« 風邪とせきの漢方相談 | トップページ | 乳がんの疫学と薬物療法まで(2) »

2008.02.21

乳がんの疫学と薬物療法まで

Imgp3675080220

昨日の夕方18時半より、寒河江市立病院での薬剤師研修会がありました。

乳がんの話題でしたので、勉強した内容をアップしたいと思います。

いつもは、不妊や漢方などの話題が多い「ココログ版土屋薬局 中国漢方通信」ですが、今回は40代以降に増えてくる「乳がん」の話題ですす。

女性の方のみならず、男性のほうもパートナーのためにも
有益であろうという見地から判断して掲載します。

Imgp3683080220

今回は、最終的にはアロマターゼ・インヒビターという
抗がん剤の種類を勉強するのですが、
その前に女性のホルモンの働き、とくに閉経後のホルモンの流れの復習です。

閉経前と閉経後は、卵巣のエストロゲン(E2)の働きが違ってくるので、
ホルモン全体の流れも変わってくるのです。

Imgp3687080220_2

40代以降、エストロゲンの分泌は減ってくることを表すグラフです。

Imgp3688080220

初期の乳がんは、ホルモン依存性(エストロゲン依存)によるので、
臨床上、エストロゲン依存下では乳がんは増殖していく。

Imgp3695080220

米国人、米国日系人、英人 > 日本人

乳がんになる民族差です。

これには、欧米化された食事が、乳がんに影響を与えているだろうと
示唆されます。

和食は、健康に大切なものですね。

Imgp3698080220

都道府県により、乳がんに罹る頻度が変わってくる。

あなたのお住まいの地域はいかがでしょうか?

(当ブログの写真は、すべてクリックすると拡大しますので、詳しくご覧になれます)

Imgp3699080220

乳がんのリスクファクター

1)内分泌環境

2)社会的階層

3)食事

4)喫煙

5)人種差

6)良性乳腺疾患の有無

7)遺伝、家族暦


次回に続きます。

|

« 風邪とせきの漢方相談 | トップページ | 乳がんの疫学と薬物療法まで(2) »

勉強会(2004~2008)」カテゴリの記事

ガン(がん)|漢方薬」カテゴリの記事

乳がんの疫学と薬物療法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳がんの疫学と薬物療法まで:

« 風邪とせきの漢方相談 | トップページ | 乳がんの疫学と薬物療法まで(2) »