« 漢方を服用されたご感想(冬の若木山公園) | トップページ | PCOSとパン(2) »

2008.02.15

4番、5番による坐骨神経痛。漢方で腰痛が良くなった

こんにちわ。

薬剤師の土屋です。

山形は、連日雪が降ったりして、寒さを厳しく感じています。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


さて、今日は坐骨神経痛が良くなった方の漢方相談の話です。


45歳の男性の方です。


坐骨神経痛で2年間悩んでいます。

下に落ちた物を拾うこともつらい状態です。

洗面所で顔を洗うこともつらいです。


手足が冷え気味、肩こりもあります。

夜に腰が張って痛みにより、眠れないときもあります。

そのときには、鎮痛剤を服用して眠りにつきます。


レントゲン、MRIでは4、5番ですが、あまりひどくはないそうです。


1月20日のときのご相談でしたが、当店からは、


○足腰を丈夫にする漢方薬

○血行を改善する漢方薬

の2種類の漢方薬をお勧めしました。


さて、昨日の2月14日に聞いたお話では、


○腰痛、坐骨神経痛も無くなって、調子が良くなった。

○痛みが和らいで、漢方の効き目に驚いた。

○漢方を飲み始めてから、2~3日でだいぶ良くなった。

○鎮痛剤も服用しなくて良くなった。


とのことでした。


痛みやしびれが和らいで、毎日の生活が楽になって頂く事は嬉しいことです。

今後とも体調よく、冬場を乗り越えて頂きたいです。

足腰の痛み、シビレの場合には中国漢方では「痺証(ひしょう)」と言います。

たとえば、ずっと正座をしていたら痺れるように、「通じていない」から痛みやシビレが起こるのです。

体のすみずみまで神経や血流の流れが滞ると、「不通則痛」で痛みなどが発生します。


対策としては、一つは内因によるもの、体の気血の不足、腎虚といって足腰や骨の衰えを改善すること。

2つめは、同時に寒さや湿気、風などによる外因による邪気から体を守ること。

この2つが大切な方法です。


それに不内外因である淤血(おけつ)という血液ドロドロでの血行不良が発生していますので、血液の巡りをスムーズにしたほうが治りが早かったりします。

漢方薬で痛みやシビレのない楽しい世界を味わってみませんか?


りんごの木と若木山

<2008年2月9日 りんごの木と若木山>


坐骨(座骨)神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛の漢方・漢方薬」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

|

« 漢方を服用されたご感想(冬の若木山公園) | トップページ | PCOSとパン(2) »

坐骨神経痛|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4番、5番による坐骨神経痛。漢方で腰痛が良くなった:

« 漢方を服用されたご感想(冬の若木山公園) | トップページ | PCOSとパン(2) »