ブリヂストン美術館」の絵葉書と、
「土門拳記念館」の絵葉書と一緒に飾っています。


ですから、ピカソやマティスの絵画に「土門さんのリアリズムの室生寺」などの
写真が挟まれ、その上に真下画伯の「冬の大淀の流れ」などが飾っているという、
素敵な空間を醸し出しています。


(誰も誉めてくれませんが、私自身はたいそうお気に入り)

Imgp0072ooyodo


赤い屋根が印象的な「大淀の流れ」です。


Imgp0076ooyodo


ああ、最上川の流れは悠久です。


最上川よ、永遠(とわ)に流れよ。


そして、Kさんご一家の末永い幸せを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 | PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 | PMS・月経前緊張症|漢方薬 | 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 | 「血流たっぷり」をめざしなさい | いびき|漢方薬 | おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 | おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 | お客さまとのエピソード | お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 | しびれ|漢方薬 | つわり|漢方薬 | にきび|漢方薬 | のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | ほてり|漢方薬 | むずむず脚症候|漢方薬 | めまい、立ちくらみ|漢方薬 | アトピー性皮膚炎|漢方薬 | アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 | アレルギー性鼻炎|漢方薬 | イスクラ冠元顆粒 | イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して | イスクラ婦宝当帰膠 | イスクラ独歩顆粒 | イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 | インターネットの掲示板などで漢方紹介 | カウフマン療法|不妊と漢方薬 | カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 | ガン(がん)|漢方薬 | クラミジア感染症|不妊と漢方薬 | クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 | ゲップ・ガス|漢方薬 | ココログ版漢方(無名)コラム・2004 | ココログ版漢方(無名)コラム・2005 | ココログ版漢方(無名)コラム・2006 | ココログ版漢方(無名)コラム・2007 | ココログ版漢方(無名)コラム・2008 | ココログ版漢方(無名)コラム・2009 | ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ | コンクレバン | シェーグレン症候群|漢方薬 | シミ・肝斑|漢方薬 | ストレス|漢方薬 | セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 | タイミング療法|不妊と漢方薬 | ダイエット|漢方薬 | チャイナビュー | チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 | ツイッター | ディスプレー症候群|漢方薬 | ドライアイ|漢方薬 | ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 | ニュースレターより | ハテナ | ビタエックス(プラセンタ) | フレイルの漢方対策 | ヘパーデン結節|漢方薬 | ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 | ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 | ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 | メニエール病|漢方薬 | メールマガジン | モンテディオ山形 | ヤフー知恵袋の漢方の回答より | リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 | リウマチ|漢方薬 | ロコモティブシンドローム|漢方薬 | 下痢、軟便|漢方薬 | 下肢静脈瘤|漢方薬 | 不妊カウンセラーに向けて | 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 | 不妊漢方治療の応用 | 不妊症の基本検査について | 不妊症の年代別漢方相談 | 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 | 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 | 不定愁訴|漢方薬 | 不正出血|不妊と漢方薬 | 不眠|漢方薬 | 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 | 中医五官病 | 中医痺証専門講座「南通研修」への道 | 乳がんの疫学と薬物療法 | 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 | 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 今週の漢方相談会 2008年 | 今週の漢方相談会 2009年 | 今週の漢方相談会 2010~ | 今週の漢方相談会 2013~ | 今週の漢方相談会2017 | 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 | 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと | 便秘|漢方薬 | 免疫性不妊|漢方薬 | 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 | 円錐角膜|漢方薬 | 冷え性|漢方薬 | 加齢性黄斑変性症|漢方薬 | 勉強会(2004~2008) | 勉強会(2009) | 勉強会(2010) | 勉強会(2011) | 勉強会(2012~) | 動悸|漢方薬 | 卵巣予備能~全周期活血化淤 | 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 | 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 | 卵管性不妊|不妊と漢方薬 | 卵管水腫|不妊と漢方薬 | 卵管閉塞|不妊と漢方薬 | 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 | 受精障害|不妊と漢方薬 | 口内炎|漢方薬 | 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 | 味覚障害|漢方薬 | 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 | 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 | 嗅覚障害|漢方薬 | 土屋幸太郎・漢方講演会 | 土屋幸太郎結婚式 | 土屋薬局からのお知らせ | 土屋薬局のの口コミ、評判 | 坐骨神経痛|漢方薬 | 坑精子坑体|不妊と漢方薬 | 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 | 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 | 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 | 基礎体温表|不妊と漢方薬 | 多汗症|漢方 | 夜中目が覚める|漢方薬 | 夢と不眠|漢方 | 女性のための漢方レッスン | 女性不妊症的中医治療 | 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 | 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 | 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 | 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 | 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 | 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 | 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 | 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 | 子宮頸がん|漢方薬 | 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 | 季節の養生法 | 学校保健委員会 | 小児チック|漢方薬 | 小児漢方 | 小太郎製薬 | 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 | 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 | 心と体 | 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 | 慢性咽頭炎|漢方薬 | 我が家の庭 | 我が家の庭 2008 | 我が家の庭 2009 | 我が家の庭 2010~ | 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 | 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 | 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 | 掌蹠膿疱症|漢方薬 | 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 | 排卵障害|不妊と漢方薬 | 日中線記念館 | 更年期障害|漢方薬 | 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 | 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 | 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 | 月経周期が短い|不妊と漢方薬 | 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 | 未成熟卵|不妊症と漢方 | 椎間板ヘルニア|漢方薬 | 武漢へ | 死産後|漢方薬 | 母乳|漢方薬 | 泣きたくなる | 活血化淤の応用 | 浮腫み|漢方 | 温活GO | 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より | 漢方薬の安全性について | 漢方薬局で相談を受ける婦人病について | 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 | 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 | 生殖医療に関わる疑問に答える | 生殖補助医療の有用性と限界 | 生理痛、月経困難症|漢方薬 | 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 | 甲状腺|不妊治療と漢方薬 | 男女の更年期と神経症|漢方薬 | 男性不妊|不妊治療と漢方薬 | 痔|漢方薬 | 痛み、しびれ|漢方薬 | 痰湿|漢方 | 眼精疲労|漢方薬 | 着床障害|不妊治療と漢方薬 | 神経障害性疼痛|漢方薬 | 空胞|不妊治療と漢方薬 | 糖尿病|漢方薬 | 経血量少ない|不妊と漢方薬 | 綿花観察日記 | 緑内障|漢方薬 | 繊維筋痛症|漢方薬 | 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 | 耳管開放症|漢方薬 | 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 | 聴覚過敏|漢方薬 | 肘痛|漢方薬 | 股関節痛|漢方薬 | 肩こり|漢方薬 | 肩甲骨の痛み|漢方薬 | 肩痛、五十肩|漢方薬 | 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 | 背中のほてり|漢方薬 | 背中の痛み|漢方薬 | 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 | 脂漏性皮膚炎|漢方薬 | 脈拍|漢方 | 脊柱管狭窄症|漢方薬 | 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 | 脳卒中|漢方薬 | 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 | 腰椎すべり症|漢方薬 | 腰痛|漢方薬 | 膀胱炎|漢方薬 | 膝痛|漢方薬 | 膿精液症|男性不妊の漢方薬 | 花粉症|漢方薬 | 若木山、石崎山や東根の景色 | 若木山、石崎山や東根の風景2008 | 若木山、石崎山や東根の風景2009 | 若木山、石崎山や東根の風景2010~ | 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 | 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | 薬膳 | 血の道症|漢方薬 | 血管力をつければ病気は治る | 補腎の話 | 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 | 足底筋膜炎|漢方薬 | 逆流性食道炎|漢方薬 | 過去のバックナンバーより | 過敏性腸症候群|漢方薬 | 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 | 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 | 酒さ|漢方薬 | 頭痛|漢方薬 | 頸椎症、首のこり|漢方薬 | 頻尿|漢方薬 | 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 | 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 | 風邪|漢方薬 | 食欲不振、胃痛|漢方薬 | 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 | 高血圧|漢方薬 | 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 | 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 | 鷺草、朱鷺草観察日記 | 黄体機能不全|不妊と漢方薬 | 黄疸|漢方薬 | 100歳まで元気に生きる! | 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 | 2004年妊娠出産おめでとうございます! | 2005年妊娠出産おめでとうございます! | 2006年妊娠出産おめでとうございます! | 2007(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2007(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2008年妊娠出産おめでとうございます! | 2009年妊娠出産おめでとうございます! | 2009(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(1月~6月)妊娠出産おめでとうございます! | 2010(7月~12月)妊娠出産おめでとうございます! | 2011年妊娠出産おめでとうございます! | 2012年妊娠出産おめでとうございます! | 2013年妊娠出産おめでとうございます! | 2014年妊娠出産おめでとうございます! | 2015年妊娠出産おめでとうございます! | 2016年妊娠出産おめでとうございます! | 2017年妊娠出産おめでとうございます! | AMH|不妊治療と漢方薬 | COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 | FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 | FSHが高い|不妊治療と漢方薬 | POF・早発閉経|不妊治療と漢方薬