« 薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて | トップページ | 土屋薬局の漢方薬の安全性について »

2007.07.12

朝顔と当帰の花

Imgp8401070712

<2007年7月10日撮影 朝顔>

今年も朝顔が咲く季節になりました。

私の甥っ子が居候していますので、
妹と旦那ともに幼稚園に行く前に、朝顔に目が行きました。


朝顔はなんとなく気持ちをフレッシュにしてくれる、
元気付けてくれる、そんな花です。

今まで印象深かった朝顔は、
越後の十日町の重厚な家の庭先に連なる朝顔たちと
同じく117号線を走り抜けた先の野沢温泉街の朝顔も
それはとてもきれいで、今でも目をつぶると(つぶらなくても)
情景が目に浮かんできます。


Imgp8403070712


最近、越後に行っていませんけども、
心は遠く「越後の蒸し暑い夏」を思い出しながら、文章をかきつつ、
さて次に紹介するのは「当帰(とうき)」の花です。

きれいな花序をつくって咲いています。


よく漢方の本やイラストなどで当帰の花を目にする機会が多いですが、
この写真はそれらの雰囲気を漂わせている、いかにも当帰らしい一枚です。


Imgp8405070712


最後に、朝顔の全体図でお別れです。

朝顔が咲いている季節は、心が豊かになるような気がします。


Imgp8407070712

|

« 薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて | トップページ | 土屋薬局の漢方薬の安全性について »

我が家の庭」カテゴリの記事

イスクラ婦宝当帰膠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔と当帰の花:

« 薬剤師として、不妊カウンセラーになってみて | トップページ | 土屋薬局の漢方薬の安全性について »