« 大淀の流れ(2)と雪上の柿木 | トップページ | 僕らの町に雪が降る »

2005.12.15

雪の日中線記念館

先日に福島県奥会津の木賊温泉に泊まってきました。

さて、その道中に私が敬愛して止まない
日中線記念館のラッセル車キ100とオハフ61に会ってきました。


折からの大雪の中、事故のないように慎重に車を運転していきました。

山形県置賜地方の米沢から、121号線を走り抜け、
大峠トンネルを越えるとそこは喜多方、福島県です。


DSCF0048

12月10日午前7時ごろの日中線記念館です。

ヨーロッパを思わせるチロリアン風の建物も、雪の中で静かに眠っているようです。


今日のカメラは、富士フィルムのFinePix S9000という望遠タイプのデジカメです。

実は、また愛器の「*ist Ds」が画像に汚れが入るようになりまして、
ペンタックス修理サービスセンターに旅にでていましのたで、
先日仙台ヨドバシで購入したばかりの「デジタル一眼レフに近い美しい画像」の
FinePix S9000での撮影です。


(後日談ですが、私はペンタックス修理センターの人達と相性が良いのか、先週の木曜日の8日に送ったら、金曜に向こうについて、土日を挟んでの昨日の14日(水)に愛器が戻ってきました。アンビリーバブルです。ペンタックスサービスのKさん、ありがとうございます。)


DSCF0069


DSCF0074

雪の中、ラッセル車キ100とオハフ61は
静かに静かに寒さに耐えているようです。

できれば、今度は春の喜びの写真も撮影してみたいものです。


DSCF0077

シグナルも凍ったまま、静かに眠りについています。

かつては、このシグナルも光り輝き、
列車の到着を知らせたのでしょう。


DSCF0082

先日「アルバム進呈です(2)とキャスリーン・エドワーズの話題」で、キャスリーン・エドワーズはカナダ出身なんですよ、、という話をさせて頂きましたが、この日、私の車の中で聴いていたのは、K.d.ラングの「ヒムズ・オブ・ザ・フォーティーナインス・パラレル」です。(邦題「北緯49度の賛歌」)

実は、K.d.ラングも、キャスリーン・エドワーズと同じくカナダ出身です。


北緯49度とは、カナダとアメリカの国境線の緯度のことですが、
このアルバムはニール・ヤングやジョニ・ミッチェルなどのカナダ出身の
アーティストの曲を集めて作られました。

カナダ出身の彼女が生まれた国のために、自分の国への「賛歌」として
心を込めて歌っていまして、実に素晴らしいんです。

また、アルバムのカバージャケットの写真も素晴らしく、
冬の荒涼たるカナダを映し出しています。

私も、このアルバムのカバージャケットと同じようなイメージで、
「冬の樹木」の写真を撮影しました。


ここ日中線記念館では、静かに静かに列車や駅のプラットホームや、
草花たちが眠りについています。

|

« 大淀の流れ(2)と雪上の柿木 | トップページ | 僕らの町に雪が降る »

日中線記念館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日中線記念館:

« 大淀の流れ(2)と雪上の柿木 | トップページ | 僕らの町に雪が降る »