« 不妊治療の基礎知識…現状と問題点(2) | トップページ | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点(4) »

2007.04.18

不妊治療の基礎知識…現状と問題点(3)

不妊と不妊症

「症」のもつ意味


拒食 VS 拒食症

自律神経失調 VS 自律神経失調症

骨粗鬆 VS 骨粗鬆症

花粉 VS 花粉症



Dvc00021


「不妊」とは妊孕性(妊娠率)が低下した状態


「不妊原因」とは、妊孕性(妊娠率)を低下させる要因=それがそのカップルの
本当の不妊原因かどうかは分からないことが多い。


最良の状態で妊娠率はせいぜい30%。


不妊の今の最大の原因は、高齢化。

年齢のファクターが大きい。


受精した卵の約半分は染色体異常がある。



Infertile:
妊娠率(妊孕性)が低下した状態

例:原因不明不妊、乏精子症、子宮内膜症の多く、高齢、喫煙習慣、肥満


Sterile:
妊娠が不可能な状態


例:無排卵、無精子症、両側卵管閉鎖、(性交がない)。


原発不妊、続発不妊。

いずれも妊孕性低下要因があることが多い。


妊娠率は、結婚後だんだんと下がってくる。


Dvc00020

妊娠率

32~33歳 20~30%

↓ age


45歳 0%



不妊治療の2つの流れ


○原因対応法

○ステップアップ法→妊娠させる率を高める方法


一般的なステップアップ法の進め方


タイミング→人工授精→体外受精


○これがポイント

ベースになる妊娠率の何倍かで考える。



Imgp5252070411

<2007年4月11日撮影 我が家では、梅が見頃です>


Imgp5282070411


Imgp52700704111

|

« 不妊治療の基礎知識…現状と問題点(2) | トップページ | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点(4) »

不妊治療の基礎知識…現状と問題点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊治療の基礎知識…現状と問題点(3):

« 不妊治療の基礎知識…現状と問題点(2) | トップページ | 不妊治療の基礎知識…現状と問題点(4) »