« NYシティマラソンとデジタルカメラの話 | トップページ | 女性不妊症的中医治療(4)…子宮内膜症と子宮腺筋症は破淤散結(はおさんけつ)で対処していく »

2006.11.14

メールマガジンの武漢体験記(編集後記)と黄鶴楼

おはようございます。

土屋です。


今朝、明日15日発行のメールマガジンを作成しました。

今日は、「編集後記」の文章を紹介したいと思います。


さて、紹介する前に最近のお客様との会話の中から。


以前に、小学校4年生まで武漢で過ごされていた
中国のかたの話をしたと思うのですが、
一昨日は高校生のかたに「三国志の舞台の黄鶴楼」を教えてもらいました。


「黄鶴楼などは、黄鶴楼の前にある白い宝塔。
諸葛亮が水軍を導くためのともした「孔明灯」というのがあるらしいので」


私は、実際に黄鶴楼(おうかくろう)に行ったのですが、
その知識が無いままに観光してしまいました。


「学力低下」とは無縁で、やはり高校生の頃は
知識が豊富ですね。

素晴らしいです。

そして、今日の話です。


数年前より当店をご愛顧しているお客様が、
学生時代に武漢に10ヶ月間も語学留学をしていたそうです。

さすがです。

私もこういう仕事になるのだったら、
中国に留学していれば良かったです。

羨ましいとしか言いようがありません。

その他にも、「今、中国語を勉強しているので、
今度旅行で通じるか試してみたい」などの素晴らしいメールももらっています。


やはり皆様、「中国が好き」とか「中国文化に興味がある」
「古典が好き」「中国語を習いたい」などと、親近感もあって
中医学も利用されるのですね。


私もこれから、もっと中国や外の世界に目を向けていきたいです。

お客様たちを見習います。

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●● 5.編集後記 「武漢から帰国しました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お陰様で、トラブルなく武漢での研修を終えて、
日本に帰国することができました。

武漢での現地では、前回のメールマガジンで「ネットにつないで更新したい」と
書きましたが、それも達成することができました。


「ホリデーイン武漢」では、部屋に入りましたら、
ランケーブルが用意されていて、
コネクトをパソコンにつなげました。


「心配無用」でした。


最初は、ネットにつならがらなく
焦ったのですが、通訳さんを通してフロントに申し込んだら、
すぐにつながりました。


「インターネット24時間で1日50元」でした。


1元が15円で、日本円に換算すると「約750円」。


日本との物価差は、大体6倍くらいの感覚だとしますと、
お、高い感じですね。


「1日4500円」が通信代です。


外資系のホテルは、食事にしても、
何にしても高いですね。

武漢と日本は、時差1時間で、
日本で6時に起きると、武漢では早朝5時になります。


大体いつもその時間で起きていますので、
現地でもなるべく早起きしていたのですが、
実際に「早起きは三文の徳」でした。


ココログ版でも更新していますが。、
武漢の長江の朝日は素晴らしかったです。


https://tutiya.cocolog-nifty.com/kanpotusin/2006/11/post_fcd4.html

ちょうど運の良いことに、
わたしの宿泊した部屋からは長江に面しているので、
いつもうっとりとする眺めが見れるのです。


(長江が見られない、高層ビル側の部屋の先生もいました)


長江の日の出って、ぐんぐんと短時間で、
急上昇するんです。


まさに、「陰陽五行論」でいえば、
太陽は「陽」です。


東にお日様が昇っていると、
かたや西では「陰」であるお月様が沈んでいきます。


武漢の空港に着いたときから、
すぐにそのことを印象づいた私ですが、
現地にいる間には ずっと「大陸的」と思って感動していました。

朝は、ジョギングをする人たちや
散歩をする人、犬の散歩をする人など、
健康づくりをしている人が多かったです。


最初で最後かもしれない武漢訪中でしたが、
武漢の人たちは親切でやさしかったです。


北京の都会よりも、田舎のほうが
人々の心が荒んでいないのでしょうか。


編集長 土屋幸太郎



最後にちょっとだけ黄鶴楼(おうかくろう)の紹介です。


Dscf0675oukskurou

バスを置いた駐車場からの眺めです。

黄鶴楼の隣は、街が発展しています。

ショッピングセンタやデパートがあって、
街を歩いている人たちは楽しそうでした。


とくにティーンエージャーの女の子が多く、
買い物をしている姿は、日本と変わらなかったです。

たぶん、日中で青少年の交流をしても
あまり文化の違いなどはなくて、
きっとすぐに打ち解けると思います。


Dscf0679oukakurou

黄鶴楼は、武漢を代表する観光地です。

敷地が広大です。


Dscf0692oukskurou

途中で嬉しくなって記念撮影です。


山形でいえば、山寺の参道で嬉しくなっているのと
同じ状況でしょうね。


Dscf0707oukskurou

黄鶴楼を裏手から見たところです。


正面ではありませんが、威風堂々です。


|

« NYシティマラソンとデジタルカメラの話 | トップページ | 女性不妊症的中医治療(4)…子宮内膜症と子宮腺筋症は破淤散結(はおさんけつ)で対処していく »

武漢へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メールマガジンの武漢体験記(編集後記)と黄鶴楼:

« NYシティマラソンとデジタルカメラの話 | トップページ | 女性不妊症的中医治療(4)…子宮内膜症と子宮腺筋症は破淤散結(はおさんけつ)で対処していく »