« 女性のための漢方レッスン(6)…女性のための不妊症周期療法 | トップページ | 里の秋(マクロレンズで若木山を登ってみました) »

2005.09.29

彼岸花が咲きました。

彼岸花


我が家の彼岸花も京都から帰ってきた後には、きれいに咲いています。

毎年思うのですが、とてもきれいで「美」を感じます。

美しいですね。


あけび

彼岸花の上には、あけびがなっています。

山形では、「あけび料理」にして食べます。

中身の甘い白いつぶつぶをとって、肉を詰めて焼いて食べるのです。

ほろ苦い、大人味のビター味です。

山形の秋の名物詩「芋煮(いもに)」に並んで、郷土料理の代表とも言えます。

漢方コラム「あけび」でも漢方的な解説をしておりますので、
お楽しみしてください。


綿の花

こちらは一昨日に咲いていた、ピンク色の「綿の花」です。

やはりデジタル一眼レフの画像はきれいなようです。

これらの色がすべて人間が見た映像と一緒です。

写真を撮ったあとも、世の中の景色はいかに美しいかを実感させてくれます。

|

« 女性のための漢方レッスン(6)…女性のための不妊症周期療法 | トップページ | 里の秋(マクロレンズで若木山を登ってみました) »

ココログ版漢方(無名)コラム・2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花が咲きました。:

« 女性のための漢方レッスン(6)…女性のための不妊症周期療法 | トップページ | 里の秋(マクロレンズで若木山を登ってみました) »