« 「プレイス・イン・ザ・ハート」と「最後の綿の花」 | トップページ | 習慣性流産と無排卵、多嚢胞卵巣の漢方症例検討会 »

2005.09.07

晩夏の日中線記念館

そろそろ東北地方は夏も終りです。

夏の間にはずっと神輿の活動で、
なかなか身動きが取れなかったのですが、
先日久しぶりに福島県は会津地方喜多方郊外にある
「日中線記念館」に行ってきました。

今日はそのときの模様を紹介したいと思います。


日中線記念館

台風の影響か、晩から早朝までずっと激しい雨が雷雨になり、
ここ「日中線記念館」に訪れることを諦めようかとも思いましたが、
午前中から曇りとなり、多少天候が心配でしたが出発することとしました。

米沢から121号線を通り、大峠トンネルを越えていくと、
もうそこは福島県会津は喜多方地方です。

正確には「熱塩温泉」の近くに「日中線記念館」はあります。

ヨーロッパチロリアン風のモダンな建物が現れます。


ペンタックスのデジタル一眼レフカメラの「*ist Ds」を購入してからは、
真っ先にここを撮影したいと思いました。

呼ばれているような気もしました。


ラッセル車キ100とオハフ61

ラッセル車キ100とオハフ61が静かに眠っています。

会いたかったんだ、君たちに。


ラッセル車キ100とオハフ61

カメラバッグを車から取り出し、喜んで駅構内に入っていた私の目の前に、
女の子が1人、廃線の駅のプラットフォームに座り、
ずっと前を見つめながら何かを悩んでいるような、
また独りでいることを楽しんでるかのように佇んでいました。

ここの場所で他の人に会うのは、
地元の草むしりをしている人達以外は初めてでしたので、
ビックリするとともに、「いい趣味をしているなあ」とも思いました。


「そうか、駅の入り口においてあった自転車は彼女のものだ」

「彼女は地元の人で、自転車で来れる距離にあるんだ」

「何を悩んでいるんだろう、恋とかいろいろかな」


などとも想像しました。

私が、ラッセル車キ100とオハフ61や周囲の風景を撮影している間に、
いつの間にか帰られたようですが、印象深い出来事でした。


日中線記念館

今まで気が付きませんでしたが、
日中線記念館の周りには
稲が育っていました。

前夜の雨もキラリと滴(しずく)になって光ります。


日中線記念館

露草(ツユクサ)です。

やはりデジタル一眼レフのマクロレンズは
素晴らしいようです。

きれいに撮影できます。


夏花

夏花に彩られ、静かに輝いています。


蝶

周囲に止まっていた蝶です。

マクロレンズで自然を覗いていると、
生き物や草花が愛おしいです。


蜘蛛

蜘蛛でもきれいに見えてくるから不思議なんです。


葛

葛根湯(かっこんとう)に配合されている皆様ご存知の「クズ(葛)」です。

つる植物でグルグルと回りに寄生していきます。

日中線記念館

田は緑に染まり、生き物たちも精一杯生きています。

時間が止まっている日中線記念館の周りだから、
よけいに景色がコントラストに美しく見えます。

今年の夏は、JR東日本で「会津特集」をしていたので、
この日の喜多方の町は観光客でうじゃうじゃでした。

嬉しい反面、やはり私は誰も観光に来ない
このような静かな場所のほうが落ち着くし、
自分を癒せるんだなと思いました。

女の子も独りで来ていたし、ステキな場所なんですね。

夏の終りの日中線記念館を紹介してきました。

もうすぐ夏が終わるんだな。

|

« 「プレイス・イン・ザ・ハート」と「最後の綿の花」 | トップページ | 習慣性流産と無排卵、多嚢胞卵巣の漢方症例検討会 »

日中線記念館」カテゴリの記事

コメント

・・・断りもしないで出没しています。ここは書いても大丈夫なのでしょうかf(・・;立ち入り禁止区域でしたらご無礼お許しください。

《日中線記念館》は日中ダムのあたりですか。
GWに、喜多方から米沢を抜けた時、あまりに綺麗な道と立派なダムにびっくりしたことを思い出しました。連休ということもあり道は予想以上に混んでいて・・・でもいやに混みすぎって思ったら、ダムに見とれたのかコツンと追突している車どうしがありました。あーー気の毒~~と思ってしまいました(私も突如出現したダムに見とれたクチです)。

暑い暑いと思ったらあっという間に初秋の景色ですね。
蜘蛛もきれいに写るものなのですね。ムシの実物たちはダメですが、写真ならイケるかもですA(^^;;

投稿: Yoko.S | 2005.09.08 16:18

こんにちわ。コメントありがとうございます。

・・・断りもしないで出没しています。ここは書いても大丈夫なのでしょうかf(・・;立ち入り禁止区域でしたらご無礼お許しください。

いえいえ、全然大丈夫です。単に「鄙びているブログ」なので、誰もコメントを書かずにいるだけです。(笑)

>《日中線記念館》は日中ダムのあたりですか。

日中ダムよりも、福島県側の方です。福島県の県道22号線沿いだと思います。日中ダムも景色が素晴らしいですよね。

日中線記念館は、「熱塩温泉」のすぐ近くなんですよ。

>ダムに見とれたのかコツンと追突している車どうしがありました。

たまに死んでしまう人もいますから、気を付けたいですね(汗)。でも、確かにあんな田舎で道路が素晴らしいと感激物ですね。私もお陰さまでよく遊びに行けています。


>蜘蛛もきれいに写るものなのですね。ムシの実物たちはダメですが、写真ならイケるかもですA(^^;;

写真拝見して頂きましてありがとうございます。

蜘蛛の巣にレンズが付かないように、「細心の注意」をしてマクロモードで撮影しました。(爆)

またよかったら書き込んでください。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 土屋 | 2005.09.08 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏の日中線記念館:

« 「プレイス・イン・ザ・ハート」と「最後の綿の花」 | トップページ | 習慣性流産と無排卵、多嚢胞卵巣の漢方症例検討会 »