« 揚子江 | トップページ | 武漢の夜明け »

2006.11.03

長江

こんばんわ。

現地時間 午後10時です。

武漢はお月様が照らす夜となっています。


武漢は、人々が優しいようで、
お店などでも温かい感情を受けていまして、
とても居心地がいいです。


今日は、湖北中医薬大学附属病院で、
午前中は「中医婦人科・不妊症」の講義と
午後は臨床研修、そして湖北中医薬大学を表敬訪問してきました。


昨日に、湖北中医薬大学は、
「学生数13000人」と聞いて、
自分の聞き間違いだろうと信じていなかったのですが、
本当でした。


大学が新しく移転したのに伴って、
多くの学生寮も建設されていて、
日本のキャンパスとは比べるものにならない、
壮大な大学でした。


中国と日本は、スケールが違いすぎます。


これからは、より日中友好が大切になると思います。


さて、研修内容は次回にアップする予定ですが、
今回は「長江(ちょうこう)」をアップします。


今朝、ガイドさんに

「長江と揚子江は、なんで名前が違うのですか?」

とお聞きしましたら、

本来は「長江(ちょうこう)」が正しい名前なのだそうです。


チベットから上海まで、実に6380kmもの長さで、
中国各地によっては、地域の呼び方があります。


上海では、「揚子江(ようすこう)」と言うので、
上海を訪れた外国人に「川の名前は?」と
質問されると上海人は「揚子江」と答えるので、
その名前が広がったということでした。


正しい呼び方は「長江(ちょうこう)」です。


長江は、700個もの支流があり、
漢河(漢水)は大きい支流に入るそうです。


Dscf0320yousukou_1


長江大橋です。

ロシア人が設計して、ロシア主導で三分の一まで建設しましたが、
途中でロシアと中国の関係が悪くなり、
最後は中国人の力で作り上げたそうです。

1963年に完成しました。


Dscf0341youskou


Dscf0339youskou

|

« 揚子江 | トップページ | 武漢の夜明け »

武漢へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長江:

« 揚子江 | トップページ | 武漢の夜明け »