« 冬のさくらんぼ | トップページ | 冷え性の軽減に婦宝当帰膠。ご懐妊の話し。多嚢胞性卵巣症候群とプロラクチン »

2007.01.13

PMS(月経前緊張症)の2人目不妊漢方。生理前のイライラ、胸の張りが解消、2人目妊娠!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先ほど、土屋薬局の漢方のお客様が来店されました。

ちょうど年賀状が住所が間違っていたために、返されてしまいましたので、郵便局に再度投函してきた帰りでした。


開口一番「ありがとうございました。お陰様で妊娠できました…」

ということでした。


平成18年11月18日からの不妊症の漢方薬のいわゆる「子宝」のご相談。


「2人目のお子様がほしい」とのことでした。


昨年の10月に、9月に来るはずの生理が来なくて、病院で注射で生理を起こされたそうです。

最近は、仕事が変わって朝が早くなったので便秘気味でもあるそうです。


20時に仕事が終わるので「帰宅が遅くなって疲れやすくなり、風邪もひきやすくなった」そうです。

生理の1週間前に、胸が張って痛くなります。

ストレスでイライラもしやすくなります。


基礎体温は、低温期、高温期ともギザギザがかなり強く、「犬歯状」の感じです。


当店からは、養血調経(ようけつちょうけい)の補血剤(ほけつざい)と麦芽を炒ったもの2種類をお勧めしました。


お年は、37歳のかたで、最近は体重がベストよりも10キロくらい太ってなかなか痩せないとも申していました。


11月30日、12月2日、12月18日、12月28日と、よく来店して頂きまして、結果的に年明けの本日には、病院で良い結果が分かったそうです。

けっこう早めのご懐妊のお客様もいらっしゃいますので、私たちスタッフ一同も嬉しく思っています。

犬の置物を差し上げると同時に、「本当に良かったなあ」と嬉しい余韻が残っています。(^^)



2016年7月15日 追記です。


漢方体験ドットコに新しい記事として掲載させて頂きました!




お悩みのかたは土屋薬局までぜひ漢方相談をお寄せくださいませ。

カテゴリー「PMSの漢方薬」の記事

PMS(月経前緊張症)/不妊症と漢方薬

こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。


不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。
毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!
ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  
サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ
山形県東根市神町の土屋薬局

|

« 冬のさくらんぼ | トップページ | 冷え性の軽減に婦宝当帰膠。ご懐妊の話し。多嚢胞性卵巣症候群とプロラクチン »

2人目不妊、第二子不妊|漢方薬」カテゴリの記事

PMS・月経前緊張症|漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2007年1~6月妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PMS(月経前緊張症)の2人目不妊漢方。生理前のイライラ、胸の張りが解消、2人目妊娠!:

« 冬のさくらんぼ | トップページ | 冷え性の軽減に婦宝当帰膠。ご懐妊の話し。多嚢胞性卵巣症候群とプロラクチン »