« 乳がんの疫学と薬物療法まで(5) | トップページ | 2008年朱鷺草咲きました。 »

2008.03.07

乳がんの疫学と薬物療法まで(6)

「乳がんの疫学と薬物療法まで(6)」です。

今回は、先日に乳がんの再検査に行かれたお客様から
頂いたメールの紹介です。

許可を頂いていて、ここに掲載させて頂きます。



土屋薬局 御中

お早うございます。
今日は朝から花粉がすごいみたいで、くしゃみが
止まりません。

その後いかがお過ごしですか?
先日は励ましのメールをありがとうございました。

土屋さんが書かれた乳がんに関するブログも読んでから
検査に臨んだので、安心して検査を受けられました。

昨日、乳がんの精密検査に行ってきました。

病院付属のブレストケアセンターに行ったのですが、
20代、30代の方がかなり来ていて、驚いてしまい
ました。

食生活の欧米化の影響なのでしょうか?

マンモや触診では一切問題がなかったので、それほど
大変な症状だとは思ってはいなかったのですが、
それでも緊張しました。

医師のPCの画面上の申し送りを盗み見したら、
「乳腺炎だと思われるが、念のために再検査の方に
回しました」とありました。

人間ドック受診時の乳がん検査技師2名にも
「この影はしこりではないので大丈夫ですよ」と
言われていて安心していたら、要精密検査と指示があった
ので、この分類(要精密検査にチェックされた)に
少しオカンムリの私。それならば、要精密検査では
なくて、要再検査で充分じゃないのおお???と
思ってしまいました。←人間ができていませんね!

まあ、この位脅かさないと、検査に来ない人もいるので
しょうか?

今回も検査にひっかかった影は映っていたので、
「経過観察にしましょう」といわれましたが、細胞診を
してもらいました。
年齢で代謝が悪くなった為に、乳腺に溜まった脂でした。
100%乳がんではないですよ!と言われて、ホッと
しました。

今回の件は驚かされましたが、健康や人生を考えるのに
良い経験でした。

土屋さんやご家族・スタッフの皆様も、定期健診は
ぜひ受けてくださいね。

ご心配をいただき、ありがとうございました。



誰でも好きで病気になる人はいませんが、早期発見・早期
治療をすれば、病気を悪者扱いせずに、仲良く共存できると
思います。

乳がんなどの婦人科系の病気は、治療で生理を何年間か
止めるようになる事もあるので、子供を望んでいる人には
辛い選択を余儀なくさせられる事もあるでしょう。

そういう辛い思いをしない為にも、ぜひとも若いうちから、
皆さんに定期健診を受けて頂きたいと思っています。

本当に20代、30代の人が多くて、ビックリしました!!
大病院のブレストケアセンターなので、出産後の乳腺炎など
近所の病院で治るような患者さんは来ないところだし、、、。
食生活の欧米化は怖いですね。


定期健診や早期発見の大切さを知ったお言葉です。

メールを掲載させて頂きまして、ありがとうございました。

|

« 乳がんの疫学と薬物療法まで(5) | トップページ | 2008年朱鷺草咲きました。 »

乳がんの疫学と薬物療法」カテゴリの記事

100歳まで元気に生きる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳がんの疫学と薬物療法まで(6):

« 乳がんの疫学と薬物療法まで(5) | トップページ | 2008年朱鷺草咲きました。 »