« 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | トップページ | 夏水仙と薄荷と露草 »

2007.08.09

夏の我が家の庭

Imgp8759070809

<2007年8月9日 我が家の庭>

山形の我が家の庭も夏の彩りです。

時折、蝉の鳴き声も聞こえるようになってきました。

さて、最初のご紹介は「あけび」です。

山歩きしていて、野生の「あけび」を見つけることも感激ですし、
あけびの「つる細工」を扱っているお店に入っても、
我が家の「あけび」を思い出してしまいます。


Imgp8765070809

朝顔が毎日、新しく咲いているのを見ていると、
心が和みます。

朝顔が夏の陽射しに輝いています。


Imgp8766070809

百日紅(サルスベリ)です。

先々週に東京に遊びに行ったときに、調布の街中や深大寺温泉の庭先などで、
百日紅が咲いていたのを見つけて、季節を感じていました。

2週間遅れですが、我が家の庭の百日紅もお日様いっぱいに浴びて、
咲き始めています。

冷夏の年は、あまり咲かないこともありましたので、
今年は精一杯輝くように咲いてもらいたいです。


Imgp8773070809

おくら」です。

この可憐なクリーム色した花が咲き終わると、
あら!不思議で、「おくら」がにょきにょきと生えてきます。

ひょっとすると、夏の土屋家の食卓や健康を支えているのは、
この「おくら」かもしれません。

「美」と「食」が一体になった好例。

Imgp8781070809

「夏水仙」です。

「夏水仙」の後は、そろそろ彼岸花も咲く季節になってきます。

季節は移り、今日も元気に朝を迎えられたことを感謝したいと思います。

今日は隣の市で「天童祭り」がありますので、お神輿担ぎでがんばってきます。

Imgp8784070809

|

« 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | トップページ | 夏水仙と薄荷と露草 »

我が家の庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の我が家の庭:

« 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある | トップページ | 夏水仙と薄荷と露草 »