« 胚盤胞までいかない、育たないので戻せない。漢方の体質改善の理由原因 | トップページ | 岩手山に桜散る »

2006.05.17

春の日中線記念館

Imgp0031ab
<2006年4月30日 喜多方「日中線記念館」>

1年間待ちに待ったこのときがやって来ました。

日中線記念館は、桜に包まれています。

現役から退いたラッセル車キ100とオハフ61は、
静かに静かに眠りについた今、春を奏でるかのように桜が満開となっています。

Imgp0035ab_1

桜の名所は数あれど、私が今年一番見たかった桜が、
ここ喜多方は日中線記念館の桜です。

かつての駅舎であった「熱塩駅」も桜に囲まれています。


Imgp0037ab

4月も末も遅い春の訪れです。


Imgp0062ab

Imgp0106ab

プラットフォームに腰掛けていると、
私も春の喜びを実感しました。

ラッセル車キ100とオハフ61は、春の桜街道を走り抜けます。

|

« 胚盤胞までいかない、育たないので戻せない。漢方の体質改善の理由原因 | トップページ | 岩手山に桜散る »

日中線記念館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の日中線記念館:

« 胚盤胞までいかない、育たないので戻せない。漢方の体質改善の理由原因 | トップページ | 岩手山に桜散る »