« 夏の終わりの雲 | トップページ | 高砂ユリと夏水仙と朝顔 »

2007.08.22

薄い子宮内膜に漢方が有効である可能性がある。(2)

薄い子宮内膜に漢方が有効である可能性がある」の続きです。


Dvc00011

子宮内膜が薄くて妊娠できない人がいる!

不妊症100人に5人くらいだが、良い治療がなく事態が深刻


Dvc00010

薄い子宮内膜とは何ミリ以下にするべきか?

なぜ子宮内膜は薄くなるのか?

薄いとなぜ妊娠しないのか?

薄いときは、どうすれば良いのか?

薄くさせないためには、どうすれば良いのか?


Dvc00012

Dvc00013


ここで「性機能とホルモンの働き」の復習。


排卵のときは、子宮内膜は8~9ミリくらいになる。

ただし世界的な定義はない。



○着床期子宮内膜の厚さ

厚いのは、不妊の原因にならない。

最近は、そのような論文が多い。


○測るたびに違う数字がでてくる。─同一症例、同一時期─


子宮内膜は、消化管と一緒に蠕動運動をしている。


○月経でむき出しになった腺、血管、間質は再生を始める。

腺細胞は増殖しながら、間質の表面を48時間で覆う。

したがって被覆上皮細胞は本質的に腺細胞である。


Dvc00009

月経後の子宮内膜の再生

基底層から、機能層に厚くなっていく。


以下、次号に続きます。

山形は朝晩は、だいぶ涼しくなりましたが、
全国各地では酷暑となっているようです。

そろそろ夏の疲れが出やすい頃ですので、
くれぐれもご自愛くださいませ。

|

« 夏の終わりの雲 | トップページ | 高砂ユリと夏水仙と朝顔 »

薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄い子宮内膜に漢方が有効である可能性がある。(2):

« 夏の終わりの雲 | トップページ | 高砂ユリと夏水仙と朝顔 »