« 夏の我が家の庭 | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用(6)…子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、卵管癒着 »

2007.08.10

夏水仙と薄荷と露草

夏水仙

昨日から、また花が開いて大きくなっています。

植物の一日は、植物の「時計」は、私たち人間とは違うスケールなのだと思います。

アインシュタインの特殊相対性理論によれば、光速は一定なので、「時間」や「空間」が変わってくるとあります。

ニュートン力学で考えられていた、「絶対時間」「絶対空間」というものはなく、それぞれ対象者によって異なってくる、つまり「お互いの時計」も進み方が違ってきます。

「時空」の流れが変化する世界に私たちは生きているのですが、きっと夏水仙の体内時計は、私たちの「時間」の感覚とは、違うリズムで刻まれているに違いないです。


輝くように、今日も「あっぱれ」に咲いています。


薄荷

薄荷です。

気付いたら、薄荷が可憐に咲いていました。

緑の中に、白い花が咲いているのは目を惹きます。


薄荷

やはり自然って素晴らしいですね。

葉っぱのほうが、薬用になりまして、メントールとも言います。

頭痛やのどの痛みなど、大変にメジャーな薬草です。


蜘蛛の巣

ツユクサ


昔、「ツユクサ…マルク・シャガール展とともに」というコラムを作ったこともあり、露草を眺めていると、いつも「シャガール」の愛の空中浮揚を思い出してしまいます。

シャガールの絵が好きなんです。

|

« 夏の我が家の庭 | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用(6)…子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、卵管癒着 »

我が家の庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏水仙と薄荷と露草:

« 夏の我が家の庭 | トップページ | 周期療法における活血化淤の応用(6)…子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、卵管癒着 »