« 薄い子宮内膜に漢方が有効である可能性がある。(2) | トップページ | 雨降りに鷺草咲きました。 »

2007.08.23

高砂ユリと夏水仙と朝顔

毎朝、お店を開けるときの「夢」が、
お客様が店を開けるところを立って待っていることでした。

今朝、お店のロールカーテンを開けて、
新しい朝を迎えたところ、若い女性のかたが携帯を打ちながら、
始業時間を待っていてくれました。

夏商品が売れましたが、願いが叶ったと言うべきでしょうか。


さて、今朝の「我が家の庭」です。


Imgp9019070823

夏水仙が一段と増えました。

このところ、お盆を過ぎた山形は、ひところの猛暑はどこかに消え去っています。

そろそろ「夏の終わりのハーモニー」の世界を迎えつつあるのですが、
夏水仙がお別れを告げるように一花咲かせようとしています。


Imgp9022070823

相変わらず、その姿は妖艶で艶やかです。

これから一斉に花を咲かせる瞬間が美しいです。


Imgp9029070823

朝顔の種が、飛んでこぼれたのでしょう。

庭の敷地内にも、ここ2週間くらい懸命に咲いています。

朝顔は、昼にはもう枯れていってしまいますので、
一瞬の命を撮影しています。


Imgp9040070823

可憐なるラッパ部隊。


母に聞くと、知り合いの方から貰った「高砂ユリ」がやっと咲いたそうです。


思わず、唄の「たかさごの~」と思い出してしまいましたが、
なかなか立派な姿です。

私には、「ラッパユリ」と名付けたくなりますが、
やはり名は体(たい)を表すのでしょうか、どうどうたる姿です。


Imgp9042070823

|

« 薄い子宮内膜に漢方が有効である可能性がある。(2) | トップページ | 雨降りに鷺草咲きました。 »

我が家の庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高砂ユリと夏水仙と朝顔:

« 薄い子宮内膜に漢方が有効である可能性がある。(2) | トップページ | 雨降りに鷺草咲きました。 »