« 里の秋(マクロレンズで若木山を登ってみました) | トップページ | 女性のための漢方レッスン(7) 第二部ゲストトーク »

2005.10.05

漢方で坐骨神経痛の歩行困難が解消しました!

最近は、寒くなってきましたので、痛みやしびれの漢方相談が多くなってきています。


女性のかたの相談は、毎日コンスタントですが「痛み関連の漢方相談」に関しましては、梅雨時や台風の季節の低気圧、また秋から冬にかけての寒さが厳しくなってくる時期に増える傾向のようです。


東北地方とくに山形ローカルですと、さくらんぼなどの果樹の農繁期における足腰の痛みなども、季節を実感できます。


当店では坐骨神経痛や腰痛などの漢方相談をすることが多いです。


独歩顆粒は、足腰や骨や関節を丈夫にして、痛みやしびれを和らげる漢方薬です。

漢方薬ですから、穏やかに効いてきて、鎮痛剤のような胃腸に悪いことはありませんので安心して服用できます。


若い女性のかたの足腰の痛みの相談には


1)冷え性軽減 

2)血行改善 

3)生理痛、生理不順などの女性ホルモンを良くする

4)美肌 

5)健康づくり 


も兼ねて「体を温める漢方」たとえば婦宝当帰膠なども併用をお勧めすることもあります。

「体を温める漢方」 婦宝当帰膠を痛みの漢方に併用すると、より冷え性の軽減や、血行改善に役立ちますし、鎮痛作用も期待できるのです。



また、血液サラサラの漢方、冠元顆粒も人気があります。


血液が汚れていたり、流れが悪い淤血(おけつ)を解消することは痛みやしびれの改善にも大切です。


淤血は、1)痛み 2)しこり 3)黒ずみの「三大特徴」があります。



もし、鎮痛剤などで胃腸を悪くしていたり、下痢や軟便、便秘などがあるようでしたら、胃腸を丈夫にする漢方もお勧めしやすいです。

「腰は腹から治す」です。


健胃顆粒や晶三仙など使いやすいです。


このような嬉しいコメントもけっこう頂きますので嬉しい限りです。


「あれから、坐骨神経痛の痛みは随分と良くなり、ほとんど毎日プールに通い、クロール&ウオーキングを続けております。今日娘と買い物に久しぶりに出かけましたが、坐骨神経痛で歩くのさえ困難だったのが、今はかなり普通に歩けるようになり、土屋薬局さんの坐骨神経痛の漢方薬に感謝しております。」


女性のかたは、私たち男性と比べると何事にも積極的ですから、プールで水中歩行や泳いでいるかたも多いですし、積極的な運動は坐骨神経痛の痛みやしびれを軽減することにも大切だと思います。


今回は「痛みの漢方薬」「坐骨神経痛の歩行困難が漢方で解消」の話でした。


IMGP0302

昨日の夜(10月4日)にNHKBSで、俳優の関口さんが電車に乗って日本を横断する番組を見ました。

多分「日本列島横断列車の旅」という感じのタイトルだと思います。


私の愛する会津の坂下(ばんげ)から只見線で新潟県の小出(こいで)に向かっていきました。


沼尻湖などの風景や、隣の村の散策などそれこそステキな画像で、日本の秋の田んぼの風景は実に美しいなあと思いました。

ということで、私のサイトも「田んぼ」を掲載します。


上記の写真は、本日10月5日の昼休みに撮影したものです。

奥羽山脈を背景に稲穂がたなびきます。


栗の木

これは栗の木です。

会津には、たくさんの栗の木がありますね。


若木山と大森山

ススキの向こう側の右側の山は、大森山。

左に見える小さな山は、若木山(おさなぎやま)。

若木山は、私のホームグランドです。

小さい頃は、大森山は遥かな遠くの世界でした。


田んぼ

田んぼ


日本人の遺伝子でしょうか?

田んぼを眺めていると、心が安らぎます。

この田んぼの黄金色とススキの色と空の青色や山並みの緑色が心を惹きつけるんだよね、、と思いながらハンドルを握り、本日の昼休みを終えたのでした。

東根の秋の模様の紹介と「痛みの漢方」を終わります。


椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛。坐骨神経痛の漢方で解消!」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

|

« 里の秋(マクロレンズで若木山を登ってみました) | トップページ | 女性のための漢方レッスン(7) 第二部ゲストトーク »

坐骨神経痛|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢方で坐骨神経痛の歩行困難が解消しました!:

« 里の秋(マクロレンズで若木山を登ってみました) | トップページ | 女性のための漢方レッスン(7) 第二部ゲストトーク »