« リウマチ性多発筋痛症の肩痛が漢方で軽減。小水の出も良くなり浮腫も解消 | トップページ | 奥只見の春─若宮八幡神社の桜 »

2005.05.10

奥只見の春─田子倉湖の桜

福島県の会津地方には、悠々と只見川が流れています。

福島、新潟、群馬の3県にまたがる高山に取り囲まれた尾瀬ヶ原と尾瀬沼付近から始まり、やがて阿賀野川となり越後に流れていきます。

私は只見川に沿って走る252号線が大好きです。

もちろん大好きな鄙びた温泉はありますし、何よりも景色がいいのです。


また河井継之助記念館を通り、八十里越を眺めていると、ああここで河井継之助はあの険しい八十里越を越後長岡藩から敗走してきたのだ、とも過去に思いを寄せることもできます。

ここは「峠」だ。


さて、2005年5月5日の田子倉湖の模様など紹介しましょう。


P5050230

252号線から、六十里越を通り、新潟の小出を目指したのですが、ここ会津も今年は27年ぶりの豪雪だったそうで、5月になったというのにまだ道路は「冬季封鎖中」でした。

田子倉湖の駐車場に車を置いて、少し付近を散歩します。

雄大な景色に胸が打たれます。


P5050155

前方に見えるのが田子倉ダムです。

只見川を堰き止めて造られた人造湖です。


P5050161

奥只見では、雪景色を背景に桜が咲いています。


P5050160

P5050166

春を祝うかのような桜でした。

|

« リウマチ性多発筋痛症の肩痛が漢方で軽減。小水の出も良くなり浮腫も解消 | トップページ | 奥只見の春─若宮八幡神社の桜 »

ココログ版漢方(無名)コラム・2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥只見の春─田子倉湖の桜:

« リウマチ性多発筋痛症の肩痛が漢方で軽減。小水の出も良くなり浮腫も解消 | トップページ | 奥只見の春─若宮八幡神社の桜 »