« サマー in 東根(前編) | トップページ | サマー in 東根(後編) »

2006.08.19

子供が出来なくて悩んでいる人ってたくさんいることを知り…

夏水仙

<2006年8月19日撮影 「早朝 我が家の庭で」 >


おはようございます。

今朝は、パッと朝の5時に目が覚め、軽く体操して40分ほど 歩いて走ってきました。


近くの農協の選果場では、スイカを出荷していました。

もう桃の季節は終わったようで、果樹園の桃にはわずかばかり 所々に桃が残っているだけのようでした。


リンゴは色づき始め、ラフランスもすくすくと育っています。

果物を見ていると季節の移り変わりを感じます。


さて、今日は「嬉しいお話」です。


Kさんは、29歳です。


最初の頃のご相談は、一人目のお子様を出産後に3~4kg太ったとのことで、三爽茶を注文して頂きました。


その後、体脂肪は32%から29%までに下がって喜んでいました。


また、2人目になかなか恵まれないとのことで病院にも行き始めたそうです。


当店からは、養血調経(ようけつちょうけい)の漢方をお勧めしていました。


平成17年4月からのお付き合いだったのですが、今年の平成18年5月に可愛い女の子を出産されたそうで、スタッフ一同も嬉しく思っているところです。


Kさまからは、お忙しいなか、ケータイメールで文章をお寄せ頂いております。

以下、原文のままで紹介させて頂きます。



婦宝当帰膠は 黒蜜のような甘さで 飲むたびにホッと安心できる味です。

飲み始めの頃は 飲むと体が暖かくなるような感じがしていました。

出産も超がつく位の安産でした。


一人目の出産後は育児ノイローゼになってしまったのですが、今回は婦宝当帰膠のおかげで精神的に安定しているように思います。


昨日、1ケ月健診に行ってきたのですが 産まれた時は2508gだった体重が4245gと1、7kgも増えてました。

これからもしばらくは婦宝当帰膠を飲み続けて もとの体調に戻していきたいと思います。

本当に ありがとうございました。


(掲載を前提として、文章をお願いしました。Kさまどうもありがとうございました。)



Kさまからは、また以前に


「私、細々とですが、ブログを書いていまして、2人目を望んで、不妊検査に通い始めたのもブログに書いています。

ブログをやって、本当に、子どもが出来なくて悩んでいる人ってたくさんいるんだということを知り、少しでもその方たちのお役に立てればの思いで、土屋薬局さんをご紹介させていただけたなら…」


ともお手紙もらいましたので、嬉しく思っているところです。

Kさまに当店からお贈りする写真は、今朝の我が家の庭で今年初めて咲いた「夏水仙」です。


「夏水仙」といえば先々週に、山梨県奈良田の民家の石段に咲いているところを見つけて感激しました。

山梨県と山形県は季節が2週間くらい違う感じでしょうか。


夏水仙

<2006年8月5日撮影 山梨県奈良田 民家の石段に夏水仙が咲いています>


我が家の「夏水仙」は、数日前に地面からニョキっと目を出したと思ったら、あれよあれよと言う間に、成長していきました。


1日に20~30cmは、大きくなりました。


自然とは不思議です。」


大きく成長したと思ったら、すぐに蕾ができて今朝 開花していました。

山形の田舎の夏を満喫する感じの写真ですが、拝見して頂けましたら幸いです。


夏水仙

<まるでラッパのような夏水仙。ラッパ隊が整列しているかのよう>


夏水仙

<ピローっと、雄しべでしょうか、雌しべでしょうか、まるで口から舌を突き出すように飛び出ています>


夏水仙

<写真をクリックしますと、デジタル一丸レフそのままの、私の視線そのままのリアルな画像になりますよ>


朝顔

<わたし、懸命に咲いている朝顔が好きです>


Kさま、このたびはどうもおめでとうござじました。

そろそろ夏の疲れが出る頃です。

お体おいといくださいませ。


<2014年1月20日追記です>

漢方体験ドットコムさんで「こどもが出来なくて悩んでいる人ってたくさんいるんだということを知り、少しでもその方たちのお役に立てればの思いで」として新たなコラムにもなりました。

|

« サマー in 東根(前編) | トップページ | サマー in 東根(後編) »

2人目不妊、第二子不妊|漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2006年妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供が出来なくて悩んでいる人ってたくさんいることを知り…:

« サマー in 東根(前編) | トップページ | サマー in 東根(後編) »