« 体外受精6回目。不妊漢方併用で12個受精!胚盤胞にも! | トップページ | 日本中医薬研究会 第10回全国大会に行ってきました。 »

2006.09.13

中医婦人科・不妊症専門講座「テレビお茶の間講座」

昨夜は仕事が終わってから、
月に一度のテレビお茶の間勉強会でした。

8月は東京八重洲で「周期療法における活血化淤の応用」のスクリーニングでしたから、久しぶりの勉強会になります。


各自 家にあるテレビをネットにつないでテレビ電話にして、
ギンガネット上で東京や九州、静岡、栃木、山形などを結んで、
在宅で勉強できて、意見を双方向性で発言できるという
新しいスタイルの勉強会です。


発表する先生方は、毎月自分のお店の症例を持ち寄り、
中医師の先生がテューターとなって、
お互いに基礎体温表を見たりして、
自由に発言していきます。


さて、昨夜の午後8時~9時半までの
仕事が終わったあとに、なお根性でがんばった勉強会の
私のメモを、このココログに整頓します。


(テレビカメラに自分の姿が映るので、
居眠りできないんです)


メモ


A)BBT↑ 基礎体温高め(全般的にやや高め)


原因として考えられることは


1)睡眠不足(12時に寝て起床6時では睡眠が足りない)

2)陰虚(いんきょ)傾向 (ホルモン治療の影響)

3)肝欝(かんうつ、ストレス)

寒がりで冷え性のタイプの人で、基礎体温が高めの場合には、
肝欝(かんうつ)で気が詰まって化熱(かねつ)しているから、
基礎体温が高めになるのであろう。



B)水蛭製剤(すいてつせいざい)は、低温期などに使う。

卵管の通過性が良くなる。



c)ピクノジェノール製剤


温経散寒止痛(うんけいさんかんしつう)


寒(かん)が強いときに効果的。

肉桂(シナモン)も配合されているから。


D)ホルモン使用について…卵巣刺激法 排卵誘発剤

1)内服剤(弱)→脳を介して卵巣を刺激する。


セキソビッド(ジクロフェニール)─作用 弱。副作用 少。


クロミッド(セロフェン)─作用 強。抗E2も強。

(内膜、頸管粘液に影響)


中医学的アプローチ→養血滋陰理気活血(ようけつじいんりきかっけつ)

2)注射剤(強)→脳を介せずに卵巣を刺激する。(直接に卵巣に反応する)


FSHのみ─フェルチノーム

FSHとして─ヒュメゴン、パーゴナルなど

(多胎、過剰刺激症候群)

中医学的アプローチ→益気養陰化淤利湿(えっきよういんかおりしつ)


Dscf0722

<2006年9月10日撮影 浅間温泉街から北アルプス展望>


Dscf0726

<さすが伝統のある温泉街です。蔵の風景がきれいです>

|

« 体外受精6回目。不妊漢方併用で12個受精!胚盤胞にも! | トップページ | 日本中医薬研究会 第10回全国大会に行ってきました。 »

勉強会(2004~2008)」カテゴリの記事

基礎体温表|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中医婦人科・不妊症専門講座「テレビお茶の間講座」:

« 体外受精6回目。不妊漢方併用で12個受精!胚盤胞にも! | トップページ | 日本中医薬研究会 第10回全国大会に行ってきました。 »