« 漢方薬局の夢 | トップページ | 土屋薬局での漢方相談が初めての方へ »

2007.05.08

さくらんぼの花

Imgp6503070509

<2007年5月8日撮影 東根市東郷>

この場所は、さくらんぼの花が咲く前に、
あらかじめに目をつけていた撮影ポイントです。

本来ならば、月山が輝くかのように遠方で鎮座しているはず。


だったのですが、この気温が上がる季節には、
遠方の視界も悪くなり、「月山とさくらんぼの花」とはいかないようです。


純粋に遠景を借りずに、「さくらんぼの白い花」(5月7日)に続いて、
今日も速報でお楽しみください。


たとえば、今日の同じ時間帯に、
日本橋永代通りでは行きかう車やビジネスパーソンが闊歩して、
高島屋の駐車場にはベンツが行列を作って待っていて、
ブリヂストン美術館では密かな時(とき)が流れているときに、
私はこうして「さくらんぼの白い花」を撮影しようとしている!


ああ、どうしてこのように、場所や個人の嗜好によって
過ぎ行く時間の価値が違うのでしょうか。


私の昼休みの時間帯は、まるでピカソやマティスや、
カンディンスキーを前にしているかのように、
永遠を太陽が照らしながら過ぎていきます。


Imgp6505070508

レンズを交換するのが面倒なので、17-70mmのシグマレンズで
17mmの口径いっぱいに、さくらんぼを撮影です。


どうです。

威風堂々。


ポイントは、雨よけテントの過保護でない「男らしいさくらんぼ」が見所です。


立派な樹木ですよね。

農家のかたが手塩をかけて育てたのでしょうね。

美しいです。


Imgp6511070508


Imgp6515070508


Imgp6516070508

観光地に行って写真を撮るよりも、
地元民として「さくらんぼの白い花」を撮っているほうが、
写真の腕が良いような感じがします。(気のせいかも?)

「借り物」でない光景で、子供の頃から育っている土地で、
「その季節の情景は何か?」となると、
この美しい「さくらんぼの白い花」たちに、目が向けられるのです。

|

« 漢方薬局の夢 | トップページ | 土屋薬局での漢方相談が初めての方へ »

ココログ版漢方(無名)コラム・2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくらんぼの花:

« 漢方薬局の夢 | トップページ | 土屋薬局での漢方相談が初めての方へ »