« 京都に「不妊症専門講座」の漢方勉強会に行ってきました。 | トップページ | 十和田湖から奥入瀬へ »

2005.06.08

奥入瀬(ブナの朽木)

P5290004


2005年5月29日の奥入瀬(おいらせ)を紹介します。

十和田湖の美しい湖面を眺めながら、新緑のドライブとなりました。


この時間帯は朝の6時台ですから団体の観光客もいませんので、静寂が周囲を包んでいます。


昨年の秋に青森の長兵衛旅館に宿泊して帰路につくときに、奥入瀬経由を選びましたが、午後から夕方にかけての時間帯でしたので、ものすごい人混みでげんなりした思い出があります。


奥入瀬渓流はもちろん素晴らしいのですが、大型観光バスやマイカーで道路まで溢れかえっているのは、ブナやミズナラたちも可愛そうになりますし、鄙びが好きな私にもその光景は好きではありませんでした。


「奥入瀬は早起きするに限る」です。


私の他には、車が時おり数台停車するくらいで、空気がおいしいです。

くよくよしたとき、人生に迷っているときは、奥入瀬を歩くと気分がスーッと晴れるかもしれません。


P5290008


P5290010


銚子大滝です。

にわかアマチュアカメラマンでも、なんだかここではプロの撮影をしている気分になれるから不思議。


P5290020


一番上の画像でもそうですが、どうやら私は朽木(くちき)、倒木(とうぼく)に興味があるようです。

ブナの巨木が倒れているのを見つめていると、心が和んできます。


長い間、根を張って大地に踏ん張っていたんだな。

ブナの朽木からは、また他の植物たちが芽を出しています。


「生」と「死」の「輪廻」を感じるから、奥入瀬の朽木たちが好きなのかもしれません。


土屋薬局 中国漢方通信」でもコラムを作成しています。

|

« 京都に「不妊症専門講座」の漢方勉強会に行ってきました。 | トップページ | 十和田湖から奥入瀬へ »

ココログ版漢方(無名)コラム・2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥入瀬(ブナの朽木):

« 京都に「不妊症専門講座」の漢方勉強会に行ってきました。 | トップページ | 十和田湖から奥入瀬へ »