« 紀宝町のみかん(2) | トップページ | 女性不妊症的中医治療の質疑応答 »

2006.12.27

免疫性不妊と統合療法…免疫性不妊の中国漢方対策

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝は、山形も雨降りですが、5月のような爽やかな「生ぬるい風」が吹いていてビックリしました。

地球温暖化が山形にも来ているのでしょうか?


さて、途中で中断したままになっている「武漢研修」を再開していきます。


免疫性不妊症

免疫性不妊症

不妊症の約15~20%を占める。


「本虚標実(ほんきょひょうじつ)」である。


腎虚(じんきょ)が「本(ほん)」。


血淤(けつお)、湿熱(しつねつ)は「標(ひょう)」。


たとえば、熱っぽい淤血(おけつ)の場合には、牡丹皮(ぼたんぴ)などを使う。


補腎(ほじん)を主として、滋陰降火(じいんこうか)、清熱利湿(せいねつりしつ)などを配合。


免疫性不妊症のスライド

さらに「統合療法」としては、膣や直腸などに漢方を入れる方法もある。


免疫性不妊症のスライド

清熱解毒、活血化瘀

免疫性不妊症のスライド


免疫性不妊症のスライド


免疫性不妊症のスライド


中国でも、最近は膣の炎症や子宮頚部のびらんなどの病気が増えてきている。

炎症を押させる生薬としては、野菊花(のぎくか)、金銀花(きんぎんか)、牡丹皮(ぼたんぴ)などを使う。


子宮外妊娠も、浣腸を利用した方法を利用して対処していく。


子宮注射には、当帰(とうき)、丹参(たんじん)、魚腥草 (ぎょせいそう)。


炎症がひどい場合には、魚腥草。


免疫性不妊症のスライド

免疫性不妊症のスライド

針灸も周期療法に合わせると効果的。


免疫性不妊症のスライド


最後のスライドは、ART、IVF(体外受精)やICSI(卵細胞質内精子注入法)などにも、中医学の「補腎(ほじん)」や「気血(きけつ)を整えること」などは、成功率を高めることに有効である。

と書いています。


今回の免疫性不妊につきましては、当店では(土屋薬局では)あまり相談が多くないですが、けっこう日本でも免疫性不妊に対して「中医学的なアプローチ対処法」でお客様からの相談が多いことなどを、同席の先生たちからお聞きしました。


最後の体外受精や顕微受精のときの相談は、これは当店でも多い相談で、当店もかなり良好な成績で、年々、当店の漢方相談コーナーの壁面の赤ちゃんの写真や嬉しいお手紙が増えてきています。(^^)

|

« 紀宝町のみかん(2) | トップページ | 女性不妊症的中医治療の質疑応答 »

武漢へ」カテゴリの記事

女性不妊症的中医治療」カテゴリの記事

免疫性不妊|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 免疫性不妊と統合療法…免疫性不妊の中国漢方対策:

« 紀宝町のみかん(2) | トップページ | 女性不妊症的中医治療の質疑応答 »