« 上海で不妊治療、医師から日本からの漢方薬(中成薬)を禁止された話 | トップページ | シクラメン »

2007.12.10

基礎体温が高めの対策

先週から相談をされているお客様で、基礎体温が高めのかたが
いらっしゃいました。

低温期が36・5度くらいで、高温期は37度を超えてしまいます。

周期は、26~30日くらいです。


過去に人工授精を6回くらい、体外受精も1回していますが、
なかなか思うように結果が出ていません。

ちょうどご主人様と一緒に来店して頂きましたので、
奥様には「基礎体温が高めの対策」と。

ご主人様には、「精がつく漢方」をお勧めさせて頂きました。


先週の今日で、まだ漢方を服用して1週間も経たないですが、
気持ち基礎体温の温度が下がってきたそうです。

あまり高めの場合には、いわゆる「サウナ状態」で
卵が着床しにくいと考えますので、基礎体温の状態を
良くすることはとても大切なことです。


「基礎体温が高め」のときの理由としては、

1)腎陰虚(じんいんきょ)による内熱(ないねつ)、陽盛(ようせい)体質

2)ホルモン治療をしている。


などの理由が考えられます。


年齢的にいえば、30代後半からは、
腎陰虚内熱(じんいんきょないねつ)と言って、
からだの体液、潤い成分の現象も考えられます。


○人間の体の潤い、体液 →腎陰(じんいん)という水分

○体のエネルギー、活力、陽気→腎陽(じんよう)という温かさ


に分けて考えますと、だんだんと体が乾いてくるのと一緒で、
腎陽のエネルギーが変わらなければ、相対的に
のぼせやすく、基礎体温も上がってきます。


同時に、38歳を越えてきますと、
原始卵胞も減ってきて、「卵巣の力(卵巣予備能)」が弱くなってきますので、
脳からのFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌が増えてきます。

その結果、FSHが高くなってくるのと同時に、
基礎体温も上がってきますので、
「基礎体温が高めのときの対策」は、FSHが高めの対策にもなるとも言えます。

Imgp1212071210

<平成18年12月10日 昼休みに若木山(おさなぎやま)より月山展望>

今日は、月山は雲隠れ。

Imgp12180781210

若木山はすっかりと落葉でした。

|

« 上海で不妊治療、医師から日本からの漢方薬(中成薬)を禁止された話 | トップページ | シクラメン »

基礎体温表|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

基礎体温が高め|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

FSHが高い|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎体温が高めの対策:

« 上海で不妊治療、医師から日本からの漢方薬(中成薬)を禁止された話 | トップページ | シクラメン »