カテゴリー「我が家の庭 2008」の記事

2008.12.01

消雪

Imgp5514081201

<2008年12月1日 土屋薬局駐車場>

早いもので月日が流れ、師走になってしまいました。

最近、県外から山形に来るお客様が増えていますので、
当店の今日現在の近況をレポートしたいと思います。

Imgp5524081201

月曜日の朝からスタッフ2人がかりで、消雪の準備に追われています。

スイッチをオンにすれば、井戸水が駐車場に流れます。

井戸水は通年を通して、14~15度くらいですから、
冬場は雪を溶かすのに大きな「武器」となります。

ときには湯気がたつほどで、本当に頼りになります。

この井戸水を流していない場合には、毎日積もる雪を片づけするのに
捨てる場所が無くなってきますので、とても不便なのです。

ですから、私たちは雪をトラックに詰め込んで、
河川敷の指定された場所まで、やがては解けるであろう雪を、
面倒にも運んでいかなければいけなくなるのです。

雪との戦いが雪国の宿命です。

秋田県や山形県が道路事情が悪かったり、
高速道路があまり通っていないのは、
毎年除雪代に使う費用が莫大になるからに違いありません。

道路の中にも、この消雪装置が用意されているところがありますが、
それは見事なもので、雪が道路に積もらずに便利そのものです。

車のタイヤも先々週の初雪の前日に、
スタッドレスタイヤの冬用タイヤに交換しましたし、庭の木々も雪囲いをしました。

これからの冬将軍の訪れに準備万端といった、朝の土屋薬局の駐車場の風景です。

もっとも子供の頃から比べると、地球温暖化の影響か降雪量が少なくなりましたし、
車にも乗れますから、昔ほど不便には感じませんし、
何より雪景色が美しいですから、写真愛好家には雪国とはたまらない
憧れの場所になるのではないでしょうか?

雪が降るのは、美しいんですよ。

シベリウスやブルックナーを聴きたくなる季節です。

Imgp5526081201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.06

最後の彼岸花

村上春樹さんの本を読んでいたら、フィッツジェラルドというアメリカの作家が気になって、新潮文庫から発売されている「フィッツジェラルド短編集 野崎孝訳」を購入してしまいました。

しばらく放置していたのですが、村上さんの短編集「象の消滅」を読み終えたので、巻頭にある「氷の宮殿」を呼んでみました。

海外の小説も面白いですね。

翻訳した野崎孝さんはもうお亡くなりになられていますが、弘前出身と紹介されていましたので、とても親近感を持って読むことができました。


「氷の宮殿」は南部に住んでいるサリー・キャロル・ハッパーという19歳の若さ溢れる少女が主人公です。

ジョージア州・タールトンという町に住んでいるサリー・キャロルは、ノース・キャロライナ州のアッシュヴィルのハリー・ベラミーと婚約を誓い交際しています。

生まれ育った北部の町から四日間の予定で、ここ南部の町にハリー・ベラミーがやって来ました。

明日ハリーが帰るという最後の日の午後に、二人は散歩に出かけました。

そしてサリー・キャロルは、二人の足が知らず知らずのうちに、彼女が好きでよく行く場所の一つの共同墓地に向かっていました。

その中に、南部の兵隊さんのお墓─「無名戦士」─と書かれただけの十字架を見たときに、ハリーの目には涙がいっぱい溜まっていたのでした。


「わたしには何もかもがとてもなまなましく感じられるのよ、ダーリン─この気持ち、とても分かってもらえないだろうけど」

「分るよ、美しい気持ちだと思うよ」

「ちがう、ちがう、わたしじゃない。美しいのは彼らの方よ。─わたしはその遠い昔の時代をわたしの中に蘇らせようと努めているだけ。そりゃあの人たちは、ただの平凡な兵士だったにきまってる。そうでなかったら、「無名」のはずがないんですもの。でもね、あの人たちはこの世で最も美しいもののために死んだのよ─今は亡き南部のために、分るかしら」彼女は言葉を続けた。

その声はなおもかすれて、目には涙が光っている。

「みんながそういう夢をいろんなものに託して持っていて、わたしも子供のときからずっとその夢を胸に抱いて大きくなってきたというわけ。ちっともむずかしいことじゃなかったわ。だって、みんな死んでいるだし、幻滅させられることって一つもなかったんですもの。わたしはある意味では過去の美しい貴族階級の規範に添うように生きようとしているのかもしれない─ここにはまだそういうものの名残りがいくらか残っているのよ。まわりがみんな死んでゆく古い庭の中に独り咲き残った薔薇の花のように─男の子たちの中には、時代遅れな宮廷趣味や騎士道精神みたいなものを身につけている人が今でも何人かいるし、隣に住んでいた元南軍の軍人だった人や、それから黒人の年寄りたちからも、子供の頃によくそうした話を聞かされたものよ。ああ、ハリー、ここには何かがあったのよ、たしかに何かがあったのよ!あなたに分ってもらうことはできそうにないけど、でもあったことに間違いないわ」


─ここにはまだそういうものの名残りがいくらか残っているのよ。まわりがみんな死んでゆく古い庭の中に独り咲き残った薔薇の花のように─

このフレーズが素敵なんです。

我が家の庭の季節外れの彼岸花を見るたびに、このサリー・キャロルの言葉が胸に刺さります。

Imgp5116081006

<2008年10月6日 我が家の彼岸花 「秋雨に打たれてここに独り」>

Imgp5117081006

そういえば、くるりの「ばらの花」も名曲でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.19

マーラー交響曲第四番と彼岸花咲きました。

今朝も早朝ジョギングで、アイポッドを聴きながら走りました。

用量制限のためにアイポッドの中身を適時入れ替えているのですが、最近は洋楽ロックに加えてクラシックも増えてきました。

ブロムシュテットさん指揮のシューベルト交響曲全集に、カラヤン指揮ベートーヴェン交響曲全集、サー・ゲオルグ・ショルティさん指揮バルトークに加えまして、昨日思い立ってマーラー全集の半分くらいを入れました。

クラッシクファンになりたてのときに、銀座の山野楽器で何故か?マーラー全集を購入してしまったのです。

しかも、ショルティ指揮 シカゴ交響楽団の演奏で。


ショルティさんが指揮すると、マーラーの曲の情念をねちっこく演奏するのではなくて、本質を追及したかのように、スコアを真剣に追った指揮になるそうです。

ということで、金管楽器の美しいシカゴ交響楽団の演奏のマーラー交響曲第四番を聴きながら走りました。


第一楽章から第三楽章まで、終始一貫として主旋律であるメロディが繰り返されます。

陽気であるようで、物憂げなメロディは、一度聴いたら虜になるでしょう。

ベートーヴェン交響曲第三番「英雄」のように。


そして、ジョギングのそろそろ終わり掛けの頃─野川橋を渡り朝日に輝く川を見つめたときに─天上から天女の歌が舞い降りてきました。

天上の世界を歌い、至福に満ちたその声はとても美しいです。


私たちが楽しんでいるのは天国の喜び だから、地上の俗な暮らしは避けている。
俗世界のやかましい騒ぎなどひとつも 天国にいると聞こえて来はしない。
何もかもこよなく穏やかに安らかで こよなく穏やかで安らかに生きている。
私たちが送っている暮らしは天使の生活。
そればかりか、実に愉快で 実に愉快で朗らかな私たち。
私たちが送っている暮らしは天使の生活。
踊ったり、跳んだり、はねたり、歌ったり、私たちは歌う。
天国の聖ペテロが眺めているなかで。


さあ、天上の世界を思いながら今日の彼岸花を紹介しましょう。

Imgp4798080919

<2008年9月19日 我が家の庭 彼岸花>

Imgp4800080919

Imgp4807080919

明日もマーラー聴いてみよう。

そこにはカタルシスが待ってるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.18

秋田内陸縦貫鉄道と彼岸花咲きました・2008

今朝、ジョギングを終えて少し遅い朝食をテレビを見ながら食べていました。

NHK東北のローカールニュースで、NHK秋田局からの中継です。

温泉ファンの私ですから、秋田県もほとんどめぼしいところは湯破していますから、
北秋田の夏の濃い緑も大好きなのです。

さて、テレビでは「写真集 秋田内陸縦貫鉄道」の撮影したアマチュアカメラマンの工藤寿さんが取材を受けていました。

写真の展覧会が秋田県で行われているようです。

(意外なことに、工藤さんは、放射線技師で病院に勤めているとのことでした)

沿線各市町村と秋田県の話し合いにより、5年間は存続が決まったそうですが、
利用客の減少で経営が危ういようです。

「がんばれ!秋田内陸縦貫鉄道」です。

工藤さんは、休みの日を利用して春夏秋冬、秋田内陸縦貫鉄道を撮影しているそうですから、素晴らしい方だと思いました。

取材を受けた日は、コスモスと列車の組み合わせで美しい写真を撮影していました。

(「秋田の夏…秋田内陸縦貫鉄道と小坂のひまわり」「秋田内陸縦貫鉄道」こちらのコラムもお読み頂ければ望外の喜びです)


さて、部屋に戻ってから仕事に行こうとしたら、
私の目には彼岸花が飛び込んできました。

今年も咲いたようです。

その美しさは格別です。

此岸(しがん)の混沌とした何が起こるか分からない不安に満ちた世界に生きている私にとって、彼岸花は清浄の世界を垣間見るようで、何とも言い難いものです。

Imgp4760080918

<2008年9月18日撮影 彼岸花>

Imgp4762080918_2

Imgp4767080918

薄暗い朝の中に彼岸花の朱色がとても心に和んだ風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.20

夏水仙・2008

今年の我が家の夏水仙は、他の家の夏水仙が咲いている頃も芽を出さず、「とうとう球根が腐ってしまったか」と母親と語り合っていて先行きを不安視していました。

過去の記録を調べてみると、昨年2007年度は8月10日─「夏水仙と薄荷と露草」─に咲いていたようです。

2~3日前からスコールのような大雨が降ることがあり、雨に地面が打たれ、球根に振動が伝わったのでしょうか。

とうとう今年も待ちに待った「夏水仙」が顔を地上に現しました。

秋を過ぎ、雪に埋もれた冬を越し、春を感じながら、今までどんな気持ちでこの地上の空気や暑さを想像していたのでしょうか?

Imgp4661080820

Imgp4668080820

百花繚乱のように鮮やかに咲くその姿は、夏の彩りそのものであり、一つの季節の節目を私たちに感じさせてくれます。

今日も暑い一日になりそうです。

残暑厳しい我が家の庭のご紹介でした。

Imgp4669080820

<2008年8月20日 朝日に輝く夏水仙>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.12

シャボン玉

甥っ子たちが遊びに来ています。

真っ黒に日焼けした少年たちの夏休みは、シャボン玉遊びに夢中です。

Imgp4590080812

Imgp4592080812

Imgp4595080812

Imgp4596080812

Imgp4597080812

そして今晩は、花火大会だそうです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.04

百日紅(サルスベリ)

先日、ラジオを聴いていたら、「こちらの地方でも百日紅(サルスベリ)の花が咲き始めて、いよいよ夏全開です。」というリスナーの投書を耳にしました。

今日の山形は昨日に引き続き、「夏全開」のようです。

朝顔はうな垂れ、太陽が勢い良く闊歩する正午過ぎ、我が家でも深紅の百日紅が風に揺れ咲いています。

皆様のご自宅やご近所、職場の近くでは、どんな夏が過ぎているでしょうか?

Imgp4573080804

Imgp4577080804_2

<2008年8月4日 我が家の百日紅(サルスベリ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.17

鉄砲百合

我が家では、先週から「鉄砲百合」が咲いています。

「高砂百合」とも呼びます。

Imgp4516080717

「鉄砲百合」を眺めていると、ブルックナーの演奏会での金管楽器隊を思い出します。

交響曲第4番ロマンチックや第7番、第9番などの音楽が今にも流れてきそうです。

カラヤン、ウイーンフィル、ブロムシュテットさん、NHK交響楽団、ベルリンフィル、シュターツカペレ・ドレスデン、ギュンター・ヴァント、NDR、クーベリック、バイエルン放送交響楽団、朝比奈隆先生、大阪フィル、飯森範親さん、山形交響楽団など、色彩豊かに私の人生を彩るブルックナー。

最近は、ブロムシュテットさんのシベリウス第4番、第5番と聴いています。

北欧の雪景色、朝日が昇る太陽、そよ風などを想像しながら聴き入っています。

シベリウスも、ブロムシュテットさんも語っているように、色彩豊かな音楽です。

Imgp4521080717

<2008年7月17日 我が家の庭 「朝日を浴びる鉄砲百合」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.16

朝顔

今年も2週間くらい前から我が家では、朝顔が咲いています。

昨日に、東根中部小学校にプール水検査に行きましたら、
子供たちの朝顔もきれいに咲いていました。

夏本番の季節です。

Imgp4489080716

<2008年7月16日撮影 「我が家の朝顔」>

Imgp4492080716

Imgp4494080716_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.09

紫陽花とねじ花

Imgp4475080708

<2008年7月8日撮影 我が家のガレージ下の紫陽花>

今年も紫陽花の季節になりました。

ここ2週間くらい長持ちしていて、私の目を楽しませてくれます。

新聞でも各地の紫陽花の名所を紹介していますが、
きっとどこも素敵な光景が広がっているのでしょうね。

Imgp4476080708

さて、こちらは「ねじ花」です。

ちょうど昨日のNHK「ラジオあさいちばん」を起きぬけに聞いていましたら、
「ねじ花とはどんな花?」という話題が登場し、リスナーの方々からも、
今は全国各地で見頃となっている話題で持ちきりでした。

かなり珍しいようにアナウンサーの方が言っていました。

この「ねじ」のように曲がって、引力に逆らい巻き登る姿は力強さを感じます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 PMS・月経前緊張症|漢方薬 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 「血流たっぷり」をめざしなさい いびき|漢方薬 おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 お客さまとのエピソード お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 お香 しびれ|漢方薬 つわり|漢方薬 にきび|漢方薬 のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 ほてり|漢方薬 むずむず脚症候|漢方薬 めまい、立ちくらみ|漢方薬 アトピー性皮膚炎|漢方薬 アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 アレルギー性鼻炎|漢方薬 イスクラ冠元顆粒 イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して イスクラ婦宝当帰膠 イスクラ独歩顆粒 イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 イラスト インターネットの掲示板などで漢方紹介 カウフマン療法|不妊と漢方薬 カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 ガン(がん)|漢方薬 クラミジア感染症|不妊と漢方薬 クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 ゲップ・ガス|漢方薬 ココログ版漢方(無名)コラム・2004 ココログ版漢方(無名)コラム・2005 ココログ版漢方(無名)コラム・2006 ココログ版漢方(無名)コラム・2007 ココログ版漢方(無名)コラム・2008 ココログ版漢方(無名)コラム・2009 ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ コンクレバン シェーグレン症候群|漢方薬 シミ・肝斑|漢方薬 ストレス|漢方薬 セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 タイミング療法|不妊と漢方薬 ダイエット|漢方薬 チャイナビュー チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 ツイッター ツボの話題 ディスプレー症候群|漢方薬 ドライアイ|漢方薬 ドライシンドロームの漢方対策に ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 ニュースレターより ハテナ ビタエックス(プラセンタ) フレイルの漢方対策 ヘパーデン結節|漢方薬 ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 メニエール病|漢方薬 メールマガジン モンテディオ山形 ヤフー知恵袋の漢方の回答より リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 リウマチ|漢方薬 ロコモティブシンドローム|漢方薬 下痢、軟便|漢方薬 下肢静脈瘤|漢方薬 不妊カウンセラーに向けて 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 不妊漢方で子宝|2004年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2005年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2006年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2007年1~6月妊娠出産 不妊漢方で子宝|2007年7~12月妊娠出産 不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2009年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2009(7月~12月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2010年(1月~6月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2010年(7月~12月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2011年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2012年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2013年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2014年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2015年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2016年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2017年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2018年妊娠出産 不妊漢方治療の応用 不妊症の基本検査について 不妊症の年代別漢方相談 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 不定愁訴|漢方薬 不正出血|不妊と漢方薬 不眠|漢方薬 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 中医五官病 中医痺証専門講座「南通研修」への道 乳がんの疫学と薬物療法 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 今週の漢方相談会 2008年 今週の漢方相談会 2009年 今週の漢方相談会 2010~ 今週の漢方相談会 2013~ 今週の漢方相談会2017 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと 便秘|漢方薬 免疫性不妊|漢方薬 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 円錐角膜|漢方薬 冷え性|漢方薬 加齢性黄斑変性症|漢方薬 勉強会(2004~2008) 勉強会(2009) 勉強会(2010) 勉強会(2011) 勉強会(2012~) 動悸|漢方薬 卵巣予備能~全周期活血化淤 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 卵管性不妊|不妊と漢方薬 卵管水腫|不妊と漢方薬 卵管閉塞|不妊と漢方薬 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 受精障害|不妊と漢方薬 口内炎|漢方薬 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 味覚障害|漢方薬 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 嗅覚障害|漢方薬 土屋幸太郎・漢方講演会 土屋幸太郎結婚式 土屋薬局からのお知らせ 土屋薬局のの口コミ、評判 坐骨神経痛|漢方薬 坑精子坑体|不妊と漢方薬 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 基礎体温表|不妊と漢方薬 夏の疲れに漢方 多汗症|漢方 夜中目が覚める|漢方薬 夢と不眠|漢方 女性のための漢方レッスン 女性不妊症的中医治療 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 子宮頸がん|漢方薬 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 季節の漢方養生 季節の養生法 学校保健委員会 小児チック|漢方薬 小児漢方 小太郎製薬 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 心と体 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 慢性咽頭炎|漢方薬 我が家の庭 我が家の庭 2008 我が家の庭 2009 我が家の庭 2010~ 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 掌蹠膿疱症|漢方薬 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 排卵障害|不妊と漢方薬 日中線記念館 早発閉経・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬 更年期障害|漢方薬 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 月経周期が短い|不妊と漢方薬 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 未成熟卵|不妊症と漢方 椎間板ヘルニア|漢方薬 武漢へ 死産後|漢方薬 母乳|漢方薬 泣きたくなる 活血化淤の応用 浮腫み|漢方 温活GO 漢方体験ドットコム 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より 漢方薬の安全性について 漢方薬局で相談を受ける婦人病について 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 生殖医療に関わる疑問に答える 生殖補助医療の有用性と限界 生理痛、月経困難症|漢方薬 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 甲状腺|不妊治療と漢方薬 男女の更年期と神経症|漢方薬 男性不妊|不妊治療と漢方薬 疲労|漢方薬 痔|漢方薬 痛み、しびれ|漢方薬 痰湿(暑湿)について 痰湿|漢方 眼精疲労|漢方薬 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 着床障害|不妊治療と漢方薬 睡眠と妊活 神経障害性疼痛|漢方薬 秋バテの漢方 空胞|不妊治療と漢方薬 糖尿病|漢方薬 経血量少ない|不妊と漢方薬 綿花観察日記 緑内障|漢方薬 繊維筋痛症|漢方薬 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 耳管開放症|漢方薬 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 聴覚過敏|漢方薬 肘痛|漢方薬 股関節痛|漢方薬 肩こり|漢方薬 肩甲骨の痛み|漢方薬 肩痛、五十肩|漢方薬 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 背中のほてり|漢方薬 背中の痛み|漢方薬 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 脂漏性皮膚炎|漢方薬 脈拍|漢方 脊柱管狭窄症|漢方薬 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 脳卒中|漢方薬 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 腰椎すべり症|漢方薬 腰痛|漢方薬 膀胱炎|漢方薬 膝痛|漢方薬 膿精液症|男性不妊の漢方薬 花粉症|漢方薬 若木山、石崎山や東根の景色 若木山、石崎山や東根の風景2008 若木山、石崎山や東根の風景2009 若木山、石崎山や東根の風景2010~ 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある 薬膳 血の道症|漢方薬 血管力をつければ病気は治る 補腎の話 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 足底筋膜炎|漢方薬 逆流性食道炎|漢方薬 過去のバックナンバーより 過敏性腸症候群|漢方薬 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 酒さ|漢方薬 頭痛|漢方薬 頸椎症、首のこり|漢方薬 頻尿|漢方薬 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 風邪|漢方薬 食欲不振、胃痛|漢方薬 食養生 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 高血圧|漢方薬 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 鷺草、朱鷺草観察日記 黄体機能不全|不妊と漢方薬 黄疸|漢方薬 100歳まで元気に生きる! 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 AMH|不妊治療と漢方薬 COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 FSHが高い|不妊治療と漢方薬