« 武漢から帰国しました…日は東に、月は西に。 | トップページ | 女性不妊症的中医治療(3)…排卵障害性不妊。無排卵・無月経に漢方 »

2006.11.07

女性不妊症的中医治療(2)

Dscf0378kohoku

<2006年11月3日 武漢湖北中医学院前にて>

女性不妊症的中医治療」の続きです。


前回は、今現在の中国の不妊症の報告でした。

今回は、中医治療の内容の私のメモ書きの整理です。


○中医治療


☆弁証論治

☆弁証論治と弁病相談


☆中医周期療法

☆総合療法…お腹をへそから漢方で温めたり、浣腸で漢方を入れる方法。


☆現代生殖技術的補助療法…漢方を西洋医学の治療に合わせたほうが、
治療率が上がる。


Dscf0391kohoku


Dscf0393kohoku


中医学的に、不妊症の「証」を分けてみたら、
腎虚(じんきょ)型が一番と多かった。


次は、血液がドロドロで流れが悪い淤血(おけつ)タイプが多かった。


痰湿(たんしつ)タイプは肥満など、
太っている人が多い。


肝気鬱結(かんきうっけつ)タイプは、ストレスが溜まりやすい。


腎虚や血淤(けつお)、痰湿、肝気鬱結などは、
それぞれ交わりあい「複合型」になりやすい。


Dscf0397kohoku


Dscf0398kohoku


Dscf0399kohokju


Dscf0400kohokju


中医周期療法


○生理前は、補わない。

○生理前は、攻めない。


ほうが良い。


(東京八重洲ブリヂストン美術館で勉強ポートフォリオ作成終了です。1時間いて、今日は新幹線の出発時間のためにピカソやマティスは見ないで帰ります。ここの喫茶室は、優雅で音楽もクラシックで静かで、店員さんも客層も素晴らしいところです。有意義な時間を過ごすことができます)

|

« 武漢から帰国しました…日は東に、月は西に。 | トップページ | 女性不妊症的中医治療(3)…排卵障害性不妊。無排卵・無月経に漢方 »

武漢へ」カテゴリの記事

女性不妊症的中医治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性不妊症的中医治療(2):

« 武漢から帰国しました…日は東に、月は西に。 | トップページ | 女性不妊症的中医治療(3)…排卵障害性不妊。無排卵・無月経に漢方 »