« 不妊漢方。流産後半年間の無月経、無排卵。漢方で排卵、生理再開 | トップページ | 彼岸花が咲きました。 »

2005.09.24

女性のための漢方レッスン(6)…女性のための不妊症周期療法

「女性のための漢方レッスン」の6回目です。


女性のための漢方レッスン

(主催者の許可を得て撮影しております。きちんと取材用の腕章も付けました)


今回は、陳先生に引き続きの河野康文先生の講演の紹介です。

私は、じきじきに教えてもらっていましたので、「師匠」にあたります。

人柄がほんとにいい先生です。

さて、河野先生からは「周期療法」についての分かりやすい説明がありました。


河野康文 先生 「女性のための周期療法」


1)現在、不妊症で悩むカップルはたくさん多い。

統計によると、7組に1組は不妊症。


「不妊症周期療法」は、女性の健康管理にも良い。


周期療法は、今から50年前に西洋医学と東洋医学をドッキングさせ、不妊に悩 むカップルに大きな恩恵となっている。

考えかたは、基礎体温などのホルモンバランスの変動をもとに、中医学の考え方を当てはめたもの。


2)月経のしくみ  

視床下部→下垂体→(卵胞刺激ホルモン)→卵巣

卵巣は、「すもも」くらいの大きさで、原始卵胞がたくさん入っている。

                  
卵胞からは、エストロゲンが分泌され、エストロゲンがでると、子宮内膜が厚くなる。


月経後の時期、つまり卵胞期は女性にとって良い時期。

自信があって、安定感がある。


エストロゲンは、動脈硬化の予防にも良い。

そのために狭心症などの生活習慣病になる確率は、男性より少ないし女性は男性よりも、エストロゲンのお陰で平均寿命が長い。

しかし、エストロゲンが過剰だと、子宮筋腫やガンなどにもなりやすいという欠点もある。


                  
卵胞は、およそ2cmになると排卵。

卵胞は黄体に替わり、プロゲストロンを分泌。

基礎体温も0・3~0・5度くらい上がる。

プロゲステロンでさらに内膜が厚くなる。


受精卵は、古い内膜には着床しないので、毎回新しい内膜を作る必要がある。

つまり受精卵は少しわがままで、この行為が「月経」と呼ばれているもの。


「周期療法」


中医学理論+西医の月経分泌理論をドッキングさせたもの。


○卵胞期→陰血の増殖期

卵胞期はとても重要な時期。

周期療法では、補腎薬と養血薬を使っていく。


周期が長い人は、卵胞期が長い。

卵胞を育てるパワーが足りない。


睡眠が重要…睡眠は卵胞を育てる。


たとえば、日本橋のお客さんは、薬は高いものをたくさん飲んでいるのに、睡眠は不規則で夜更かしです。


卵胞の発育は夜の「陰」の時期ですから、薬をきちんと飲んでいるのに睡眠できてないのは、無駄になります。

ある意味、睡眠は薬より重要ね。


当店で月に1回漢方相談会を実施している何(ふー)先生も、睡眠指導をしていますが、山形のかたは寝るのが早くて素晴らしいとおっしゃっています。


先日も話を聞いたら、「東京の人は、学生時代から寝るのが夜の1時、2時で、OLになってもその生活を続けているので、みんな生理不順になっているのよ」と言っていました。


卵巣嚢腫と冷え性の話題(生理時の養生法)」も参考にしてくださいね。


○排卵期

温養活血、排卵促進。

ムードつくりも大切。


○黄体期(高温期)

陽気の増殖期。

温補腎陽。


○月経期

活血排卵促進

うまくいかないと

生理痛

次のステージの「卵胞期」に悪い影響となる。


「周期療法」は、身体づくり。

女性の体がもつ本来の力を引き出す。

自然な妊娠しやすい体をつくる。
         

周期療法→月経のトラブルをとる。

生理痛、周期の乱れ、周期が長いこと、周期が短いこと、黄体不全、PMS(怒りっぽい、食欲ないなど)


漢方は食事の延長

生理が乱れる

生活習慣の乱れが関係している。


今回で、第一部と第二部の中医師の先生のお話は終りで、次回からは「ゲストトーク」になります。


女性のための漢方レッスン

(主催者の撮影許可をもらって会場を撮影しました)

|

« 不妊漢方。流産後半年間の無月経、無排卵。漢方で排卵、生理再開 | トップページ | 彼岸花が咲きました。 »

女性のための漢方レッスン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性のための漢方レッスン(6)…女性のための不妊症周期療法:

« 不妊漢方。流産後半年間の無月経、無排卵。漢方で排卵、生理再開 | トップページ | 彼岸花が咲きました。 »